テレビ 情熱大陸に関するニュース

「情熱大陸」プロデューサーに聞く、インターネットとテレビの未来--著書発売に寄せて

インターネットコム / 2014年04月16日12時00分

昨年9月29日に放送された「情熱大陸〜AR 三兄弟・川田十夢がおくる『未来のテレビ』」では、IT 技術者・川田十夢氏と AR(拡張現実)技術を駆使した「情熱大陸アプリ」を開発し、番組とリアルタイムで連動させた企画が注目を集めた。テレビ画面にスマートフォンカメラをかざすと、視聴者が好きなカメラアングルで AKB48 メンバーのライブを視聴出来るというファンに [全文を読む]

バス旅出演の羽田圭介が新作でテレビの裏側を暴露!『情熱大陸』は「本当の顔が撮れていない」と何度もダメ出し

リテラ / 2017年03月18日13時37分

芥川賞作家の羽田圭介が、テレビ東京の人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」新シリーズのレギュラーとなったことが発表された。2015年、『スクラップ・アンド・ビルド』(文藝春秋)で、又吉直樹とともに第153回芥川賞を受賞以来、テレビに引っ張りだことなっている羽田圭介。もはや又吉以上にタレントらしい羽田だが、そんな彼が受賞後に書いた作品としては実質的な第1作 [全文を読む]

吉田豪インタビュー企画:紀里谷和明「『CASSHERN』ファンもいるのに隠れキリシタンみたいに…」(1)

デイリーニュースオンライン / 2015年11月27日21時30分

──テレビもちゃんとした番組にしか出てないイメージがありました。 紀里谷 こちら側で選んでるつもりもなかったんですよ。『GOEMON』のときは『情熱大陸』とかに出させていただいて、それは宣伝チームが持ってきた仕事なんで「はい、わかりました」って言って出ただけだから、そんな意識がないんですよね。 ──それが『アウト×デラックス』に出たぐらいから、イジッても [全文を読む]

「情熱大陸」出演の舞台ウラ! 絵本作家のぶみ【第1回 ゆめを叶えた大人の子ども時代、ヒヨっ子ちゃずのイラストインタビュー】

Woman.excite / 2016年11月11日19時00分

テレビでいろんな人に知ってもらうのに、のぶみのマイナスイメージな面を見せたくなかった。だから、いじめられていたことや、悪さをしていたことを隠したかったのよ」と。それを聞いて、今まで「あなたは良い子だから」と言われていた意味がわかった気がした。お母さんの中で、悪かった僕はいなかったことにしたかったんだ‥と。子どもの頃の僕は、お母さんに振り向いてもらいたくて [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

なんと、あの『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の初回タイムシフト視聴率9.5%を上回ったのである。 さらに、例の「恋ダンス」。初回放送終了後に早くも話題沸騰して、TBSが急遽、YouTubeの同局公式チャンネルで公開したところ、6日間で600万回を超える再生数。これはTBSの公式チャンネルで歴代最高だという。■脚本・野木亜紀子 そんな絶好 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『情熱大陸』が一番オファーしたいのは「佳子さま」。実現すれば視聴率1位の押切もえを超えるか?

TechinsightJapan / 2015年07月22日12時10分

また、これまで皇室の方々も“皇室番組”以外でテレビ出演しており、可能性はありそうだ。 『情熱大陸』で番組史上、最も視聴率が高かった出演者は、2005年9月4日の放送で取り上げたモデルの押切もえである。もし“秋篠宮佳子さま”が出演することになれば、押切もえの記録を塗り替えるかもしれない。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

<地方でテレビはまだまだ「魔法の箱」>私はドラマ○○に影響を受けて△△になりました

メディアゴン / 2015年01月10日02時00分

黒田麻衣子[徳島テレビ祭スタッフ]* * *年末年始は、教師をしている筆者の元に、大学生・社会人となった教え子が、会いに来てくれる嬉しい時期である。立派に成長し、夢を叶えてがんばっている教え子の姿は、本当に眩しい。そんな教え子たちに、「ところで、この仕事を目指したきっかけって何だったの?」とあらためて聞いてみると、テレビの影響を理由に挙げる子が意外に多いこ [全文を読む]

高田純次があの番組後継者に!愛すべきテキトー男の語録と小ネタ一挙紹介

しらべぇ / 2015年08月15日07時30分

■高田純次流の接し方とは?画像:雑誌「テレビブロス」(2007年発売) 顔のコントメイクも高田さん自ら施されました。当時60歳。(インタビュー・構成:やきそばかおる)高田さんは、テキトーと言われる反面、気配りの人とも言われています。相手が楽しんでくれているかどうか、気にしています。例えば、「肩書きはなんですか?」といった真面目な質問が出された場合。「舞台俳 [全文を読む]

AKBライブ放送で総選挙?川田十夢が切り拓くARの可能性と未来とは?

Business Journal / 2013年10月06日14時00分

【今回の番組】 9月29日放送『情熱大陸~AR三兄弟・川田十夢がおくる「未来のテレビ」』(TBS系) 2013年9月29日、22時を過ぎた頃、iPhoneで『情熱大陸』のアプリケーションをダウンロードした。僕はこんなことで「おお! いつもと違うぞ」と感じてしまう。放送まであと一時間ちょっと。久々にテレビの前でワクワクしていた。 今回『情熱大陸』で取り上げら [全文を読む]

東進ハイスクール・林修先生、低迷テレビ番組の視聴率まで東大クラスに!?

サイゾーウーマン / 2013年06月23日13時00分

数年前の東進ハイスクールのCMがにわかに話題となり、今年に入ってからはテレビ露出が急増。春頃から爆発的な人気を呼び、今やテレビで見ない日はないほどだ。そんな売れっ子の林氏だが、視聴率は一体どれくらい稼いでいるのだろうか。 6月9日放送の『テレビシャカイ実験 あすなろラボ』(フジテレビ系)では、林先生が落ちこぼれのヤンキーたちに特別授業を行うという企画が実施 [全文を読む]

モノマネ芸人長期で活躍多い背景に「営業で強いから」との指摘

NEWSポストセブン / 2013年02月16日07時00分

ある程度売れている人なら、主な仕事としては、テレビのバラエティー出演がありますが、モノマネ特番も定期的にありますよね。日本テレビでもフジテレビでもやっているので、そこに照準を合わせていいネタを持っていけば、この番組には出られるわけです。ベテランである程度実績あれば、ずっと出ている人もいますよね。 もちろん、以前活躍してたのにテレビにあまり出なくなった人や、 [全文を読む]

ネガティブすぎるイケメンモデル・栗原類が、“ホンモノ”たるゆえんを探る

サイゾーウーマン / 2012年10月03日13時00分

今回ツッコませていただくのは、近頃急速にテレビ露出が増えてきている「ネガティブすぎるイケメンモデル」こと栗原類。 唐突にメディアに登場する「~~すぎる○○」キャラには、大手事務所や代理店などの思惑がたっぷり詰まった諸事情があることも多いだけに、最初に目にした時は、この人も「また出てきた、新しい『~~すぎる○○』か」などという偏見に満ち満ちた目で見てしまった [全文を読む]

モーニング娘。'17を直撃!“特別な状況”でのLOVEマシーンに緊張極まる<MステウルトラFES>

モデルプレス / 2017年09月18日13時16分

'17/モデルプレス=9月18日】18日、放送中のテレビ朝日系『ミュージックステーション ウルトラFES 2017』(ひる12時~)にモデルプレスが密着。新体制となって初のMステ出演となるモーニング娘。'17に本番前、話を聞いた。 モーニング娘。'17のステージには、応援ゲストとしてOGの辻希美&道重さゆみが出演。リーダーの譜久村聖がインタビューに応じた。 [全文を読む]

「予約が取れない店」に通う人はグルメか

プレジデントオンライン / 2017年07月06日09時00分

雑誌『dancyu(ダンチュウ)』の新編集長・植野広生が、テレビ番組『情熱大陸』に「上陸」しました。番組では、8月号(7月6日発売)の特集「美味東京」をつくる様子を取り上げていたのですが、お店選びの基準について伝えそびれたことがあります。植野編集長は、この特集を企画した際、「当初は『予約が取れる店』特集にしようかと思った」と振り返ります。「予約が取れない店 [全文を読む]

ある曜日が上位に集中!良質だと思うテレビ番組ランキング

しらべぇ / 2017年03月01日08時00分

いつからか「テレビ離れ」の言葉とともに、「テレビがつまらなくなった」と言われるようになった。たしかに、テレビを持たない若者が増え、次の日に学校や会社で話題になるほどの番組も少ない。一方で、Twitterのトレンドワードにテレビ番組のタイトルや内容、ハッシュタグを見かけない日はない。見ている間や見た後にSNSに書きたくなるような、話題になるプログラムは日々生 [全文を読む]

椎名林檎、「情熱大陸」のインタビュー映像が「48歳に見える」とファン悲鳴

アサジョ / 2017年02月02日10時14分

男性のみならず女性にも信者が多い彼女だが、テレビにコメント出演したその姿に「えっ、まだ38歳のはずでしょ?」の声が飛び交った。 1月29日放送の「情熱大陸」(TBS系)では、昨年のリオ五輪閉会式で「君が代」を斬新にアレンジしたことで一斉に注目を浴びたコンポーザー・三宅純氏が取り上げられたのだが、数年前から三宅とは懇意で、閉会式トーキョーパートの音楽監督も担 [全文を読む]

「情熱大陸」りゅうちぇるが新妻・ぺこに対する覚悟などを語る

Smartザテレビジョン / 2017年01月24日07時00分

2月5日(日)放送の「情熱大陸」(毎週日曜夜11:00-11:30TBS系)では、'16年にテレビを中心に大活躍し、年末には恋人で人気モデル“ぺこ”ことオクヒラテツコと結婚したタレント・りゅうちぇるに密着。仕事もプライベートも充実している21歳の、知られざる素顔に迫っていく。 派手なメークにヘアバンド&カラータイツという奇抜なファッション、そして中性的なぶ [全文を読む]

<なぜ誰も気づかない?>正月早々のテレビ番組で信じられない放送事故

メディアゴン / 2016年01月14日07時30分

両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]* * *テレビにミスはつきものです。筆者がディレクターとして初めてやらかしたミスは典型的なテロップミスでした。スーパーテロップで1億を「1000000000」と表記したのですが、放送直後に一人の視聴者からお電話をいただき、「0が一個多かったですよ」と指摘されました。あわてて見直してみると、たしかに0がひとつ多 [全文を読む]

作家・百田尚樹が“暴言連発・犯罪告白”で大炎上のTwitterを非公開「つくづく嫌に」

日刊サイゾー / 2015年06月05日00時00分

過去のツイートから、アンチの目を相当気にしている様子の百田氏だが、今月5日には月額864円の有料メールマガジン「百田尚樹のテレビ・ブログでは伝えられない話」を開始。百田氏は、メルマガを始める理由について「(Twitterの)140字という制約では、書きたいこと、伝えたいことを十全に表現できない」としており、今後はメルマガ内で「私の主張というか暴言というか [全文を読む]

テレ東『ソロモン流』、視聴率低迷で打ち切り?後番組はジャニーズ司会のバラエティ?

Business Journal / 2014年08月15日01時00分

最近、好調が伝えられるテレビ東京。10月改編では、さらなる視聴率獲得のため名物番組が終了する危機にあるという。テレビ局関係者が話す。 「2005年10月から放送されてきた『ソロモン流』(日曜夜10時〜)が危ないと言われています。最近の平均視聴率はだいたい4〜6%台と振るわず、同時間帯の各局番組の中で最下位になる日も多いです。とはいえ、経済系ドキュメンタリー [全文を読む]

フォーカス