バレーボール 江角マキコに関するニュース

【エンタがビタミン♪】江角マキコ、“落書き事件”に「頭の良い人だと思ってたけど…」の声。

TechinsightJapan / 2014年08月29日17時55分

彼女は数年前にもあるテレビ人気番組でバレーボールの実業団チームに所属していた時、先輩やマネージャーらと人間関係が上手くいかなくて寮から脱走したと告白している。この時もイジメとは言わなかったが、「寮の掃除や洗濯のやり方を細かく指導されるのに我慢できなかった」と脱走理由を説明していた。 ママ友とのトラブルもバレーボールの実業団での出来事も、江角が公の場で発言す [全文を読む]

ディーン・フジオカと西島秀俊だけじゃない! キャラが被りまくってる俳優5選

tocana / 2016年03月02日09時00分

さらに天海は元宝塚の男役、江角は元バレーボール実業団選手と、厳しい上下関係の中で揉まれている。また、2011年4月6日放送のフジテレビ系バラエティ番組『グータンヌーボ』で共演した際に「自分たちにキャピキャピした部分がないのは身長のせい」だと共感し合っていた。また、どちらも幼少期に男子から女子を守るような役割を果たしていたそうだ。正義感をまとった女上司役を務 [全文を読む]

ドラマのオファーは皆無! “落書き騒動”江角マキコ、バラエティのオファー「全部受ける」異常事態

日刊サイゾー / 2015年10月08日09時00分

江角は決勝で男子ブロックの勝者である俳優の綾野剛に敗れたものの、女優の香里奈、新川優愛と争った女子ブロックでは、元実業団のバレーボール選手らしい力強さを見せつけて圧勝。しかし、この参戦は関係者にとって、かなり意外だったようだ。 「司会を務める同局の『私の何がイケないの?』のPRで出演した江角だが、まさか、特別企画のオファーを受けるとは思わなかった。最近は [全文を読む]

女優活動ゼロ、CMもゼロ... 江角マキコ、起死回生の秘策はアスリート&セクシー路線!?

メンズサイゾー / 2015年07月06日10時00分

もともと彼女はバレーボール選手として実業団に所属していたほどですから、運動神経にも自信があるようでした。事前の打ち合わせでも『足にフィンをつけて泳ぐだけでしょ』と強気な発言もありましたね。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】江角マキコが愛されるワケ。多彩な交友関係にびっくり。「ベンジー家と家族ぐるみで」

TechinsightJapan / 2014年08月01日11時30分

また、以前にブログで、元サッカー選手・中田英寿とのツーショットを掲載していたし、芸能界に入る前はバレーボール選手だったこともあり、スポーツ界での交友は他にもあるだろう。 意外なところでは作家の柳美里とも親交があり、柳美里原作で2002年に映画化された「命」では、江角が主演を務めている。 物怖じしない発言と、自然体なスタイルが人気の江角。芸能界でもそんな江 [全文を読む]

バラエティ司会、お洗濯グッズ……女優志向の江角マキコを悩ませた大手芸能プロ・研音の“方向性”って?

日刊サイゾー / 2014年03月04日13時00分

江角といえば、バレーボール選手からモデルを経て、女優に転身。1998年に主演ドラマ『ショムニ』(フジテレビ系)が大ヒットし、以後、同ドラマのシリーズなどで主演を務めたが、ここ数年は『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー「ゴチになります!」のレギュラーや、『私の何がイケないの?』(TBS系)の司会などバラエティ番組への出演が目立っていた [全文を読む]

亀田大毅、バラエティ番組で出演した「再現VTR」の演技力に絶賛の嵐

アサ芸プラス / 2017年04月04日09時58分

ヒットドラマ「JIN-仁-」では、西郷隆盛役を演じるなど活躍しています」(事務所関係者) 他にも元・プロボクサーの赤井英和、元・バレーボールで実業団選手出身の江角マキコなど、スポーツ選手出身で役者に転身した者は多い。大毅もひょっとしたらその仲間入りをするかも!? [全文を読む]

人気急落…江角マキコ、残った道は「女○○」?!

NewsCafe / 2015年07月14日16時50分

「もともと彼女は、バレーボール選手として実業団に所属していたほどですから、運動神経にも自信がある。事前の打ち合わせでも『足にフィンをつけて泳ぐだけでしょ』と強気な発言もありましたね」 性格のきつさは相変わらずだな。 「しかし、実際プールに入ってみるとなかなか思うように泳げず、イライラした表情を浮かべるシーンもありました。それでも、最終的には目標の25mを [全文を読む]

男も女もハマっちゃう!いま本当にモテる「イケメン女子」の特徴4つ

AppWoman / 2015年07月02日11時45分

バレーボール選手らしいスタイルのよさ、目ヂカラの強さ、さばさばしたキャラは、まさに“イケメン女子”ですよね。 ドラマ『ショムニ』のイメージが根強く残っているのか、幅広い世代から支持を集めているようです。 (4)向上心のあるオンナ 天海さんと同じ元タカラジェンヌ、真矢ミキさん。彼女は宝塚時代に篠山紀信撮影の写真集を出版して注目されましたが、実は芸能界に入っ [全文を読む]

え?あの人も元スポーツ選手!?スポーツ選手がタレントとして活躍するポイントとは?

日本タレント名鑑 / 2015年06月23日10時55分

同じように「トークが切れる」バラエティ出演の多い元スポーツ選手と言えば、スポーツタレントの先駆けで、司会やキャスターとして活躍しているバレーボール日本代表・川合俊一さん、バドミントン日本代表の陣内貴美子さんがいます。スポーツキャスターとして活動中にメインキャスターの突然の降板からメインキャスターとなってしまった陣内さん。今ではすっかり板についていて違和感 [全文を読む]

江角マキコ 炎上の一因となった天海祐希へのコンプレックス

アサ芸プラス / 2014年09月24日09時59分

社会人バレーボール選手から、モデルを経て95年に28歳で女優になった江角からすると、天海にコンプレックスがあるんです。さらに川口春奈ら事務所の後輩達が皆、天海を慕い、スタッフ受けもいい。それが決め手となり事務所を出たんです。要は嫉妬ですよ」(芸能事務所スタッフ) もはや味方は夫が勤めるフジテレビのみとなりそうな江角。年金未納問題は乗り越えた彼女だが、今回は [全文を読む]

「バカ息子」落書き報道の江角マキコ、大手事務所・研音入社時に“セルフヌード”写真を持参していた

日刊サイゾー / 2014年09月16日13時00分

「もともと江角は、前の社長に目をかけられて事務所に入ったのだが、元実業団のバレーボール選手として鍛え上げた肉体美に自信があったのか、なんと自分のヌード写真を持参。その心意気を買われて芸能界入りしたようだ。その話は事務所内でも伝わっており、江角は所属していた当時、幹部にもマネジャーにも言いたい放題。ところが、現社長の体制に変わってから江角を持て余すようにな [全文を読む]

フォーカス