新刊 石原慎太郎に関するニュース

幻冬舎の電子書籍フェア「電本フェス」を8月2日より8週連続で開催!!

PR TIMES / 2013年08月02日15時25分

『弟』石原慎太郎(著)、『全思考』北野武(著)、『irodori』高島彩(著)、『解夏』さだまさし(著)、『1リットルの涙』木藤亜也(著)、『ZERO』麻生幾(著)など話題作27作品を新刊発売いたします。 また、好評既刊の『渋谷ではたらく社長の告白』藤田晋(著)と『アウトバーン』深町秋生(著)を8月と9月にそれぞれ通常価格の約40%で値下げ販売を実施いたし [全文を読む]

このままでいいの日本人?~アメリカでは教養としての読書が重要視される~

TABIZINE / 2016年11月23日07時30分

そして、紙の本が新刊でも瞬く間に値引きされます。ベストセラーランキングに載っている売り上げ好調書籍でも、です。 日本では再販制度という流通形態のため、本のセールがされません。消費税の免除もありません。お金のない若者が毎月何冊も本を買うのは、なかなか厳しいものがあります。 近い将来、本は時間とお金があるシニアのためのぜいたく品になってしまうかもしれません。 [全文を読む]

石原慎太郎 安倍首相は良くやっているが角栄とスケール違う

NEWSポストセブン / 2016年02月05日07時00分

田中角栄氏の金権政治を批判する急先鋒だった石原慎太郎氏が、『天才』というタイトルで上梓した新刊は、田中角栄の人生を一人称で書くというまさかの“霊言”だった。金権を批判したが、しかし政治家として田中角栄は天才で本当のインテリだと評価する石原氏に、現代の政治家について聞いた。 * * *〈石原慎太郎氏と田中角栄氏、2人のもう一つの共通点が、アメリカと対峙したこ [全文を読む]

石原慎太郎氏 宿敵だからわかる天才・田中角栄の「霊言」

NEWSポストセブン / 2016年02月02日11時00分

田中金権政治を批判する急先鋒だった石原慎太郎氏が、『天才』というタイトルで上梓した新刊は、田中角栄の人生を一人称で書くというまさかの“霊言”だった。幼少期の吃音コンプレックスから政界入り、角福戦争やロッキード事件の内幕、家族との軋轢までが、すべて「角栄目線」で描かれている。なぜいま角栄なのか。石原氏に聞いた。 * * * 政治から引退した直後に、森元孝さん [全文を読む]

石原慎太郎新刊は男と女の愛の形・男の友情を描いた純愛小説

NEWSポストセブン / 2015年09月09日16時00分

※週刊ポスト2015年9月18日号 [全文を読む]

天皇・宗教・差別・人権……日本のタブーに挑んだ「トンデモ本」シリーズの新境地誕生!

Business Journal / 2013年08月29日19時00分

「と学会」の新刊が出た。『タブーすぎるトンデモ本の世界』(サイゾー刊)。いわゆる、メディアではタブーとされるテーマに触れた、それでいてトンデモな本ばかり集めた内容だという。 タブーといえば、触れてはいけない、批判してはいけないもの。それを、ギャグのネタに?……死ぬ気か! タブーとはそういうものである。 私がタブーと聞いて思い浮かぶのは天皇制と被差別問題とヤ [全文を読む]

君は「ノストラダムスの大予言」を信じていたか――時事芸人・プチ鹿島ロングインタビューその3

プレジデントオンライン / 2017年04月28日09時15分

“時事芸人”のプチ鹿島さんが、新刊『芸人式新聞の読み方』を出しました。朝日、読売、毎日、日経、産経、東京の6紙のほか、スポーツ紙5紙、夕刊紙3紙を購読し、時事ネタの痛快さには定評があります。ときに「マスゴミ」とも揶揄される新聞を、どう使えばいいのか。最終回の第3回は「フェイクニュース」について。オカルトとデマと上手に付き合う方法とは。第1回(http:// [全文を読む]

幻冬舎史上最大点数更新!「電本フェス」スタート!

PR TIMES / 2016年09月16日12時49分

本キャンペーンには、『天才』(石原慎太郎:著)、『置かれた場所で咲きなさい』(渡辺和子:著)、『プラージュ』(誉田哲也:著)などのベストセラーや、2017年新春に公開されるHey! Say! JUMP中島裕翔 主演/新木優子 ヒロインの映画『僕らのごはんは明日で待ってる』の原作(瀬尾まいこ:著)などの映像化作品、さらに9月に発売されたばかりの『料理通異聞 [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年1月31日~2016年2月6日)

PR TIMES / 2016年02月09日09時49分

~石原慎太郎の新刊『天才』が、総合ストアランキング第1位!~株式会社トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド型書店サービス「honto(http://honto.jp/)」における週間ランキング(集計期間:2016年1月31日~2016年2月6日)を本日発表いたしました。[画像: http://prtimes.jp/i/11577/128/resi [全文を読む]

猪瀬直樹氏「都知事辞任より妻との別れがずっと辛かった」

NEWSポストセブン / 2014年10月29日16時00分

新刊『さようならと言ってなかった わが愛 わが罪』(マガジンハウス刊)で「5000万円の真実」を明かし、突然の病に倒れた妻・ゆり子さんとの40余年の日々を綴っている。 医療法人・徳洲会からの5000万円の貸借について今年3月、選挙の収支報告書にそれが記載されていないとの事実から公職選挙法違反で略式命令、罰金50万円(公民権停止5年)の処分を受けた猪瀬氏は、 [全文を読む]

フォーカス