事務所 鈴木亜美に関するニュース

能年玲奈、“のん”改名で加護亜依に助言を求めるファンが殺到? 加勢大周の二の舞いを恐れる声も

おたぽる / 2016年07月18日12時00分

先月末に、デビューから所属していた芸能事務所・レプロエンタテインメントとの契約が切れたと主張し、独立することを発表した女優の能年玲奈が、再出発に際して、名前を“のん”に改めることを発表したのだが、ファンからは「売れる気がしない」「フットボールアワーの岩尾を連想してしまう」などと、反対する声が殺到しているようだ。 “能年玲奈”からはあまりにもかけ離れた安直す [全文を読む]

有名人39人「芸名の秘密」全部バラす(4)

アサ芸プラス / 2012年06月21日11時02分

彼女も01年に事務所独立騒動を起こし3年間の活動休止後、「鈴木あみ」から表記を変えたが、かつてのような人気アイドルの座が戻ってくることはなかった。 「同様に、99年に移籍トラブルを起こした松本莉緒(29)は、かつて『松本恵』という芸名でした。表向きは『ノイローゼで引退』でしたが、大手事務所の引き抜き工作があったんです」(事務所関係者) いわゆる「事務所移籍 [全文を読む]

テレビ局関係者8人に聞いた「このまま、能年玲奈を干しますか?」結果は……

日刊サイゾー / 2016年05月27日13時00分

ただ、なんとなく事務所でゴタゴタしているタレントを使って、余計な揉めごとを起こしたくないだけ。所属事務所から起用の打診があったら、そのときに検討しますが、こちらから声をかけることはなさそう」 こう話すのは民放のドラマプロデューサー。「自分がすべてキャスティングをしているわけではない」と前置きしながらも、能年の起用には否定的だった。“本業”のドラマではなく、 [全文を読む]

井上真央の独立騒動の背後に“銭ゲバ”家族の影!? 干される可能性は?

tocana / 2016年07月29日09時00分

「芸能人本人は事務所がきちんと教育して、いきなり大金が手に入っても金銭感覚がおかしくならないように努めています。未成年の場合には親御さんに収入を渡して、本人にはお小遣い程度を渡すという方法もあります。そのため、本人がおかしくなることは稀ですが、いきなり大金を手にすることになった親は相当ヤバいですよ。それまで年収500万円だったお父さんの手元に急に億単位の [全文を読む]

松下奈緒や南明奈にはあって、能年玲奈にない「独立」に絶対必要なものとは?

アサ芸プラス / 2015年08月02日17時59分

所属事務所との確執が取りざたされている能年玲奈。契約満了となる来年6月以降は芸能界から放り出されるとの観測もあり、女優としての先行きは不透明だ。移籍しようにも、手をあげるような芸能事務所はほとんどないと言われている。 残る手段は独立だが、鈴木亜美や安室奈美恵などのように独立計画がこじれるケースは珍しくない。一方で、松下奈緒や南明奈のように大手事務所から独立 [全文を読む]

「愛人か脱ぐか」究極の選択に悩む小池栄子

メンズサイゾー / 2012年10月10日17時30分

所属事務所社長の急死で動向が注目されている小池栄子(31)に、ある人物が猛アタックを仕掛けているという。小池が所属する芸能プロ「イエローキャブ」は、元社長の野田義治氏(現サンズ社長)と経営陣のゴタゴタで野田氏が追放され、グラドル路線から女優路線に舵を切った帯刀孝則氏が社長を務めていた。だが、今年6月に帯刀氏が事務所内で首つり自殺。以前から事務所の経営難がさ [全文を読む]

エイベックスも「もうどうでもいい」!? 高岡蒼佑と熱愛発覚の鈴木亜美が放置プレイ状態で......

日刊サイゾー / 2012年06月18日08時00分

昨年7月にTwitter上でフジテレビを"韓流偏向だ"と批判し、その責任を取って所属事務所を退社した"いわくつきの男"だ。「その後も前妻の宮崎あおいさんを批判したり、妻とお忍びで温泉旅行に出掛けていたV6の岡田准一を糾弾したり......。最近は完全に"爆弾男"と化しています」(芸能関係者) それだけに、亜美の事務所も頭を抱えているかと思いきや、両者の交際 [全文を読む]

2度目のタブー? 鈴木亜美、超イケメンと結婚・妊娠の裏で…

tocana / 2016年08月01日09時00分

現所属事務所から秋にも独立してフリーとしてやっていく計画を練っていたが、結婚&妊娠となったことで、ひとまず延期となりそうだ。 鈴木が夫と出会ったのは、昨年末のこと。それからわずか半年でスピードデキ婚となった。 「出会いは鈴木が旅行していたシンガポールのホテルのバー。簡潔に言えば、ナンパされたんです。鈴木は超イケメンと評判の夫にすっかり惚れ込み、春からは同棲 [全文を読む]

芸能界復帰は困難!能年玲奈が食いつなぐのは“あの業界”しかない!?

アサ芸プラス / 2016年06月10日05時59分

事務所独立騒動で仕事を干され、メディアでは盛んに芸能界引退が報じられている能年玲奈。復帰のためにさまざまな手段を尽くしているとされるが、その道のりはかなり厳しそうだ。そんな中、彼女が生き残る道として急浮上しているのがパチンコ営業だという。マスコミ関係者が解説する。「パチンコ営業は問題を起こしたタレントにも依頼が来ます。薬物騒動後の清原や、酒井法子がこれで当 [全文を読む]

鈴木亜美、34歳バースデーにファンからは「今年こそは復活を!」 「BE TOGETHER頼み」「フリフリ衣装キツイ」と酷評の声も

おたぽる / 2016年02月14日09時00分

しかし、2000年、ギャラや待遇を不服として事務所に対し民事訴訟を起こしたことで、芸能活動は事実上、休止状態に。その後、事務所を移籍し、歌手活動を再開させましたが、休止していた期間に『若さとオーラを失くした』という声が上がり、さらに事務所とこじれたことで『金に汚い』という悪いイメージまで定着。話題となるのは、高岡奏輔との熱愛報道や、劣化指摘など、歌手活動と [全文を読む]

「人って怖いな…」干された時期を述懐した鈴木亜美に「自業自得だったろ!」

アサ芸プラス / 2015年10月20日17時59分

2000年末に所属事務所からの独立を図り、それが原因で2年間にわたって活動休止を余儀なくされた当時を振り返り、「人って怖いなとも思う。一気に裏っ返しになる」との印象を口にした。 さらに鈴木は「いつ何が起こるかわからないんだな、って思い知らされた」とも語ったが、この発言に違和感を感じるというのは、当時の騒動を知る芸能ライターだ。「まるで騒動が降って湧いたかの [全文を読む]

鈴木亜美、セイン・カミュ、浅香唯はなぜ干された?音事協の力、私生活に介入する事務所

Business Journal / 2014年06月11日18時00分

きっかけとなったのは、当時所属していた事務所社長の脱税に絡む逮捕でした。 普通、勤務している会社の社長が逮捕されたら、辞めたくなるものでしょう。亜美さんも会社を辞めようと、2000年末、契約終了の確認を求める訴訟を事務所に対して起こしましたが、その独立に向けた行動は芸能界では許されませんでした。ここでいう「芸能界」とは、タレントの引き抜きや独立を認めていな [全文を読む]

宮崎あおいの泥沼離婚、生活保護の河本、ケツ出し前田敦子…芸能界アノ人は今

メンズサイゾー / 2012年12月31日12時00分

2月末に中島の父親や弁護士、事務所関係者によって彼女が自宅マンションから連れ出され、騒動は一応の収束となった。一時は激太りが伝えられていた中島だが、脳機能学者・苫米地英人氏による脱洗脳治療などによって心身ともに回復し、ダイエットにも成功。一部スポーツ紙によると、「中居正広の金曜日のスマたちへ」(TBS系)で来年1月にテレビ復帰する予定だと関係者が明かしてお [全文を読む]

鈴木亜美、「外人みたいな鼻になってる~」と整形疑惑浮上 “同期”宇多田ヒカルとの格差広がりファン嘆く

おたぽる / 2016年10月11日12時00分

しかし、2000年以降、ギャラや活動方針などをめぐって事務所と対立。民事訴訟を起こし、それと共に芸能活動は事実上、休止状態に陥り、その後、歌手業は再開したものの、ヒット作は生まれず。最近では、ライバルだった浜崎の凋落ぶりも、ネット上では揶揄される対象となっていますが、それに引き換え、今年から本格的に歌手活動を再開させた宇多田をはじめ、MISIAや椎名林檎、 [全文を読む]

”ももクロ分裂”報道を完全否定できないウラに「ヒャダイン確執説」

デイリーニュースオンライン / 2016年01月27日19時00分

「ももクロの所属事務所であるスターダストとデイリースポーツは関係がすごく近い。SMAP分裂報道に便乗したパフォーマンス報道で、ある種のお家芸ともいえるプロモーション。実際、ジュエリーの授賞式では、20代メンバーが佐々木を持ち上げて敢えてネタにするような和気あいあいとした雰囲気を感じましたから。あの記事に書かれていることは、話題作りと受け取るのが妥当です」 [全文を読む]

キムタク、ジャニーズ独立騒動…SMAP解散騒動の以前に 消えたバーニングへの移籍話

Business Journal / 2016年01月21日20時00分

この騒動で中居正広ら4人とジャニーズ事務所側の橋渡しをして功労者となった木村だが、「『これから拓哉を世界的スーパースターに育て上げる』というメリー喜多川副社長の気合いの入れようがハンパない」(ジャニーズ関係者)という。ファンからはジャニーズの振る舞いに対する批判の声が圧倒的だが、芸能界のルールとしてはSMAPとそのマネージャー・飯島三智氏の取った行為は許 [全文を読む]

「干され」告白の鈴木亜美の“被害者ヅラ”に違和感……吉本のオファーを蹴った実父の横暴ぶり

日刊サイゾー / 2015年10月22日11時00分

所属事務所の契約問題で活動休止となった時期について「3年近くありましたね。事務所とモメて、干されて、業界のこともいろいろわかった。一気に裏返しになる」などと話した。 長く業界内でタブーとされていた鈴木の“干され疑惑”が、ようやく時効になったということのようだが、「被害者ヅラには違和感がある」という人もいる。吉本興業の元関係者だ。 「ウチの会社が助け舟を出し [全文を読む]

鈴木亜美、過去の恋愛&口説かれた芸能人の数を暴露でバラエティに活路!?

メンズサイゾー / 2015年01月07日17時05分

携帯電話も事務所にチェックされ、「(メモリーは)家族と事務所の人を入れて7人くらい」だったと明かした。鈴木は「その反動で、反抗期が遅く20代後半...今もたぶん反抗期」と笑いながら話していたが、当時の管理状況は、かなり徹底されたもののようだ。 それでも20代の前半には彼氏ができたという鈴木。「隠さなきゃいけないので、とにかく窮屈」だったと振り返りながらも、 [全文を読む]

また事務所移籍......迷走する高岡蒼佑と"不倫騒動"前妻・宮崎あおい&岡田准一の"明と暗"

日刊サイゾー / 2012年10月22日08時00分

俳優の高岡蒼佑が、10月1日付で前所属事務所「NOWHERE」から現所属事務所「合同会社S.Tree」へ移籍していたことが明らかになった。高岡は4日にオフィシャルFacebookページを立ち上げており、10日の書き込みで移籍を報告している。「前妻の宮崎あおいと離婚後、NOWHEREに移籍し、芸名を"高岡蒼甫"から"高岡蒼佑"に改め再出発したものの、事務所[全文を読む]

エイベックス松浦社長の「愛人」として鈴木亜美の後釜についた沢尻エリカ

メンズサイゾー / 2012年06月15日14時00分

同年9月に彼女はスターダストを辞めて芸能活動を休止することになったわけだが、当時は高城氏との結婚を事務所に反対されていたこと、海外に生活拠点を移すことなどが理由とされていた。だが実際には、同年8月に押尾学や酒井法子がドラッグを常用していたことが発覚し、芸能界を揺るがす大騒動に発展したことの影響を受けて事務所が実施した薬物検査に引っかかり、しかも「大麻をやめ [全文を読む]

フォーカス