市民 横浜市に関するニュース

日本テレビ連続ドラマ『レンタル救世主』、『ラストコップ』と横浜市がタイアップ!~「省エネ実践の啓発」、「よこはま朝食キャンペーン」ポスターを制作~

PR TIMES / 2016年11月08日16時05分

横浜市は多くの市民や企業が活動しており、温室効果ガスを削減していくためには、ひとりでも多くの方に実践していただくことが重要です。 今回のポスターでは、ドラマの題名と連動したキャッチコピーで、省エネ行動の実践により温暖化から地球を救う「救世主」となっていただけるよう、市民のみなさまへ呼びかけていきます。 【掲出期間】11月11日(金)~12月11日(日) [全文を読む]

パソナテック 横浜市「横浜テレワーク推進事業」を開始

PR TIMES / 2016年06月10日10時56分

■ 「横浜テレワーク推進事業」 概要事業開始: 2016年6月10日(金)内 容: 横浜市内の企業や横浜市民を対象に「テレワーク」や「クラウドソーシング」の導入・活用を支援するセミナーや個別相談会、研修会等を実施。中小企業の経営基盤強化、多様な働き方の創出による就業機会の拡大などを通じ、横浜市の経済活性化を図る(1)テレワーク(在宅勤務型)の普及・啓発に向 [全文を読む]

公民連携アプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!」にて 10月1日よりアプリ開発部門公募開始

PR TIMES / 2014年10月01日15時37分

本コンテストは、横浜市、デジタルハリウッド大学大学院、株式会社tvkコミュニケーションズとともに、公民連携アプリコンテストとして昨年より開催しているもので、市民や地域企業をはじめ、横浜市に興味や関係のある全国の方より横浜の魅力を発信し集客につながるもの、横浜に住んでいる方の身の周りの利便性をちょっと向上させるもの、その他横浜での生活に彩りを与えるアプリなど [全文を読む]

京都最大級!700人による10,000点以上の手づくり作品が集結!「京都ハンドメイドマルシェ」11/4(土)5(日)に初開催!

@Press / 2017年09月20日11時30分

京都ハンドメイドマルシェ実行委員会(東京都港区/代表:堤田和久)は、京都最大級のハンドメイドイベントとして、全国のものづくり市民によるブース出店型イベント「京都ハンドメイドマルシェ」を京都市勧業館みやこめっせ(京都市左京区)で2017年11月4日(土)・5(日)に開催します。なお、「京都ハンドメイドマルシェ」は2013年から神奈川県横浜市で開催している「ヨ [全文を読む]

行政・企業・大学・市民が協働する場「日野市多摩平の森産業連携センター(PlanT)」2015年10月 日野市多摩平にオープン

PR TIMES / 2015年10月08日14時02分

10月24日(土)オープンセレモニー・市民公開イベント開催!日野市は「多摩平の森重点地区まちづくり計画」に基づき計画的に街の整備が進行している発展著しい多摩平地区において、市民や企業が集まり交流を通じて新産業を生み出すクリエイティブなイノベーション拠点「PlanT(読み方:プラント 正式名称:日野市多摩平の森産業連携センター)」をオープンします。 Plan [全文を読む]

マニフェストスイッチは押されるのか?

政治山 / 2015年03月10日11時05分

この2つの事例のように、マニフェスト作成の主体の転換も起きているのであり、「マニフェストスイッチを押すこと」の1つとして、市民側の目覚めを促すということが挙げられるだろう。実際に、マニフェストスイッチプロジェクトのイベント時にも、市民側の取り組みを発表もあり、その後は選挙アイデアソンや選挙ハッカソンがプロジェクトの一環として実施されるなど、市民参加に焦点 [全文を読む]

カレーを食べるだけで気軽に環境改善活動に取り組める!横浜の学生アイデア初のレトルトカレーのスポンサーの募集開始!

@Press / 2017年08月28日14時00分

また、本商品のパッケージ裏面は、CSR限定の広告枠として活用することができ、意識の高い企業と市民とが繋がれる場所として、2017年8月には協賛企業の募集を開始します。 現在、社会貢献性の高いエシカル商品(※)は、多方面で話題となっています。パッケージには、横浜市が正式にロゴの使用を認可。本商品は、受注生産にすることで、無駄な在庫も出さないなど、極力環境に配 [全文を読む]

客船を横浜港で、見る感動、撮る喜び 「横浜港客船フォトコンテスト2017」を開催

PR TIMES / 2017年06月09日17時58分

http://www.city.yokohama.lg.jp/kowan/cruise/photo/2017/ 【共催】横浜港振興協会・横浜市港湾局 【問合せ・申込先】横浜港振興協会「横浜港客船フォトコンテスト」事務局 〒231-0002 横浜市中区海岸通1-1 大さん橋ふ頭ビル2階 TEL 045(671)7241 FAX 045(671)7350 E [全文を読む]

「相鉄いずみ野線沿線 環境未来都市」の取り組みとして、相鉄いずみ野線沿線における「次代のまちづくり」の推進に係る四者連携覚書を横浜国立大学・フェリス女学院大学・横浜市・相鉄ホールディングスで締結しました。

@Press / 2016年06月02日15時00分

2013年度(平成25年度)から「持続可能な住宅地モデルプロジェクト」を、市内4か所のモデル地区で、民間事業者(鉄道事業者、開発事業者)や大学等幅広い主体と連携し、住み慣れた身近な地域で、誰もが安心して暮らし続けられるように、生活圏の拠点となる駅周辺等に、住民の生活を支えるために必要な機能を集積し、郊外の住宅地の住環境を維持し拠点駅との交通を確保する等、市 [全文を読む]

パソナテック クラウドソーシングサービス「Job-Hub」 全国初の官民連携アプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!」を開催

PR TIMES / 2013年10月09日14時36分

本コンテストでは、「横浜」をテーマにしたアプリのアイデアを「女性」「若年層」「高齢者」など、幅広い層から募集する市民参加型のイベントで、実際に寄せられたアイデアを具現化することで、市民生活の向上につなげることを目的としています。 実施にあたり、パソナテックはクラウドソーシングサービス「Job-Hub」で、アイデアの募集・選考を実施し、寄せられたアイデアはパ [全文を読む]

横浜市とマイクロソフトが連携強化、連携締結の署名はSurface Proで

EnterpriseZine / 2013年07月30日15時30分

市民の間では「横浜オープンデータソリューション発展委員会」が発足し、地域のオープンデータカタログサイト「横浜オープンデータポータル」の運営、横浜開港祭では「みなとみらいAR歴史体験ツアー」を実施するなどしている。オープンデータでは先進的な地域だ。(横浜オープンデータポータルは今年2月23日の「International Open Data Day」に合わせ [全文を読む]

観光地としても存在感はあるが…イケてる都市の日本代表「横浜市」の意外な正体

週プレNEWS / 2017年08月22日06時00分

隣区(栄区)の栄図書館はまだ近いけど、それでも30分以上はかかるし」(40代男性) 13年、港南台駅周辺に住む市民団体が図書館の充実を区議会などに求めた。その際、呼びかけ人のひとりは「この辺りは“図書館砂漠”だ」と表現した。だが、“砂漠”が広がっているのは港南区だけではない。前出の地元記者はこう言う。 「横浜市が発表した統計(16年)によると、市民ひとり当 [全文を読む]

東京まちだ博 ~町田市が神奈川県にやってきた!~ 日時:2016年3月21日(月・祝)11:00~18:00 / 会場:クイーンズスクエア横浜

PR TIMES / 2016年03月09日19時39分

町田市が、横浜市のみなとみらいで来訪促進イベントを開催 市民が薦める魅力紹介パネル展示や「U字工事」トークライブなど 町田市は、市民協働型で進めるシティプロモーション事業の一環として、3月21日(月・祝)、クイーンズスクエア横浜(横浜市西区みなとみらい2-3)にて、市の魅力を発信し、来訪促進を目的としたPRイベント「東京まちだ博~町田市が神奈川県にやってき [全文を読む]

<IamaPainter田中千智展>滞在して絵を描く「横浜市民ギャラリー」で田中千智展

メディアゴン / 2015年10月08日14時30分

齋藤祐子[神奈川県内公立劇場勤務]* * *横浜市民ギャラリーはJR関内駅前に1960年にオープンした公設のギャラリーである。周囲にはまだ横浜美術館もなく、ちょっと離れて日本で最初の美術館・鎌倉の県立近代美術館があるのみ。そんな早い時期から、現代美術を中心に多くの作家たちを取り上げてきた。山下公園前に県民ホールができ、その中の県民ギャラリーが工芸や彫刻、現 [全文を読む]

表現者やクリエーターの出会いの場「たんたらホイ!フェス in 横浜」を10月3日に開催 ~1,000人を前にした夢を叶えるジャンルレスなオーディション実施~

@Press / 2015年08月07日12時30分

また、主催 たんたらホイ会は文化庁の市民から文化力プロジェクトの承認をいただいております。今回のゲストライブにはゴスペル界の重鎮“ボイス・オブ・ジャパン”からVOJA FAMILYが出演、そして鎌倉ジュニアオーケストラが登場します。 ■応募方法詳細 パフォーマンスを録画したYouTubeのリンクをemail又はDVDを郵送にてお送りください。 ■問い合わせ [全文を読む]

市民・企業のアイデアとスキルをアプリとして具現化する公民連携アプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!」表彰式を開催

PR TIMES / 2015年03月19日12時48分

「YOKOHAMA Ups!」は、「横浜での日常をちょっと便利で楽しくしたい」「横浜の魅力をもっと知ってもらいたい」そんな想いを持つ、市民・企業のみなさんのアイデアとスキルを持ち寄って、アプリ(Apps)として具現化させるムーブメントをつくることにより、市民生活の向上と横浜市の魅力UP!につなげていく公民連携アプリコンテストとして、2013年より発足し、今 [全文を読む]

横浜のEVシェア「チョイモビ」が大人気な理由とは

FUTURUS / 2014年10月31日11時01分

また、横浜市中区、西区を中心に非常にたくさんのシェアリングスポットを用意し、乗車スポットと降車スポットを別々に設定することも出来る乗り捨て型のカーシェアリングとして、横浜市民やビジネスマン、観光客に愛されてきた。 このチョイモビ、10月21日に第一期の実証実験を終了したのだが、終了前に継続を望む声が非常に多く寄せられたことにより、11月1日より復活!若干 [全文を読む]

ガッツリ濃厚な味噌がヤミツキ!「つじ田 味噌の章」のバリ味噌ラーメンがうますぎる件

GOTRIP! / 2017年08月26日17時30分

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」、岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」や岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。 甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると [全文を読む]

1,300人による15,000点以上の手づくり作品が集結!「ヨコハマハンドメイドマルシェ秋」10/7(土)8(日)開催!

@Press / 2017年08月17日11時00分

神奈川最大のハンドメイドイベントとして、2013年の初開催からこれまで6回開催しているものづくり市民による出店型イベント「ヨコハマハンドメイドマルシェ」(主催:ヨコハマハンドメイドマルシェ実行委員会、代表:堤田 和久)では、第7回開催となる「ヨコハマハンドメイドマルシェ秋」をパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で2017年10月7日(土)・8日(日)に開催しま [全文を読む]

【日本麺紀行】京都ラーメンといえばココ!京都市下京区の「本家 第一旭 たかばし本店」

GOTRIP! / 2017年07月30日16時30分

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」、岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」や岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。 甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると [全文を読む]

フォーカス