石田三成 福島正則に関するニュース

<司馬遼太郎を超えた!?>関ヶ原合戦「敗軍の将・石田三成」が兵を語る話題の歴史小説が面白い

メディアゴン / 2015年03月09日02時55分

貴島誠一郎[TBSテレビ制作局担当局長/ドラマプロデューサー]* * *「敗軍の将、兵を語らず」と言いますが、岩井三四二さんの新刊「三成の不思議なる条々」(光文社)は、関ヶ原の合戦で西軍を率いた石田三成の挙兵の真実にせまる、ノンフィクション風の歴史小説。関ヶ原から30年。江戸の商人がさる人からの依頼で、天下分け目の合戦で敵の東軍武将家臣、三成の側近、若き日 [全文を読む]

『戦国無双 ヴォーカル・ベストCD』に“加藤清正”の新曲収録!

リッスンジャパン / 2012年03月31日08時00分

描き下ろしのジャケットイラストも必見です!ファミ通.com ゲームミュージックダウンロード----2012.3.28 ON SALE『戦国無双 ヴォーカル・ベストCD』<Disc1>1. 仰ぎて天に愧じず (真田幸村・石田三成・直江兼続)2. 天翔ける竜の如く (伊達政宗)3. 風と雲の掟 (竹中半兵衛・黒田官兵衛)4. 明鏡止水 ~もののふが道~ (真田 [全文を読む]

V6岡田准一の恨み節に共演者謝罪 有村架純らと願望語る

モデルプレス / 2017年08月26日14時07分

戦国史上最大の合戦・関ヶ原の戦いを舞台に、主人公・石田三成役を岡田、三成の最大の宿敵・徳川家康役を役所、三成に仕える伊賀の忍びで、女性としても支え続ける初芽を有村が演じる。 “もしタイムスリップをして、関ヶ原の戦いに参加するとしたら、誰として参加したい?”との質問が飛ぶと、福島正則を演じた音尾が「石田三成だけはイヤだな。最後、福島正則に散々蹴られるのがイヤ [全文を読む]

関ヶ原古戦場・笹尾山で「石田三成のすごさ」を再発見

しらべぇ / 2016年11月15日10時00分

石田三成という人物が、急激に見直されている。彼は最終的には歴史の敗者になってしまったが、じつは戦国有数の高度な頭脳を持つ文官だと一般層にも認知されるようになった。そもそも豊臣秀吉は、諸大名から見れば「小作人だった猿」に過ぎない。ではなぜその「猿」が、各国の猛者たちを配下に置くことができたのか。秀吉の威厳を高めるために、三成が投じた苦労は我々現代人には想像の [全文を読む]

真田丸『第15話』解説。石田三成、直江兼続らはこの時何歳だった?

まぐまぐニュース! / 2016年04月17日13時00分

石田三成と直江兼続は僕の一つ上だ。おわかりだろうか? いま名前を挙げた4人は、いずれも関ヶ原合戦で大きな役を演じた武将たちだ。僕らは土塁と空堀の城で育ち、アラサーで小田原の役に参陣し、働き盛りのアラフォーで関ヶ原にのぞんだわけだ。 今年は大坂夏の陣から401年目だから、僕は50を過ぎてから大坂の陣を経験したことになる。 戦国時代だったら、多分もう息子に家督 [全文を読む]

岡田准一、音尾琢真を告発!「ずっとおなかを蹴られた…」

ザテレビジョン / 2017年08月26日16時20分

石田三成を演じる岡田は、大河ドラマ「軍師官兵衛」(2014年、NHK総合ほか)や、映画「蜩ノ記」(2015年)以来となる本格時代劇への出演だが、これが原田監督作品には初参加となる。 舞台あいさつでは“誰になって関ヶ原の戦いに挑みたいか”とのお題が。それに対し、石田三成役の岡田は「東出君として参加したい。背が高いので広く周りを見渡せそう。高台に乗ってる感じで [全文を読む]

岡田准一「関ヶ原」には“東出昌大”として出陣!? 役所広司の珍回答に場内爆笑

映画.com / 2017年08月26日13時45分

映画は、石田三成(岡田)の義を貫いた生きざまを軸に、戦国史上最大の天下分け目の決戦・関ヶ原の戦いを真っ向から描いた。この日は「関ヶ原の戦いにタイムスリップしたら、誰として参加したい?」というテーマを基にトークが展開され、岡田はいきなり「東出君として参加したい」と冗談を飛ばし、笑いを誘った。そして「本当は可児才蔵がいいんですが、マニアックすぎるので(笑)。 [全文を読む]

「真田丸」猛将・福島正則の“飲みニケーション”

Smartザテレビジョン / 2016年08月24日05時00分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)では、豊臣秀吉(小日向文世)の死後、石田三成(山本耕史)と徳川家康(内野聖陽)の対立が描かれている。8月21日放送では、三成が家康の襲撃を計画するも未遂に終わった。そして、8月28日(日)放送では、三成とすれ違いを続ける加藤清正(新井浩文)や福島正則(深水元基)が、逆に三成襲撃を企てる。そんな福島正則を演じる深水元基を [全文を読む]

岡田准一、亡くなった中嶋しゅうさんを偲ぶ「届けばいいなと思っています」

CinemaCafe.net / 2017年08月26日14時20分

岡田准一が8月26日(土)、石田三成役で主演を務めた『関ヶ原』の初日舞台挨拶に登壇。同作で共演し、今年7月に亡くなった俳優・中嶋しゅうさんを偲び、「この日(初日)を迎えられたと報告したい。届けばいいなと思っています」と思いをはせた。 歴史小説界の巨匠・司馬遼太郎によるベストセラー小説をもとに、戦乱の世に終止符を打ち、その後の日本の未来を決定づけた「関ヶ原の [全文を読む]

岡田准一、音尾琢真に恨み節 撮影で腹を蹴り続けられ「ひどい…」

エンタメOVO / 2017年08月26日14時07分

わずか6時間で日本の未来を決した、誰もが知る「関ヶ原の戦い」の誰も知らない真実が、愛と正義を貫く武将・石田三成(岡田)と野望に燃える徳川家康(役所)との戦いを軸に描かれる。 MCから「関ヶ原の戦いに誰として参加したいか」と質問された岡田は、イベント冒頭から、あいさつしている姿を見上げ「大きい!」とちゃかしていた東出を指し、「東出くんとして参加したい。よく( [全文を読む]

戦国史上最大の決戦に見る日本社会の原風景とは? “三成”加藤剛vs“家康”森繁の超豪華版『関ヶ原』

日刊サイゾー / 2017年08月21日18時00分

1600年に石田三成を中心にした西軍と徳川家康率いる東軍とが激突した戦国史上最大の野戦として知られる関ヶ原の戦いは、両軍合わせて20万人近くが動員されたスケールの大きさから映像化は困難とされてきた。NHK大河ドラマ『真田丸』では、関ヶ原での決戦シーンはわずか1分足らずで済まされてしまったほど。真っ正面から描くことが難しいこの題材を、『クライマーズ・ハイ』( [全文を読む]

役所広司&有村架純&東出昌大のメイキングも!『関ヶ原』特別映像公開

CinemaCafe.net / 2017年07月26日12時00分

豊臣秀吉(滝藤賢一)亡き後、豊臣家への忠義から立ちあがる石田三成(岡田准一)と、天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司)。両雄はいかにして世紀の合戦に向かうのか? そして、命を懸けて三成を守る忍び・初芽(有村架純)との密やかな“愛”の行方は…。権謀渦巻く中、“純粋すぎる武将”三成を中心に、忠誠を誓う島左近(平岳大)、両軍の間で揺れ、勝敗の鍵を握る小早川秀秋 [全文を読む]

「関ヶ原」岡田准一&有村架純らの扮装姿初解禁! 迫力の合戦シーンも

Smartザテレビジョン / 2017年03月13日08時00分

石田三成率いる西軍VS徳川家康率いる東軍、日本始まって以来最大となる合戦。緊張感あふれるせりふの数々が、まさに今始まろうとする天下分け目の大決戦を予感させ、さらには迫力の合戦映像も少しだけお披露目となる。 石田三成役の岡田、徳川家康役の役所、忍び初芽役の有村はもちろん、島左近役の平岳大、大谷刑部役の大場泰正、黒田長政役の和田正人、福島正則役の音尾琢真、井 [全文を読む]

NHK大河「おんな城主」が男だけじゃないギョーテン新説!(2)家康vs三成の暗殺勝負!

アサ芸プラス / 2017年01月22日17時54分

『問鉄砲』を命じた家康の判断が勝利をもたらしたとすることで、家康や、その子孫の徳川将軍家の権威を高めようとした江戸時代の作り話の可能性が高いと思います」(安田氏) 同様に徳川の威光を知らしめるために創作されたと言われるのが、石田三成にまつわる話である。 豊臣秀吉の死後、豊臣家内で軍務を担う武断派と、政務担当の文治派が対立。加藤清正、福島正則らの武断派の7人 [全文を読む]

推し武将は東軍?西軍? 勝負時に着たい関ヶ原Tシャツ

&GP / 2016年09月01日21時10分

争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍だ。 モノトーンでシンプルながら、見る人が見ればわかるでしょ?と言わんばかりの力強さのあるデザイン。描かれているのは、東軍8名(本多忠勝、福島正則、井伊直政、 細川忠興、小早川秀秋、徳川家康、黒田長政、藤堂高虎)、西軍8名(島左近、石田三成、大谷吉継、立花宗茂、安国寺恵 [全文を読む]

「真田丸」哀川翔が槍を片手に関ヶ原へ!

Smartザテレビジョン / 2016年06月18日21時00分

哀川が演じる後藤又兵衛は、“関ヶ原の戦い”当時、黒田家に仕えていた武将で、石田三成の家臣でやりの使い手として知られた大橋掃部を一騎打ちで討ち取り上げた。その後は黒田家を出奔し、大坂の陣で大坂城に入り、真田信繁と共に戦うことになる。 初めて関ヶ原を訪れたという哀川は、役作りを兼ねて黒田長政の陣営があった岡山烽火場へ。実物大のやりを持ってフォトセッションに応 [全文を読む]

小早川秀秋は開戦後すぐに裏切った!? 映画や小説によく描かれる関ヶ原合戦の名場面や逸話の多くは、後世に創作されたものだった!

PR TIMES / 2017年09月06日17時00分

その西側には、笹尾山の石田三成以下、島津義弘、小西行長、宇喜多秀家、大谷吉継ら西軍の諸将が鶴翼の陣で待ち構える。その南の松尾山には同じく西軍の小早川秀秋が、さらにその東の南宮山には毛利秀元が陣を敷いている。それに対峙する東軍は、北側の右翼に黒田長政、加藤嘉明、細川忠興らが、南側の左翼には福島正則、藤堂高虎らの諸将が布陣、その後方に徳川家康率いる軍勢が控えて [全文を読む]

岡田准一、主演作初日に感慨 中嶋しゅうさんの死を悼む

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月26日14時00分

壇上には石田三成役の岡田のほか共演の有村架純、平岳大、東出昌大、伊藤歩、音尾琢真、和田正人、中越典子、役所広司、原田監督が出席。 壇上では「もしタイムスリップして関ヶ原の戦いに実際に参加するなら誰として参加したいか」をお題に共演者らと和やかにトークを繰り広げたが、岡田はマイクを手にすると「実際にタイムスリップするなら自分は東出くんとして参加したい。(東出演 [全文を読む]

岡田准一、なれるとしたら東出昌大「背が高いので…」

ORICON NEWS / 2017年08月26日12時53分

劇中で福島正則を演じている音尾は、岡田が演じた石田三成は「福島に蹴られるシーンが嫌なので」と振り返ると、岡田は「『腿とかお尻なら耐えられるので蹴ってください、お腹はたまになら大丈夫です』っていう話をしていたのに、全部お腹を蹴られた」と恨み節。音尾も「その節はすみませんでした」と頭を下げていた。 同作は、司馬遼太郎氏の同名小説を、『日本のいちばん長い日』の [全文を読む]

岡田准一主演「関ヶ原」特別映像公開! 迫力の合戦シーン“舞台裏”も

ザテレビジョン / 2017年07月26日12時26分

特別映像内では西軍、東軍に分かれる武将たちの紹介もあり、岡田演じる石田三成の西軍には、平岳大演じる三成の右腕として仕える猛将・島左近や、有村演じる部下として女性として三成を愛し支え続けた伊賀の忍び、初芽など忠義を貫く者がいる一方で、東出演じる家康の策略により心揺れる小早川秀秋の姿も。 一方、東軍には役所演じる天下取りの野望に燃える徳川家康を頂点に、その家 [全文を読む]

フォーカス