活動 森山直太朗に関するニュース

スペースシャワーTV、豪華アーティストのプレミアムライブ番組、次回出演は森山直太朗!600名限定で完全無料・招待制のプレミアムライブを実施!

PR TIMES / 2016年05月02日10時58分

第17弾出演アーティストとして登場するのは、独特な歌声と楽曲の世界観で多くの支持を集める森山直太朗!昨年9月末から活動“小休止”していた彼が、先日4月20日に活動再開を宣言、6月1日には約1年7カ月ぶりとなるオリジナルアルバム「嗚呼」をリリースすることが発表されました。そんな森山直太朗の、活動再開後、初となるフルセットでのプレミアムライブを、スペースシャワ [全文を読む]

森山直太朗ニコ生特番内で 活動「小」休止を発表

dwango.jp news / 2015年09月09日16時23分

「新曲にまつわる活動が今月末まであるんですが、その活動をもってひとまず活動を“小休止”しようと思っています」と、9月末から“活動小休止”することを報告した。 しかし、樋口氏に「“小”休止って?3年くらい?」と聞かれると、「今考えてるのは半年くらいです」と説明。突然の休止宣言に息を飲んだ会場のファンからは安堵の声がこぼれた。 「去年スタッフから休めばと言わ [全文を読む]

“小休止”から活動再開した森山直太朗が、活動再開後初となるワンマンライブを無料招待制で実施!15倍の倍率から観覧権を得た600名の観客に向けてフルセットのプレミアムライブを披露!!

PR TIMES / 2016年06月10日15時59分

[画像1: http://prtimes.jp/i/2929/708/resize/d2929-708-377129-1.jpg ]今回登場したミュージシャンは、活動“小休止”から復帰後、1年7か月ぶりとなるアルバム「嗚呼」を6月1日にリリースしたばかりの森山直太朗!活動再開後、初となるフルセットでのワンマンライブは完全無料招待制で実施。応募窓口となった森 [全文を読む]

森山直太朗 15周年記念ベスト『大傑作撰』リリース決定

dwango.jp news / 2016年07月13日12時31分

ボーナスディスク『土盤』には、アルバムやライブなどで森山直太朗の活動をまさに土のごとく支えてきた楽曲群を収録。今回初音源化となる「僕らは死んでゆくのだけれど」や、2005年に配信限定でリリースされた「12月」の新録バージョンも収録される。 今作について直太朗は「ある意味で自分の活動を代表する楽曲から、それを影で支えて来たコアな作品まで、15年間歌いつないだ [全文を読む]

綾小路 翔と森山直太朗、9月2日に衝撃のデビュー!

okmusic UP's / 2015年08月21日00時15分

綾小路 翔は「直太朗とは15年程前、共にデビュー前の頃に出逢い、毎日のように遊び歩いたり、互いの活動に刺激を受けあったり、かと思えばまったく連絡取らなくなったり、ひょんなことから一緒に仕事をするようになったり、気がついたら意図せずご近所になってたり・・・そんな付かず離れずな我々の“今"を歌った曲です。平成のメンズ・デュエットソングの決定版がここに完成です [全文を読む]

綾小路 翔×森山直太朗 運命の2人が時空を超えて衝撃のデビュー!

dwango.jp news / 2015年08月21日11時04分

綾小路 翔は「直太朗とは15年程前、共にデビュー前の頃に出逢い、毎日のように遊び歩いたり、互いの活動に刺激を受けあったり、かと思えばまったく連絡取らなくなったり、ひょんなことから一緒に仕事をするようになったり、気がついたら意図せずご近所になってたり・・・そんな付かず離れずな我々の“今”を歌った曲です。平成のメンズ・デュエットソングの決定版がここに完成です。 [全文を読む]

花代と点子が日本舞踊を舞う!親子の“卒業晴れ舞台”を応援しよう。

NeoL / 2015年05月17日15時52分

(C)宇野 亜喜良 花代と点子が国立劇場で日本舞踊を舞う親子の“卒業晴れ舞台”応援プロジェクト進行中! 80年代から写真家・音楽家・現代美術家として幅広い活動を展開する一方、大学在学中より東京の花街で芸妓修行に励んでいたという異色の経歴を持つアーティスト・花代。 そして、そんな花代とドイツ人の父親の間に生まれた一人娘であり、モデル・女優・アーティストとして [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】森山直太朗の苦境を救ったさだまさし 「これはいじめの構図」

TechinsightJapan / 2016年09月20日10時00分

半年間の活動小休止を終えて4月から活動を再開した森山直太朗が、トークバラエティ番組『波瀾爆笑』に出演した。彼が2008年に発表した『生きてることが辛いなら』は当時「自殺を助長するのでは?」と世論を騒がせたが、その時に励ましてくれたのがさだまさしだったという。この日は、その大先輩がVTRで登場して「なおちゃん、もうちょっと過激にいこうか!」とさらに激励、森山 [全文を読む]

森山直太朗が「Mステ」で“小休止”後テレビ初歌唱!

Smartザテレビジョン / 2016年05月27日05時00分

5月27日(金)に放送される「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に、“小休止“を終えたシンガーソングライター・森山直太朗が出演し、活動再開後初めてテレビ番組で新曲「嗚呼」を披露する。 森山が“活動小休止”を宣言したのは昨年9月。ことし4月に活動を再開するまでの充電期間中、本人いわく「普段はあんまり外に興味ないから出掛けたりしないんですが、小休止とか [全文を読む]

“いじられキャラ”が定着しつつある森山直太朗 本人は不満?

太田出版ケトルニュース / 2014年08月12日06時45分

「制作に関しても、ツアーに関しても、活動の基本的な流れは変わってないですけど、最近は流れに乗っていくようなお仕事にも応えられるようになってきたというか。その中で、これまであまり人前で出したことのない自分をみつけることもありますしね。 (中略)ただ、そこには関係性が重要なんです。ありがたいことに、自分の周りには、どうしたって楽しいことにしかならない人たちば [全文を読む]

石川さゆり、コラボアルバム第二弾のジャケットは天野喜孝の書き下ろし!

okmusic UP's / 2014年04月09日22時30分

【その他の画像】石川さゆりジャンルや活動の場を超えて多彩なコラボレーションを試みてきた石川さゆり。先週発売となった椎名林檎プロデュースシングル「暗夜の心中立て」が話題になっているなか、4月23日発売のアルバム情報が公開された。 楽曲からCDジャケットまでをクロスする石川さゆり“X-Cross-シリーズ"。前作『X-Cross-』のCDジャケットを「ジョジョ [全文を読む]

森山直太朗 絶好調の今、活動休止する理由とは?

anan NEWS / 2015年09月25日08時00分

先日、ニューシングル『生きる(って言い切る)』のリリース日当日に、音楽活動の“小休止”を宣言した森山直太朗さん。予期せぬ発表に、「なぜ? どうして?」という声が湧き起こっている。 「ちょうど1年前くらいから考えていたことで、6月にツアーが終わった段階で休もうと思っていました。最初はスタッフから勧められたので、僕自身も、えっ? とその時は思いましたよ。全く不 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】森山直太朗が“小休止”目前に心境「部屋にこもりピザを食べてるかも」

TechinsightJapan / 2015年09月20日19時55分

9月末から活動を“小休止”すると発表した森山直太朗が9月18日、福岡のFM番組『MORNING JAM』(FM FUKUOKA)に生出演した。小休止に入ったらアグレッシブに過ごしたいという彼は「裸族と暮らしてみたい」と笑わせながら「冗談と思ってるでしょうが、次に戻ってきたら口に大きな飾りをつけているかも。村長に見込まれて戻ってこないかもしれないし」と独特 [全文を読む]

森山直太朗さんも胸を打たれる絶品チキンカレー

ぐるなび / 2015年09月14日15時10分

主にシンガーソングライターとして活動している森山直太朗さんが、2009年3月にオープンしたカレー店「YOGORO」(東京都渋谷区)を紹介した。 半地下にひっそりと構える隠れ家的なお店。そこで出された人気カレーに森山さんは、義兄であるお笑い芸人の「小木博明さん(おぎやはぎ)と一緒に行った際、久しぶりに胸を打たれた」という。その注目のメニュー「ホウレン草のチキ [全文を読む]

ジム・オルークがゲスト登場! 『アコースティック・ギター・マガジン』主催トーク&ライヴ・イベント【9/4より一般チケット発売開始】

PR TIMES / 2015年09月03日17時29分

11月1日に開催される本イベントは、ソロ・アーティストとしてマルチな活動を行う高田漣氏をホスト・アーティストに迎え、毎回豪華ゲスト・アーティストとの“Ensemble(アンサンブル)”を堪能できるトーク&ライヴ・イベントです。森山直太朗、大杉漣、押尾コータロー、坂崎幸之助に続き、第5回目となる今回は、ゲストにジム・オルークが登場。デレク・ベイリーに端を発す [全文を読む]

綾小路 翔と森山直太朗、仲良し2人がユニット結成! 9月にはシングル発売

Entame Plex / 2015年08月21日17時57分

ユニット結成にあたって2人は「直太朗とは15年程前、共にデビュー前の頃に出逢い、毎日のように遊び歩いたり、互いの活動に刺激を受けあったり、かと思えばまったく連絡取らなくなったり、ひょんなことから一緒に仕事をするようになったり、気がついたら意図せずご近所になってたり…そんな付かず離れずな我々の“今”を歌った曲です。平成のメンズ・デュエットソングの決定版がこ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】森山直太朗が語る、親に対する感謝の心。「余すことなく、自分らしく生きていく」

TechinsightJapan / 2014年08月11日19時00分

今も直太朗の作詞共作者として知られる御徒町凧氏から、高校の文化祭で披露する歌の作曲を頼まれたのがきっかけで創作活動が始まったのは19歳の時。それから音楽の魅力に目覚め、路上ライブを中心に活動することとなる。その路上ライブの観客の中に、買い物帰りを装った母の姿が何度もあった。 サッカーに夢中だった頃は黙って見守っていてくれた良子だが、音楽に関しては今でも容 [全文を読む]

音楽専門誌『アコースティック・ギター・マガジン』主催による トーク&ライヴ・イベントが2月27日CAY(青山)で開催

PR TIMES / 2013年12月13日12時22分

本イベントは、ソロ・アーティストとしてマルチな活動を行う高田漣氏をホスト・アーティストに迎え、毎回豪華ゲスト・アーティストとの“Ensemble(アンサンブル)”を堪能できるトーク&ライヴ・イベント。第1回目のゲストには森山直太朗氏が登場し、この日にしか見られない珠玉のセッションが実現します。 《開催概要》 ■イベント名:Acoustic Guitar M [全文を読む]

くるりや相対性理論が参加。VRライブやツアーグッズの再販など、GWは新宿伊勢丹で新しい音楽体験を!

FASHION HEADLINE / 2017年04月23日17時00分

PART Iとなる4月26日から5月2日は、伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージにてクリエイティブ・スタジオのA4Aが装飾、映像を手掛けた空間には、旅を続けるロックバンドの「くるり」、一貫してインディペンデントで活動を続ける「相対性理論」、現役大学生で多彩な才能を発揮している「ぼくのりりっくのぼうよみ」、福岡を拠点に何かを企む超常ハイカラギターロックバンド [全文を読む]

超特急、「ZIP!春フェス」で進化した“ダサかっこいい”パフォーマンス炸裂!

okmusic UP's / 2017年03月30日12時00分

今後の“ツーカイ”の活動にも期待したい。 最後の「Clap Our Hands!」では、クラップをホールに響かせる満場のオーディエンスに対し、7人全員で曲中に“ありがとう!”と感謝。ライヴ後には以前番組で披露したタカシの森山直太朗、それを顔真似するコーイチに、ユーキ&ユースケのサンシャイン池崎といったモノマネ大会から、「超ネバギバDANCE」のMV&アーテ [全文を読む]

フォーカス