決勝 水谷隼に関するニュース

卓球・水谷隼選手のガッツポーズ、中国に警鐘が鳴った―中国メディア

Record China / 2016年08月22日20時30分

○未曽有の抵抗に遭遇 日本との男子団体決勝で、中国は未曽有の抵抗に遭った。劉国梁・監督も絶えず身体を起こして選手たちに檄を飛ばした。というのも、天にも逆らえるほど強大な中国卓球チームにとって、対外試合で1ゲームでも落とすことによるマイナス影響は計り知れないことを、劉監督は十分承知していたからだ。劉監督が何よりも恐れていたのは、もしこの決勝で金メダルを獲得 [全文を読む]

日本史上初卓球男子団体「銀」・シングル「銅」水谷隼が登場!

PR TIMES / 2016年10月13日14時18分

[画像1: http://prtimes.jp/i/4829/964/resize/d4829-964-456442-0.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/4829/964/resize/d4829-964-429479-1.jpg ]■リオ五輪団体決勝でこれまで12回負けていた対戦相手への勝利の重み『TOYOTA Athlet [全文を読む]

中居正広が吉田沙保里&水谷隼らのアノ真相に迫る!

Smartザテレビジョン / 2016年09月04日05時00分

惜しくも決勝でアメリカのヘレンルイーズ・マルーリス選手に敗れ、涙の銀メダルとなった吉田選手が、閉幕から数週間が経過した今、オリンピックでの出来事の数々を振り返りながら自身の心境も明かす。 敗戦後間もなくは今後のことを考えるような状況になく、去就に関することも明言を避けてきた吉田選手だったが、時間がたちファンからも「東京オリンピックで金メダルを取るために、今 [全文を読む]

<リオ五輪>中国の卓球元世界王者、「日本は我々の想像を上回っていた」とたたえるも、「あと10年は中国が王者に君臨する」―中国メディア

Record China / 2016年08月19日22時10分

現地時間17日夜、リオ五輪卓球男子団体決勝戦で、中国が3対1で日本を破り、オリンピック3連覇を果たした。決勝の現場に姿を現した中国選手団の蔡振華・副団長は、試合終了後、中国卓球チームは、少なくともあと10年間は世界王者の座に君臨するだろうとの見方を示した。人民網が伝えた。 今回のリオ大会で、日本は中国卓球チームにとって最大のライバルになった。蔡副団長は、決 [全文を読む]

「命をかけてる」卓球・水谷が張本のガッツポーズ批判に反論

しらべぇ / 2016年08月17日11時00分

※画像は『サンデー・モーニング』公式サイトのスクリーンショットリオ・オリンピック卓球男子シングルス銅メダリストで、団体でも決勝に駒を進めた水谷隼のガッツポーズを、TBS『サンデー・モーニング』内の名物コーナーで張本勲氏が批判。それに対して水谷本人が、「命をかけているし、相手も命をかけてくる。戦場ですから」とコメントし話題になった。■「あんなのはダメ」と苦言 [全文を読む]

[選手権]チーム紹介:中京大中京高(愛知)

ゲキサカ / 2015年12月29日12時45分

第94回全国高校サッカー選手権 中京大中京高(愛知) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 中京大中京高関連ニュース ▼全国大会日程 1回戦 vs初芝橋本高(和歌山)■出場回数 2年連続15回目 ■監督 岡山哲也 ■主将 MF石川将暉 ■今季成績 [総体](全国初戦敗退) 1回戦 2-3 西武台高 [リーグ戦] プリンスリーグ [全文を読む]

試合中ノーパンの卓球水谷隼「女子がいる時は気を遣う」

NEWSポストセブン / 2016年09月02日07時00分

実は試合中は短パンのウエストをちょっと折ってビチッとさせて、中が見えないようにガードしているんですよ(笑い)」(水谷選手、以下「」内同) 続く男子団体決勝戦はさらに気合が入った。これまでに感じたことのない大きな期待と注目を背負っていたからだ。相手は絶対王者・中国。第2ゲームで水谷選手は、世界ランク3位の宿敵、許キン選手(26才)と戦った。 「国際大会ではい [全文を読む]

卓球「水谷隼カレー」で無名時代からスポンサー契約のフリーデン社は、メダル級のPR戦略

Business Journal / 2016年08月31日06時00分

私は個人的に、男子テニスの錦織圭の銅メダル、特に準々決勝、対ガエル・モンフィスの試合に感動した。そのほか、男子体操総合の内村航平の2連覇、女子レスリングの伊調馨の4連覇など、期待に応えて結果を出したトップアスリートたちがいた。 一方で“意外”と言っては失礼だが、予想をはるかに超えて日本中を熱狂させた競技といえば、男子卓球ではないだろうか。卓球シングルスでの [全文を読む]

<リオ五輪>卓球・水谷は中国にとって最大の強敵―中国メディア

Record China / 2016年08月19日00時30分

2016年8月18日、リオデジャネイロ五輪・卓球男子団体の決勝で中国の許●(シュー・シン、●は日偏に斤)から勝ちを奪った日本の水谷隼を、捜狐体育は「中国にとって最大の強敵」「今後の国際大会で水谷に当たったら特に注意が必要」と報じた。 現地時間17日に行われた決勝は、中国が第1試合(シングルス)、第3試合(ダブルス)、第4試合(シングルス)を制したものの、第 [全文を読む]

“奇跡の14歳”卓球・張本智和の底知れなさーー幼少期の驚くべき「異端な育て方」とは

週プレNEWS / 2017年09月08日06時00分

8月25日のチェコ・オープン男子シングルス決勝戦で、元世界ランキング1位の“ドイツ卓球界の英雄”ティモ・ボルを下し、史上最年少でのワールドツアー優勝を果たしたのだ。 ここ1年の張本の活躍は目覚ましい。昨年12月の南アフリカ世界ジュニア卓球選手権を大会史上最年少で制したかと思えば、今年6月にドイツで行なわれた世界卓球では、2回戦で世界ランク6位の水谷隼を破り [全文を読む]

テレ東が世界卓球&錦織圭で高笑い! フジテレビとの差は、どこでついたのか

日刊サイゾー / 2017年06月09日07時00分

当初は福原愛の“愛ちゃんブーム”から始まりましたが、昨年行われた団体戦決勝の中国対日本戦は、14.6%の視聴率を記録。全仏オープンについては、同局の人気番組『YOUは何しに日本へ?』でしっかり中継を宣伝したり、『さまスポ』でさまぁ~ずをパリに行かせるなど、テレ東の番宣の巧みさも目につきました」 卓球では石川佳純や平野美宇ら女子選手の活躍に加え、リオ五輪メダ [全文を読む]

<卓球>日本人が恐れおののく?代表コーチのリビングに隠された中国の強さの秘密―中国メディア

Record China / 2017年02月06日08時30分

男子団体決勝では日本の水谷隼が許キン※(※許キンの「キン」は日ヘンに斤)を破った後、球を床にたたきつけるパフォーマンスを見せた。それを見た劉は選手たちに「奴らを生かすな!」と檄(げき)を飛ばし、勝利につなげた。 劉は「東京五輪の会場を中国ファンの喜びの海、女性ファンの歓声が上がる天国に変えたい」と話している。開催国の日本にとっては恐怖以外の何者でもないだろ [全文を読む]

卓球の日本代表の自信はどこから?「今年は中国を倒す」―中国メディア

Record China / 2017年01月25日07時30分

2017年1月24日、鳳凰体育によると、卓球の全日本選手権が22日、東京体育館で男女シングルスの決勝があり、女子は昨年準優勝で16歳の平野美宇(エリートアカデミー)が、4連覇を目指した石川佳純(全農)を4−2で破り、初優勝を決めた。高1での優勝は男女通じて史上最年少となった。 平野は昨年10月、女子ワールドカップ(W杯)で史上最年少優勝しており、ドイツで5 [全文を読む]

<卓球>「震えて待て日本」急成長する中国の19歳樊振東がW杯男子単制す―中国メディア

Record China / 2016年10月06日23時42分

ドイツ・ザールブリュッケンで開かれていた卓球の2016男子ワールドカップ、シングルス決勝で、中国卓球界のホープ・樊振東(ファン・ジェンドン)が、同じ中国の許キン(シュー・シン、キンは日へんに斤)を下し、初のビッグタイトルを獲得した。 樊は15歳でナショナルチーム入りを果たし、2014年のユース五輪で優勝。リオ五輪には出場できなかったが、9月に行われた20 [全文を読む]

吉田沙保里&キングカズの偉大さをキリトって検証

Smartザテレビジョン / 2016年09月17日12時00分

リオ五輪・女子レスリング53kg級決勝で、まさかの敗戦を喫した吉田沙保里選手。今回、その敗戦後の一部始終を、読唇術と実況を消した生の音声だけで“キリトル”ことで、吉田の偉大さが浮かび上がる。 吉田選手を破って優勝したヘレン・マルーリス選手の母国アメリカの実況では、アナウンサーが「ヨシダのこんな姿を見たことがありません」という驚きのコメントを口に。 また、 [全文を読む]

卓球をメジャーに!水谷選手が語るプロリーグの必要性

WEB女性自身 / 2016年09月11日06時00分

世界卓球では39年ぶりに男子が決勝進出し、女子は昨年に続き銀メダル。愛ちゃんや石川などカリスマ性のあるスター選手がいるときにやらないと」 中山「東京五輪までの4年間って大切ですね」 水谷「日本の選手は20人前後が海外のプロリーグで活躍しています。しかも、今は日本での試合がまったくない。プロリーグができれば、海外のトップ選手を呼んで、日本の皆さんに生の試合を [全文を読む]

東京五輪に向けて スポーツ中継にタレントは必要なのか

NEWSポストセブン / 2016年08月24日16時00分

例えば、批判的な声が高まった一例がレスリング女子53キロ級、吉田沙保里選手の決勝試合。中継を担当したのは日本テレビ・河村亮アナウンサー。「父親に教え込まれたタックルでいくか!」「父とともに戦う6分間になるんでしょうか」などと亡くなった吉田選手の父の話をくどく繰り返し、「実況がひどすぎる」「ポエム調」「あんなのスポーツ実況じゃない」「感動押し売り」という批 [全文を読む]

「吉田と父」「ベイカーの恩人」現地記者語る“リオ秘話”前編

WEB女性自身 / 2016年08月24日06時00分

そして、日本では、伯父の義信さん(76=東京・メキシコ五輪金メダル)が決勝と同時刻に、東京・青梅市の武蔵御嶽神社で必勝祈願。スナッチ8位から大逆転で銅メダルを獲得すると、義行さんは「神様はいるんだよ」。 (4)柔道・近藤亜美に 敵コーチ の激励 リオ五輪で日本人初のメダル(女子柔道48キロ級銅メダル)を獲得した近藤亜美選手(21)は19歳で世界選手権を制覇 [全文を読む]

<リオ五輪>日本卓球の大躍進は中国をまねた挙国体制のおかげ?日本メディア分析に「日本は1000年前からこっそりまねている」―中国ネット

Record China / 2016年08月18日13時30分

記事では、卓球男子団体が決勝に進出するなど大活躍しているのは、日本の挙国体制と関係があると日本メディアが分析したと紹介。水谷隼選手は5歳、吉村真晴選手は6歳、丹羽考希は7歳で卓球を始めており、08年からは日本オリンピック委員会などによる「JOCエリートアカデミー」がスタートし、選手の強化システムが整ったことも関係しているという。 このニュースが中国版ツイ [全文を読む]

<リオ五輪>中国が日本破る、卓球男子団体で3大会連続の金=中国ネット「よくやった!」「日本は確かに進化しているが…」

Record China / 2016年08月18日12時10分

この日(日本時間)行われた決勝に、日本は水谷隼、丹羽孝希、吉村真晴が臨んだ。対する中国は馬龍(マー・ロン)、張継科(ジャン・ジーカー)、許●(シュー・シン、●は日偏に斤)の3人。第1試合(シングルス)は丹羽が馬龍に敗れたが、第2試合(同)は水谷が許●から勝ちを奪った。しかし、丹羽・吉村組が張継科・許●組と戦った第3試合(ダブルス)、吉村と馬龍との第4試合 [全文を読む]

フォーカス