病院 横浜市に関するニュース

医師による病院勤務レポート『ホスピタル・レポート(ホスレポ)』 クチコミ評価の投稿先病院を初公開

PR TIMES / 2014年09月04日13時20分

~聖路加国際病院、京都大学医学部附属病院、虎の門病院 他多数~メドピア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:石見 陽)が運営する医師専用サイト「MedPeer(メドピア)」(https://medpeer.jp)では、医師による病院勤務レポート共有サービス「ホスピタル・レポート(ホスレポ)」を展開しています。MedPeer会員の医師は、「ホスレポ」を利用 [全文を読む]

医療費を節約する方法とは?5つのポイント

オールアバウト / 2017年09月14日19時30分

まずは健康管理が大事日本は健康保険制度が充実しており、病院への通院も医療費を一部負担すれば良いことになっています。ただし国民の医療費は上がっており平成27年度で約41.5兆円(平成27年度「医療費の動向」より)を突破しました。自分の医療費を減らすには、病院へ行かなくてすむように健康管理をまずはしたいものです。1.移動はなるべく徒歩で歩くことは、脳を活性化し [全文を読む]

【横浜患者殺害】捜査は依然難航 入院患者受け入れは再開へ 大口病院事件18日で1年

産経ニュース / 2017年09月17日20時55分

横浜市神奈川区の「大口病院」で昨年9月、点滴を受けた男性入院患者2人が中毒死した連続殺人事件は、1人目の死者が出てから18日で1年。神奈川県警神奈川署捜査本部は、病院関係者が関与した可能性が高いとみているが、物証の乏しさなどから依然として絞り込みは難航している。一方、病院側は事件後から停止していた入院患者の受け入れを再開する方針を明らかにした。未解決のまま [全文を読む]

点滴殺人の病院でいじめか、看護師が次々と辞めていく…

NEWSポストセブン / 2016年10月13日07時00分

横浜市神奈川区の大口病院で、2人の男性入院患者が点滴への異物混入によって中毒死した連続殺人事件。10月11日には横浜市が大口病院に臨時立ち入り検査を行い、院長から聞き取り調査を行った。 「事件発覚後、4階から『出たい』という入院患者やその家族からの問い合わせが殺到しています。ただ、4階はもともと回復が難しい患者ばかりだったので、受け入れてくれる病院は他にあ [全文を読む]

点滴殺人の大口病院 現場病棟で看護師同士のいじめトラブル

NEWSポストセブン / 2016年10月07日07時00分

神奈川県横浜市の大口病院で発生した、連続殺人事件。「慢性期」と呼ばれる末期がんや重度の脳梗塞の患者が入院する同院4階の一般病棟で、2人の患者が相次いで中毒死した。いずれも点滴に異物が混入されたものとみられている。 点滴による連続殺人が発覚する直前、大口病院の4階ナースステーションではトラブルが相次いでいた。 最初に起きたのは今年4月の注射針“針山”事件だ。 [全文を読む]

連続殺人「大口病院」元看護師が「事件の動機」を独占告白

WEB女性自身 / 2016年10月05日06時00分

9月23日から27日にかけて、入院患者2人の中毒死が相次いで発覚した横浜市の大口病院。混乱はいまも続く。 「大口病院は、ほかで見放された終末期の患者が、比較的安く入院できる病院です。近所の人が大口病院に入院すると、『ああ、あの人ももうだめか』と誰もが思っていた。病院前の道路は 霊柩車通り と呼ばれ、亡くなる入院患者は常に多かった」 病院の近所に住む男性はそ [全文を読む]

【横浜患者殺害】「一刻も早い真相究明を」1年経過 投入捜査員延べ9千人超、地道な捜査続く

産経ニュース / 2017年09月21日12時40分

横浜市神奈川区の「大口病院」で昨年9月、点滴を受けた男性入院患者2人が中毒死した連続殺人事件は、県警が事件性を認知してから20日で1年が経過した。これまでのところ捜査に大きな進展はみられず、聞き込み対象者を拡大するなど地道な捜査が続く。 神奈川署捜査本部によると、同日までに延べ9076人の捜査員を投入し、病院周辺の延べ68世帯84人に対して聞き込み捜査を行 [全文を読む]

商業施設にホテルや病院…EV用駐車場ってちょっと多すぎない?

citrus / 2017年08月18日20時30分

スーパーや病院、ホテルやコンビニの駐車場にも、いつの間にか目にまぶしいピカピカのEV用駐車場ができている。新しくできた商業施設の駐車場の中には、一列全部EV用ということもある。EVは実際、増えているのだろうか?■横浜市のとある商業施設の駐車場で、目を疑う光景が…先日、横浜市にあるウチの近所の商業施設を訪れたところ、1階、2階の駐車場が混んでいたので、屋上駐 [全文を読む]

「認知症の理解のために」市民公開講座【横浜市】

認知症ねっと / 2017年02月11日10時00分

済生会横浜市南部病院による市民公開講座 2月25日、神奈川県横浜市磯子区にある神奈川県総合薬事保健センターにて、済生会横浜市南部病院の主催、磯子区役所と磯子区医師会後援による市民公開講座「認知症の理解のために」を開催します。 この市民公開講座の入場料は無料、事前の予約申し込みも不要、定員は200名となっています。 「認知症の診断について」と「認知症の人への [全文を読む]

行ってはいけない「激ヤバ病院」の見分け方

日刊大衆 / 2017年01月27日15時30分

「昨年末の12月28日と今年の1月1日、大阪市北区の『北野病院』で、点滴の袋に穴が開いているのが相次いで発見されました。不幸中の幸いで、患者に投与される前に見つけられたため、大事には至らなかったものの、原因も犯人も特定されていません。入院患者やその家族にも、不安やシコリを残すものとなりました」(在阪記者) この話を聞くにつけ、昨年、死者2名を出した“あの事 [全文を読む]

厚労省:医師と歯科医師の計21人 医業停止処分を発表

毎日新聞 / 2017年09月21日21時46分

千葉大医学部生らが2016年9月、酒に酔った女性に集団で性的暴行をしたとされる事件に関わり、準強制わいせつ罪の執行猶予付き有罪判決が確定した同大学付属病院の元研修医、藤坂悠司医師(31)は医業停止3年とした。 医師の行政処分は医道審議会に諮って決める。最も重い免許取り消しは今回なかった。【熊谷豪】 処分者は次の通り。(当時の所属医療機関の所在地、医療機関 [全文を読む]

療養中の子どものためのプレイルーム『マニュライフわくわくるーむ』 済生会横浜市東部病院内(神奈川県)に6月30日開設

PR TIMES / 2017年07月18日10時28分

~全国で13ヵ所目、「わくわくるーむ」としては初の屋外プレイルームも設置~社会福祉法人 恩賜財団 済生会横浜市東部病院(院長:三角隆彦)では、特定非営利活動法人 子ども健康フォーラム(理事長:前田正信)の支援協力およびマニュライフ生命保険株式会社(代表執行役社長兼CEO:ギャビン・ロビンソン)の特別協賛のもと、療養中の小児患者を対象にした本格的な新プレイル [全文を読む]

【横浜点滴殺人】“危険な兆候”たくさんあったのに…! 県警の初動ミス、病院の隠蔽体質で迷宮入りの可能性

tocana / 2016年10月12日08時00分

横浜市神奈川区の大口病院で起きた“点滴連続殺人”に新展開だ。事件は4階の終末期病棟に入院していた八巻信雄さん(88)と西川惣蔵さん(88)が9月に入り、立て続けに死去。点滴から有毒の界面活性剤が検出されたことから一気に広がりを見せた。点滴袋のゴム栓に貼られた保護シールには極小の穴が開いており、犯人はそこから注射針を刺し、毒物を混入させた可能性が高い。その手 [全文を読む]

日本医療のインド進出をサポート!医療関係者向けコンサルを1月に開始 インド医療のプロと現地医療関係者のノウハウを提供

@Press / 2014年12月15日14時30分

株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ、所在地:東京都港区、代表取締役:小里 博栄)は、インドで医師免許を取得した日本人医師 松丸 美砂子氏やインドの医療関係者らとスペシャリスト契約を締結し、インド市場に関心を持つ日本の医療関係者(病院、製薬・医薬品、医療機器等)にインドの医療実態や保険制度、邦人医療の課題等の情報を提供し、市場調査、インド医療業界とのネッ [全文を読む]

点滴殺人事件と障害者惨殺事件に見える共通点、日本の危険な「優越論」―華字紙

Record China / 2016年09月30日06時30分

2016年9月29日、華字紙・日本新華僑報は横浜市の病院で起きた患者死亡事件について、「日本の社会危機だ」と報じている。 今月20日、横浜市神奈川区の大口病院で、入院患者の八巻信雄さんが界面活性剤による中毒で死亡した。点滴に遺物を混入したような形跡があったことから、何者かが故意に混入し、八巻さんを殺害したとみられている。また、同病院で18日に死亡した西川惣 [全文を読む]

横浜市立大学附属病院 腎臓・高血圧内科で医師臨床研修に「ClipLine(クリップライン)」を試験導入

PR TIMES / 2017年08月02日09時00分

~従来の1:1の対面型教育の一部を動画教育指導に切り替えることにより多忙を極めるベテラン医師・看護師の時間の捻出と同時に研修医の技術習得を後押し~ClipLine株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:高橋 勇人、以下「当社」)は、公立大学法人 横浜市立大学附属病院(所在地:横浜市金沢区、以下「横浜市立大学附属病院」) 腎臓・高血圧内科(担当医師:谷津 [全文を読む]

これからの「在宅医療」を支える、身近な事業所を徹底調査「在宅訪問医療ガイド」(世田谷区版・目黒区版・大田区版)創刊

PR TIMES / 2016年02月25日11時30分

「在宅訪問医療ガイド」では、訪問での対応が可能な病院や診療所、かかりつけ薬局、訪問看護ステーションなど、在宅医療の情報を一冊に集約して掲載することで、地域の医療資源の「見える化」を実現していきます。発刊にあたっては編集部が地域ごとに徹底調査を行い、各事業所の特徴や、そこで働く医師・薬剤師・看護師のインタビュー記事も掲載することで、地域医療における「顔の見え [全文を読む]

低騒音電源車を仙台に配備 説明会を開催 イベント・施設バックアップ電源に利用

PR TIMES / 2014年06月27日09時21分

東北地方のイベントや、病院・データセンター等の災害時・停電工事時のバックアップ給電に利用I・C・Cインターナショナル株式会社(株式会社トスネット連結子会社)は、低騒音電源車2台を仙台市に配備しました。東北地方のイベント・コンサートへの給電や、電源を断つことのできない病院・データセンター等の災害時・停電工事時のバックアップ給電にご利用頂けます。2014年7月 [全文を読む]

不倫疑惑から“略奪”結婚へ! さかもと未明の「結婚のお値段」

サイゾーウーマン / 2012年07月01日12時00分

さかもとは2010年5月、一部で、とある病院長との不倫疑惑が囁かれていた。訪れたホテルや旅館を自身のブログに書き綴っていたさかもとだが、この病院長も同行していたのではとウワサされていたのだ。「今回さかもとが自身のブログで報告した結婚相手の武田茂氏は、不倫疑惑と報じられた院長と同一人物です。武田氏は当時頻繁にさかもととメールをやり取りしていて、その内容から [全文を読む]

信頼できる動物病院 コミュニケーションが取れることが条件

NEWSポストセブン / 2012年04月10日16時01分

特に首都圏の動物病院は飽和状態といわれており、これだけ数が多いと、飼い主は何を基準に動物病院を選んだらいいのか迷ってしまう。 『頼れる動物病院ガイド』(オクムラ書店刊)の著者、愛玩動物飼養管理士で東京都動物愛護推進員の柿川鮎子さんは、動物病院を選ぶ基準について、「飼い主にとって、信頼できる病院であるかを見極めることが大切」と話す。 柿川さんは、動物病院に事 [全文を読む]

フォーカス