事務所 濱田岳に関するニュース

SMAPのライブ”活動休止”いつまで続く?分裂騒動の懲罰との見方も

デイリーニュースオンライン / 2016年07月27日19時05分

だが、ジャニーズ事務所が発表した出演辞退の理由は「新曲がないので十分なパフォーマンスができない」というもの。大きな食い違いがあり、さらに中居の「喉の調子が悪かった」という言い分は週5本の司会番組に加えて『音楽の日』で12時間の長丁場をこなしたことを考えると苦しい。また、事務所側の「新曲がない」という理由は過去の名曲が数多く披露される音楽特番では論外。表に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】女帝・安達祐実に続くのは『伝説の子役 TOP10』第二位はやはりあの人!

TechinsightJapan / 2015年11月23日20時59分

濱田岳は9歳で事務所にスカウトされて1988年、10歳ごろに浜田雅功主演のドラマ『ひとりぼっちの君に』(TBS系)で子役としてデビューしている。小学4年生で万引きを働く悪ガキという重要な役柄だった。その後、様々な作品で活躍する彼に周囲が期待すると「僕も9歳からやってます」「3位狙いましょう」と自らの名前を答えた。 ■20~50代男女に聞いた 伝説の子役 [全文を読む]

ドラマ『釣りバカ日誌』プロデューサーが語る舞台裏「みんなが待ってる“合体”を金曜8時でどう描くか…(苦笑)」

週プレNEWS / 2015年11月20日06時00分

仁義を切るわけではないですが、まずドラマ化することを西田さんの事務所の社長さんにご報告にいこうとアポを取りました。 事務所に伺う前にプロデューサーチームで話をしたんです。スーさんは三國連太郎さんのものというイメージが強い、誰がやっても必ず比較されるし、演じるほうにも高いハードルだぞ…だったら、「まさかの西田さんはどうだろう」ということに。三國さんのスーさん [全文を読む]

大コケ続きの東映、劇場版『相棒3』“大宣伝命令”にキャストが困惑中

日刊サイゾー / 2014年04月22日09時00分

『偉大なる~』はスターダスト肝煎りの映画で、同事務所の岡田将生クン、濱田岳クンのW主演で、主題歌も同事務所のももクロでした。脇も深田恭子さんや貫地谷しほりさんなど豪華キャストだったのですが、フタを開けてみたら、お客さんがまったく入らなかったんです。『サクラ~』は、もともとそんなに期待された作品ではなく、年配の方向けの作品ということで、担当者が平日の昼間にい [全文を読む]

愛されキャラ“金太郎”の演技派俳優・濱田岳が「愛される理由」とは?

アサジョ / 2016年03月12日09時58分

濱田は9歳で現事務所にスカウトされ、翌年にはドラマ『ひとりぼっちの君に』(TBS系)で、ダウンタウンの浜田雅功が演じる主人公と同居を始める少年としてデビューしました」(テレビ誌記者) 以来、中学、高校と熱中していたラグビーを辞め、忙しくなった役者の仕事を優先することを決めて高校を中退している。「演技派俳優にありがちな気難しさは一切なく、優しくて真面目でつい [全文を読む]

意外と知らない!?今をときめく人気俳優たちの昔の出演作品!

日本タレント名鑑 / 2016年02月02日13時55分

西島さんはこの作品の後、事務所移籍などもあり5年ほど地上波への出演が少ない時代もありましたが、映画には継続して出演。数々の賞を受賞後、北野監督作品『Dolls』に出演。その後、2006年の朝ドラ『純情きらり』で全国区になったのはご存じの通りです。 『純情きらり』の津軽弁もかわいかったですね。朴訥なところが放っておけない感じでキュンキュンしたものです。90 [全文を読む]

広瀬アリスとすずの姉妹格差がこの秋に縮まっていく?

アサジョ / 2015年09月11日09時59分

ハーフっぽいルックスゆえ、事務所の社長がアリスという芸名を付けたほどだが、そのハーフ顔が大ブレイクを妨げていたと語るのは、かつて彼女と仕事したこともある芸能担当記者だ。「美人なのにさばさばしているアリスはスタッフ受けも上々でした。ただ、存在感の強すぎるハーフ顔がドラマや映画では目立ちすぎてしまい、使い勝手が悪かったのです。一方で、姉ほど濃くないルックスのす [全文を読む]

人気絶頂でも水物扱い…ももいろクローバーZ、スターダストの強引タイアップ戦略に潰される!?

メンズサイゾー / 2014年03月26日10時00分

2日間で計11万人を動員し、名実ともにトップアイドルグループになった彼女たちだが、主題歌を担当した映画が“大コケ”したといい、事務所の強引なタイアップ戦略が今後の人気に悪影響を及ぼすのではないかと『東京スポーツ』が報じている。 記事によると、ももクロが主題歌を担当したのは今月8日から公開中の映画『偉大なる、しゅららぼん』。岡田将生と濱田岳がダブル主演を務め [全文を読む]

「大河」に柴咲コウ&北川景子、「朝ドラ」に葵わかな&永野芽郁……NHKとスターダストとの異常な“蜜月関係”

日刊サイゾー / 2017年09月01日13時00分

葵も永野も、大手芸能事務所スターダストプロモーションの所属タレントとあって、ネット上では「ゴリ押し」「NHKとスターダストとの癒着」などと異議を唱える声も少なくない。 確かに、NHKとスターダストとの間には、ただならぬ蜜月関係がありそうだ。NHKといえば、大河ドラマと朝ドラが“2大ドラマ”だが、その両方にスターダストのタレントが大挙出演しているのだ。 現 [全文を読む]

「金8」ドラマに本格的に力入れるテレ東 10月期は沢村一樹主演『ユニバーサル広告社』で勝負!

日刊サイゾー / 2017年08月31日07時00分

ストーリーは、港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した「ユニバーサル広告社」と、そこに拾われた元売れっ子コピーライター・杉山(沢村)の奮闘ぶりを描いている。 2009年10月期の『浅見光彦~最終章~』(TBS系)で連ドラ初主演を果たした沢村は、その後、テレビ朝日、フジテレビ、日本テレビで主役を経験。テレ朝では、代表作といえる『DOCTORS~最強の名 [全文を読む]

“小出恵介の代役”賀来賢人は、榮倉奈々の夫で間もなくパパに

アサジョ / 2017年06月14日11時58分

」(日本テレビ系)の代役に、事務所の後輩である賀来賢人が決まった。 賀来は同じく7月スタートのドラマ「わにとかげぎす」(TBS系)、8月11日から上演スタートのミュージカル「ヤングフランケンシュタイン」にも出演。役者としてフルスロットルな夏を迎える。「賀来は昨年8月に榮倉奈々と結婚。榮倉は現在第一子妊娠中でこの夏に出産予定です。しかし賀来のスケジュールは先 [全文を読む]

「―釣りバカ日誌―」、「三井のリハウス」CM出演中の田辺桃子グラビア&インタビュー

Smartザテレビジョン / 2017年05月24日18時16分

もともと演技などに興味があったんですか?「事務所に入る前はミュージカル系のダンスを習っていたので、演技とかは身近な存在でした。もともとモーニング娘。さんを見て育ってきてたこともあって、スカウトされたときは、ダンスとかアイドルもやりたいなって思ったんですけど…。最初に出演したCMがきっかけで、女優になりたいと思うようになりました。それまでやっていたミュージカ [全文を読む]

辛口・坂上忍が桐谷健太を絶賛 「浦ちゃん」誕生秘話に「すごい」

しらべぇ / 2017年03月31日15時00分

坂上と言えば、自身が運営する子役事務所のレッスンで、子役に檄を飛ばしている映像が度々バラエティでも取り上げられるなど、「演技」に厳しいことで知られる人物だ。その坂上が発した「すごい」という言葉には物凄く重みが感じられる。今後の「三太郎」シリーズの展開が楽しみだ。・合わせて読みたい⇒ギガちゃんvs三太郎の人気CM対決 世間から支持されてるのは?(文/しらべぇ [全文を読む]

「NHKでBLドラマ!?」ヤバすぎるボディの窪田正孝最新作が“タイトルかぶり”で……

日刊サイゾー / 2017年02月14日07時00分

現在、各局がこぞってアクションドラマの企画書を窪田さんありきで書いてるみたいですよ」(芸能事務所関係者) 窪田正孝と北村一輝が出演するNHK土曜ドラマ『4号警備』が、4月8日からスタートする。民間警備会社所属のボディガードによる“普通の人々”の身辺警護の最前線を描く。 「とにかくこの作品も、先日まで唐沢さんと出演していた『ラストコップ』(日本テレビ系)同様 [全文を読む]

市川海老蔵では視聴率取れず?テレ東・新春ドラマから時代劇が消えたワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月02日11時31分

主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

山崎賢人が映画「妖怪ウォッチ」の実写パートにも出演で「ゴリ押し?」の声

アサジョ / 2016年10月11日09時59分

「山崎は山田孝之や濱田岳、岡田将生、窪田正孝といった演技上手で人気の俳優たちと同じ大手事務所に所属しているため、キャスティングしてもらいやすいのです。ところが、いつまで経っても演技が上達しないため、ネット上では『ゴリ押しではないか』という疑いの声があがっています。メインキャラクターなのにセリフが少ない役どころが多い印象ですが、そこにも山崎の演技力に対する配 [全文を読む]

小泉今日子がセーラームーン!? ソフトバンク“既視感まるだし”CM発表で「三太郎」の背中が遠い……

日刊サイゾー / 2015年10月09日00時00分

今年2月に個人事務所を設立し、自由に仕事を選べる立場のはずですが、まさかセーラームーンをチョイスするとは。“キョンキョン”キャラがもうさすがにキツいことをわかっていないのでしょうか……」(同) ソフトバンクと小泉、両者ともオンエア前から“ダダすべり”の新CMは不安だらけ。これでは「三太郎」に勝つなど不可能だろう。 [全文を読む]

今最も現場で愛される女優・菜々緒に唯一足りないものとは?

NEWSポストセブン / 2015年07月11日07時00分

このように女優として頭角を現し始めると、仕事を一気に女優にシフトさせる事務所(と本人)が多いなか、バラエティーも大事にしてきた菜々緒。志村けんの「変なおじさん」を真似て、「変 菜々緒じさん」に扮したり、妖怪ひょっとこウーマンになったことは、ネットでも大いに話題になった。 [全文を読む]

フォーカス