堺雅人 香取慎吾に関するニュース

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

物語のラスト、堺雅人演ずる真田幸村(信繁)が「決まっているだろう、真田丸よ!」と発した後、タイトルが出てオープニングが始まる神演出は、まさに鳥肌もの。SNSもその瞬間、沸騰(笑)。あのアバン・タイトルをやりたいがために、第1話からアバンを入れなかったという、三谷サン流の壮大な伏線でした。 ――という次第で、以上、昨年暮れに実施した「あなたにとって、2016 [全文を読む]

「視聴率がとれないジャニーズ」を変えた飯島マネージャーが考えていたSMAPの将来

メディアゴン / 2016年01月20日12時48分

例えば「真田丸」の配役において主役・堺雅人(真田幸村)の父、昌幸役は、三谷幸喜組と言うことなら役所広司がやってもいいわけだが、役所広司は主役しかやらない。この役を演じた草刈正雄さんも主役を張る役者だったがここでは脇に回って名演を見せている。「スターウォーズ/フォースの覚醒」ではハン・ソロとレイア・オーガナの息子、カイロ・レン役には、レオナルド・ディカプリオ [全文を読む]

『逃げるは恥だが役に立つ』が7冠!『週刊ザテレビジョン』第91回ドラマアカデミー賞を発表!!

PR TIMES / 2017年02月16日13時22分

「真田丸」で主演男優賞に輝いた堺雅人、脚本賞の三谷幸喜のインタビューも必見! 『週刊ザテレビジョン』2月15日発売号は、ほかにも強力コンテンツが目白押し! 中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の最新撮り下ろしインタビュー&密着取材、4月新番組最速ニュース、2月22日CDデビュー5周年を迎える乃木坂46の東西2パターン表紙&両面ピンナップなど、『週 [全文を読む]

「週刊ザテレビジョン」ドラマアカデミー賞 「逃げ恥」7冠

dwango.jp news / 2017年02月15日17時30分

「真田丸」で主演男優賞に輝いた堺雅人、脚本賞の三谷幸喜のインタビューも必見だ。 「週刊ザテレビジョン」2月15日発売号は、ほかにも強力コンテンツが目白押し!中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の最新撮り下ろしインタビュー&密着取材、4月新番組最速ニュース、2月22日CDデビュー5周年を迎える乃木坂46の東西2パターン表紙&両面ピンナップなど、「週 [全文を読む]

「真田丸」脚本 三谷流と大河流を使い分ける絶妙なバランス

NEWSポストセブン / 2016年02月03日07時00分

三谷幸喜脚本、堺雅人主演で話題を集めているNHK大河ドラマ『真田丸』。戦国時代最後の名将といわれる真田幸村(真田信繁)の生涯を描いた同作。視聴率は好調で、第2回は20.1%を記録し、2013年放送『八重の桜』以来、3年ぶりに20%の大台にのせた。1月31日放送の第4回は、17.8%だった。作品のなかで、“三谷ワールド”はどれだけ発揮されているのか。時代劇研 [全文を読む]

元SMAP“キムタク以外”4人の独立は既定路線! 受け皿となる「田辺エージェンシーの元専務」の存在とは

日刊サイゾー / 2017年01月26日11時00分

この4人の陰に見え隠れしているのは、タモリや堺雅人、夏目三久らが所属する大手芸能プロ「田辺エージェンシー」の田邊昭知社長の存在だ。 SMAPをジャニーズから独立させようと、当時チーフマネジャーだった飯島三智女史が田邊社長の元へ相談に行っていた話はすでに報じられているが、その後、キムタクの裏切りで独立に失敗。飯島女史はジャニーズ事務所どころか、事実上、芸能界 [全文を読む]

阿部寛、香取慎吾にマツコ!? NHK大河『西郷どん』主役レースは大混戦?

日刊大衆 / 2016年09月26日15時00分

堺雅人、草刈正雄ら俳優陣の熱演もそうですが、三谷幸喜が書く脚本が面白いと絶賛の声が上がっています。9月11日の放送では、天下分け目の関ヶ原の戦いを、わずか50秒で終わらせてしまうなど、これまでにない斬新さが受けていますね」(テレビ誌記者) 当然ながら視聴率も好調で、平均視聴率は17%超。さらに、「当日の18時から放送されるBS放送の視聴率も、BSでは異例 [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』展 真田家ゆかりの品々や時代背景を一望

太田出版ケトルニュース / 2016年04月28日14時17分

天才の父・昌幸、秀才の兄・信幸の背中を追いかける次男坊・信繁を堺雅人が演じている。 会場では、真田家が信仰した四阿山関係の資料や真田が仕えた武田家関連の資料、徳川家康に勝利を収めた「第一次上田合戦」や「小田原合戦」の資料、関が原の合戦における真田家の資料、信繁の兄・信之の武具、桃山時代の品々からたどる当時の文化風景、信繁が闘死した大坂の陣の資料などを紹介。 [全文を読む]

嵐・松本潤、『99.9』主演に異例の猛バッシング! 「ジャニーズ使うな!」の声噴出のワケ

サイゾーウーマン / 2016年02月28日09時00分

『半沢直樹』主演の堺雅人に比べると、松本は力不足だと思われているのかもしれませんね」(同) 松本の主演ドラマの全話平均視聴率を振り返ると、14年『失恋ショコラティエ』は12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、12年『ラッキーセブン』(フジテレビ系)は15.6%、10年『夏の恋は虹色に輝く』(同)は12.3%、09年『スマイル』(TBS系)は10 [全文を読む]

稲垣吾郎「結婚考えていた」発言のイマサラ感……幸せな家庭を築いた菅野美穂との“明暗”

日刊サイゾー / 2016年02月10日00時00分

菅野は13年に俳優の堺雅人と結婚。その後、堺はドラマ『半沢直樹』(TBS系)でドラマ視聴率の歴史を塗り替え、一躍スターダムに。妻となった菅野は完全に「アゲマン」扱いである。15年8月には第1子となる男児を出産。今は仕事に家事に育児にと、幸せなのは想像がつく。 一方、稲垣はドラマ出演などもあるが、脇役での出演が中心で、他のSMAPメンバーと比較するとパンチ [全文を読む]

裏の日テレが強すぎるわけじゃ、ない…? NHK大河ドラマ『真田丸』雲行きが怪しくなってきた視聴率

おたぽる / 2016年01月27日09時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』(堺雅人主演/日曜午後8時~)第3話が1月24日に放送され、視聴率は18.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と過去最低だった。 初回(10日)は19.9%でスタートし、第2話(17日)は20.1%の高視聴率をマーク。これは、大河ドラマでは『八重の桜』(2013年/綾瀬はるか主演)初回の21.4%以来、丸3年ぶりの大台超え [全文を読む]

年末に駆けめぐった「SMAP独立」情報に、テレビ界が大パニック! 木村拓哉“大河”もあった!?

日刊サイゾー / 2016年01月13日06時00分

「最近のNHK大河は男女が交互に主演を務めていて、今年の『真田丸』が堺雅人、来年の『おんな城主 直虎』は柴咲コウに決まっています。実は、その次の大河にキムタクが内定していたようなのですが、突如、白紙になった、と……」(同) 騒動の背景には、ジャニーズの派閥争いがあった。決定的となったのが昨年の『紅白』司会をめぐる暗闘劇だったという。NHK関係者が声を潜め [全文を読む]

小林幸子 紅白からニコファーレに再降臨!「ここが原点」

dwango.jp news / 2016年01月01日15時56分

堺雅人さんや香取慎吾さんから”幸子さんすごいですね!”って言っていただいて、(紅組勝利について、白組司会の)井ノ原さんには”幸子さんは紅でも白でもないですけど、ほとんど紅だもんなあ”と言われました」と笑った。前日リハで不具合だった衣装セットに関しては「固定されて後ろが全く見えないんで、これから家に帰ってじっくり観るのですが、コメントが一旦集約されて、爆発し [全文を読む]

踏ん張れなかったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『平清盛』と仲良く並んで“歴代ワーストタイ”を徹底分析!

おたぽる / 2015年12月15日19時00分

来年の『真田丸』(1月10日スタート予定)は『半沢直樹』(TBS系)、『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)で高視聴率をゲットし、“新・視聴率男”を襲名した堺雅人が主演を務め、脚本は三谷幸喜。キャストも木村佳乃、長澤まさみ、草刈正雄、高畑淳子、大泉洋、草笛光子、黒木華、内野聖陽、近藤正臣、斉藤由貴、藤岡弘、吉田羊、高嶋政伸、遠藤憲一、小日向文世、桂文枝、鈴木 [全文を読む]

三谷幸喜 「ギャラクシー街道」大不評でNHK新大河「真田丸」に暗雲が…

アサ芸プラス / 2015年11月15日17時57分

終わってみれば、年間の平均視聴率は過去10年でワースト2位という記録的な大惨敗に終わりました」 今回は、主人公の真田幸村に視聴率男の堺雅人(42)を迎え、12年越しのリベンジといきたいところだが、脚本は早くも迷走気味だという。「三谷さんらしいコメディの要素が満載です。幸村の兄で、関ヶ原の戦いでも名を残す信之を大泉洋(42)が演じているんですが、シナリオには [全文を読む]

嵐のメンバーで考えてみた「相性のいい上司と部下」星座の組み合わせ

WooRis / 2015年10月30日21時00分

■3:隣の星座の人『WooRis』の過去記事「堺雅人&菅野美穂も!占い師が教える“結婚相手になりやすい”星座の組み合わせ」でもご紹介していますが、“隣の星座の人”とは部下と上司の関係でも相性がいいとか。その理由は、自分が持っていないものを持っているため、興味が湧いたり、助けられたりする関係になりやすいからとのこと。引き続き同じケースで考えてみると、松本潤さ [全文を読む]

「待たせたな!」久々に帰ってきた“ザ・王道”朝ドラ『あさが来た』

日刊サイゾー / 2015年10月19日19時00分

主演の香取慎吾はもちろん、このドラマで一躍知名度を上げた堺雅人や藤原竜也、オダギリジョーといった若い世代の俳優たちが、瑞々しい青春群像劇のような大河ドラマを作り上げた。その中で山本は、ドラマ上でもドラマ外でも、チームのまとめ役としてドラマを引っ張る存在だった。正直、放映開始前は他の主役級のキャストと比べると格落ち感があり、『ひとつ屋根の下』(フジテレビ系) [全文を読む]

嵐・相葉『ようこそ、わが家へ』、異例の“ファン感謝イベント”開催! 「視聴率回復狙い」?

サイゾーウーマン / 2015年05月22日09時00分

フジテレビのドラマ内では今期トップの視聴率とはいえ、SMAP・木村拓哉主演『アイムホーム』(テレビ朝日系)、堺雅人主演『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)に負けており、このままでは全話平均でも今期ドラマ3位入りは厳しい状況ですからね」(同) ドラマが映像化された際にはイベントの模様が収録される可能性もあり、参加できなかったファンの購買意欲も掻き立てられるだろう [全文を読む]

堺雅人がNHK大河『真田丸』主演! 『半沢直樹2』はいよいよ絶望的か……?

日刊サイゾー / 2014年06月18日20時30分

再来年の2016年に放送されるNHK大河ドラマ『真田丸』の主演に堺雅人が正式決定したことが18日、発表された。 主人公は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した真田幸村として知られる武将の真田信繁。天下を争う大名たちにほんろうされながらも、家族とともに知恵を頼りに生き抜き、江戸幕府に追い込まれた豊臣家のために果敢に戦う姿が描かれるという。 脚本は、S [全文を読む]

V6岡田准一の大河ドラマ主演で見えてくるジャニーズのNHK戦略

東京ブレイキングニュース / 2013年12月19日10時30分

また『新選組!』で堺雅人(半沢直樹)は全国区に名を轟かせたと言える。 では、なぜ、ジャニーズ事務所からこの4人がNHK大河ドラマの主演に抜擢されたのか。そこにジャニー喜多川さんの意向が反映されるのは間違いない。東山はジャニーさんの長年のお気に入りなので、事務所のトップとしても華を持たせたかったというのもある。東山はその知名度の割に代表作もなく、NHK大河ド [全文を読む]

フォーカス