小早川隆景 石田三成に関するニュース

【真田丸】関ヶ原は「毛利劇場」西軍総大将・毛利輝元の誤算

しらべぇ / 2016年08月14日05時30分

「ふたりの叔父」とは、吉川元春と小早川隆景。毛利はこの「両川」に支えられていたのだ。その効果が、1582年に発揮された。本能寺の変である。■秀吉の恩人織田信長は中国地方の武力制覇を目論んでいた。その最先鋒を担ったのは羽柴秀吉、のちの豊臣秀吉だ。だが、その最中に信長が殺される。そのため各方面に進出していた織田軍は、突如の撤退を余儀なくされた。それは中国攻めに [全文を読む]

草薙素子、リサリサの声優・田中敦子が戦国に降臨!! スマホRPG『戦国修羅SOUL』 【期間限定】「女の園・大奥ステップアップガチャ」キャンペーン開始!!

PR TIMES / 2016年07月22日09時39分

【キャンペーン期間:2016年7月21日(木)~7月28日(木)11時59分】 [画像1: http://prtimes.jp/i/3670/719/resize/d3670-719-181097-1.jpg ]=======================================『戦国修羅SOUL』 各プラットフォームURL■ App Store [全文を読む]

舞台「戦国無双」~四国遠征の章~

PR TIMES / 2016年05月12日17時51分

織田信長に最後まで抵抗し、三成達を苦しめた毛利元就、小早川隆景両雄。数多の豪族ひしめく四国を統一した長宗我部元親。知恵と力に長けた武将達の壮絶な戦いが繰り広げられる。 泰平の世を目指すが故に、敵として出会い、戦い、散っていく武士(もののふ)達の生き様を描いた壮大な戦国絵巻『戦国無双』を完全舞台化。天下統一をかけた熱き戦いの幕が今、切って落される! ==== [全文を読む]

<テレビドラマとはフィクションである>大河ドラマ「軍師官兵衛」の史観もエンタテインメントとしてのひとつの見方

メディアゴン / 2014年12月28日02時43分

小早川秀秋は、北政所の進言で跡取りのいなかった豊臣秀吉の養子になりましたが、側室だった淀殿が秀頼を産み秀吉が寵愛したため、官兵衛の進言で西軍の総大将・毛利輝元の重臣・小早川隆景の養子になったことを感謝しており、「官兵衛」では東軍の黒田長政の諜略に乗ったという見立てで、軍師の才覚は息子に受け継がれた、という描き方でした。戦国時代はおよそ500年前のこと。確た [全文を読む]

知略と奮起で毛利を救った男の「戦わない」ドラマに酔う

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月06日12時10分

しかし父と兄の死により吉川家の当主となって以降、叔父の小早川隆景に反発したり敬服したりしながら、自分なりに毛利を支えようとする。 物語は秀吉の第一次朝鮮出兵──文禄の役から始まり、関ケ原の仕置きまでが描かれているが、最初の読みどころは、広家が自分の「うつけ」と向き合うくだりだ。自分はとても叔父・隆景のような名将の器ではない。けれど毛利本家の照元は頼りになら [全文を読む]

フォーカス