お笑い芸人 明石家さんまに関するニュース

北海道・タカトシ、沖縄・具志堅用高……徹底調査!「地元No.1の売れっ子芸能人」

日刊サイゾー / 2014年10月21日21時30分

局アナなどは除く) ジャンル別に見ると、お笑い芸人が13都道府県と最多。やはり関西地方が強く、大阪・フットボールアワー後藤輝基、京都・レギュラー、奈良・明石家さんま、兵庫・陣内智則となっている。次いで、俳優が11都道府県。石川・篠井英介、山口・益岡徹といった、実力派俳優の名前も。意外だったのは、滋賀・尾木直樹(教育評論家)、佐賀・本村健太郎(弁護士)など、 [全文を読む]

大和ネクスト銀行調べ シニアが一緒にスポーツ・運動を楽しみたい芸能人3位「吉永小百合さん」2位「タモリさん」、1位は?

@Press / 2017年03月30日15時45分

◆シニアがお花見でこの人の一発芸を見たいと思うお笑い芸人2位「ピコ太郎さん」、1位は? シニア男性では「北野武さん」、シニア女性では「斎藤司さん」がTOP5にランクイン また、全回答者(1,000名)に、【お花見でこの人の一発芸を見たいと思うお笑い芸人】を聞いたところ、1位は「明石家さんまさん」(56件)、2位「ピコ太郎さん」(32件)、3位「コロッケさ [全文を読む]

お笑いBIG3 たけし、タモリ、さんま vs とんねるず、ダウンタウンらドリフに影響を受けた新世代の台頭…80年代お笑い革命

日刊SPA! / 2017年07月08日15時52分

80年代以前は「作り込まれた笑い」が主流であり、お笑い芸人の地位も低かった。マンザイブームで扉が開かれた80年代は「関西の笑い」、「関西弁」が定着しはじめる。「アドリブ」を多く取り入れ、「私生活」という芸能人なら隠さなければならない部分をさらけ出し笑いに変えた。そして、芸能人運動会ではアイドルに勝ち、一流女優と結婚。その張本人こそが明石家さんまだったので [全文を読む]

明石家さんま、長寿番組が終わるワケ

NewsCafe / 2016年08月15日13時12分

しかし、その原因を作ったのはさんまを含めたお笑い芸人たちでもあるわけで…」 なぜ、お笑い芸人がテレビをダメにした? 「質の低い笑いを提供し、視聴者に嫌悪感を抱かせたからです。だいたい、テレビ局とお笑い芸人が組んで何をやったかといえば、『ほら、俺たちはこんなにバカだよ。あなたたちよりずっとバカ』と見せつけて、視聴者に優越感を与えました」 なるほど、そうやって [全文を読む]

【20代~30代女性「主婦休みの日」に関する実態調査】5月25日は「主婦休みの日」9割以上の女性が「夫にしたいのは“カジメン”な人」~発表!主婦休みに“笑いの癒し”芸人ランキング、明石家さんまは2位~

DreamNews / 2016年05月19日11時00分

▼サマリー・女性の8割以上が『「主婦休みの日」は必要!』と回答休みの取りやすさを握るのは「代行サービスの充実」「夫の協力」「休日の認知度」・9割の女性が「夫には“カジメン”になって欲しい!」大切なのは「家事割り振り」よりも「支え合いの実感」・発表!家事が得意そうな「カジメン」芸能人ランキング共通点は“オープン&安定感” 1位 つるの剛士 2位 杉浦太陽、3 [全文を読む]

ロンブー淳、ナイナイ岡村、鳥居みゆき…お笑い芸人に薬物疑惑“被害”続出の裏事情

おたぽる / 2016年03月03日19時00分

お笑い芸人の薬物使用疑惑がネット上で相次いで取りざたされている。やり玉にあげられたのはロンブー淳、ナイナイ岡村、ダウンタウン浜田ら。根拠は乏しく「清原の次は大物司会者逮捕」報道や「なんとなくやってそう」というイメージから来るデマ同然のもの。これは清原和博の覚醒剤逮捕を受けての“風評被害”というべきものだろう。 「清原の薬物事件は内偵期間が長く、購入量も多い [全文を読む]

5位にチュート徳井!「演技がうまい芸人」第1位は?

日刊大衆 / 2017年06月05日07時05分

その中でも最近特に目立つのは、お笑い芸人たちだ。舞台やコントなどで磨いた表現力で、本職の俳優にも負けない演技を見せる人も少なくない。そこで今回は、20代から50代の男女100人に「演技がうまいと思うお笑い芸人」を聞いてみた。 第3位(7%)は人気お笑いトリオ、ネプチューンの原田泰造(47)。高校を卒業後、「とにかくテレビに出たい」とモデルや俳優などのオーデ [全文を読む]

小出恵介、明石家さんま役に「お受けするか悩みました」

Smartザテレビジョン / 2016年12月12日11時27分

本作は、幼い頃から何をやっても駄目だった男が天才お笑い芸人に出会い、導かれ、失敗を繰り返しながらもやがて“本当の自分の道”を見つけ出すまで…。天才芸人・さんまが企画・プロデュースを担当し、ジミー大西や周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に、夢を追う人々とそれを応援する人々の姿を描く連続ドラマだ。 ジミー大西役に中尾明慶、明石家さんま役には小出恵介ら演技派 [全文を読む]

4位バナナマンを超えた!「主婦が癒されているお笑い芸人」1位は

WooRis / 2016年05月24日09時00分

だからこそ、たまには主婦を休んでとことん癒される日があってもいいはず!では、あなたは休みの日には誰に癒されていますか?ウエディングパークが118名の女性に行ったリサーチによって、主婦がお休みの日に癒されたいお笑い芸人が明らかになりました。“主婦休みの日”くらい時間を気にせずにテレビに没頭してもいいのかもしれません! さっそく、トップ3をご紹介しますね。■3 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】明石家さんま「本当に落ち込んでる人に、笑いは必要なのか」とジレンマ

TechinsightJapan / 2016年04月17日16時00分

熊本地震で大きな被害が出ていることに明石家さんまも心を痛めながら、“お笑い芸人として何ができるのか”と悩んでいるようだ。 4月16日放送のMBSラジオ『ヤングタウン土曜日』では、冒頭から現在も余震が続く熊本地震の話題になる。明石家さんまは大地震で避難生活を送った方々から様々な経験談を聞いているという。たとえばテレビやラジオから「こうしてください」「ああして [全文を読む]

さんま、泰造…朝ドラ出演の「芸人俳優」が持つ5つの役割

WEB女性自身 / 2017年04月01日06時00分

「NHK『朝ドラ』で、お笑い芸人がキャラクターの強さを発揮したのは、『澪つくし』の明石家さんまさんが初めて。これは、朝ドラの歴史のターニングポイントになりました」 こう語るのは、『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)の著者で、ドラマウオッチャーの田幸和歌子さん。バラエティ番組やドラマ、情報番組のコメンテーターまで、いまテレビで見ない日はない [全文を読む]

人生の満足度を上げてくれた有名人、スポーツ選手はイチロー、ではお笑い芸人は?

Woman Insight / 2016年12月25日11時00分

人生満足度を上げてくれた「お笑い芸人」、「スポーツ選手」、「アーティスト・アイドル」を聞いてみました。 <お笑い芸人> 1位 明石家さんま 2位 ダウンタウン 3位 ビートたけし <スポーツ選手> 1位 イチロー 2位 浅田真央 3位 羽生結弦 <アーティスト・アイドル> 1位 Mr.Children 2位 中島みゆき 3位 サザンオールスターズ Joh [全文を読む]

今年は明石家さんま? お笑い芸人と『NHK紅白』のアブナイ関係とは

日刊サイゾー / 2016年11月13日19時00分

本家「紅白」には、これまで多くのお笑い芸人が“ミュージシャン”として出場してきた。その遍歴を見てみよう。 「1991年の第42回大会にはとんねるずが出場しました。全身タイツ姿で登場し『情けねぇ』を熱唱。背中を見せると“受信料を払おう”の文字が見える仕組みになっていました。とんねるずは、99年と2000年にも野猿として出場しています」(芸能記者) とんねる [全文を読む]

怪獣・明石家さんまが放つ金言集…強烈なプロ意識と壮絶人生ゆえの人生訓・死生観

Business Journal / 2016年10月12日12時00分

最近、トレードマークだった「ももち結び」をやめて、ぶりっ子キャラもなりを潜め始めた彼女に対して、「お笑い芸人発想からいうと~」と前置きしてこうコメントしたのだ。 さらに、さんまは続ける。「ファンからの俺のキャラ設定があったりすんねん」「ファンはこういう俺を期待しているだろうから、それに乗っかってやろうと。本当はこのコメントしたくないねんけど、ファンはこうい [全文を読む]

古舘伊知郎のバラエティ本格参戦で戦々恐々のお笑い芸人たち!あの人気アナの「宮根、羽鳥なんて足元にも及ばない!」発言にみる想像以上の影響力!!

Business Journal / 2016年07月20日19時00分

ゲスト出演した今月9日放送のフジテレビ系「土曜プレミアム 人志松本のすべらない話」では、並み居るお笑い芸人たちをおさえて“MVS”を獲得。 今月23日から同局系で放送される「FNS27時間テレビフェスティバル!」では、約16年ぶりに明石家さんまと共演を果たすことが発表されるなど、活動を活発化させている。「古舘さんは元来、お堅いニュース番組ではなく、プロレ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】明石家さんまに東大首席が「浅い文化人にならないで」 賛同の声多数

TechinsightJapan / 2016年03月15日13時30分

お笑い芸人が報道・情報番組などにコメンテーターとして出演することが珍しくなくなった昨今、一石を投じる内容となっており同意だとする声が少なくないのだ。 3月13日放送のフジテレビ系『日曜ファミリア・さんまの東大方程式』は、スタジオに招いた現役東大生40名から勉強や恋愛、将来への不安などを聞き出し、MCの明石家さんまやゲストのヒロミらとのやりとりを楽しむトーク [全文を読む]

さんま、今田耕司、渡部建にあの大物も!佐々木希はなぜ芸人に大モテなのか?

アサ芸プラス / 2015年06月03日17時58分

明石家さんまが30日、自身のレギュラーラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS放送)で、お笑い芸人の今田耕司が女優の佐々木希とアンジャッシュ・渡部建の熱愛報道に、かなりのショックを受けていたことを暴露した。 さんまの話によれば、今田は佐々木を10代の頃から知っており、マネージャーを交えて食事にも行っていた仲だったが、自ら口説くことはせず紳士的に接することで [全文を読む]

ドラマに芸人が起用される背景にコントで鍛えられた演技力

NEWSポストセブン / 2014年11月03日07時00分

最近のNHKの連続テレビ小説では『花子とアン』にカンニング竹山隆範、『ごちそうさん』にネプチューン原田泰造、『あまちゃん』にワンポイントだがオアシズ大久保佳代子、『梅ちゃん先生』にたんぽぽ白鳥久美子などお笑い芸人が相次いで起用されている。 まさに「1作品に1芸人」といった感があるドラマ界。ここまでお笑い芸人の登板が増えているのはなぜだろう。 「まず、芸人 [全文を読む]

平成世代は知らない「とんねるず」の凄さ バラエティの地位を向上させた彼らの姿勢とは?

AOLニュース / 2013年11月18日13時18分

お笑い界の「ビッグ3」といわれるビートたけし・タモリ・明石家さんまを始め、芸能界には"大御所"と呼ばれるお笑い芸人は複数存在しているが、「とんねるず」ほど世代間でその人気や思い入れに差が出る大御所はいないだろう。とんねるずに関してネット上のアンチユーザーがよく書き込むことは、「面白くない」「実力がない」という意見だ。お笑い芸人の根本ともいえるこれらの資質の [全文を読む]

【島田洋七“がばい”独占手記/最終回】さんま、タモリ、紳助……天才が語る天才が天才たる所以

日刊サイゾー / 2017年09月19日07時00分

タモリさんの芸はお笑い芸人の芸とは違う。テレビの中のお笑い。テレビ芸。だから、30年以上もやれたんやと思います。凄いですよ。あの人だからやれるんですよ。漫才師はあれじゃ物足らんもんね。わしらは一生懸命、笑わそうとするから、持たない。お笑い芸人は「司会どうぞ」と言われたら、自分がしゃべらないと損するみたいにしゃべる、だから飽きられる。 その点、タモリさんは淡 [全文を読む]

フォーカス