降板 夏帆に関するニュース

一時停止しながら観たい「映画 みんな!エスパーだよ!」がピュアでエッチで股間が痛い

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月10日15時00分

しかし今回の映画化にあたり、夏帆は平野美由紀役を降板。女性ファッション誌『CanCam』専属モデルの池田エライザが美由紀役を務めることとなる。女性誌モデルで、演技経験もすくないエライザは男子たちの間で認知度が低く、「エライザって誰だよ!」と、男たちはそろいもそろって夏帆を想い、夜な夜な目と股間から悔し涙を流した。しかしふたを開けてみると、本作の池田エライザ [全文を読む]

みのもんた復活への布石か? 7年ぶりTBS『学校へ行こう!』に“呼ばれなかった”タレントたちの現在

日刊サイゾー / 2015年11月02日11時00分

その後つぶやきは、99年3月にひっそりと降板。それと入れ替わるように、加藤とビビアンがレギュラーになる。両者の降板後は、上野、紗栄子と続く。およそ2年で、レギュラーが入れ替わっている。 「その時々で、注目される人がキャスティングされていたということでしょう。番組自体が10年以上続きましたし、芸能界の入れ替わりの構図がそのまま表れているともいえます。現在、ビ [全文を読む]

古舘伊知郎「世界4位は微妙」発言に批判殺到 「上から目線」「トンチンカン発言」

Business Journal / 2015年05月30日06時00分

過去には生放送で喧嘩スレスレの醜態をさらし、1月に格差社会について対談した際も、お互いに自分の主張を繰り返すだけでまったくかみ合わず、『聞き手としての役割を果たしていない』『わざと怒らせようとしているような話し方だった』と不評を買っています」 古舘氏といえば、『報道ステーション』にコメンテーターとして出演していた古賀茂明氏の降板騒動の際も、その言動に非難が [全文を読む]

名作妖艶シネマ「このセリフが悩ましかった!」(7)「あの美女たちの名言」発掘調査-その2-

アサ芸プラス / 2016年04月22日05時57分

本来は秋吉久美子が主演のはずが、あまりの描写に恐れをなして降板。高島の初主演作となった。 高島が扮したのは精神分析医。刑事役の神田正輝とビルの一室でセックスに励む場面は、ビルの外からカメラを向けている。 バックで犯されながら、高島の形のいいバストがガラス窓に押しつぶされる。さらにガラスを背にして、立位の形でファック。そして高島は、羞恥プレイを楽しむかのよう [全文を読む]

広瀬すず「顔が死んでいる写真」に賞賛殺到の美少女ぶり...バッシング吹き飛ばす快進撃の裏にアノ人の自爆

メンズサイゾー / 2015年07月28日20時00分

『ちはやふる』の主演が発表された時には降板を求める署名活動まで巻き起こった。 この失言騒動によってイメージ急落が危惧されたが、前述のように広瀬は仕事がバンバン入っている状態だ。公開中の映画『海街diary』では綾瀬はるか(30)や長澤まさみ(28)、夏帆(24)と美人4姉妹を演じて好評を博し、同じく公開中のアニメ映画『バケモノの子』ではヒロイン役の声優に挑 [全文を読む]

フォーカス