松任谷由実 大塚愛に関するニュース

大塚愛がついに再始動も「マスコミ完全スルー」の悲哀

メンズサイゾー / 2012年12月05日14時30分

かつて恋愛ソングの「教祖」と呼ばれたのはユーミンこと松任谷由実(58)だが、1998年に歌手デビューした浜崎あゆみ(34)が「ギャルのカリスマ」となり、03年に浜崎と同じエイベックスからデビューするやアッという間に「恋愛の教祖」に上り詰めたのが大塚愛(30)だ。同時期に「エロカッコイイ」で大ブレイクした倖田來未(30)も合わせ、三人の歌姫を抱えたエイベック [全文を読む]

ドリカム、JUJU…秋の夜長に聴きたい!心に沁みるラブソング13選

ココロニプロロ / 2016年09月28日12時30分

ユーミン(松任谷由実さん)の『やさしさに包まれたなら』(映画『魔女の宅急便』のテーマソング)もおすすめです。 恋する気持ちを後押しする曲 ・「BUMP OF CHICKENの『天体観測』です。奥さんと付き合った当初に発売された曲。2人にとって思い出の曲です。今でもたまに聴くとグッときます」(30代 男性) ・「秋っぽいといえば、GLAYの『月に祈る』。当時 [全文を読む]

サイドランチ新刊『絵師×歌詞 花編』2015年11月20日発売!!

DreamNews / 2015年11月11日12時00分

』(EGO-WRAPPIN') / 『ガーベラ』(スピッツ) / 『アネモネが鳴いた』(大橋トリオ) / 『情熱の薔薇』(THE BLUE HEARTS) / 『千本桜』(黒うさP) / 『桜の時』(aiko) / 『切り花』(キリンジ) / 『ライラック』(BLANKEY JET CITY) / 『さくら(独唱)』(森山直太朗) / 『プルメリア~花唄~ [全文を読む]

アンジェラ・アキが歌手活動を無期限休止、米国留学する本当のワケ

アサ芸プラス / 2014年03月18日09時59分

松任谷由実は天才アレンジャーの松任谷正隆がついているから、この年まで現役で生き延びてこられた。シンガー・ソングライターで、壁にぶち当たってもがき苦しんだあげくつぶれていく者は少なくない。YUIにしろaiko、大塚愛にしろ、パニック障害になったり、盗作を疑わせるような激似作品を発表している。自分の経験した世界だけで書こうとすれば、どうしても才能は枯渇して [全文を読む]

TV美女42人が大咆哮!「アイツは絶対許せない」(6)浜崎あゆみ→倖田來未「ストリッパー」嘲笑 石川さゆり→松任谷由実 「ユーミンVIP」に強烈イヤミ

アサ芸プラス / 2012年02月19日11時00分

ユーミンこと松任谷由実(58)のリハーサルは、特別扱いそのものだった。その徹底した厳戒態勢にしかめ面だったのが、演歌の大御所・石川さゆり(54)。スポーツ紙記者が話す。 「写真撮影NGは事前通達があり、当日はホール客室からの退室指示ばかりか、舞台袖などに設置されているサブモニターのスイッチさえも切るほどの念の入れようでした。そんな状況下、ためらいなくモニタ [全文を読む]

フォーカス