綾瀬はるか 妻夫木聡に関するニュース

結婚の絶対条件!? 妻夫木聡が掃除すべき「金銭問題」と「性的サービス」

日刊サイゾー / 2016年01月04日17時00分

昨年は綾瀬はるかと松坂桃李の熱愛が大々的に報じられたが、今年は元AKB48の川栄李奈が舞台の共演俳優と付き合っているとか、Perfumeののっちがお笑い芸人のマンボウやしろと交際しているとか、“格”としては低いような気がしてならない。俳優の綾野剛とモデルの佐久間由衣が交際しているというのはまだビッグニュースの気もするが、綾野側が交際を完全否定。ガセネタの線 [全文を読む]

寺島しのぶ圧巻のセクシー名場面 妻夫木聡も生唾を飲み込む

NEWSポストセブン / 2015年08月25日16時00分

「妻夫木聡(34)、瑛太(32)、綾瀬はるか(30)らも観にきていたんですが、妻夫木くんがHなシーンの時に席から身を乗り出すように見入っていて、ゴクンと音を立てるくらいに生唾を飲み込んでいました」 ベテランの小泉今日子(49)、期待の新星・高畑充希(23)が熱演をみせたのが、舞台『いやおうなしに』だ。小泉はスリップ1枚で、ブリーフ姿の男性に囲まれて『奥さ [全文を読む]

ポスト藤原竜也&妻夫木聡に!竹内涼真の異例の急成長ぶり

WEB女性自身 / 2017年06月04日10時00分

「所属女優は優香(36)、深田恭子(34)、綾瀬はるか(32)、石原さとみ(30)、高畑充希(25)と年代ごとにバランス良くブレークしている。ところが所属俳優は藤原竜也(35)と妻夫木聡(36)の2トップが続いていた。今の竹内はその2トップを脅かす勢いだともいわれていますね」(芸能プロ関係者) 竹内はもともとJリーグの下部組織に所属してプロサッカー選手を [全文を読む]

和田アキ子の「ゴッド待遇」に後輩たちが不満タラタラ?

アサジョ / 2017年05月13日10時14分

和田が所属するホリプロには女優の石原さとみや綾瀬はるか、俳優の松山ケンイチや妻夫木聡らが在籍。ほかにもバラエティで活躍する小島瑠璃子やお笑いではさまぁ~ずなど、数多くの人気者を抱える超大手だ。そのトップをひた走ってきた和田は芸能界の大御所として後輩たちからも慕われている。 しかしここにきて、その後輩たちが和田に対する違和感を抱えるようになったという。その [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

主演は大沢たかお、Wヒロインに綾瀬はるかと中谷美紀。ちなみに坂本龍馬は内野聖陽が演じた。いわゆるタイムスリップものだが、よくあるSFコメディじゃない。重厚な歴史ドラマであり、人間ドラマである。視聴率は平均19.0%、最終回は25.3%。長らく低迷期にあったTBSは、このドラマの成功を機に、復活への手応えをつかむ。その原動力になったのは、50代以上のF3の女 [全文を読む]

和田アキ子「意外なギャラ事情」に、驚きの声続出

日刊大衆 / 2016年11月03日20時00分

ネットでささやかれている、事務所の稼ぎ頭、石原さとみ(29)、綾瀬はるか(31)、妻夫木聡(35)らが歩合制ではという噂も怪しくなってきましたね」(芸能誌ライター) 和田のデビューは、ジャズ喫茶やダンスホールで歌っていた当時に、ホリプロの社長だった堀威夫氏にスカウトされたことがきっかけ。その後、50年近く芸能界の第一線で活躍し続け、現在ではホリプロの最古参 [全文を読む]

小島瑠璃子の女優業挑戦は危険信号!? ライバル出現で、戦々恐々……

日刊サイゾー / 2016年09月09日09時00分

「ホリプロは、綾瀬はるかや妻夫木聡などの人気役者をそろえていますが、彼らの所属はプロダクション1部。小島が所属するのは、和田アキ子を頂点としたプロダクション2部。こちらはバラエティ色が強く、板野友美や佐野ひなこを見てもわかる通り、女優として大成した人は、ほぼいないんです」(前出・テレビ関係者 ) 小島の女優転身は、危険な兆候かもしれない!? [全文を読む]

春改編でクビつながった和田アキ子

NewsCafe / 2016年04月13日16時00分

最近は綾瀬はるか(31)が大人気になり、ホリプロは『和田の番組を継続させれば、綾瀬を含むホリプロの女優たちをドラマで優先的にキャスティングしてもいい』と交換条件を出していました」 それって、芸能界なら常識みたいね…。 「そう。綾瀬が飽きられると、今度は深田恭子(33)がブレークしてきて、ドラマでは引く手あまたなんです。石原さとみ(29)、さらにNHK朝ドラ [全文を読む]

広瀬すず 9月公開予定「怒り」で決意した少女からの脱却演技(1)ハードなシーンに体当たりで挑む

アサ芸プラス / 2016年04月09日09時57分

そして広瀬も、昨年は「海街diary」で綾瀬はるかや長澤まさみの異母妹になる4女・浅野すず役を演じ、数多くの新人女優賞に輝いた。「3月19日に発売したセカンド写真集『17才のすずぼん。』は、初版の3万5000部が即日完売し、3万部の重版が決まりました。ただし、初の単独主演作『ちはやふる』(東宝)は、前後編に分けて公開される破格の扱いながら、観客動員で苦戦し [全文を読む]

「第10回アジア・フィルム・アワード」スー・チーとイ・ビョンホンが最高賞、浅野忠信も受賞―マカオ

Record China / 2016年03月18日10時30分

最優秀女優賞には、香港の女優カリーナ・ラム(林嘉欣)や綾瀬はるかがノミネートされていたが、最終的に「黒衣の刺客」のスー・チーが勝ち取った。同じく男優賞には、「インサイダーズ/内部者たち」のイ・ビョンホンが選ばれている。 スー・チーはじめ、日本から妻夫木聡らアジアスターが集結したホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督作品「黒衣の刺客」は、今回最多の8部門を制した。 [全文を読む]

『わたしを離さないで』美和が生き返った?!再登場(?)した水川あさみのギャップが面白すぎるwww

AOLニュース / 2016年03月14日12時00分

第9話では、美和(水川あさみ)の亡き後、彼女の遺志を継ぐ形で恭子(綾瀬はるか)と友彦(三浦春馬)のペアが"猶予"を得るべく奔走する姿を中心に展開していたため、第8話で死去した水川は回想シーンのみの登場となった。しかし、劇中、コマーシャルに入ったときに、テレビ画面に映し出されたのは、トヨタ・ノアのCM「ソーナルじょう篇」で「20年後のドラえもん」のしずかち [全文を読む]

「2015年タレントCM起用社数ランキング」今年の顔を飾った3人の女優とは?

AOLニュース / 2015年12月10日21時00分

10社以下では大島優子、綾瀬はるかなどの常連組が名を連ねる中、9社起用で女優の木村文乃、吉田羊が初登場、両者ともにドラマ・CMに引っ張りだこの一年となり、12社起用の広瀬すずとともに今年の顔と言えるだろう。その他、上位以外での注目人物として、男性部門では個性派俳優の吉田鋼太郎が4社、ムロツヨシさんが3社起用と、若手俳優が台頭する中で独特の存在感を示した。ス [全文を読む]

“芸能界の弁当“あらわれた事務所のヒエラルキーとは?

tocana / 2015年10月21日08時00分

ホリプロは月給制となっているが、「芸能界のトップを走り続けているタレント、和田アキ子さんはもちろん、さまぁ〜ずさん、綾瀬はるかさん、妻夫木聡さんも億超えのプレーヤーだと思います」(TV制作関係者)とのこと。 また、浅井企画は事務所3、タレント7という業界でも有名なタレント側寄りの事務所である。芸人曰く、マセキ芸能社も浅井企画同様に"ギャラ事情"の待遇が良 [全文を読む]

相次ぐタレントの月収暴露! ジャパニーズドリームの吉本興業か、安定のホリプロか――

日刊サイゾー / 2015年05月29日09時00分

ホリプロの所属タレントは大半が月給制で、歩合制なのは和田アキ子や綾瀬はるか、妻夫木聡ら、ほんのひと握り。業界関係者によると「ホリプロは、かつて上場していただけあって、給与体系が一般企業に近い。アットホームな雰囲気で『最後まで面倒を見る』という社風ですが、売れても小島さんのような若手タレントは新人OLに毛が生えた程度の月給しかもらえないこともある。実際、薄 [全文を読む]

【ムービープラス】「海街diary」「あん」など日本映画 多数出品! 第68回カンヌ映画祭授賞式 5月24日深夜からムービープラスで日本独占生中継

PR TIMES / 2015年05月15日11時09分

先日「海街diary」の公式上映が行われ、是枝監督に加え、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずがレッドカーペットに登場。他の作品でも日本人監督や俳優のカンヌ入りが予定されており、彼らのレッドカーペットや現地での様子も受賞結果同様、見逃せません。オンエア以外にも、ムービープラス公式YouTubeチャンネルにて現地からの撮れたて映像を発信するほか、SNSでの [全文を読む]

「半沢直樹」が主演交代で来年復活!? 半沢役には西島秀俊が内定!

アサ芸プラス / 2014年12月01日09時59分

まだ未定だが、綾瀬はるかや仲間由紀恵の名前も取沙汰されている」(前出・芸能プロ関係者) 続編が見られるのは、早ければ来年の4月になるという。西島版「半沢直樹」は前作にどこまで迫れるのか? テレビ関係者の注目は日に日に高まるばかりだ。 [全文を読む]

「キスして起こして欲しい芸能人」ランキング発表!気になる1位はあの人!

Woman Insight / 2014年09月13日16時00分

<女性芸能人> 1位 新垣結衣 40.0% 1位 石原さとみ 40.0% 3位 綾瀬はるか 33.9% 4位 北川景子 32.7% 5位 堀北真希 31.4% 6位 有村架純 30.6% 7位 上戸彩 23.7% 8位 菅野美穂 20.4% 9位 仲里依紗 10.2% その他 12.7% キスして起こして欲しい女性芸能人の1位は、人気ドラマに数多く出演す [全文を読む]

ポスト井森美幸!? ホリプロが板野友美より小島瑠璃子を“激推し”する理由とは

日刊サイゾー / 2014年07月11日11時00分

和田アキ子を筆頭に、綾瀬はるか、妻夫木聡、深田恭子、船越英一郎など多彩なタレント陣を揃える大手芸能プロダクション、ホリプロ。なかでもこのところ活躍目覚ましいのが、2009年の「第34回ホリプロスカウトキャラバン」でグランプリを獲得した小島瑠璃子だ。 グラドルとしても活躍していたが、最近はバラエティー番組に引っ張りダコ。また、スポーツキャスターとしてTBS系 [全文を読む]

芸能界のご意見番「和田アキ子」は何でそんなに“エライ”のか?(3)NHKは紅白でアッコを切りたいが…

アサ芸プラス / 2014年06月25日09時58分

「近年のNHK大河ドラマには綾瀬はるか(29)、松山ケンイチ(29)、妻夫木聡(33)らホリプロ所属の俳優が出演し、朝ドラでも『ゲゲゲの女房』に系列事務所所属の向井理(32)が出ています。NHKとホリプロはズブズブの関係で、和田を落としてホリプロのタレントを引き揚げられるような事態は避けたい」 友好な関係を保つための「カード」が和田の紅白出場継続だという [全文を読む]

共演者の辞退相次ぎ…小栗旬『ルパン』配役決定の舞台裏

WEB女性自身 / 2013年12月03日00時00分

「入念に計画されてきたというのも確かなのですが、実は、キャスティングに手間取ったことが、正式な発表が遅れてしまったいちばんの原因なんです……」 最初の構想では、小栗ルパンのほかに、次元大介役にオダギリジョー(37)、銭形警部に香川照之(47)、石川五ェ門役に藤原竜也(31)、そして、峰不二子には、沢尻エリカ(27)、長澤まさみ(26)、綾瀬はるか(28)な [全文を読む]

フォーカス