新築 積水ハウスに関するニュース

積水ハウスとホンダがスマートハウス分野で協力関係を構築

JCN Newswire / 2013年04月22日14時58分

今後はロボティクス技術を用いた新築・既築住宅における歩行などの動作支援を主としたQOL※2の向上を目指し、スマートコミュニティーにおける生活者の安心と、快適な移動と生活を実現する技術実証や協業ビジネスモデルの確立を目指していきます。※1 4月26日、積水ハウスがJR大阪駅北地区「うめきた」の「グランフロント大阪」に開設する情報発信・研究開発拠点。業界初のオ [全文を読む]

国がお墨付き「優良中古住宅」は安心か

プレジデントオンライン / 2017年06月01日09時15分

国も新築偏重の住宅政策を転換し、新たに中古住宅のブランド化に着手するなど、中古住宅への関心が高まりつつある。しかし、住宅大手が取り組む中古住宅販売は苦戦を強いられており、市場拡大につながるかは容易でない。 「安心R住宅」――。国土交通省が中古住宅の流通を促そうと、消費者が安心して購入できる高い品質の中古住宅に“お墨付き”を与えるために設けたブランド名だ。「 [全文を読む]

Amazonでネットリフォームビジネスに初めて参入新築・リフォームNo.1*の実績と全国施工力を活かして最多の4000品目以上の豊富な「定額パッケージ型リフォーム」を出品

PR TIMES / 2015年06月30日17時01分

積水ハウスグループの積和建設は、6月30日(火)より、アマゾン ジャパン株式会社が運営する総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)が新たに開設する「リフォームストア」において、ネットでのリフォームビジネスに初めて参入します。http://bit.ly/1ROOrni4000品目以上の「定額パッケージ型リフォーム」の一例[画像1: [全文を読む]

積和建設のリフォーム新ブランド“Re:QUEST” 新築・リフォームNo.1の積水ハウスグループの実績と施工力でリフォーム・リノベーション事業を強化

PR TIMES / 2015年06月29日17時52分

積水ハウスグループのリフォーム事業売上2014年度1341億円:積水ハウスオーナー戸建を担当する積水ハウスリフォーム(株)、積水ハウスシャーメゾンを担当する積和不動産グループと在来木造住宅・マンションリフォームを担当する積和建設などの総合計)企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

住宅エコポイント再開で関連企業の反撃が始まる

デイリーニュースオンライン / 2015年01月16日12時50分

住宅エコポイント制度は、2010年にエコ住宅の新築やリフォームを促進するために作られた制度で、エコ住宅の新築なら1戸あたり30万ポイント、リフォームでも工事の内容に応じて最大30万ポイントが付与される。付与されたポイントは、地域産品や商品券、プリペイドカードなどに交換可能だ(1ポイント=1円相当)。 同じくエコ家電の販促を目的とした「家電エコポイント」とあ [全文を読む]

新築住宅、なぜ3~5階建て激増?「下は貸して、上に居住」が主流に

Business Journal / 2017年02月25日06時00分

住宅業界では空き家が増加する一方、将来的な世帯数の減少を考えると居住用の注文住宅の市場縮小は必至で、それに代わる市場として賃貸住宅が主役になりつつあります。それも、住宅を兼ねた賃貸併用住宅の多層階が注目を浴びていて、その次代の主力市場をめぐる大手メーカーの先陣争いが激化しています。●新設住宅の5割近くを「貸家」が占める まずは、図表1をご覧ください。これは [全文を読む]

積水ハウス・環境配慮型住宅を1棟建築するごとに埼玉県「彩の国みどりの基金」に寄付。埼玉県 上田知事から感謝状を授与

PR TIMES / 2015年05月25日17時53分

[画像2: http://prtimes.jp/i/12902/25/resize/d12902-25-311054-2.jpg ] ゼロエネルギー住宅「グリーンファースト ゼロ」推進 政府は2020年にネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)を標準的な新築住宅とする目標を掲げており、本格的な普及を目指した動きが始まっています。 積水ハウスでは、2013 [全文を読む]

「不燃化特区指定地区建て替え相談会」一斉実施 ~4月12日(日)23区内の全21展示場で~ 各指定地区の助成内容について、都区内どこの展示場でも相談可能

PR TIMES / 2015年04月07日18時11分

[画像1: http://prtimes.jp/i/12902/11/resize/d12902-11-427335-1.jpg ] 老朽化した家 【建て替え】 燃えにくい家へ 多くの場合、対象地域で一定の要件を満たす家を建て替えた場合、既存家屋の解体除却費用や新築建物の設計費用などの一部もしくは全部が助成金でまかなわれる制度です。しかし、区により助成内 [全文を読む]

住宅の未来が見える! さいたまで「住まいの夢博」

OVO [オーヴォ] / 2017年06月07日17時38分

新築や改築、模様替え、耐震化など住まいについて何かしら考えている人には役立つ催しだ。 エコ住宅、最新の地震対策、心地よいリビング空間、家具、キッチン、住宅の設計、資金計画など、住まいに関する幅広いテーマを設け、初歩的な疑問から専門的な問題まで対応できるよう各業界の担当者をそろえている。会場を回れば「理想の住宅」が見つかる楽しい一日になるかもしれない。 入場 [全文を読む]

好評につき10月20日改訂版発売!賃貸住宅建築に特化した1冊『長期安定経営を実現する 賃貸住宅を建てる本 2015 - 2016』

@Press / 2015年10月20日14時00分

・近年の入居者ニーズ・外国人・高齢入居者のメリット・入居者満足度をアップさせる設備・性能・建て替えかリノベーションかの判断基準・事業収支計画を作る際のポイント・資金調達法・諸費用・税金・本契約から最終プラン確定までのダンドリ・管理会社の最新サービス・選び方・一括借り上げの注意点・賃貸経営に必須な保険の活用法・長期修繕計画の立て方・資金準備●新築成功事例・賃 [全文を読む]

住友林業、なぜ海外で大人気?海外進出で他社圧倒、「逆張り経営」の秘密

Business Journal / 2015年06月25日06時00分

新設住宅着工戸数の100万戸割れが続き、10年後には「60万戸時代」(野村総合研究所レポート『2025年の住宅市場』)の到来が予測されている国内新築住宅市場。「ならば」と、大手住宅メーカーが海外市場に成長の活路を求めるのは当然の成り行きといえる。ところが、今のところ住友林業を除き、いずれも及び腰か苦戦している。 例えば、売上高トップの大和ハウス工業の場合、 [全文を読む]

フォーカス