堺雅人 宮崎あおいに関するニュース

堺雅人が「マスコミ嫌い」になった本当の理由とは!?

アサ芸プラス / 2014年02月21日09時59分

ドラマ「半沢直樹」(TBS系)の大ヒットで今、最も人気のある俳優・堺雅人。プライベートでは、去年4月に女優の菅野美穂と結婚。公私共にノリに乗っているが、その割にテレビなどで素顔を見る機会は少ない。 「実は2001年に富田靖子のマンションを訪れる姿をフライデーされて以来、マスコミ嫌いになったと言われています。その後も、宮崎あおい、竹内結子など共演者キラーの異 [全文を読む]

Tehuの「残念ながら、アイドルヲタです。」第15回:灘高生がもっとも好きな女性芸能人は「能年玲奈」(Tehu調べ)

週プレNEWS / 2014年01月24日16時00分

卒業文集への掲載用として、117人分の回答を集めることに成功しました! というわけで、早速調査結果をお知らせします! ■調査日:2013年11月某日 ■サンプル数:n=117 1位:5票 能年玲奈 2位:4票 堺雅人 B’z 3位:3票 堀北真希 Mr. Children ももいろクローバーZ 松井玲奈(SKE48) 4位:2票 武井咲 明石家さんま いき [全文を読む]

“丁寧な暮らし系女子”アピールに余念がない宮崎あおい、男性共演者を次々に魅了する理由

messy / 2017年04月27日23時00分

堺雅人(43)は「『篤姫』の時は1人でぽつんと座っていた印象。(映画で再共演した時は)毎日違う本を読んでいた」と、マイルドに独特のオーラを放っていたことを語り、松山ケンイチ(32)は「昔、共演したある女優さんが、今までで一番変人な役者さんはあおいちゃんと言っていました。その意味は分からなかったんですけど、今回共演してよく分かりました(笑)」と具体的なエピソ [全文を読む]

長澤まさみは朝ドラ派…『真田丸』支える共演者の裏ドラマ5

WEB女性自身 / 2016年01月13日06時00分

真田信繁(幸村)を堺雅人(42)が演じることで話題だが、脇を固めるのも層々たる面子だ。そんな彼らの現場秘話を一挙公開! (1)父役・草刈正雄の悩みは丹波哲郎の 重圧 ! 父・昌幸役の草刈正雄(63)は、実は30年前に『真田太平記』で幸村を演じていた。 「草刈さんは『まさか自分が、丹波哲郎さん(享年84)の役を演じる日が来るとはね 』と語っていました。昌幸は [全文を読む]

堺雅人、「極貧でタンポポ食べてた」早稲田時代のリアル“倍返し”人生

サイゾーウーマン / 2013年08月21日13時00分

監督がインタビューで「想定外」と語るほど高視聴率を弾きだしているが、その人気の理由の一因は主演・堺雅人の好演にあるだろう。 2011年と12年に日本アカデミー賞優秀主演男優賞を2年連続で獲得し、今年の3月には女優・菅野美穂と結婚するなど、公私にわたって順風満帆な堺。だが、役者人生は最初から順調だったわけではない。堺の役者人生は、逆境を跳ね返した“倍返し”の [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

篤姫を演じた宮崎あおいは大スターとなり、徳川家定役の堺雅人も、その演技力が高く評価された。■2005年のパラダイムシフト俗に、先の『冬ソナ』の大ヒットを受け、テレビの視聴者の構造が女性主導に変わった現象を「2005年のテレビ界のパラダイムシフト」と呼ぶ。現に映画界でも、05年に邦画の興行収入が洋画を逆転。そこから邦画主導の時代になるが、それも映画の観客が女 [全文を読む]

宮崎あおいの「不倫疑惑」が高岡奏輔の逮捕でチャラに。錚々たるイケメン俳優すべてガン無視も好印象構成

messy / 2016年01月27日20時00分

(映画で再共演した時は)毎日違う本を読んでいた』(堺雅人)『あんまり自分からは発さない人。でも、話すと変な玉を投げてもちゃんと返してくれる良い人です』(松田龍平)『僕の行動範囲の中で、編み物をしている女性がいなかったので、すごく女性らしいなって思った』(嵐/櫻井翔) などの証言がある。これまで数々の熱愛スキャンダルが報じられてきた佐藤だからといって、宮崎が [全文を読む]

本誌調査で判明、OL女子はタイプ別でここまで好きな芸能人が違った!

週プレNEWS / 2014年08月12日06時00分

「1位の堺雅人や3位の松山ケンイチにもいえますが、草食系でいかにも優しそうな男性と一緒になるのはピュア子の夢見るところです。もっともな結果でしょう」(菊池氏) お次は、同性についても質問。「憧れの女性芸能人」(Q3)は、ビッチが北川景子、モテ女が綾瀬はるか、ピュア子が佐々木希(のぞみ)、という答えが最も多かった。 Q3)憧れの女性芸能人は? 【ビッチ】 [全文を読む]

『半沢』続編に興味なし!? NHK大河、三谷幸喜・堺雅人“最強”タッグ結成の舞台裏

日刊サイゾー / 2014年05月15日11時00分

それで急きょ、発表することになったそうです」(スポーツ紙記者) 13日、2016年のNHK大河ドラマの脚本を三谷幸喜が手掛け、その主演に堺雅人が内定したと一斉に報じられた。 「『自身』に記事が出ることが分かり、題材が戦国武将・真田幸村ということも、主演が堺さんであることも、すべて発表することにしたそうです。話題性抜群の組み合わせだけに、NHKとしては独自に [全文を読む]

徳川家定は後継ぎ問題に悩まされうつ病になったと勝海舟解説

NEWSポストセブン / 2013年05月26日07時00分

宮崎あおい主演の大河ドラマ「篤姫」で、堺雅人が演じた第13代将軍家定は「うつけ」ではないという新解釈でドラマが展開された。今までの通説と異なるこの解釈は、非現実的なものだったのか。みずから歴史番組の構成と司会を務める編集者・ライターの安田清人氏が、徳川家定の「うつけ」評価について考察する。 * * * 平成20年のNHK大河ドラマ〈篤姫〉は、主人公篤姫の夫 [全文を読む]

菅野美穂、交際3カ月のスピード婚に「デキちゃった」「略奪」説まで噴出

メンズサイゾー / 2013年03月22日17時00分

俳優の堺雅人(39)と女優の菅野美穂(35)が結婚することが明らかになった。双方の事務所が認めており、4月に婚姻届を提出する予定だという。一部スポーツ紙の報道によると、運命の出会いとなったのは昨年12月公開の時代劇映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』。同年1月の撮影時から菅野に惹かれていた堺が猛アタックし、映画公開後に本格的な交際がスタートしたようだ。 [全文を読む]

フォーカス