永平寺 福井県に関するニュース

【福井】灯籠が1万基!参加者2万5千人の日本最大の灯籠流しが幻想的

TABIZINE / 2016年08月17日12時00分

この灯籠流し、全国で7月や8月に行われていますが、北陸の福井県では参加者2万5千人近く、1万基の灯籠が流される日本最大規模の行事が行われているとご存知でしたか? (C) facebook/永平寺大燈籠ながし そこで今回は北陸に在住する筆者が、福井県吉田郡永平寺町で行われる「永平寺大燈籠ながし」を紹介したいと思います。 永平寺大燈籠ながしとは (C) fa [全文を読む]

【福井県アンテナショップ 2月開催のイベントのお知らせ】《歴史》《文化》《食》を青山・銀座・福井で体験!2月はイベントが盛りだくさん!

DreamNews / 2016年02月05日09時00分

普通のツアーでは味わえないディープな福井をお楽しみください!・主催 福井県観光営業部ブランド営業課・ふくい南青山291・日程 2月27日(土)~2月28日(日)1泊2日 1日目:刺身とズボ蟹と越前海岸、へしこ体験ワークショップ 2日目:大本山永平寺(精進料理)、勝山左義長まつり 及び 市や酒蔵まつり(一本義)見学・募集人数 30名様・参加費 シングル/22 [全文を読む]

『北陸に関するアンケート調査』北陸新幹線の開通間近!北陸に在住する人+行った人+行きたい人“440人”に聞いた! 住んでいる人がオススメする観光スポットの穴場は…「千里浜なぎさドライブウェイ」

PR TIMES / 2015年02月05日12時45分

■北陸に関するアンケート調査ダイジェスト━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●北陸(石川県・富山県・福井県)の観光スポット篇 おすすめは?行きたい場所は?・住んでいる人がすすめる穴場は、「千里浜なぎさドライブウェイ」・行ったことがある人がすすめる穴場は、「大本山永平寺」・行きたい人の観光スポットランキングBEST3 1位「兼六園」、 [全文を読む]

福井県とヤマト運輸が福井県の「ブランド発信および観光PRに関する連携協定」を締結

PR TIMES / 2016年09月05日16時24分

1.背景 福井県は、恐竜の化石・標本を展示する世界有数規模の「恐竜博物館」、国の名勝・天然記念物に指定されている東尋坊、開山700年を超える永平寺、一乗谷朝倉氏遺跡といった名所や、越前がにやコシヒカリに代表される農林水産物など、魅力あふれる資源を有しています。これらの資源を県内外へPRするため、県はこれまで、こうした「ダントツ日本一ブランド」を活かした誘客 [全文を読む]

幸せで健康長寿な暮らしの源がぎっしり、「食の國 福井館」

MYLOHAS / 2017年07月14日12時15分

作っているのは、福井を代表する禅寺・永平寺に受け継がれる伝統の朝がゆや胡麻豆腐など、体に優しい福井らしい食べものを多く手がける米又。 「のらたまごマヨネーズ」マイファームオリジン 坂井市三国町の海岸近くの鶏舎内で、コシヒカリ、大豆、遺伝子を組みかえていないとうもろこしなどを食べて、のびやかに動き回って育った、平飼いにわとりの卵「のらたまご」を使った贅沢なマ [全文を読む]

全部ハズレなし!旅のプロがオススメする美味しいお土産ベスト10【福井県編】

Woman Insight / 2017年01月10日17時20分

バフンウニの旨みが塩漬けにすることでさらに凝縮され、磯の香りと甘みが絶妙! ご飯にのせて、お酒のお供にと、独特の濃厚な味わいを楽しめます♪ 【9位】永平寺のごま豆腐 團助濃厚白黒詰合せ1,340円(白黒各2個))/販売元:團助 ごまと葛を丁寧に練って作られるごま豆腐。永平寺の修行僧たちに、精進料理として愛されてきました。永平寺周辺には、ごま豆腐を食べられる [全文を読む]

富山、石川、福井…北陸新幹線で食べに行きたい!各地の絶品郷土料理とは?

しらべぇ / 2015年03月19日20時00分

福井県には、精進料理では聖地ともいえる福井県永平寺町があります。曹洞宗の大本山・永平寺は、道元禅師が開山した禅の修業道場です。 修行の一環として、永平寺では今でも丁寧に精進料理を作っています。なかでも、きれいな水、丁寧にすった胡麻をあわせた「白胡麻豆腐」は永平寺の名物。ぜひ現地で食べていただきたい一品です。 首都圏からは、今までよりも身近に行けるようになっ [全文を読む]

京都・若狭路・びわ湖ぐるっとドライブキャンペーン2017 を実施します

PR TIMES / 2017年06月19日13時50分

○魅力あふれる地域イベントを開催!【別紙3参照】(京都府)お茶の京都博(福井県)海湖と歴史の若狭路キャンペーン、永平寺大野道路開通記念キャンペーン(滋賀県)国宝・彦根城築城410年祭、日本遺産 滋賀・びわ湖水の文化ぐるっと博○周遊エリアの高速道路が「乗り降り自由・乗り放題」「京都・若狭路・びわ湖ぐるっとドライブパス2017」を今年も販売します!【別紙4参照 [全文を読む]

【藤田観光】曹洞宗大本山永平寺が整備する宿泊施設の運営者に決定!2019年秋 福井県永平寺門前に宿泊施設を開業

Digital PR Platform / 2017年05月15日15時06分

藤田観光株式会社(本社:東京、代表取締役社長:瀬川 章)は、曹洞宗大本山永平寺※1(福井県、代表役員:小林昌道)が門前に整備する宿泊施設について、建物賃貸借契約を締結することに合意し、2019年秋に開業いたします。 当宿泊施設は、大本山永平寺と福井県、福井県永平寺町の3者が協力・連携して推進中の「永平寺門前の再構築プロジェクト」※2の一環で、修行道場である [全文を読む]

開祖誕生の地が、時を超えて猫の里親誕生の地『ねこでら』へ

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月15日15時00分

曹洞宗には「永平寺」と「總持寺」と2つの大本山があり、永平寺を開いた道元禅師の出身は京都の深草。總持寺を開いた瑩山禅師の生誕地には福井県の坂井市(旧丸岡町)と越前市帆山町と2説あり、後者の場所に「御誕生寺」が建立されたのが昭和23年のことでした。 その後、越前市庄田町に場所を変えて新たに建立され、現在の御誕生寺となったのです。御誕生寺に詳しくなったところで [全文を読む]

【福井】ミシュラン2つ星のお寺。外国人にも人気の「永平寺」

TABIZINE / 2015年10月08日13時00分

福井県に永平寺という禅宗(曹洞宗)のお寺があります。北陸を代表する修行寺で、今もなお200人近い僧侶が修業をしている場所ですが、同時に全国から多くの観光客を集めている人気の観光スポットでもあります。 (C) Flickr/cotaro70s そこで今回は福井県観光連盟の情報を参考に、永平寺の魅力をまとめます。 永平寺は曹洞宗の開祖である道元禅師が作った座禅 [全文を読む]

【渋谷エクセルホテル東急】2/16・17 渋谷マークシティにて「福井フェア」を開催

PR TIMES / 2013年02月12日12時50分

●ランチタイム(11:30~14:00ラストオーダー):「初春弁当」 3,500円(1日20食限定、税金・サービス料込)若狭かれい、永平寺の胡麻豆腐、上庄里芋、鯖へしこ 他●ディナータイム(17:30~21:00ラストオーダー):「旬彩会席」 9,000円(税金・サービス料込) セイコ蟹(越前蟹のメス)、ふくいポーク、汐雲丹、赤鰈、鯖へしこ 他●福井県の地 [全文を読む]

産経カメラマンと行く「癒やしの猫を撮る!」ツアー 1泊2日でプロがアドバイス 「ネコ寺」のほか観光やグルメも

PR TIMES / 2017年09月19日11時10分

“ネコ寺”以外にも、国宝・彦根城、古い町並みが懐かしい板取宿、日本曹洞宗の大本山である永平寺などに立ち寄り、撮影を楽しみます。夜には、尾崎編集委員が参加者の写真をチェックし、撮影のアドバイスを行う講評会も。2日目のお昼には行列が絶えない「谷口屋」の名物、竹田の油あげ御膳を用意。グルメも楽しめます。 【同行カメラマン】 尾崎修二(おざき・しゅうじ) 産経新聞 [全文を読む]

ケンミン8万人調査!福井県民は性欲が強めで浮気も許してくれる?

しらべぇ / 2016年10月16日06時00分

whitetag/iStock/Thinkstock東尋坊や永平寺といった名勝で知られる福井県。近年、ファッションとしてブームの眼鏡では、鯖江市が国内最大の生産地としてブランド化している。11月からは、越前ガニも解禁。浜茹でのカニを求めて、旅行する人も多い。そんな福井県民には、どんな特徴があるのだろうか?しらべぇ編集部が全国の男女88,321名に調査した中 [全文を読む]

関西の奥座敷 芦原温泉 大人のスイートルーム「別邸個止吹気亭」

IGNITE / 2016年03月18日10時00分

近くには曹洞宗の大本山「永平寺」や「東尋坊」など、見どころ満載の観光地も控えている。 あわら温泉「グランディア芳泉」は露天風呂付客室(32室)から団体客用大部屋、バリアフリー対応の和洋室、スタンダードな和室まで、全113室。大型旅館であるが、リーズナブルな宿泊から贅沢三昧まで多様に利用できるため、あわら温泉でも満足度の高い宿として名を馳せている。 今回は「 [全文を読む]

秋に訪れたい、夏の疲れを癒す北陸のとっておき温泉郷3選

TABIZINE / 2015年09月15日13時00分

富山の黒部峡谷温泉や石川の和倉温泉のように風光明媚な山海にある温泉街ではありませんが、温泉宿一軒一軒が充実している印象がありますし、足を延ばせば名勝の東尋坊(とうじんぼう)や禅寺として有名な永平寺の観光も楽しめます。 三国港に水揚げされる名高い越前ガニの時期にはまだ早いですが、9月からはベニズワイガニも楽しめます。ぜひとも足を運んでみてくださいね。 以上 [全文を読む]

【今日のインサイト】2月7日は福井県の「ふるさとの日」。イケメンが教える福井名物は!?

Woman Insight / 2015年02月07日06時00分

8位 永平寺 曹洞宗の大本山。約10万坪の寺域に、大小70の堂宇が並ぶ。3泊4日の本格的な座禅修行なども行っている。 9位 気比の松原 日本三大松原のひとつで、約1.5kmの浜辺に約17000本の赤松・黒松が生い茂っている。夏には海水浴場としてにぎわい、「地引網」「定置網」の観光体験ができる。 10位 熊川宿 昔ながらの町並みがたたずむ、かつての「鯖街道 [全文を読む]

2014年度(第十回)「日本夜景遺産」の新規認定地を発表!

DreamNews / 2014年07月18日12時00分

■自然夜景遺産 ★織姫公園・足利織姫神社(北関東/栃木県・足利市)http://www.yakei-isan.jp/spot/spot.php?id=194 ★別府湾SA(九州/大分県・別府市)http://www.yakei-isan.jp/spot/spot.php?id=189■施設型夜景遺産 ★川崎マリエン(首都圏/神奈川県・川崎市)http:/ [全文を読む]

川村学園女子大学 観光文化学科の学生が、ツーリズムEXPOジャパン2017にて藤田観光ブースにて案内役担当

Digital PR Platform / 2017年09月21日08時05分

今年度は、同社のホテル椿山荘東京のアフタヌーンティーと蛍観賞の会、箱根小涌園 天悠の見学会とインターンシップ、ホテルグレイスリー新宿でのインターンシップ等を実施し、後期には、2019年に福井県で開業する永平寺門前宿泊施設に関する提案や、これまで2年にわたって実施してきた同社の複数のホテルでのインタビュー記事を再編成し、就職先を検討中の学生向けのウェブ上の読 [全文を読む]

プロと「ネコ寺」へ!「癒やしの猫を撮る!」ツアー開催--2日目にはグルメも

マイナビニュース / 2017年09月20日16時43分

"ネコ寺"以外にも、国宝の「彦根城」、古い町並みが懐かしい「板取宿」、日本曹洞宗の大本山である「永平寺」などに立ち寄り、撮影を行う。夜には、尾崎氏が参加者の写真をチェックし、撮影のアドバイスを行う講評会も実施する。また、2日目には、行列が絶えない「谷口屋」の名物、竹田の油あげ御膳も楽しめる。 同旅行の代金は税込3万9,800円で、定員は先着30名(最小催 [全文を読む]

フォーカス