石田三成 小西行長に関するニュース

関ヶ原合戦で敗れた石田三成、処刑され血脈断絶はウソだった!大名と子孫、各地で延命

Business Journal / 2015年07月14日06時00分

●救い出された石田三成の子 天下分け目の関ヶ原合戦は、東軍(徳川方)の勝利に終わり、西軍の中心的大名は処刑されてしまい、その血統も途絶えた――。このように思い込んでいる人も多いのではないか。 確かに肥前国宇土の小西行長は、当人のみならず一人息子も処刑され、対馬の宗氏に嫁いだ娘・妙(洗礼名マリア)も婚家を追われ、数年後に長崎の地で寂しく歿し、その血統は絶えて [全文を読む]

推し武将は東軍?西軍? 勝負時に着たい関ヶ原Tシャツ

&GP / 2016年09月01日21時10分

争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍だ。 モノトーンでシンプルながら、見る人が見ればわかるでしょ?と言わんばかりの力強さのあるデザイン。描かれているのは、東軍8名(本多忠勝、福島正則、井伊直政、 細川忠興、小早川秀秋、徳川家康、黒田長政、藤堂高虎)、西軍8名(島左近、石田三成、大谷吉継、立花宗茂、安国寺恵 [全文を読む]

徳川綱吉 教科書記述一変、生類憐みの令は慈愛の政治と評価

NEWSポストセブン / 2013年04月14日07時00分

関ヶ原の戦いで西軍を組織した石田三成について、1988年版では〈五奉行の一人石田三成は、小西行長らとはかって家康の排斥をくわだてて挙兵し〉と悪役臭が漂うような表記になっていたが、現在は〈豊臣政権を存続させようとする石田光成と家康との対立が表面化し〉と、石田側にも大義があったように改められた。 劇的に評価が上がったのが、江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉である。 [全文を読む]

天下分け“爪”の戦い? 戦国の新商品「関ヶ原Tシャツ」に感化された女性がネイルアートで武将を再現!

PR TIMES / 2016年09月30日13時57分

この戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。今回は、その東軍と西軍の各武将をTシャツ上でアイコン化しています。[画像1: http://prtimes.jp/i/17413/9/resize/d17413-9-712599-0.jpg ]そのアイコンをネイルアートに取り込んだのが、Instagramネ [全文を読む]

意外と知られていない秀吉の唐入り 和平の鍵は「国書偽造」

しらべぇ / 2016年07月07日05時30分

行長も切腹を言い渡されるも、石田三成の弁護で命だけは安堵された。■結局みんな大賛成だったまた、この唐入りは「諸大名の反対を秀吉が強引に押し切った」と今も教育現場で説明されているというが、じつは唐入り開始直前の諸大名の意見は圧倒的に「出兵賛成」が多かったという。加藤清正や福島正則といった秀吉子飼いの武人は一番手柄を競っていたし、地方の豪族の当主などは秀吉から [全文を読む]

フォーカス