農業 福井県に関するニュース

農業ブームは幻想?撤退企業数は過去最高 黒字はごく一部、地域との関係失敗も

Business Journal / 2015年02月19日06時00分

近年、農業への関心が高まっている。2005年に7904社だった農業生産法人数は、13年には1万3561社にまで増加しており、その事業形態も多様化している。例えば、大手コンビニエンスストアチェーンのローソンは、全国の農地で収穫した野菜で商品開発・流通を行っており、塚田農場などの飲食店を展開するエー・ピーカンパニーは、宮崎県日南市で農業法人APファームを設立し [全文を読む]

中国一の金持ち村の若者、日本でコメ作りを学ぶ=日本での教えを忠実に守り品評会で金賞―江蘇省

Record China / 2017年05月12日11時00分

この村の若者には多くの就職先が用意されているが、新華日報は11日の記事で日本に留学し農業を学んだ若者らを紹介した。 華西村は工業や金融、観光などで富を築き、農業は主要な産業ではなかったため農業のいろはを理解していない若者が大多数だった。こうした状況の中、村の指導者である呉協恩(ウー・シエエン)党委書記は「農業は村の根っこであり、なくてはならないもの」とし、 [全文を読む]

日本のアグリツーリズムの先進地域福井県坂井・あわら地域連携事業「坂井あわら共生対流協議会」 公式ホームページ開設

@Press / 2017年03月31日14時30分

先進的な「アグリツーリズム」を推進する坂井あわら共生対流協議会(本部:福井県坂井市、代表: 西辻一真)は、坂井・あわら地域の農業体験ができる各団体を紹介する公式ホームページ(https://sakaiawarahp.wixsite.com/since2017)を2017年3月31日に開設しました。 本ホームページは、都市部に住みながらも食育や農業体験に興味 [全文を読む]

「2017年全国田んぼアートサミットin越前町」が7月6日(木)に開催されます。

PR TIMES / 2017年06月25日19時31分

全国で田んぼアートかた地域おこしに貢献している団体が20団体以上集まり、田んぼアートに関心のある方、地域おこしに関心のある方、農業のあり方に関心のある方など、その他たくさんの方々にご参集いただき、越前町から田んぼアートの魅力、地域の力など発信していきます。[画像1: https://prtimes.jp/i/17744/53/resize/d17744-5 [全文を読む]

起業家を講師に長野県内の高校2年生向けに創業体験プログラムを実施

共同通信PRワイヤー / 2017年09月01日10時00分

2017年9月1日株式会社角川アスキー総合研究所農業ベンチャー・ヘルスケアベンチャーの起業家を講師に長野県内の高校2年生向けに創業体験プログラムを実施株式会社角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区、代表取締役社長:芳原世幸、以下、当社)は、昨年に引き続き長野県より受託しております「信州アントレプレナー育成事業」において、南安曇農業高等学校及び小諸商業高 [全文を読む]

1位はあの街 日本を面白くする「イノベーティブシティ」ベスト10

Forbes JAPAN / 2017年04月23日12時10分

[人口:5610人、人口密度:34.8人/km2、人口増加率:-9.28%、創業比率:4.47%、主な産業:農業,林業]3位 山形県鶴岡市慶應義塾大学先端生命科学研究所を中心に、最先端のバイオテクノロジーベンチャーが集う。産官学連携のモデル都市とされ、現在は民間企業YAMAGATA DESIGNの推し進める「サイエンスパーク」整備が進行中。研究者がより心地 [全文を読む]

福井県 農林水産部 地域農業課 伝統農業・中山間グループ 農家民宿体験レポートホームページ開設のお知らせ

@Press / 2017年03月01日16時00分

福井県 農林水産部 地域農業課 伝統農業・中山間グループ(担当主任:片山 吉人、TEL:0776-20-0446)は、3月1日より本県の農家民宿のPRを目的に、首都圏の親子が体験した農家民宿体験レポートホームページを開設いたしました。 詳細URL: http://www.fukui-noukaminshuku.jimdo.com/ ■福井県の里山里海湖ビジ [全文を読む]

農協から離反のJA越前たけふ 恫喝めいた批判受けた

NEWSポストセブン / 2016年08月24日07時00分

JAグループは農業だけではなく、金融、共済保険、病院、介護施設まで経営するコングロマリットで、その頂点に立つのが全国659の地域農協を指導監督してきたJA全中(全国農業協同組合中央会)と肥料や農機具などの仕入れから農産物の販売まで一手に仕切る「JA全農」(全国農業協同組合連合会)の両組織だ。ところが、安倍政権のJA改革で全中の指導権限が廃止され、地域農協 [全文を読む]

重量物の上げ下ろし動作時の身体負担を軽減する「アシストスーツ AWN-02」を開発

PR TIMES / 2014年08月27日15時30分

今後は、本開発品をベースに、労働負担の軽減だけでなく作業効率が求められる物流や農業、工場などの分野で用途開発を進め、2015年度中に量産を開始する予定です。農業分野では、2014年9月より福井県内の農家と連携した実証実験を開始します。本実証試験は、農林水産省 平成26年度農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業の支援をいただいております。製品の [全文を読む]

政府系ファンド(A-FIVE)利用の支援決定について~6次化新会社設立について~

@Press / 2014年04月15日15時00分

農業生産法人である株式会社マイセン(本社:福井県鯖江市、代表取締役:牧野 仙以知)の申請事案が、6次産業化事業体の組成・支援をはかるため政府出資のもと設立された株式会社農林漁業成長産業化支援機構(通称A-FIVE)と農林中央金庫を中心としたJAグループをサブファンドとする6次化ファンド(農林水産業協同投資株式会社が運営)の支援案件として、決定いたしましたの [全文を読む]

地方発展の隠れたキーマン! 「スーパー首長・議員」10人

Forbes JAPAN / 2017年06月22日17時00分

農業を成長産業にすること、食の価値を創出すること、十勝の魅力を売り込むことが方策。須田善明 ─宮城県女川町・町長東日本大震災後、町長として、官民連携しての復興を率いる。内閣府「選択する未来」委員会地域の未来ワーキンググループメンバー。明治大学経営学部卒。電通東北(現電通東日本)、宮城県議会議員を経て2011年より女川町長。但野謙介 ─福島県南相馬市・市議東 [全文を読む]

なぜ無名な村の名を冠した居酒屋が「ミシュラン」に載れたのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月27日13時48分

そこには役場の職員、漁業や農業の生産者など、多くの関係者が待ち構えていた。だが、「八雲町のおいしい食材を提供し、町をPRする、八雲町公認の居酒屋をやりたいんです」という合掌に、生産者からは「八雲町公認って、どういうことなんだ?」「補助金をかすめ取ろうっていうんじゃないのか?」と、懐疑の声が上がった。 その時、1人の役場の職員が立ち上がった。「確かに、合掌さ [全文を読む]

<ツアーレポート>農業体験モニターツアー(10月22日・23日実施)秋の味覚堪能!福井県坂井市・あわら市先進的な「アグリツーリズム」体験プログラム

@Press / 2016年11月24日10時00分

先進的な「アグリツーリズム」を推進する坂井あわら共生対流協議会(本部:福井県坂井市、代表: 西辻一真)は、坂井あわら地域の農業とアグリツーリズムを体験できるモニターツアーを10月22日(土)、23日(日)の2日間に渡り開催しました。福井県内を中心に、石川県や奈良県などから応募のあった23名が参加しました。定員20名予定のところ120名を超える応募があり、急 [全文を読む]

秋の味覚堪能!福井県坂井市・あわら市先進的な「アグリツーリズム」体験プログラム農業体験モニターツアー(10月22日(土)、23日(日)開催)募集開始

@Press / 2016年10月17日15時00分

先進的な「アグリツーリズム」を推進する坂井あわら共生対流協議会(本部:福井県坂井市、代表: 西辻一真)は、首都圏、関西地域等における認知度の向上、旅行商品としての素材価値を測るため、京都府周辺在住の方を対象に、坂井あわら地域の農業を体験いただけるモニターツアーを10月22日(土)、10月23日(日)に開催いたします。 コシヒカリ発祥の地である福井県の坂井市 [全文を読む]

福井の年商90億ITベンチャーがIターン企画『ど田舎IT就職』開始 「福井体験合宿」で福井県・福井大学も一部協力、“ワークユートピア”としての魅力をアピール

@Press / 2015年07月24日17時00分

農業などの第一次産業ではなく“IT企業”がIターン採用を行う可能性についての、県のリサーチの役割も兼ねています。『ど田舎IT就職』WEBサイトhttp://doinaka-it.com/【企画の概要】■スタッフ数 約300名・年商90億円の福井発ITベンチャーが目指すワークユートピア福井県は、知名度や存在感が低い一方で、豊かな自然や食文化に恵まれ「幸福度日 [全文を読む]

福井県鯖江市、最大半年【家賃無料】で“とりあえず住んでみる”体験移住プロジェクト『ゆるい移住』を2015年10月開始

@Press / 2015年07月09日10時00分

■鯖江市体験移住事業「ゆるい移住」WEBサイト http://sabae-iju.jp/ <プロジェクトの概要> これまでのIターン事業や移住促進事業の多くは、地元企業への就職や、農業や地場産業に就くことを斡旋するもの、地域資源を活用した起業促進を目的とするようなものがほとんどでした。つまり、そのまちに住んで何をするのか、受け入れ側によってあらかじめ目的 [全文を読む]

都道府県別貯蓄額・負債額ランキング 持ち家志向と負債が一致する県、しない県、そのわけは

ZUU online / 2017年06月13日08時10分

一方、貯蓄額が少ないのは以下の通りで、全体的に農業県が多いようです。47位 沖縄県 409万円46位 青森県 642万円45位 鹿児島県 695万円44位 大分県 812万円43位 宮崎県 845万円特に最下位の沖縄県は、所得が低い、失業率が高い、酒飲みが多い、離婚率が高い、なのに出生率が高いとされています。よって、これでは貯蓄はままならないのかもしれませ [全文を読む]

〈ツアーレポート〉福井県坂井市・あわら市にて、日本の食を学び体験する滞日外国人対象のアグリツーリズムモニターツアー3月2日(木)3日(金)開催

@Press / 2017年03月21日15時00分

先進的な「アグリツーリズム」を推進する坂井あわら共生対流協議会(本部:福井県坂井市三国町池上48-12-2、代表: 西辻一真)は、訪日観光客への認知度の向上、旅行商品としての素材価値を測るため、滞日外国人の方を対象に、坂井あわら地域の農業を体験いただけるモニターツアーを3月2日(木)、3日(金)の2日間に渡り開催しました。参加者は、東京、神奈川に住むアジア [全文を読む]

自然を畏怖し心を震わす祈りの場!一度は訪ねてみたい「日本の聖地・霊場」7つ

サライ.jp / 2017年01月03日17時00分

さらに大神神社の末社である久延彦神社は農業の神であるとともに、知恵の神としても有名である。多くの人が神を感じ、惹きつけられる聖山。それが三輪山なのである。 ■6:今も聖地の空気が漂う「高野山」(和歌山県高野町、かつらぎ町) 高野山の奥の院では、今でも弘法大師空海が瞑想を続けているとされており、毎朝、如法衣と呼ばれる袈裟をまとった僧侶たちによって、空海の食 [全文を読む]

福井県池田町 「Tree Picnic Adventure IKEDA」に新プログラム長期的体験学習『農村里山プログラム』が誕生!

PR TIMES / 2016年03月29日15時24分

森林、農業、暮らし、食をテーマに「Tree Picnic Adventure IKEDA」内において長期的(6~7ヵ月)なプログラムを行い、さまざな観点から池田町独自の体験学習を実施いたします。 その第1弾として、木の伐採から、製材・加工、ツリーハウス製作までを6ヶ月間かけて行う「ぼくの木プログラム」の実施を本年6月初旬から予定しています。町の製材職人や大 [全文を読む]

フォーカス