バンド 大塚愛に関するニュース

「東京中のクラブDJが"兄弟"!?」五輪選手村も目じゃない"恋多き"女性アーティストって!?

日刊サイゾー / 2012年08月08日08時00分

「最近、ロック系のバンドの多くが、沖縄でツアーの最終公演を行うようになりました。これはツアー終了後に思いきり開放感に浸るためで、もちろん目当ては酒と女遊びです。沖縄公演には全国から多くのファンが集まりますから、顔なじみの女性ファンが打ち上げに参加して"お持ち帰り"されることも珍しくないですね。ただし、うまくいかずに風俗店で夜を明かすミュージシャンやスタッフ [全文を読む]

「トイレの神様」以外トイレの歌って何曲知ってる?世界初トイレバンドも!

しらべぇ / 2015年11月17日10時00分

そんな中、トイレソング界に一石と投じるバンドが結成されました。「サトミツ&ザ・トイレッツ」です。そうです、サトミツとは私のことです。メンバーを紹介しますと、戸井廉太郎(佐藤満春)・・お笑いコンビ「どきどきキャンプ」の一員。構成作家としても活動。トイレ大好き芸人、名誉診断士。猫すなお(山田稔明)・・・「GOMES THE HITMAN」のボーカリスト/ギタリ [全文を読む]

武藤彩未史上、もっとも熱いライブ「A.Y.M. ROCKS ~ROCKな夜~」ライブレポート

エンタメNEXT / 2015年06月13日19時00分

バンド編成で行われる「A.Y.M. ROCKS 」初日、〝ROCKな夜〟がいよいよ始まる。 前方下手寄りの柱が名物のCLUB QUATTROのキャパは800人だが、平日という事もあり、フロアは若干スペースに余裕がある。ステージ背景には、AYM ROCKSと手作り感のあるポップなロゴが浮かび上がっている。ステージ下手より、ベース、ドラムス、キーボード、ギター [全文を読む]

大塚愛、「大阪のおばちゃん」に劣化!? デビュー10周年目のお寒い現状

サイゾーウーマン / 2013年12月16日13時00分

やはり結婚・出産によって活動を縮小したのが一番の要因ですが、10年にリリースされたシングル『ゾッ婚ディション』『I LOVE×××』は、売り上げ枚数も1万枚程度で、その時点ですでに落ち目ではありました」(同) さらに、12年に結成されたバンド・Rabbitが、大塚の迷走を印象づけることとなってしまった。 「Rabbitは、大塚をボーカルに、JAGATARA [全文を読む]

大塚愛新バンド、話題にならず! アーティストに舐められるエイベックスの体質

サイゾーウーマン / 2012年12月19日09時00分

バンド・Rabbitを結成するなど、久しぶりに歌手活動を開始した大塚愛だが、そのプロモーションや世間の反応が、驚くほど薄いと逆に話題になっている。2003年リリースのシングル「さくらんぼ」で大ブレークした大塚だが、この現状には、エイベックス関係者さえもため息をついているという。 ブレーク後も、『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)、『紅白歌合戦』(NHK [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大塚愛、初の警察官姿に自虐「弱そう」「ダメそう」「倒れそう」

TechinsightJapan / 2017年03月09日10時51分

『東京フレンズ』ではバンドのボーカル役という自身と共通点のある役どころだったが、今回は“婦人警官”という全くの異業種だ。 主演の香里奈から直々にオファーを受けたという大塚だが、「#こんな人がちらついたら」「#トイレタイム」と久しぶりの演技には少々自虐的。「#弱そう」「#ダメそう」「#倒れそう」と揶揄する一方で、フォロワーからは「かわいすぎる」「似合いすぎ」 [全文を読む]

大塚愛がついに再始動も「マスコミ完全スルー」の悲哀

メンズサイゾー / 2012年12月05日14時30分

そのせいか、大塚がこのほど新たに結成したバンドプロジェクト「Rabbit」に参加し、12月12日にCDデビューも果たすというのに、彼女の復帰を祝う記事をリリースするマスコミはほとんどなく、スルー状態。大塚愛は「過去の人」になってしまったのだろうか? 「かつては浜崎や倖田のように、所属するエイベックスが大々的なプロモーションを打っていたのに、結婚後はあの熱 [全文を読む]

駅の発車メロディがAKBや乃木坂!? 地域に根ざした“ご当地発車メロディ”が広がっている!

マイナビ進学U17 / 2016年04月14日12時01分

■駅のホームから流れてくるメロディがあのアイドルやバンドの曲になっている!?毎日、通学のために電車を使っている方は多いと思います。スマホなどで音楽を聴くために、ヘッドフォンをしている人もいると思いますが、たまにはヘッドフォンを外して周りの音をよく聴いてみてください。駅のホームから流れてくる音が、知っているアイドルやアーティストの曲になっているかもしれません [全文を読む]

消えた「紅白歌合戦の歌姫」00年代編(2)「NANA」伊藤由奈はロサンゼルスで…

アサ芸プラス / 2015年12月29日09時59分

11年の出産後はバンドのボーカリストとして参加を表明したこともあった。・BoA(02~07年/代表曲 「VALENTI」) 00年代を席巻したK-POPブームの先駆者的存在。6年連続で紅白に出場する安定した人気を誇ったが、韓流ブームの衰退を待たずしてアメリカや母国・韓国に拠点を移した。・女子十二楽坊(03年/代表曲 「自由」) 中国伝統楽器の演奏家で構成さ [全文を読む]

大塚愛 2015年2大ライブ音源を映像作品に先駆けリリース

dwango.jp news / 2015年12月16日00時00分

(全22曲収録) エレクトリックサウンドとバンドサウンド。この全く異なった2つの世界観を味わえるライブ音源は必聴だ。 そして、音楽配信サイトmu-moでは、同日大塚 愛『ai otsuka LIVE BOX 2015 ~TRiCKY BORNBON~』特集がスタート!期間限定で各楽曲にスペシャルロゴ壁紙、各アルバムにスペシャルフォト壁紙&サイン入りポスタ [全文を読む]

トミタ栞が新曲初披露!プロデュースの大塚愛も会場で激励

dwango.jp news / 2014年06月10日13時39分

「saku saku」と縁の深いアーティスト、7!! 、くりかまき、Suzuがライブステージを繰り広げる中、この日はトミタ栞自身もバンドスタイルでステージにのぞみ、来月、7月2日にリリースとなる新曲『HAPPY AND HAPPY』を初披露した。冒頭MCにて「HAPPY AND HAPPY」という印象的なフレーズ部分ではじめての振り付けにチャレンジ、先日、 [全文を読む]

RIP SLYME・SUの「不倫相手」が雑誌『an・an』で匂わせ発言?

しらべぇ / 2017年04月23日17時00分

・悲しいかな…アイコス吸ってる江夏詩織の表情が好きな自分がいる・江夏詩織さんてはじめて知ったけどかわいいね・不倫相手が江夏詩織って誰だよとか思ったら元SEVENTEENモデルの北山詩織でまじかって感じ てかめっちゃかわいい・江夏詩織不倫してたんか、ちょっとつらい、まあかわいいは正義ですよ、江夏詩織ほど好きな顔はないもの・SUって誰だよ…と思ったら中居の話で [全文を読む]

『KIRIN BEER “Good Luck ” LIVE』大塚 愛、ドラマ主題歌『私』をはじめ初披露曲やヒット曲を熱唱!

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

なお、大塚 愛が『KIRIN BEER “GoodLuck” LIVEに登場するのはこれが2度目となり、前回のピアノ弾き語りライブから打って変わり、独自のバンド編成によるスペシャルライブになります。どうぞご期待ください! 【大塚愛 リリース情報】 ”愛しい女性”をテーマにした8th ALBUM『LOVE HONEY』 [画像2: https://prtim [全文を読む]

不倫騒動から8ヵ月…ゲス川谷とベッキーの明暗くっきり

デイリーニュースオンライン / 2016年09月05日12時05分

自身のバンドの告知や音楽ニュースの発信にとどまらず、大塚愛(33)とのツーショット写真を掲載するなど、以前と何ら変わらないテンションに戻っているが、正式な謝罪をしたわけではない川谷には、今でもアンチからのコメントが相次いでいる。 ベッキーに対しての謝罪の気持ちなど微塵も感じさせない川谷の行動に対して、バッシングの声がやむこともしばらくはないだろう。 ■同情 [全文を読む]

川谷絵音、熱愛報道でベッキーファンが大激怒! “壁ドン”披露で、「何股かけてるの?」の声も

おたぽる / 2016年08月31日19時00分

30日に発売された「週刊女性」(主婦と生活社)によって、ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音が、ミュージシャンのmiwa似の一般女性との熱愛疑惑を報じられた。 川谷自身は直撃取材に対して、「友達ですね」と語っているものの、掲載されたツーショット画像では、川谷が女性の肩を抱き寄せ、恋人同士にしか見えないことから、「ベッキーは批判浴びまくってるの [全文を読む]

WHITE ASHが「Red Bull Summer Edition Music Playlist」に楽曲を提供

okmusic UP's / 2016年06月07日14時00分

ライブ、そしてリリースとこの夏をノンストップで駆け抜けるバンドの更なる「進化・神化」を全身で感じよう! ■「Red Bull Summer Edition Music Playlist」特設サイト ※キャンペーン実施期間:2016年6月7日(火)21:00〜7月31日(日)23:59まで ※ダウンロードはPCまたはAndroidから可能。iPhone/iP [全文を読む]

ドリカム25周年特設サイト公開! 豪華アーティストからのコメントが続々到着

Entame Plex / 2014年03月29日22時31分

数々の邦楽CDセールス記録を塗り替えてきた日本を代表するバンド、DREAMS COME TRUEが、3月21日にデビュー25周年を迎えた。 このデビュー25周年を記念して、豪華アーティストが参加したカヴァーアルバム『私とドリカム −DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS−』が26日にリリースされ、3月27 [全文を読む]

ドリカムのデビュー25周年を祝福した史上最強のカヴァーアルバムが完成!

okmusic UP's / 2014年01月28日11時30分

数々の邦楽CDセールス記録を塗り替えてきた日本を代表するポップバンド、DREAMS COME TRUE。3月21日に迎えるデビュー25周年を記念して、ドリカムの名曲をカヴァーしたアルバム『私とドリカム-DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS-』が3月26日にリリースされることがわかった。【その他の画像】D [全文を読む]

大塚愛、聖夜に初の弾き語りライヴ!

okmusic UP's / 2013年12月27日11時00分

」「恋愛写真」などおなじみの曲はもちろん、未発表曲「マワリ廻るマワレバ回ろ」、そして「ホワイトクリスマス」やJUDY AND MARYのカヴァー、バンド参加しているRabbitの「半熟たまご」「泡ガール」など、全17曲を披露した。途中、彼女のライヴではおなじみのベーシストの山口寛雄やドラムの古田たかしがトナカイのスタッフに引かれてサンタの格好で登場。会場は [全文を読む]

フォーカス