好き 石田三成に関するニュース

岡田准一が時代劇に特別な思い入れを感じる理由とは?

Movie Walker / 2017年08月25日19時00分

「僕は歴史が好きですし、戦国時代について調べたことが何回もあるので、これまで脇役として描かれてきた三成はちょっと違うんじゃないかと思っていました。敗戦の将ですが職業軍人の官僚ですし、今回は難があるけど真っ直ぐすぎるという人間らしい三成像にしたかったです」。 撮影が始まる前に、石田三成のお墓参りをしたという岡田。「三成については敵役として対立したことがあり [全文を読む]

岡田准一、彦根城での過酷な撮影で「ヘロヘロになっていました」

ザテレビジョン / 2017年08月16日05時15分

小学6年生・男の子からの「岡田さんは三成のどんなところが好きですか?」という問いに、岡田は「キミは、モテそうだねぇ」と返しつつ、「三成公は、真っすぐで子どもっぽくも見えるほど純粋で、誰かが支えたくなるような人なのかもしれません。そういう人間味のあるところが好きで、そんな魅力が皆さんにも伝わればうれしいです」と笑みを浮かべた。 また、中学1年生・女の子から [全文を読む]

“歴女”杏も熱く語る!「大 関ヶ原展」が開催

Walkerplus / 2015年01月29日19時06分

1月28日にはこれを記念して、歴史好きの女優として知られる杏をゲストに迎えて記者発表会が開催された。スペシャルサポーターへの就任式も実施。 歴史が好きになったきっかけについて、「中学校の歴史の授業が好きで、それからどんどん好きになっていきました。昔から今へ脈々と受け継がれているところが歴史の大きな魅力」と話した。また、好きな武将は「関ヶ原合戦に参加した武 [全文を読む]

「憎しみは時空のへだたりが育てるもの」争う徳川と豊臣、両方の血を引く姫の数奇な一生を描く感動歴史超大作!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月01日06時30分

そもそも、「歴史好き」でなければ時代小説は面白くないと思っている人もいるだろう。事実、一部の歴史好きにしか支持されない時代小説は存在する。しかし本書はそうではない。「歴史好き」はもちろんのこと、興味がなくとも胸を震わすことができる。なぜなら、本作は戦国時代でも、現代でも変わらない「大切なこと」を、登場人物たちを通して感じることができるからだ。 お梅は語る [全文を読む]

V6岡田准一の恨み節に共演者謝罪 有村架純らと願望語る

モデルプレス / 2017年08月26日14時07分

三成様をあそこまで支えられるのは左近様しかいないし、西軍の中でもどっしりと構えていらっしゃるのが私はすごい好きで、自分もそれくらいの気持ちで戦いに望みたいと思いました」と打ち明けた。 ◆岡田准一「しっくりくる」 そして、「(自身が演じた)石田三成を一文字で表現するなら?」と尋ねられた際、「何だっけな…。滋賀の子どもたちと一緒に勉強会をしたときの…」とつぶや [全文を読む]

いま最もチケットが取れないミュージシャン・レキシって?

WEB女性自身 / 2014年11月28日07時00分

「歴史好きになった最初の目覚めは、小学生のころ。図書館で『学研まんが』の歴史シリーズ、『日本の歴史』だけではなく、『徳川家康』『坂本龍馬』『足利尊氏』なども読みあさりました。『ノーベル』を読んで、読書感想文で賞をもらったこともあるんですよ」 そう話すのは、いまもっともチケットが取れないミュージシャンともいわれるレキシ(40)。大奥、年貢、遣隋使など歴史をモ [全文を読む]

『戦国BASARA4』とコンセプト居酒屋が本格コラボ!! 女子ライターが実食レポート!

おたぽる / 2014年01月22日09時00分

おいしいもの好きの女子ならば、すでにご存じの通りかと思いますが、「ダイヤモンドダイニンググループ」の店舗はどこも内装と提供メニューへのこだわりが半端じゃないんです! 「乱世の個室 戦国武勇伝」も例に漏れず、戦国時代にどっぷりと浸れる店内の雰囲気とメニューの数々が自慢のお店です。 そんな「乱世の個室 戦国武勇伝」と『戦国BASARA4』が、今回夢のコラボレー [全文を読む]

興収10億円突破!映画『関ヶ原』、岡田准一と東出昌大が『ガチ歴史好き』ぶりをアピール

Business Journal / 2017年09月08日20時00分

2人はマニアックな歴史トークを繰り広げ、歴史好きをうならせる一幕があったとか。取材に訪れていた映画誌ライターがこう話す。「この日は、ゲストとして岡田が演じる石田三成公の第15代目子孫である石田秀雄氏が登壇。石田氏は子々孫々、過敏性胃症持ちと告白していたのですが、岡田は、『ウワサは本当だったんですね。一族みなさんおなかが弱いって』と、興味津々といった感じで応 [全文を読む]

東出昌大、岡田准一からの“むちゃぶり”に「今の絶対に書かれる!」

ザテレビジョン / 2017年09月06日05時30分

しかし「歴史好きな友達が何回も映画を見てくれて、映画化してくれてありがとうと言われると、出演者としてうれしい」と、柔和な笑みを浮かべた。 すると、岡田はすかさず「今の笑顔が業界で有名な“東出スマイル”ですね。目は笑っていないけれど、口だけ笑っている怖いヤツ。サイコパス的な…」と真面目な東出をイジリ、当の東出は「やめてください! 今の絶対に書かれる!」とネ [全文を読む]

有村架純、艶やかな緑の和服姿で魅了 「関ヶ原」初日舞台挨拶

GirlsNews / 2017年08月29日09時35分

映画にちなんで「関ケ原の戦いで誰になってみたいか」という司会からの質問に、有村さんは平岳大さんが演じた石田三成の軍師・島左近の名を挙げて「どっしりと構えているのが好き」と、かっこよさを称えたが、当の平さんは「僕だったら、走って逃げ切りたいですね」と答えて客席の笑いを誘った。さらに原田眞人監督は「今日こそは天下を取りたいので、豊臣秀吉で!」と映画の成功に掛 [全文を読む]

岡田准一、音尾琢真を告発!「ずっとおなかを蹴られた…」

ザテレビジョン / 2017年08月26日16時20分

西軍の中でどっしりと構えてるのが好き。自分もそれくらいの気持ちで戦いに臨みたい」と左近のおとこ気にほれぼれだった。 一方、役所はというと「体形は家康のままで、初芽になりたい。初芽になって三成公の子宝を授かりたいですね」と斜めを行く発想で、役所に憧れる岡田も「さすが。絶妙ですよね」と感心していた。 そして、福島正則役の音尾が三成を蹴る場面を振り返ると、岡田は [全文を読む]

有村架純、どっしりと構えてるのが好き

サイクルスタイル / 2017年08月26日16時15分

その理由として「西軍の中でどっしりと構えてるのが好き。自分もそれくらいの気持ちで戦いに臨みたい」と男気に惚れていた。 伊藤からも「島左近様がいい。剣で戦ってあそこまで名を残すことが素晴らしい。男らしいところが素敵」と憧れられていた島左近だったが、演じた平は「僕は平和主義者なので走って逃げます。戦とか見たくないから」と役柄とは真逆の性格で周囲をずっこけさせた [全文を読む]

岡田准一は、役者の全てを備えた稀有な存在 『関ヶ原』では鎧の着方も自らプレゼン - 監督は語る

マイナビニュース / 2017年08月23日11時30分

僕は野球が好きなんですが、野球選手の1番の褒め言葉は5つの要素に優れた”5ツールプレイヤー“。岡田准一という役者は、5ツールの役者だし、どの世界に行っても成功する人なんですよ。○撮影現場での様子撮影中にロビーで会った時は「あれ?」という感じで、そこらへんのお兄さんみたいな格好をしているから、最初は驚きました(笑)。一緒にご飯を食べに行く時も、全く自然体なん [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

ある時、歴史好きの父に「日本史や世界史なんか勉強してなんになるの」と、言ったことがあります。すると父に「それはお前がわかってないだけだよ。多くの先人たちから学ぶべきことはたくさんあるんだぞ」と諭すように返されたのです。 そんな私が、司馬遼太郎さんの作品に出会ったのは、十九歳の時です。その年、父ががんで余命半年と宣告されました。その時になって初めて「父のこと [全文を読む]

「真田丸」山本耕史&新井浩文が三成の“デレ”を語る

Smartザテレビジョン / 2016年06月05日20時55分

たまにデレがあるところが好きです。今度、びっくりするくらいのデレがある」と明かし、会場を沸かせた。 また、山本が「三成と清正は仕事以外のプライベートでも顔を合わせている関係(の設定)。何となく2人は引かれ合っていて、絆があるんじゃないか」と言えば、新井も「この後、“清正、どんだけ三成のこと好きなんだよ!”という、ツンとデレが絶妙なシーンもあります!」と2人 [全文を読む]

“歴男”谷原章介「敗者から学んで芸能界を生き抜いていきたい!」

Smartザテレビジョン / 2015年12月10日13時45分

昔から歴史が好きだったという谷原は、「小中学生のころから『三国志』や『信長の野望』のゲームでよく遊んでいました。あの武将を引き抜けないかなとか、遊びの中で歴史を知りロマンを膨らませていった。」と語り、「それが興味を持ったきっかけで、大人になってからは、時代小説で一人の男性の生き様などを楽しむようになりました。30歳を越えたあたりからですかね。」と歴史好き [全文を読む]

なぜ日本人は年1本に『関ヶ原』を選ぶか

プレジデントオンライン / 2017年09月09日11時15分

いつの時代も中高年男性に一定数存在する「時代小説好き」や「大河ドラマ視聴層」を呼び寄せたこと。加えて、ここ数年のトレンドである「武将好き歴女」の存在も、動員の追い風となったかもしれません。 映画を観てみると、日本史があまり得意でない観客への「配慮」に気づきます。登場人物は多く、関ヶ原の決戦に至るまでの各陣営の動きは少々複雑ですが、ナレーションやテロップ(年 [全文を読む]

役所広司、映画『関ヶ原』舞台挨拶で斜め上を行く発言!「三成公の子宝を授かりたい」

RBB TODAY / 2017年08月26日19時12分

西軍の中でどっしりと構えてるのが好き。自分もそれくらいの気持ちで戦いに臨みたい」と左近の男気にほれぼれ。伊藤も「島左近様がいい。剣で戦ってあそこまで名を残すことが素晴らしい。男らしいところが素敵」というと、当の平は「僕は平和主義者なので走って逃げます。戦とか見たくない」と役柄とは真逆の性格を明かして笑わせた。 東出は関ヶ原で生き残った88人の中の1人に入り [全文を読む]

有村架純&伊藤歩&中越典子、艶やか和装で登場! 大人の魅力振りまく

マイナビニュース / 2017年08月26日13時27分

「西軍の中ではとてもどっしりと構えてらっしゃるのがすごい好きで、自分もそれくらいの気持ちで戦いに臨みたいと思います」と理由を明かした。また、伊藤も島左近と回答し、女性陣の人気が集中。伊藤は「剣で戦ってあそこまで名を残すのが素晴らしいですよね。力というか、男らしいところ」と魅力を語った。 [全文を読む]

千利休、切腹の真相とはーー手嶋龍一さんが今月買った10冊

文春オンライン / 2017年08月20日17時00分

ひがな一日、好きな本を手に寝転んでいるのは心地いい。だがそんな至福の時間は限られている。ならば、時の風雪に耐えた書物だけを読むべしと自らに言い聞かせてきた。ところが、当欄を担当することになり、絶滅危惧種の書店をいくつか経巡ってみた。意外にも魅力に満ちた新刊が店頭に並んでいるではないか。しかも小兵の版元が出版不況にもめげず意欲作を手がけていることに感銘を受 [全文を読む]

フォーカス