長谷川京子 真木よう子に関するニュース

『セシル』意地悪モデル役・長谷川京子に「平子理沙に似てきた」の声

しらべぇ / 2017年08月25日15時00分

(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)そんな本作に出演する女優・長谷川京子に、ある声が視聴者から多く寄せられているようだ。■長谷川京子の威圧感がスゴい視聴率が振るわないことが度々報じられる本作だが、女優陣の豪華さはインターネット掲示板やTwitterで度々話題になっている。長谷川もそのひとりで、真木演じるファッション雑誌専属モデル「みやじ」の大先輩のモデル [全文を読む]

最終回を迎えた『セシルのもくろみ』で得した人と損した人

しらべぇ / 2017年09月08日18時00分

吉瀬美智子(42)、長谷川京子(39)といった美人女優たちのキャラと演技に、魅了された人が多かったようだ。・もっと吉瀬美智子とかハセキョーの美しさを生かす脚本にしてほしかった・この4人だと伊藤歩ほんとに綺麗だってわかる・黒沢さんかっこいいわ■吉瀬美智子は爪痕を残した?とくに、真木より8歳年上にも関わらず、まったく見劣りしない美しさを見せつけた吉瀬の人気は高 [全文を読む]

真木よう子「セシルのもくろみ」ついに最終回 衝撃ラストからの…<あらすじ&みどころ>

モデルプレス / 2017年09月07日16時50分

さらに奈央、ハマユカ(吉瀬美智子)、舞子(長谷川京子)、ライター江里(伊藤歩)、副編集長・黒沢(板谷由夏)ら5人が中華の円卓を囲み議論するシーンが注目を集めた同回。美しき5人の迫力の演技に「ハラハラした」「画面から目が離せなかった」といった声も多く、同回の平均視聴率は5.3%(ビデオリサーチ、関東地区)となり自己最高を記録した。 また番組ラストでは、ハマ [全文を読む]

真木よう子『セシルのもくろみ』打ち切り決定で最高視聴率5.3%に上昇

デイリーニュースオンライン / 2017年09月03日21時00分

第8話の最大の見どころは、中華料理店で奈央(真木よう子)・ハマユカ(吉瀬美智子)・江里(伊藤歩)・洵子(板谷由夏)、舞子(長谷川京子)が繰り広げる女同志の舌戦。といっても、全方位に喧嘩を売っていたのは、舞子ひとり。 ハマユカに「モデルはプライベートを切り売りすべきでない」と言い放ったかと思えば、奈央を「モデル失格」、洵子を「11年たっても副編(副編集長) [全文を読む]

真木よう子『セシルのもくろみ』ハセキョーの”悪女ぶり”全開で上昇傾向へ

デイリーニュースオンライン / 2017年08月27日19時07分

第7話では、ハマユカ(吉瀬美智子)が「ヴァニティ」を卒業し、後続に舞子(長谷川京子)が抜擢される。プロ意識の高い舞子にダメ出しをされる奈央だが、専属モデル5人で行ったウェブ企画では、見事1位を獲得。トークショーの出演権を得るが、素のガサツな姿をネットにアップされてしまう。息子・宏樹(佐藤瑠生亮)への影響を考えた奈央は、モデルを断念しようとするのだった。 [全文を読む]

真木よう子に負けない「隠れ巨乳」も? 『セシル』の豪華すぎる女優陣

しらべぇ / 2017年08月24日17時30分

円卓には、主演の真木と、板谷以外に、吉瀬美智子(42)、長谷川京子(39)、伊藤歩(37)と、オーラのある人気女優がズラリと円卓を囲む姿は壮観だ。 ランチタイム セシル女子たちで円卓を囲む わいわいガヤガヤ笑いが溢れた現場です〜!A post shared by 板谷由夏 (@yukaitaya) on Aug 22, 2017 at 12:13am PD [全文を読む]

女性にとって本当の幸せとは?注目の新ドラマ「セシルのもくろみ」

美容最新ニュース / 2017年07月31日21時00分

豪華なキャスト「セシルのもくろみ」には、真木よう子、吉瀬美智子、伊藤歩、長谷川京子、板谷由夏ら、華やかな多数出演。美貌と実力を兼ね備えた女優たちが、専業主婦、独身、共働き、シングルマザーなど、様々な立場にある女性たちの生き様を演じきる。主演を務める真木よう子は、同作に出演する意気込みを次のように語っている。私はこの作品を通し、男女関わらず、本当に美しく格好 [全文を読む]

真木よう子主演『セシルのもくろみ』に憧れの声 「最高にキラキラしてる」

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年07月14日13時30分

真木よう子主演の新ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第1話が13日に放送され、真木のほか吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子といった豪華キャストの競演に「このドラマ最高にキラキラしてる」といった感想が寄せられた。 原作は直木賞作家・唯川恵の同名小説。美から遠ざかっていた平凡な主婦・宮地奈央が読者モデルとなり、先輩モデルからの洗 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『セシルのもくろみ』くだけたバージョン 板谷由夏がオフショット公開

TechinsightJapan / 2017年07月13日17時07分

前日に公開された主演の真木よう子をはじめメインキャストの吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子の美女総勢5人が並ぶ番組宣伝用の動画は華やかだ。その撮影でのひとコマを板谷が13日、『板谷由夏 yukaitaya Instagram』で「みんなでくだけたバージョン笑」と投稿してフォロワーを和ませている。 埼玉・北春日部に住む34歳のガサツな主婦・宮地奈央(真 [全文を読む]

真木よう子×吉瀬美智子×長谷川京子 美女3人の「バスト競艶」を先取り公開!(3)吉瀬は飲みの席で意外な素顔が?

アサ芸プラス / 2017年07月04日09時57分

撮影現場の外でも女の戦いの火花を散らしていた。 私生活をキャッチした芸能レポーターが吉瀬の意外な素顔を明かす。「とっつきにくそうな麗人顔ですが、実は打ち解ければ気さくなキャラとして知られています。俳優の陣内孝則など福岡出身の芸能人が集まる『福岡会』で同席したお笑い芸人は、酒にも強く、下ネタでもにこやかに対応してくれる吉瀬の人柄に触れて『一発でファンになった [全文を読む]

真木よう子×吉瀬美智子×長谷川京子 美女3人の「バスト競艶」を先取り公開!(2)ハセキョー参戦でさらに…

アサ芸プラス / 2017年07月04日05時57分

ジムに通ってきっちりボディを仕上げてきたようで、肌のツヤ、乳と腰回りのメリハリを見るに、仕上がりは万全の様子です」(前出・ドラマスタッフ) さらに、ここに3人目のモデル・長谷川京子が加わるのだ。「長谷川は、元専属モデル役として、途中からこの2人の間に割って入り、女の戦いをさらに激化させることになります。長谷川も私生活では2児の母ですが、モデル出身だけに肌の [全文を読む]

真木よう子×吉瀬美智子×長谷川京子 美女3人の「バスト競艶」を先取り公開!(1)第1話から真木のバストが大暴れ

アサ芸プラス / 2017年07月03日17時57分

1粒でも3度おいしい7月スタートの夏ドラマの垂涎中身を先取り! この夏放送のドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)で一堂に会するのは、真木よう子(34)、吉瀬美智子(42)、長谷川京子(38)の3人だ。 芸能デスクが見どころを語る。「3人の共通点は、真木がバツイチである以外は既婚の子持ち熟女であること、さらにGカップ美乳を誇る真木は言うまでもありません [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】真木よう子・吉瀬美智子・伊藤歩・板谷由夏・長谷川京子 眩しい『セシルのもくろみ』の舞台裏

TechinsightJapan / 2017年07月02日20時30分

主演の真木よう子を中心に板谷由夏、吉瀬美智子、伊藤歩、長谷川京子がそれぞれにアピールして見せた圧巻のオフショットである。 『セシルのもくろみ』はファッション雑誌業界を舞台に専業主婦、独身、共働き、シングルマザーといった女性たちが奮闘する姿を描く。主人公となる“美”から遠ざかっていた主婦・宮地奈央役を真木よう子が演じ、ファッション誌『ヴァニティ』のカバーモデ [全文を読む]

真木よう子『セシルのもくろみ』やっつけ感満載のがっかり最終回

デイリーニュースオンライン / 2017年09月16日11時50分

初回から意味ありげに登場した舞子(長谷川京子)は結局何がしたいのかわからなかったし、「ヴァニティ」専属モデルのレイナ(芦名星)に限っては、最終回では一切の出番がなかった。 第8話のラストで、奈央(真木よう子)はハマユカ(吉瀬美智子)から、新しい雑誌「ジョワイユ」のカバーモデルとして誘われる。長い間タッグを組んできた江里(伊藤歩)も違うところからスカウトさ [全文を読む]

真木よう子を窮地に追いやった、『セシルのもくろみ』放送中の前代未聞“騒動”を振り返る

サイゾーウーマン / 2017年09月08日19時27分

元ナンバー2の安永舞子(長谷川京子)がカバーモデルになったが、売り上げが急落。新編集長と安永はスタッフとモデルを前に謝罪し、旧来の“読者共感路線”に戻すことを宣言する。悩んだ末、宮地は「ヴァニティ」に残る決断をし、安永と二枚看板となって、ファッションショーのランウェイにたどりつくというストーリーだった。 2年ぶりの連ドラ主演となった真木は、6月にTwitt [全文を読む]

“騒動”真木よう子主演「セシルのもくろみ」最終回も苦戦4・3%

スポニチアネックス / 2017年09月08日09時10分

共演は吉瀬美智子(42)伊藤歩(37)板谷由夏(42)長谷川京子(39)金子ノブアキ(36)徳井義実(42)リリー・フランキー(53)ら。 原作は直木賞作家の唯川恵氏(62)の同名小説。ファッション誌業界を舞台に、幸福を探し求める女性たちの姿を描く。脚本は「嫌われる勇気」などの、ひかわかよ氏。演出は澤田鎌作氏、並木道子氏、高野舞氏。主題歌は夜の本気ダンス [全文を読む]

「終わるの寂しい」 板谷由夏、「セシルのもくろみ」オールアップで真木よう子&吉瀬美智子と3ショット

ねとらぼ / 2017年09月04日14時01分

これまでにも撮影の合間に真木さん、吉瀬さんに加え女優の長谷川京子さん、伊藤歩さんらのセシルメンバーで円卓を囲んだ姿など、仲むつまじい様子をInstagramで公開していた板谷さん。ドラマで見せる表情とは違う美女たちの笑顔にファンからは「楽しそう」「皆さん仲良しなんですね」など歓喜する声が寄せられていました。 [全文を読む]

フジ『セシル~』、真木よう子炎上騒動&打ち切り決定で逆に自己最高視聴率

Business Journal / 2017年09月01日19時00分

「ヴァニティ」の新たなカバーモデルになった安永舞子(長谷川京子)は、食事が始まるやいなや同席者に対していやみな発言を連発し、自分が一番何でもわかっている感を押し出してくる。こんなギスギスした空気の中では何を食べてもおいしくないだろうと思えてきて、見ているこちらもどんどん不快な気分になった。 言葉の応酬が繰り広げられる女の戦いの場を、あえて食事のシーンと結び [全文を読む]

『セシル』打ち切りの憂き目に…「面白くなるのが遅すぎた」と嘆きも

しらべぇ / 2017年09月01日18時00分

■美人中堅女優が火花を散らしたシーン第8話では真木演じる主人公のみやじ(真木)、舞子(長谷川京子)、ハマユカ(吉瀬美智子)、ライター江里(伊藤歩)、副編集長・黒沢(板谷由夏)ら5人が、中華料理の円卓を囲むシーンが注目を集めた。仕事や家庭、出産、女の幸せなどについて、クセのある女優たちが牽制し合いながら議論する光景は、異様な迫力。ネット上でも、賞賛する声が見 [全文を読む]

意地悪が絶品!? 長谷川京子の性悪女役が話題

日刊大衆 / 2017年08月31日08時35分

プロ意識の高いモデル役を演じる長谷川京子(39)が、視聴者の間で話題になっているようだ。 第7話の冒頭で、モデルの安永舞子(長谷川)が、ファッション誌『ヴァニティ』の新たなカバーモデルに就任。その後、主人公の宮地奈央(真木よう子/34)を含めた、他のモデルたちと顔合わせをした舞子は、モデルとしての心構えを語り始める。 椅子に座った舞子は、他のモデルたちを一 [全文を読む]

フォーカス