サンミュージック 岡田有希子に関するニュース

ベッキーとSMAP、明暗分けた”所属事務所のタレント管理術”

デイリーニュースオンライン / 2016年01月30日12時00分

ベッキーのサンミュージックとSMAPのジャニーズ事務所、いったい何が違っていたのか? ■芸能界の「良心」といわれたサンミュージック 2013年にサンミュージックの相澤秀禎会長が亡くなった時、芸能マスコミはこぞって「芸能界の良心」「温厚な人柄で人望が厚かった」と書いた。実際に、コワモテ事務所がマスコミを恫喝するのが日常の芸能界で、サンミュージックのその手の話 [全文を読む]

【ベッキー余波】もうボロボロ…!? サンミュージックが金融機関との取引中止で倒産の危機

tocana / 2016年03月05日09時00分

不倫騒動で休業中のベッキーが所属する芸能プロダクション「サンミュージック」が、いよいよ倒産の危機に陥っている。事務所を支える屋台骨・ベッキーが巻き起こしたロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫騒動の代償は、かなり高くことが予想されており、1968年創業の名門プロダクションは、このピンチを乗り越えられることができるか不安視されている。 [全文を読む]

ベッキーにのりピー…「サンミュージックの呪い」の元凶は四谷怪談ではなかった!?

tocana / 2016年01月21日08時00分

ベッキーが所属するサンミュージックは、設立から40年以上の長い歴史を持つ老舗芸能プロダクション。これまで多くの人気タレントを輩出しているが、数年ごとに大きなトラブルに見舞われている。 1986年に岡田有希子が自殺すると、1992年には桜田淳子が新興宗教・統一教会による合同結婚式に参加。2009年には酒井法子が覚せい剤で逮捕された。ほかにも、人気絶頂期の松 [全文を読む]

サンミュージック故・相澤秀禎会長が、最期まで守り通した岡田有希子さんの“日記ノート”

日刊サイゾー / 2013年05月31日13時00分

サンミュージックの相澤秀禎会長が逝去したことで、「永遠に謎になってしまった」とささやかれる話がある。1986年4月8日に飛び降り自殺した岡田有希子さんの死を決断させたとされる“交際相手”だ。 相澤会長に生前、何度か取材した週刊誌記者によると「当時、岡田さんには家族にも見せていない日記のようなノートが残されていて、そこには死に至った交際相手について赤裸々に綴 [全文を読む]

さんみゅ~、デビューイベントに1000人「年末に紅白、レコ大出る!」

リッスンジャパン / 2013年01月26日21時00分

さんみゅ~は、桜田淳子、松田聖子、早見優、岡田有希子を始め数々のアイドルを世に送り出してきたサンミュージックが21年ぶりに手がける女性アイドルグループ。デビュー曲は、松田聖子作詞、坂本龍一作曲でオリコンNo.1に輝いた岡田有希子の代表曲「くちびるNetwork」。1000人の観客が見守る中、パフォーマンスを披露したメンバーは「その名に恥じないように大切に歌 [全文を読む]

ベッキーづくしの一年を払拭したい!レコ大新人賞の演歌歌手はサンミュージックの切り札か?

アサ芸プラス / 2016年11月22日09時59分

「羽山はサンミュージックの所属で、同事務所としては21年ぶりの演歌歌手。そのサンミュージックはベッキー騒動の余波で業績が低迷しており、お笑いのカンニング竹山やカズレーザーが頑張っていますが、事務所を立て直すほどのパワーは期待できません。そのなかで羽山が最優秀新人賞を獲得できれば明るい話題になることは間違いないでしょう。しかもこれと同じような状況は30年前に [全文を読む]

高島礼子、有吉弘行…サンミュージックの呪いを越え始めた太田プロダクションの呪い!

tocana / 2016年09月26日09時00分

これまで芸能界でまことしやかに囁かれていた「サンミュージックの呪い」だが、ここにきて一気にクローズアップされているのが「太田プロダクションの呪い」だ。今年に入って所属タレントが立て続けにスキャンダルを起こしており、もはやサンミュージックを笑っていられない状況に陥っている。 1968年創業のサンミュージックは多くの有名タレントを輩出するも、岡田有希子の自殺、 [全文を読む]

のりピー、岡田有希子…ベッキー騒動で窮地の事務所が“過去の遺産”で資金調達

アサ芸プラス / 2016年06月23日09時59分

年内には北京、上海、大連など5都市を回るツアーも計画しています」(芸能記者) 前事務所のサンミュージックには、約5億円の損害賠償を肩代わりしてもらっている酒井。その返済にも頑張っているのだろう。 酒井だけではない。実はサンミュージックの中で、30年前に自ら命を絶った岡田有希子さんのDVDなどを発売する動きもあるという。「没後30周年という節目で、いまだに根 [全文を読む]

ベッキー復帰路線に拍車? サンミュージックから次々マネジャー退社で……

日刊サイゾー / 2016年04月19日09時00分

ただ、復帰する・しないはあくまで事務所の判断で、事務所がゴーサインを出すのなら動く、というところです」(某局バラエティ番組担当ディレクター) その所属事務所であるサンミュージックは、ベッキーのスキャンダルによるCMなどへの違約金と、休業したことで収入減となるダブルの損失で経営危機にあるといわれているが、当のサンミュージック社員の携帯電話を鳴らすと、意外なこ [全文を読む]

“ゲス不倫”ベッキーの賠償問題が暗礁に……「強く言えない」サンミュージックの“トラウマ”とは

日刊サイゾー / 2016年03月01日13時00分

一部週刊誌でタレントのベッキーが、所属事務所のサンミュージックとCM違約金など“不倫損害”の清算について話し合いを重ねていると伝えられたが、そのサンミュージックの関係者からは「あまり強く話はしていない」という。 「怖いのは、ベッキーを追い詰めてしまうこと。万が一にも、彼女が自殺でもしてしまったら……」(同) 縁起でもないことを……という声が聞こえてきそうな [全文を読む]

岡田有希子、桜田淳子、酒井法子…ベッキー不貞騒動で問われる事務所の管理責任

アサジョ / 2016年01月17日09時59分

「ベッキーが所属するサンミュージックは、創業者の相澤秀禎さんが所属タレントを家族のように育ててきました。ですが、岡田有希子さんが自社ビルから飛び降り、その後、桜田淳子が宗教問題で活動休止。酒井法子が薬物事件を起こすなど、マネージメントを担う会社として問題があるのではと囁かれていた。そこにきて今回のベッキー騒動。担当マネジャーは、管理問題を問われてクビになり [全文を読む]

ベッキー初醜聞は”サンミュージックの呪い”!? 自殺、宗教、覚せい剤と続く看板タレントの系譜

デイリーニュースオンライン / 2016年01月08日07時40分

苦境に立つ彼女に囁かれているのが、所属事務所であるサンミュージックの「呪い」である。 「サンミュージックは、設立から40年以上の長い歴史を持つ老舗の大手芸能プロ。桜田淳子や松田聖子といった人気アイドルを輩出したことで知られていますが、所属タレントが数年ごとに大きなスキャンダルや悲劇、トラブルに見舞われてもいるのです」(夕刊紙デスク) 岡田有希子、桜田淳子、 [全文を読む]

21世紀の純白アイドル・さんみゅ~、セクシー路線へ! 仕かけ人はベッキー

メンズサイゾー / 2015年07月30日22時00分

さんみゅ~は、桜田淳子(57)、松田聖子(53)、早見優(48)といった人気アイドルを多数輩出してきた芸能事務所・サンミュージック初となる女性アイドルグループ。同事務所といえば、ここ最近ではベッキーをはじめ、カンニングの竹山隆範(44)や小島よしお(34)などのバラエティで活躍する面々が目立っており、彼女らはアイドル王国復活の旗振り役を担うべく結成された [全文を読む]

サンミュージックが贈る新アイドルグループ・さんみゅ~(β)、初ワンマン決定

リッスンジャパン / 2012年10月02日16時00分

松田聖子、桜田淳子、森田健作、早見優などを輩出したアイドルの名門・サンミュージックプロダクションが贈る新アイドルグループ「さんみゅ~(β)」が、11月3日に表参道GROUNDにて初のワンマンライブ『ファーストデイト』を開催することが決定した。愛乙女★DOLL - アーティスト情報さんみゅ~(β)は、8月4日に岡田有希子の名曲「くちびるNetwork」を大胆 [全文を読む]

ベッキー、消えた復活話…

NewsCafe / 2016年04月19日16時00分

世間はとことん、芸能人にも"清潔さ"を求めているのです」 一部では、ベッキーと同じサンミュージック所属のタレント、カンニング竹山(45)が関係者に頭を下げてベッキーの起用を求めたと報じられた。 「タレント、有吉弘行(41)の冠番組で毎年夏に収録、9月に放送される特番『有吉の夏休み』(フジテレビ系)でベッキーを復活させるという話があったのです。竹山が親しい有 [全文を読む]

ベッキー騒動で事務所がリストラ危機、転職活動始める人も

WEB女性自身 / 2016年02月02日00時00分

サンミュージックでは過去に岡田有希子さんの自殺がありました。だから今回はあまり追い詰めてはいけないとの判断が働いたらしく、活動を休止させたさせたみたいです」(テレビ局関係者) 『ゲスの極み乙女。』川谷絵音(27)との不倫騒動から1カ月、ついにベッキー(31)の休業が発表された。所属事務所関係者によると、彼女は食事もままならない状態。睡眠も十分に取れていない [全文を読む]

ベッキー、よみがえる30年の呪い

NewsCafe / 2016年01月20日16時00分

これじゃあ、反省している様子が見られないと思われ、ベッキーをCMに使っているスポンサーが一斉に撤退する可能性もありますね」 たとえば、CM本数がゼロになったらベッキーはどうなる? 「もちろん、収入が激減するでしょうが、それよりも所属事務所、サンミュージックが倒産する可能性も出てきました」 えっ、そんなに経営状態が危ないの? 「ご存じの通り、2009年に事務 [全文を読む]

ベッキー謝罪会見、“異様な光景”にマスコミ驚愕! 事務所スタッフが“余裕で談笑”の舞台裏

サイゾーウーマン / 2016年01月09日12時45分

「週刊文春」(文藝春秋)発売前日の6日午後8時、ベッキーの所属事務所・サンミュージックにより、急きょ会見が設けられたが、芸能マスコミの中には、サンミュージック側の謝罪会見慣れした対応に驚く者が少なくなかったようだ。 「マスコミには、発売前日に週刊誌が届きます。この通称“早刷り”が各関係者の手に渡った6日昼の時点で、すでにサンミュージックはベッキーの会見を決 [全文を読む]

2千人…アイドル大国・日本の破滅的競争 武道館公演、なぜ増加?景気回復で人気失速?

Business Journal / 2015年02月15日08時00分

かつて1980年代に松田聖子や早見優、岡田有希子を輩出したサンミュージックが実に21年ぶりにアイドル市場に送り出した精鋭たちだ。今年でちょうどデビュー3年目を迎えるのだが、彼女たちはデビューの1年前から約1000人に上る候補者の中から厳しい選抜を勝ち抜いてきた。また、もともとサンミュージックが各地に持つサンミュージックアカデミーの生徒であり、幼少の頃から演 [全文を読む]

フォーカス