アイドル 岡田有希子に関するニュース

2千人…アイドル大国・日本の破滅的競争 武道館公演、なぜ増加?景気回復で人気失速?

Business Journal / 2015年02月15日08時00分

2013年1月にデビューした7人組の女性アイドルグループである。かつて1980年代に松田聖子や早見優、岡田有希子を輩出したサンミュージックが実に21年ぶりにアイドル市場に送り出した精鋭たちだ。今年でちょうどデビュー3年目を迎えるのだが、彼女たちはデビューの1年前から約1000人に上る候補者の中から厳しい選抜を勝ち抜いてきた。また、もともとサンミュージックが [全文を読む]

アナログタロウが選ぶ、なつかしのアイドルコンピAL発売

dwango.jp news / 2014年07月30日19時55分

レコード会社共同企画『ゴールデン☆アイドル』シリーズ11タイトルが7月30日発売された。この豪華仕様限定盤シリーズのガイド編コンピレーションを、アナログタロウがセレクトしたコンピレーション・アルバムが好評発売中だ。まさに時代を彩った70年~80年代トップアイドルのシングル名曲19曲が勢揃いとなっている。[収録楽曲]1. 水色の恋 / 天地真理2. 純潔 / [全文を読む]

ブーム再燃で注目を浴びる「80年代アイドル写真集」ベスト10!

週プレNEWS / 2013年12月18日12時00分

翻(ひるがえ)って2013年は、『あまちゃん』ブームで「80年代アイドル黄金時代」が脚光を浴びた年でもある。 松田聖子、中森明菜、小泉今日子、薬師丸ひろ子、河合奈保子、松本伊代、菊池桃子らがキラキラ輝いていた80年代。当時ももちろん、アイドルといえば写真集が定番だった。 そこで、8000冊以上の写真集をそろえるアイドル&プレミアグッズの聖地「荒魂書店」( [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.10(2)絶頂期アイドルはなぜ死を選ぼうとしたのか?

アサ芸プラス / 2017年01月02日09時51分

デビュー2年目のアイドル歌手・岡田有希子が所属事務所が入ったビルの屋上から身を投げたのは、86年4月8日だった。 自ら死を選んだ原因は、一説には当時42歳とふた回り年齢の離れた中年俳優・峰岸徹への失恋と囁かれた。86年4月24日号によれば、岡田有希子の遺書には「峰岸さんにふられた」とか「好きだったのに冷たくされた」という文字が躍っていたという。 だが、当の [全文を読む]

中森明菜と怪奇現象の不思議な因縁? 番組出演中にアイドルの幽霊が...!

tocana / 2015年02月16日16時00分

■「岡田有希子の降霊事件」 1986年4月8日、アイドル岡田有希子が所属事務所のビルから、投身自殺した。「ポスト聖子」とうたわれた人気絶頂アイドルの突然の死は日本中に衝撃を与えた。失恋を苦に......、仕事によるプレッシャー......、など自殺の原因は諸説あるが、いまだに真相は謎のままだ。そして、その年の6月放送『歌のトップテン』の番組中に「ジプシー・ [全文を読む]

さんみゅ~、デビューイベントに1000人「年末に紅白、レコ大出る!」

リッスンジャパン / 2013年01月26日21時00分

9人組アイドルグループ・さんみゅ~が26日、東京・池袋のサンシャインシティにてデビューシングル「くちびるNetwork」(1月23日発売)のリリース記念イベントを開催した。さんみゅ~は、桜田淳子、松田聖子、早見優、岡田有希子を始め数々のアイドルを世に送り出してきたサンミュージックが21年ぶりに手がける女性アイドルグループ。デビュー曲は、松田聖子作詞、坂本龍 [全文を読む]

酒井法子ファンクラブサイトひっそりと再開……それでも僕はのりピーの味方だ!

おたぽる / 2016年07月06日20時00分

今でこそベテランのアイドルヲタクのような顔をしている私だが、初めてアイドルと握手したときはビビリまくっていた。 誰かに(←誰にだ)見つかったらやばいと思い、変装をしていたし、その前にも何度か「握手しよう」と思ったアイドルはいたが、気恥ずかしさが先に立って、踏ん切りがつかなかったのだ。 そんな中、「それでも握手がしたい!」という気持ちが勝って、初めて握手をし [全文を読む]

岡田有希子 死の2日前に撮った「秘蔵写真」と「肉筆手紙」を独占入手

アサ芸プラス / 2015年05月02日17時57分

アイドルの岡田有希子(享年18)がビルから飛び降り命を絶ったのが86年4月8日。衝撃の死から29年、岡田の「秘蔵写真」と「肉筆手紙」を独占入手した。知られざる生前のエピソードとともに初公開する!「彼女の地元、名古屋でのコンサート終了直後に撮らせてもらったんです。厚化粧になったことを茶化して『おしろい濃いね』と言ったら、『また冗談ばかり言って~』とポンと肩を [全文を読む]

“純白アイドル“さんみゅ~の黒い一面も!? 「スマホでUSEN」ラジオ番組『さんみゅ~の!純白ラジオ』収録現場を突撃!

おたぽる / 2015年03月21日06時00分

松田聖子、早見優、酒井法子ら数多くのアイドル歌手を輩出してきた芸能プロダクション「サンミュージック」が、満を持して送り出したアイドルグループ、さんみゅ~。同社名を掲げたグループは、2012年に岡田有希子の『くちびるNetwork』のカバーでインディーズデビュー。14年には1stアルバム『未来地図』をリリース、今年3月18日には最新シングル『はじまりのメロデ [全文を読む]

荻野目洋子の「現役感」に見る80年代アイドルの底力

アサ芸プラス / 2014年11月27日09時59分

伸びのある高音に、難易度の高いダンスもこなし、当時としては珍しい「実力派アイドル」の称号を得た。 そんな荻野目ちゃんは01年に高校時代の同級生と結婚。以来、3児の母親となって芸能活動をセーブしていたが、昨年末から30周年プロジェクトで歌番組にも積極的に出演。そのとたん、代表曲の「ダンシング・ヒーロー」が配信サイトの月間ランキングで1位を記録するなど、80年 [全文を読む]

さんみゅ〜がワンマンライブで「六甲おろし」を熱唱!?

okmusic UP's / 2014年04月13日12時00分

アイドルグループ「さんみゅ〜」が4月12日(土)に品川プリンス ステラボールで1500人のファンを集め、ワンマンライブ「さんみゅ〜LIVE2014 SUN&YOU-春の嵐-」を大成功させた。【その他の画像】さんみゅ〜2013年1月に「21世紀最初の純白アイドル」というキャッチフレーズを掲げ、80年代王道アイドルサウンドを武器にデビュー、最新シングル「春が来 [全文を読む]

86年の斉藤由貴と浅香唯(1)由貴のはつらつとした笑顔が絶大な支持を集めた

アサ芸プラス / 2013年07月19日10時00分

松田聖子の登場以来、アイドル文化にいくつもの波が打ち寄せた80年代。やがて、どこか「アマチュアの集団化」していく風潮はあったが、使命を帯びた「孤高のアイドル」も登場する。斉藤由貴と浅香唯の2人は、歌においても演技においても、その身ひとつで多くの者を魅了していった。 〈スケバンまで張ったこの麻宮サキが、何の因果かマッポの手先。だがな、てめえらみてえに魂まで薄 [全文を読む]

サンミュージック故・相澤秀禎会長が、最期まで守り通した岡田有希子さんの“日記ノート”

日刊サイゾー / 2013年05月31日13時00分

事務所関係者も以前「会長がデビュー当初のアイドルを自宅に下宿させる習わしがあったり、私生活の半分は会長がじかに見てあげていた」という話を明かしていた。 それだけに、相澤会長が岡田さん自殺の真相を知っていたという見方は根強い。芸能マスコミとしてはそれを探りたいところだが「それでも最期まで秘密を守り通したんですから、ある意味、タレント事務所としてはお手本といえ [全文を読む]

岡田有希子、伊藤麻衣子、西田ひかるのプロマイドご紹介

NEWSポストセブン / 2017年02月19日16時00分

同社6代目カメラマンで店長を務める武田仁氏によれば、大正と昭和のスター2371人、8万7617版を所蔵する同店のコレクションの中から、1980年代にデビューしたアイドルのプロマイドをプロフィールとともに紹介しよう。 【岡田有希子】「プロマイド人気が今も衰えぬ正統派アイドル」 『スター誕生!』を経て、1984年に歌手デビュー。日本レコード大賞などの新人賞を総 [全文を読む]

エビ中・松野莉奈だけじゃない! 岡田有希子、ツタンカーメン…18歳で急逝した5人の有名人!

tocana / 2017年02月09日09時00分

今月8日朝、人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバー・松野莉奈さんが亡くなった。18歳という若さでの突然死にファンの間には動揺と深い悲しみが広がっている。 各メディアの報道によると、松野さんは体調不良のため7日のライブを欠席、8日午前5時ごろ、両親が119番通報して病院に救急で運ばれたが、病院で死亡が確認されたという。詳しい死因は公表されていないが [全文を読む]

日航ジャンボ墜落事故は「撃墜」だった? 謎多き「怪死」の真相は究明されるのか!?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月29日06時30分

彼女が自殺した1986年は私もまだ学生であり、無論アイドルにも興味を持っていたのでその事件は衝撃だった。当時、人気絶頂だったアイドルの突然の死は、後追い自殺の誘発など各方面に影響が及んだが、結局その真相はハッキリせず。一説には遺書に「峰岸さんにふられた」と書かれてあり、それが原因だと囁かれた。本書では自殺の現場を目撃したという記者の話から始まって、核心とな [全文を読む]

15歳少女を2年間…寺内樺風容疑者の“変質的な素顔”(2)どのように少女を逃げられなくしたのか?

アサ芸プラス / 2016年04月10日09時53分

一方、Xも「自動車」と「アイドル」に対して「オタク」と呼んでも差し支えないほどの執着を見せていた。私は少女が9年2カ月過ごした「監禁部屋」に足を踏み入れたことがあるのだが、そこにはXのコレクションである、スポーツカーのパンフレット、ラミネート加工した写真、さらにはファンだった西村知美、岡田有希子などが出演したビデオテープが大量に保存されていた。もちろん、 [全文を読む]

わが青春の“80年代アイドル”熱中時代!(4)「83年デビュー・桑田靖子」

アサ芸プラス / 2016年04月01日05時57分

誰かがテレビに出るとか舞台をやる日には、朝からメールやラインが飛び交っていますよ(笑)」 いくつかのコンテストでグランプリに輝き、数多くのアイドルを輩出した「サンミュージック」に所属。全盛期の松田聖子を間近に見て、衝撃を受けた。「ステージの聖子さん、楽屋の聖子さんと拝見しましたが、ご自身でああしたい、こうしたいと伝えることのできるすごい人でした」 同社の新 [全文を読む]

アイドルの「卒業」名場面30年史(6)深田恭子、南野陽子、Perfume…堀越高校生の悲喜こもごも

アサ芸プラス / 2016年03月20日09時59分

アイドルが多い高校といえば、昔も今も堀越高校が筆頭だが、01年3月、深田恭子はこんな名言を残した。「嫌いなタイプは加藤さんに近づく人です」 深キョンと加藤あいは堀越の同級生で、アイドルきっての「ここまで仲がいいのは見たことない」と言われたほど。もっとも、卒業後は親友という間柄ではなくなったようだ。 09年3月に卒業した蓮佛美沙子は、有名私大にかようことを表 [全文を読む]

ベッキーとSMAP、明暗分けた”所属事務所のタレント管理術”

デイリーニュースオンライン / 2016年01月30日12時00分

本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ [全文を読む]

フォーカス