徳永英明 松任谷由実に関するニュース

こんな豪華な夜はもう二度とない!武部聡志 Original Award Show ~Happy 60~

PR TIMES / 2017年03月01日09時38分

80年代初頭より、松任谷由実のコンサートでの音楽監督を務めながら、斉藤由貴「卒業」、徳永英明「レイニーブルー」、一青窈「ハナミズキ」、kōkua「Progress」等、現在に至るまで数々のヒット曲のアレンジを手掛けてきました。2月27日に開催された「武部聡志 Original Award Show ~Happy 60~」(松任谷正隆氏演出)と連動したアニ [全文を読む]

松任谷由実、40周年に金字塔 前人未踏の"5年代連続首位"、ソロ歌手史上初のアルバム総売上3,000万枚突破

PR TIMES / 2012年11月27日17時55分

今回の5年代連続首位はシングルを含め前人未到の快挙で、アルバムは徳永英明・桑田佳祐・山下達郎(3人とも80年代-10年代)が記録した4年代連続首位を塗り替えました。また、58歳10ヵ月でのアルバム首位は女性アーティスト最年長記録で、竹内まりやが2008/10/27付『Expressions』で記録した53歳7ヵ月を更新しています。さらに、今作ではソロアーテ [全文を読む]

【和田アキ子と大友康平が持ち歌を交換】ジワジワ売れ続けている男女逆転カヴァーコンピの続編が登場

リッスンジャパン / 2012年10月12日01時00分

本来、無名のアーティストが1コーラスずつ歌った音源を50~60曲繋げたカヴァー・コンピがヒットの主流となる中で、徳永英明や山本潤子など確かな実力を持つアーティストが歌う曲を丁寧に収録したことで、大人のリスナーに確かな信頼感を得たのがヒットの要因と考えらている。そのシリーズの続編となる今回は、男女逆転カバー路線を継承しつつ、徳永英明「雪の華」や、JUJU「ク [全文を読む]

徳永英明、自身初となるアコースティックスペシャルライブ2DAYS開催決定

okmusic UP's / 2014年12月14日15時00分

徳永英明が人気カバーアルバムシリーズVOCALISTの最新作『VOCALIST 6』を1月21日(水)にリリースすることを記念して、1月22日(木)と23日(金)に豊洲PITで自身初となるAcoustic Special Liveの開催が決定した。【その他の画像】徳永英明累計600万枚を突破した、徳永英明の人気カバーシリーズ『VOCALIST』。女性アーテ [全文を読む]

竹内まりや、7年ぶりのオリジナルアルバム『TRAD』が史上初の快挙を達成!

okmusic UP's / 2014年09月16日14時45分

今作の2010年代を加えた4年代連続でのオリジナルアルバム首位は、松任谷由実(70~90年代)、中島みゆき(70~90年代)、徳永英明(80~2000年代)、B'z(90年代~2010年代)らの3年代連続を上回る、男女グループ/ソロを通じ、史上初の快挙となった。 また、59歳6ヵ月でのアルバム首位は、松任谷由実の58歳10ヵ月(2012年『日本の恋と、ユー [全文を読む]

竹内まりや 7年ぶりのアルバムで、史上初4年代連続1位

dwango.jp news / 2014年09月16日12時46分

今作の2010年代を加えた、4年代連続でのオリジナルアルバム首位は、松任谷由実(1970年代~90年代)、中島みゆき(1970年代~90年代)、徳永英明(1980年代~00年代)、B'z(1990年代~10年代)らの3年代連続を上回る、男女グループ・ソロを通じ史上初の快挙となった。また、59歳6ヵ月でのアルバム首位は、松任谷由実の58歳10ヵ月(2012/ [全文を読む]

世代で違う!? 心に残る「卒業ソング」第1位は?

日刊大衆 / 2017年03月27日07時05分

ちなみに、徳永英明(56)、コブクロ、槇原敬之(47)、浜崎あゆみ(38)など、多数のアーティストからカバーされていることでも有名です。 第3位には『仰げば尊し』と、尾崎豊の『卒業』が同率でランクイン。『仰げば尊し』は50代以降の年配の方から圧倒的な支持を獲得しています。明治から昭和にかけて卒業式で歌われ続けてきた合唱曲なので、歌える人も多いでしょう。一方 [全文を読む]

Acid Black Cherryが魅せる、普遍的カヴァーアルバム第四弾

okmusic UP's / 2017年01月28日19時00分

一連のカヴァー集『VOCALIST』でも知られる徳永英明の「輝きながら…」を採り上げているのも興味深い。両者の声の同質性がどことなく垣間見えるセレクトでもある。絢香の「三日月」は、『Recreation 2』でカヴァーした「GLAMOROUS SKY」(NANA starring MIKA NAKASHIMA)に続く、比較的新しい2000年代の楽曲。何も古 [全文を読む]

Acid Black Cherry サザン、ミスチル、AKB48の名曲もカバー

dwango.jp news / 2016年08月09日18時34分

CD音源には、シングルのカップリング(Recreation track)として収録されていた徳永英明や松任谷由実のカヴァー曲に加え、サザンオールスターズ『私はピアノ』、Mr.Children『Tomorrow never knows』、絢香『三日月』、AKB48『フライングゲット』など、1980年代~2010年代の楽曲まで全12曲を収録。 DVDには「Th [全文を読む]

May j.が松田聖子の神曲「SWEET MEMORIES」をカバーして話題に

しらべぇ / 2016年03月16日07時30分

思い出の補正も正直あると思うんですけど、聖子ちゃんのあの甘く切ない声はMay j.でも徳永英明でも出せないですよ。ほかの曲でいいなと思ったのは、久保田早紀の異邦人ですね。現代的にアレンジしていて面白いと思いました。あと思ったのは、全体的に歌い方をあまりアレンジしすぎず、原曲をMay j.が尊重して歌っているのが良く分かりました。きっとMay j.が自分の好 [全文を読む]

若い女性もターゲット、世界初コラーゲン入り、ノンアルコール・ビール登場! 健康志向の“戦いの行方“

ヘルスプレス / 2015年07月22日23時33分

BGMは作詞・松本隆、作曲・呉田軽穂(松任谷由実)による、松田聖子の名曲『瞳はダイヤモンド』を、徳永英明がカバーしたもの。20代からアラフィフまでの女性の胸をキュンキュンとさせるところは、さすが「CMのサントリー」だ。 さらに「オールフリー」のCM(ノーマルバージョン)では、黒木華にモデルの桐島かれんとミュージシャンの奇妙礼太郎が加わって、女子の自由なのん [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宇多田ヒカルや吉田美和と同じ“1/fゆらぎ声”を持つMs.OOJA。心に沁みわたる新曲『花』がドラマ『シメシ』の主題歌に。

TechinsightJapan / 2015年06月25日16時30分

宇多田ヒカル、吉田美和のほかにも、MISIA、松任谷由実、美空ひばり、徳永英明たちがその声を持つと言われているが、いずれも絶大な人気と支持を集める歌手ばかりだ。同じくその声を持つと判明したのが歌手・Ms.OOJAだ。彼女の新曲『花』が、6月21日にスタートしたドラマ『シメシ』の主題歌に使用され、温かく心に沁みわたる声で物語のラストを飾っている。 MBS/T [全文を読む]

やっぱり泣ける!「失恋したときに聴きたい曲」1位はあの名曲!

Woman Insight / 2014年10月24日15時45分

■調査期間 : 2014年9月8日~9日 ■調査:CD&DLでーた編集部 ずらりと名曲が並びました! そんな中、見事1位を獲得したのはプリンセス プリンセスの『M』! つるの剛士さん、徳永英明さん、山崎まさよしさん、エリック・マーティンさんなどなど多くの方がカバーしていることでも有名。名曲はいろいろなアーティストがカバーしているので色褪せないですよね。 中 [全文を読む]

桑田佳祐、サザン以来20年ぶりの快挙 ベストアルバムが3週連続1位に

okmusic UP's / 2012年08月07日14時00分

桑田佳祐スペシャルベストが今年ソロトップの初週売上ソロアーティストによる3週連続獲得は、2010/5/3付〜24付(4週)で記録した徳永英明『VOCALIST 4』(2010年4月発売)以来2年3ヵ月ぶりで、自身としては、1992年10/5付〜26付(4週)で記録したサザンオールスターズのアルバム『世に万葉の花が咲くなり』(1992年9月発売)以来19年1 [全文を読む]

フォーカス