拒否 石田三成に関するニュース

大物たちの連れション、高嶋の怪演、相変わらずなパパ幸に、高木渉4カ月ぶりの復活! 『真田丸』第23話「攻略」ざっくりレビュー!!

おたぽる / 2016年06月14日22時00分

だが、絶体絶命の状況にも関わらず北条氏政は降伏を拒否する。真田家は北条家の支城攻略に向かうが、忍城を攻めあぐねる。上杉も加わった軍議の場であせる石田三成(山本耕史)は水攻めを提案する。一方、秀吉に付き添う信繁(堺雅人)は徳川家康(内野聖陽)と大谷吉継(片岡愛之助)に呼び出され、北条へ改めて降伏を勧める使者となる。だが、未だ抵抗を続ける北条家では、降伏の使者 [全文を読む]

チキパ 天下分け目の関ヶ原で大暴れ

dwango.jp news / 2017年07月25日18時03分

『チィキィファイター』で宣戦布告すれば、『無限大少女∀』での客席からのコールに対しても「全然聞こえない!!」と、これを拒否。ファンを焚き付けて猛烈な声援を呼び起こす。そして5人は、夏の太陽に近づくかのような無重力ジャンブを幾度も決めて、ファンのボルテージにも引けを取らないライブで、関ケ原の地を熱く染め上げたのだった。 [全文を読む]

津川雅彦 「僕とジェームス三木さんとの阿吽の呼吸」

NEWSポストセブン / 2017年07月20日07時00分

まずテストをと頼んだら『芝居に慣れが出ると面白くなくなる』と拒否された。 結局、少しやりとりしただけで僕はすぐセリフが出なくなってしまった。勝さんは舌打ちしていきなり僕のそばに来て、かつらの上から頭をノックした。頭蓋骨の蓋を開けて中を覗くマネをしながら『あーあ、中がおもちゃでいっぱいだ』って。当時、僕はおもちゃ屋始めたばかりだったから。セリフが出ないのは役 [全文を読む]

『真田丸』哀川翔が演じる後藤基次の生き様、信繁も篤く慕った「豊臣方のアニキ」

AOLニュース / 2016年08月30日12時00分

後藤家は、播磨・別所氏および小寺氏(後に黒田官兵衛・長政親子を輩出した黒田家の祖)の家臣として知られるが、1578年、織田家内で起きた内紛の最中、荒木村重が黒田孝高を監禁する事件が起きると、主家である黒田家の家臣一同が記した署名を基次の親族が拒否したことで騒動となり、一族の面々と共に追放された。その後、基次が台頭するのは、秀吉による九州討伐の局面だ。この頃 [全文を読む]

「新垣結衣が良かったなぁ~」(切実) 女性陣が出ないとやっぱり面白い!? 父・兄にも見どころ豊富、当り回だった『真田丸』第22話「裁定」ざっくりレビュー!

おたぽる / 2016年06月07日22時00分

さて、「裁定」はというと、北条氏政(高嶋政伸)の沼田城明け渡し要求を断固拒否する真田家。北条を上洛させたい秀吉(小日向文世)を判事役に、原告・北条、被告・真田の戦国裁判劇の幕が上がる。信繁は真田の代表として弁舌と胆力の限り北条に勝負を挑む。徳川方の証人・本多正信(近藤正臣)も加わり、一瞬の隙も許されない大論戦が展開。結局論戦は優位に進めたものの、戦を避け [全文を読む]

いま最もチケットが取れないミュージシャン・レキシって?

WEB女性自身 / 2014年11月28日07時00分

石田三成は処刑される寸前に『柿は体を冷やして毒だ』と柿を拒否した話がありますが、武士たるもの最後の最後まで何が起こるかわからないという覚悟があったと聞くと、おーかっこいいって思うんですよね」 大河ドラマ『篤姫』をヒントに『姫君Shake! Feat.齋藤摩羅衛門』という曲を作った。「歴史は想像の産物なので、何が正解か本当はわからない。だから、曲作りのときは [全文を読む]

フォーカス