ボランティア 横浜市に関するニュース

中学英語でボランティアガイドはできる

プレジデントオンライン / 2017年06月03日11時15分

関西でボランティアガイド活動を行う「VISITKANSAI(ビジット関西)」の代表が語るボランティアガイドの心得とは。 ■外国人のニーズをいち早く理解できるか 【三宅義和・イーオン社長】ボランティアガイドをされていて、濱田さんご自身、あるいはメンバーの体験でもけっこうですが、とりわけ喜ばれた訪問先あるいは出来事のエピソードを教えていただけませんか。 【濱田 [全文を読む]

<まち×学生プロジェクト>課外活動団体が地域と連携し、認知症への理解を促す事業「オレンジプロジェクト」を開催 -- 神奈川大学

Digital PR Platform / 2017年09月16日08時05分

【本件のポイント】 ●神奈川大学課外活動団体「GLOBAL YEN LEAP」(ボランティア部)が、同大横浜キャンパスの所在地である横浜市神奈川区六角橋の自治会、商店街と連携し、認知症への理解を促す事業「オレンジプロジェクト お年寄りにやさしい街・六角橋 ~地域で取組む認知症対策~」を開催。 ●9/18(敬老の日)~9/21(世界アルツハイマーデー)の期間 [全文を読む]

アフリカ・アフリカにルーツをもつ世界各国の文化をパワフルに紹介する「アフリカンフェスティバル」&「ジャマイカンフェスティバル」を5月・6月・7月・8月に開催

@Press / 2016年05月02日18時00分

ボランティア参加で、1日あたり2食分の食事券などをプレゼントイベントを一緒に盛り上げていただくボランティアの募集も行っております。ご協力いただける方には、1日あたり2食分の食事券をプレゼントします。各イベント、ボランティア参加の詳細は下記URLをご覧ください。http://africah.web.fc2.com■各イベント詳細<都筑区・エコ・アフリカヘリ [全文を読む]

クリスマスシーズン恒例「タカシマヤオリジナルチャリティーサンタ人形」発売。売上げの一部が国連WFPの食糧支援へ。

PR TIMES / 2015年11月16日15時26分

初日の11月25日(水)10:00~、横浜高島屋で国連WFP協会のボランティアが協力! 飢餓と貧困の撲滅を使命に活動するWFP 国連世界食糧計画の民間協力の支援窓口である特定非営利活動法人国連WFP協会(横浜市西区みなとみらい1-1-1パシフィコ横浜6F 会長:安藤宏基)では、11月25日(水)10:00からタカシマヤが毎年クリスマスに展開するオリジナルチ [全文を読む]

【夏休み2017】横浜市、18図書館で「きもだめし」や仕事体験

リセマム / 2017年07月04日19時15分

「ティーンズ ボランティア」は、中高生を対象に図書館の仕事を体験する。カウンターの仕事以外に、バックヤードの仕事や絵本の読み聞かせなどのボランティアを行う。実施は、港南、旭、磯子、金沢、緑、山内、瀬谷図書館。 中央図書館では「影絵」をテーマに、中国影絵の伝承者と影絵劇団上海花影社の公演が7月17日に行われるほか、実演体験や影絵ミニ講座、交流会「中国影 絵 [全文を読む]

奇想天外のコメディ・ショート・オペラ「アルプスの花咲か婆さん」世界初演!! 歴史ある横浜室内合奏団と初提携し、シナリオ予想キャンペーンを行います

DreamNews / 2017年07月03日09時00分

また本事業の売上の一部はボランティアネットワーク21神奈川を通じて横浜三渓園、本牧病院等に車椅子などを寄付させて頂いております。◆開催概要日時:2017年8月27日(日) 14:30開演(14:00開場) チケット: お一人様 2000円 (未就学児のお子様はご入場頂けません)会場: 横浜市開港記念館 講堂主催:横浜室内合奏団広報・プロモーション:株式会社 [全文を読む]

「外国人観光客を横浜ファンにする!ホスピタリティ研修」開催のお知らせ

PR TIMES / 2017年09月04日14時30分

YCVBでは、横浜に関する知識の向上、接遇マナーのスキルアップ等をテーマに、市内事業者、ボランティアガイド団体をはじめとした観光関連事業者を対象としたホスピタリティ研修を毎年実施しています。本研修は、毎回100名を越える参加者が受講する人気の研修となっています。近年の訪日観光客増加に伴い、国内だけでなく、海外からの観光客への横浜の案内対応や発信機能の拡充 [全文を読む]

障害のある方の就職をサポートするウェルビー、神奈川県初の「障害者ワークフェスタ2017」を7月25日(火)に開催

PR TIMES / 2017年06月26日17時16分

1979年横浜YMCA、1983年から横浜市社会福祉協議会に勤務、地域福祉、地域ケアプラザ(地域包括支援センター)、市民活動・ボランティアなどを担当。2004年から大学で福祉関係の教育・研究活動に従事。福祉思想・福祉政策、コミュニティワークなどを研究領域としている。2007年から6年間沖縄大学で沖縄各地の地域に関わり、ゼミ学生と地域との共同研究を行ってきた [全文を読む]

第33回全国都市緑化よこはまフェア 大盛況のうちに閉幕

Digital PR Platform / 2017年06月07日16時30分

市民、ボランティアの皆様をはじめ、関係機関、団体、企業のご支援に、心から感謝申し上げます。『ガーデンネックレス』の愛称のとおり、『まち』『人』『時』をつなぎあわせた『よこはまフェア』。今後も自然をいつくしみ、大切にする心を醸成していきたいと思います。」と、述べました。よこはまフェア広報親善大使である俳優の三上真史さんは、「広報親善大使を務めさせていただいた [全文を読む]

東京でアフリカの音楽・食・文化を紹介するイベントを6・7月開催!アフリカ大陸型の巨大おみこしを運べる!

@Press / 2017年05月11日15時00分

ボランティア参加で、1日あたり2食分の食事券などをプレゼントイベントを一緒に盛り上げていただくボランティアの募集も行っております。ご協力いただける方には、1日あたり2食分の食事券をプレゼントします。各イベント、ボランティア参加の詳細は下記URLをご覧ください。http://africah.web.fc2.com/j-volunteer.html■各イベン [全文を読む]

農林水産省『農業女子プロジェクト』農業×エンターテインメント創出計画 ナムコ、農業女子と一緒に野菜づくりを学ぶワークショップ開催 4月16日、ららぽーと横浜「農業女子オリジナルクレーンゲーム」登場

DreamNews / 2016年04月12日14時00分

■イベントに参加予定の農業女子プロジェクトメンバー金丸晴美さん (富山県小矢部市 ハーブガーデン平田)高岡短大産業デザイン科卒業後、東京で9年働いた後、宮崎県の山村で1年間ボランティア、Uターン後、園芸高校の専攻科に入学、H16年度卒業。そのころから少しずつハーブに取り組み、5年前に畑を拡大し、本格的に西洋ハーブの生産をスタート。ハーブティー教室、アレンジ [全文を読む]

アフリカ・アフリカにルーツをもつ世界各国の文化をパワフルに紹介する「アフリカンフェスティバル」&「ジャマイカンフェスティバル」を4月・5月・6月・7月・8月に開催

@Press / 2016年03月14日10時30分

ボランティア参加で、1日あたり2食分の食事券などをプレゼントイベントを一緒に盛り上げていただくボランティアの募集も行っております。ご協力いただける方には、1日あたり2食分の食事券をプレゼントします。各イベント、ボランティア参加の詳細は下記URLをご覧ください。http://africah.web.fc2.com/j-volunteer.html■各イベン [全文を読む]

学習塾がAO推薦入試対策として、横浜市議会議員を招聘!「~古川なおき議員特別講演~ニッポンを変えるのは君だ!! 今学ぶ『将来のビジョンの考え方』」を開催します。

DreamNews / 2015年06月17日16時00分

多くの学生ボランティアに支えられ、26歳最年少で当選を果たす。以降横浜市議会での活躍目覚しく、2015年6期連続当選された。【本プレスリリースに関するお問合せ先】株式会社城南進学研究社 宣伝企画室TEL 044-246-2071FAX 044-246-5003担当 水野 拓児 / 織田 聡MAILTakuji_Mizuno@johnan.co.jpSato [全文を読む]

横浜の高齢者ホーム 各部屋に設置のiPadで緊急コールも可能

NEWSポストセブン / 2014年12月30日07時00分

ボランティアの活動がとても盛んなサ高住だ。手品や大正琴演奏、ハープ演奏、フラダンスなどの催しが月に3回行なわれている。取材当日のイベントは合唱だった。ほとんどの入居者が参加し、ボランティアとともに楽しそうに歌っていた。 見晴らしのいい屋上にはボランティアが草花を育てたイングリッシュガーデンがあり、入居者たちを和ませている。 同施設は、認知症の祖父が施設で [全文を読む]

大震災6年半:被災3県の不明2542人

毎日新聞 / 2017年09月11日22時02分

6年半前に起きた東日本大震災による津波で、大きな被害を受けた岩手、宮城、福島3県の各県警やボランティアらが11日、行方不明者や遺留品などの手掛かりを求めて沿岸を捜索した。警察庁によると、震災による被災3県の不明者は、9月8日現在で2542人。 宮城県気仙沼市では、ボランティアらが海に向かって黙とうした後、海岸沿いを熊手などを使って捜索した。参加した横浜市の [全文を読む]

ボランティア:避難の子「第2の家」 大学生が学習室

毎日新聞 / 2017年09月05日12時12分

悩み支えて1000回 横浜・川崎 東日本大震災や熊本地震で避難した子どもたちを対象に、ボランティアの大学生たちが震災後から横浜、川崎両市で続けてきた学習室がある。通った子どもは6年半で福島県を中心に100人を超え、関わった大学生は約240人。開催数は1000回に迫ろうとしている。いじめや不登校などの悩みを抱える子どもも訪れ、勉強の場であると同時に、慣れない [全文を読む]

ヨコハマトリエンナーレ2017/視覚に障がいのある人のための 作品解説ツアーを実施します

PR TIMES / 2017年08月17日10時00分

1.氏名・ふりがな 2.希望日 3.希望時間帯 4.年齢 5.郵便番号・住所 6.電話番号 7.ご一緒に参加するガイドボランティア、ご家族など同伴者の有無 8.(7でご同伴者がいらっしゃる場合)その方の氏名・ふりがな 【申込先】 Eメールアドレス: event2017@yokohamatriennale.jp 【参加費】 無料(障がいのある方とその介護者 [全文を読む]

自分のためだけではなく、誰かのためにもなる SNSで童虐待防止の輪を広げる「ボランティア筋トレ」を開始

@Press / 2017年08月10日10時00分

子育て支援を行っているNPO法人 全日本育児普及協会では、筋トレの様子や筋トレで鍛えた体の写真をSNSに発信することで、児童虐待防止への啓蒙を行う「ボランティア筋トレ」を開始しました。 日本では、児童虐待相談対応件数は年々増え続けており、虐待により幼い命が奪われている状況が続いています。“筋トレをして体を鍛えて、一人でも多くの子どもを救いたい”という想いか [全文を読む]

【神奈川大学】まち×学生プロジェクト「六神祭」を開催 -- 学生主催!地域・大学の交流型ボランティア

Digital PR Platform / 2017年07月21日08時05分

●本イベントは、本学の学生団体「学生ボランティア支援室」に所属する学生たちが企画した。 ●地域の子どもたちを対象とした和紙で作る「うちわづくり体験」など、さまざまなイベントを実施。 神奈川大学は、8月2日(水)に横浜キャンパスにおいて、学生団体「学生ボランティア活動支援室」主催による第2回「まち×学生プロジェクト『六神祭』」を開催する。同イベントは、同大 [全文を読む]

フェリス女学院大学ボランティアセンターの学生スタッフによる国際・平和人権活動「アンネのバラ育成プロジェクト」 -- 今年も「アンネのバラ」が満開に

Digital PR Platform / 2017年05月15日08時05分

フェリス女学院大学(横浜市泉区、学長:秋岡 陽)では、“For Others(他者のために)”の教育理念に基づき、多くの学生がボランティア活動に参加している。活動領域は子どもの学習支援、平和・人権活動、地域福祉、環境保全など多岐にわたり、中でも来年15周年を迎える「アンネのバラ育成プロジェクト」は、その象徴的な事業である。学生たちの精力的なボランティアに支 [全文を読む]

フォーカス