職員 横浜市に関するニュース

全国オンブズマン:メールは公文書? 6割が「内容次第」

毎日新聞 / 2017年09月07日08時43分

自治体の職員が公用パソコンを使って複数の職員に送ったメールについて「公文書にあたる」と答えた自治体は3分の1にとどまり、6割の自治体は「内容によって判断する」などとしていることが全国市民オンブズマン連絡会議の調査で分かった。学校法人「加計(かけ)学園」の問題を巡っては文部科学省のメール管理が問題になった。専門家は「公文書の範囲が恣意(しい)的に狭く扱われる [全文を読む]

「1万2000人買春」元校長に「退職金を返せ」ーー民間企業でもありうるか?

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月17日12時56分

横浜市教育委員会の教職員人事課に話を聞いた。「(元校長は)横浜市の教員ですが、神奈川県さんから給与をもらっています。そのため、神奈川県の条例『職員の退職手当てに関する条例』15条にのっとり、在職期間中の行為だったことから、退職金の返還請求を行う考えです」この条例の15条では、退職金の全額または一部の返納を命じられることがあると定めている。今回のケースでいえ [全文を読む]

介護施設が横須賀市や地元町内会と災害時相互応援協定等を締結~全国的にも珍しい任意の【ヴィレッジ衣笠自衛消防隊】を結成~

DreamNews / 2015年05月15日10時00分

≪会社概要≫株式会社ゆうあいホールディングス経営理念当社は「はなことば」を通じて生まれる「縁」を大切にし、その「絆」を「力」とし、ご入居者様、ご家族様、株主、職員、取引先、すべての人へ安心と安全を提供する。≪本件に関する問合せ≫株式会社ゆうあいホールディングス横浜市西区北幸2-8-4 横浜西口KNビル3階担当者:事業推進部 川崎TEL:045-620-44 [全文を読む]

【横浜患者殺害】捜査は依然難航 入院患者受け入れは再開へ 大口病院事件18日で1年

産経ニュース / 2017年09月17日20時55分

職員を刷新 「これからもこの病院を愛していただければ」 今月9日、「認知症について」と題された市民講座で、病院1階のロビーに集まった約30人の地域住民に、鈴木峻院長は笑顔でそうあいさつした。市民講座は病院として初の取り組み。病院側は「地域医療の担い手として、より身近な存在になっていこうということ」などと意義を説明する。 同病院は昨年度末までに、事件当時在職 [全文を読む]

IDOとパイプドビッツ、医療・介護業界向け人財活性化支援セミナーを共催 ~ 職員のモチベーションを高め、働きやすい職場を実現する人的資源管理の在り方を解説 ~

DreamNews / 2017年01月18日12時00分

こうした不足の背景には人口の減少だけでなく、介護職員の定着率の低さや介護職員個人のメンタルヘルス不調の問題などが挙げられます。人材の確保が難しい現代、人材が定着し一人ひとりの従業員が成長していくためには、経営の根幹である人的資源管理の取り組みが重要となっています。 そこで、医療・介護現場において人的資源管理のコンサルティングを行い、離職率80%から18%の [全文を読む]

「税務調査でバットを振り回された」国税職員から芸人に転身「さんきゅう倉田」さん

弁護士ドットコムニュース / 2017年06月14日09時48分

(文・吉田彩乃)●「法人課税」を担当していた国税庁職員時代ーー国家公務員のなかでも国税庁職員は特にカタい職業というイメージがあります。また、どうして国税庁職員になったのですか子供の頃からお笑いが好きで、「芸人になりたいな」という憧れがあったんです。ただ、いきなり芸人になる前に、会社員や公務員などの仕事を経験してみたいとも思っていて。建築に興味があって日本大 [全文を読む]

児童文学者・佐藤さとるさん(関東学院OB)の功績を記念 -- 図書館展示「佐藤さとるとコロボックルの世界」(4月10日~28日) -- 関東学院大学横浜・金沢八景キャンパス

Digital PR Platform / 2017年04月05日08時05分

1949年に旧制の関東学院工業専門学校建築科(現在の関東学院大学建築・環境学部)を卒業した後には、横浜市職員や中学校教諭を務めた。関東学院在籍中から、童話の執筆に取り組みはじめた佐藤さんは、「コロボックル物語」シリーズの第一弾となる「だれも知らない小さな国」を1959年に自費出版。その後、亡くなる直前まで精力的に執筆活動に取り組み、数多くの著作を残すととも [全文を読む]

税理士向け業界紙「税界タイムス」を発行する(株)ゼイカイは、2016年10月20日(木)に税理士や職員が「早く」「正確」な決算書作成を競う第3回「会計事務所決算品質大賞コンテスト」を開催します。

DreamNews / 2016年10月12日12時00分

これは、全国の会計事務所の税理士や職員が、会社の決算書を「早く」「正確」に作成し、会計事務所としての真の実力を客観的かつ公平に競い合うコンテストです。第3回「会計事務所決算品質大賞」コンテストを開催 税理士向け業界紙「税界タイムス」を発行する(株)ゼイカイ(東京都新宿区:代表取締役=高橋篤夫)は、2016年10月20日(木)に開催される会計事務所博覧会2 [全文を読む]

児童相談所と警察はなぜ「連携」できないのか?「児童虐待」を防ぐための課題を探る

弁護士ドットコムニュース / 2015年02月01日11時20分

児童相談所の職員や医師、弁護士、検事らが登壇し、児童相談所と警察が連携する意義や、連携強化に向けた課題を議論した。 ●「よほど困らない限り、連携しようとしない」 主催したのは、子ども虐待ネグレクト防止ネットワークと、かながわ子ども虐待ネグレクト専門家協会。いずれも、児童虐待の防止に取り組むNPO法人だ。 児童虐待防止のために複数の機関が連携するうえで、特に [全文を読む]

待機児童ゼロ実現の横浜市長 職員に「絶対諦めるな」を徹底

NEWSポストセブン / 2013年02月21日16時00分

待機児童の解消を目指している私たち自身が、ゼロになるなんて難しいと思っていました」 その思いは、伊東さんだけでなく多くの職員が抱いていたものだった。しかし、2009年8月に林さんが市長に就任すると、状況は一変する。その後の2年間で待機児童数が9割近く減り、この4月には「ゼロ」を達成できるまでに改善されたのだ。 “奇跡”と呼べるほどの逆転現象はなぜ起こったの [全文を読む]

神奈川県警:「還付金」+「カード交付型」の新手口注意を

毎日新聞 / 2017年09月12日09時19分

自治体職員などを装って医療費や保険料を一部返金するなどと告げる「還付金詐欺」と同様のだまし文句を使った上で、「還付金の振り込みにはカードの交換が必要」などと持ち掛けて金融機関のキャッシュカードをだまし取る新手の振り込め詐欺が急増している。神奈川県警捜査2課によると、県内では昨年1年間に1件のみ確認されたが、今年は8月に6件相次ぐなど、8月末時点で認知件数が [全文を読む]

法務に強い自治体職員を養成『自治体法務検定』が総務省の後援事業に認定

@Press / 2017年07月13日11時00分

自治体法務検定公式サイト: http://www.jichi-ken.com/ お申込サイト : http://www.jichi-ken.com/guide/ippan-request.php 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/132374/LL_img_132374_1.jpg 自治体法務検定公式サイト [全文を読む]

漏水事故事例をテーマに上下水道専門研修を実施しました

News2u.net / 2017年07月12日15時45分

今回は、7月4日に横浜市水道局職員を講師に招き、「配水本管漏水事故による配水系統切替について」と題して研修を開催しました。 横浜市で平成28年1月に約13万7000戸の給水戸数を擁する港北低区ブロックへの環状幹線(φ1800)から分岐した直後の配水本管(φ800)のバルブが破損して漏水しました。 このバルブ交換のために環状幹線の断水が必要となるため、系統 [全文を読む]

エンカツ社、日本経営協会の地方自治体職員向け「広報・PR実務スキルアップ講座」でシティプロモーションに役立つマスコミ対応とネット対策について解説 6月19日(月)~20日(火)、東京のNOMAホールで

@Press / 2017年03月23日16時00分

以下、エンカツ社)の代表取締役社長 宇於崎 裕美(うおざき ひろみ)は、本年6月19日(月)~20日(火)、一般社団法人日本経営協会主催の地方自治体職員向け「広報・PR実務スキルアップ講座」で、シティプロモーションに役立つマスコミ対応とネット対策について講義します。少子高齢化が進み人口減少傾向が続く今、多くの地方自治体の喫緊の課題は、いかにシティプロモーシ [全文を読む]

神奈川県住宅供給公社が市場公募債を発行します

PR TIMES / 2015年10月27日12時08分

【神奈川県住宅供給公社について】 ・名称 神奈川県住宅供給公社 ・所在地 横浜市中区日本大通33番地 ・代表者 理事長 猪股 篤雄 ・総人数 86名(10名)内訳:役員5名(2名)職員等81名(8名)(平成27年4月1日) ()内は、内数で非常勤、派遣受入職員、嘱託を表す ・基本財産 3,000万円(出資者:神奈川県1,500万円 横浜市750万円 川崎 [全文を読む]

介護施設と横須賀市・地元の町内会で災害時相互応援協定の協定式開催

DreamNews / 2015年06月01日11時00分

株式会社福祉研究所 ・はなことばデイサービス 縁じょい横須賀 ・サービス付き高齢者向け住宅はなことば衣笠 株式会社ゆうあいメディカルサポート ・ヴィレッジ衣笠集中管理棟 社会福祉法人 湘南遊愛会 ・特別養護老人ホーム ゆうあいの郷衣笠 ゆうあいホールディングスグループホームページ⇒http://hanakotoba.co.jp/ <会社概要>株式会社ゆう [全文を読む]

介護士向け 「平成26年度 相模原市 喀痰(かくたん)吸引等研修」受託 定員40名、6月25日(水)より受講生募集スタート

DreamNews / 2014年06月25日13時30分

しかし、医療措置を必要とする高齢者の増加や、慢性的な看護師不足を受け、「社会福祉士及び介護福祉士法」が一部改正され、2012年4月以降、一定の研修を受けた介護職員等が、たん吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)と経管栄養(胃ろう又は腸ろうによる経管栄養、経鼻経管栄養)を行えるようになりました。このような社会のニーズに応えるため、たん吸引等を行える人材の [全文を読む]

神奈川県住宅供給公社はAA(ダブルAフラット)の格付を取得いたしました。

PR TIMES / 2014年03月17日16時40分

株式会社日本格付研究所(JCR) ホームページ http://www.jcr.co.jp/ 【神奈川県住宅供給公社について】 ・名 称 神奈川県住宅供給公社 ・所在地 横浜市中区日本大通33番地 ・代表者 理事長 猪股 篤雄 ・総人数 85名 役員5名(常勤3名 非常勤2名) 参与2名 職員74名 嘱託4名 (平成25年5月1日現在) ・基本財産 3,0 [全文を読む]

待機児童ゼロ実現の横浜市長 職員に「困る市民の声を聞け」

NEWSポストセブン / 2013年02月23日16時00分

※女性セブン2013年3月7日号 [全文を読む]

橋下市長 大阪水道事業改革で1800億円埋蔵金掘り起こす計算

NEWSポストセブン / 2012年02月15日16時00分

職員数が多すぎるという指摘もある。市水道局は約1800人(2011年末)で、給水人口が約100万人多い横浜市の職員数とほぼ同じ。職員1人当たりの給水世帯数は全国平均の約半分となる約860世帯と、効率の悪さが目につく。 この状態で2010年度には50億円、9年連続で累計138億円もの黒字を積み上げているのは民間企業なら“立派”といえるが、あくまで水道は公益 [全文を読む]

フォーカス