マスコミ 菅野完に関するニュース

マスコミが財務省・迫田前理財局長を追及しないのは国税庁長官だから! 税務調査を使った報道への圧力

リテラ / 2017年03月23日07時11分

ところが、連日籠池氏を追い回しているマスコミからは、この迫田氏を追及すべきという厳しい声はあまり聞かれない。参考人招致も自民党が拒否すると、そのままフェードアウト。籠池理事長を単独取材した菅野完氏は緊急会見で、迫田前理財局長の写真を掲げながら、私人の籠池氏の自宅や自分の自宅に詰めかけながら、公人である迫田前理財局長の官舎には押しかけないマスコミの姿勢を糾 [全文を読む]

森友問題は終わっていない! 菅野完が国有地不正取引に財務省関与の新証拠、安倍首相は自民議員の質問に圧力

リテラ / 2017年04月18日22時58分

●菅野完氏が公開、近畿財務局が森友学園に出していた指南文書 安倍政権による北朝鮮問題煽動のせいで、テレビはじめマスコミではほとんど報道されなくなった森友学園問題だが、疑惑はなにひとつ解消されていない。それどころか、ここにきて、国有地取引をめぐる財務省の関与を決定づける新たな事実が発覚した。 この問題の追及を牽引している著述家・菅野完氏が、昨日「ハーバービジ [全文を読む]

辻元清美の“スパイ“とされた作業員が関係を否定し安倍支持者であることを告白! 産経と安倍はデマ拡散の責任を取れ

リテラ / 2017年03月30日18時57分

この作業員はマスコミに「ゴミの混じった土を敷地内に埋めた」と証言していた人物で、やはり籠池夫人が昭恵夫人宛てのメールのなかで〈嘘の証言した男は辻元と仲良しの関西生コンの人間でしたさしむけたようです〉と主張していた。 だが、この作業員は荻上氏の取材に対し、汚染土の埋め戻しをマスコミに話したのは「行った行為というのは非常によろしくないであろうという判断」からで [全文を読む]

菅野完氏、TV局から「籠池氏もっとイジって」と要求された

NEWSポストセブン / 2017年03月24日11時00分

「僕は2月からこの問題を取材していますが、仕事をしている時間の4分の3はマスコミ対応なんです。大手メディアの姿勢には疑問も多々ありました」 菅野氏はそう前置きして語る。 「僕はフリーランスとしてやっているのに、大手マスコミからは取材で得たものの無償提供を要求されたり、取材する側として最低限のモラルもないような無理な企画の協力を頼まれたりもしました。詳しく [全文を読む]

急転「首相から100万」暴露へ。森友学園騒動を巡る黒幕は誰だ?

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日05時00分

開校して破綻し、児童を混乱に巻き込むより、このさい国や大阪府、そしてマスコミのせいにして、身を引くほうがいいというのは、一つの考え方だ。しかし、あの感情過多で思い込みの激しい籠池夫妻にそんな判断ができるだろうか。 なにしろ、申請を取り下げる前日までは徹底抗戦の構えだったのである。「学校を開設させてほしい、それだけです」と熱く語り、大阪府に対して「賠償請求 [全文を読む]

籠池の代わりに菅野完が会見、マスコミが中継を打ち切った爆弾発言の中身! 財務省の工作、稲田の父親、在特会...

リテラ / 2017年03月15日20時30分

「理事長および理事長夫人は、顧問弁護士から、財務局の佐川理財局長から電話があって、『10日間でいいから身を隠してくれ』と言われた、と言っていました」 [全文を読む]

<森友問題>誰も言わない谷査恵子FAXミステリー

メディアゴン / 2017年03月29日07時40分

しかし、今もって「もう一枚」は示されず、与野党、マスコミを含めて、誰もこれを指摘しないのはなぜなのか、気になります。 ただ、いきなり箇条書きだけの手紙が来ても不思議でない状況も考えられます。あらかじめ電話などで、谷・籠池間で箇条書で送るという話ができている場合です。そう考えると6)にある、「先日は(略)資料を頂戴し、誠にありがとうございました。」という文言 [全文を読む]

<総理は辞めると啖呵?>「安倍晋三記念小学校」国有地払い下げ問題

メディアゴン / 2017年02月23日07時30分

このきわめて珍しい事態に調査報道でお応えしなければ、マスコミの面目は立ちません。大阪ネタではありますが、こんな面白いネタをワイド番組などで取り上げないのはフシギです。 [全文を読む]

700万人の憲法改正署名集めた日本会議 正体掴めぬ組織

NEWSポストセブン / 2016年05月17日16時00分

マスコミはあたかも日本会議が安倍内閣を取り仕切っているような言い方をしているが私は不思議だ。政府とともに自主憲法制定・改正を一緒にやっていこうといっているに過ぎない」 菅野氏も同様の見方をしている。 「日本会議というのは得体の知れない巨大組織というイメージで取材を始めましたが、資料を読み込んでいくと、むしろ70年代安保の頃から愚直に講演会や勉強会、署名 [全文を読む]

フォーカス