織田裕二 稲垣吾郎に関するニュース

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

本広克行サンも『お金がない!』で織田裕二と出会わず、あの『踊る大捜査線』の企画も流れていたかもしれないのだ。■80年代、ドラマは若者たちから遠かった話を80年代に戻そう。今度はドラマの話である。実は80年代のテレビドラマは、若者たちからちょっと離れた存在だった。当時のトレンドリーダーは『JJ」や『POPEYE』などの雑誌であり、六本木の音楽の聖地『WAVE [全文を読む]

織田裕二、向井理、佐藤隆太、稲垣吾郎……『相棒』成宮寛貴降板で“4代目”臆測合戦が過熱!

日刊サイゾー / 2015年02月04日17時00分

ネット上では、昨年12月発売の「女性自身」(光文社)に、「主演の水谷豊が、ラブコールを送っている」と報じられた織田裕二をはじめ、向井理、佐藤隆太、SMAP・稲垣吾郎、細川茂樹、佐藤健、市原隼人、斉藤工、細川茂樹、谷原章介らの名前が。 また、中にはマンネリ化が叫ばれている同シリーズゆえに、初の“女性相棒”の誕生を予想する声も見られ、仲間由紀恵、尾野真千子、 [全文を読む]

『踊る大捜査線』ファイナルでも有終の美を飾れない水野美紀の"ビミョーな事情"

メンズサイゾー / 2012年01月21日11時00分

織田裕二主演の『踊る大捜査線』シリーズが、9月公開の映画『THE FINAL(仮)』で、ついに完結する。その国民的な人気の陰で、織田裕二と柳葉敏郎の確執や、オープニング楽曲のパクリ疑惑が浮上するなど、さまざまな話題を提供してきた同作品。主要登場人物の和久平八郎役を演じたいかりや長介の死も乗り越えて、有終の美を飾ろうとしている。しかし、そんな完結編に、またも [全文を読む]

TBS『IQ246~華麗なる事件簿~』推理については、もうあきらめよう! 「シーズン2」への歪んだ期待

日刊サイゾー / 2016年12月05日21時00分

今までとの大きな違いは、主人公・沙羅駆(織田裕二)が殺人事件の濡れ衣を着せられて捕まってしまったこと。これにより、倒叙ではなく純然たる“犯人探し”のミステリー形式になりました。 この、沙羅駆が捕まるくだりも、令状もなしに急に法門寺邸に刑事が踏み込んできて任意同行を求め、いつの間にか拘置所で寝泊まりしているという恐るべき“いい加減さ”で描かれますが、もういい [全文を読む]

J Movie Magazine Vol.15刊行のお知らせ

@Press / 2016年09月13日14時30分

内村光良監督の注目のコメディ作『金メダル男』に挑む! 【表紙・巻頭特集12ページ!/独占撮り下ろしロンググラビア&インタビュー】 全力で役を生きるからこそ伝わるものがある 『金メダル男』知念侑李 【ロンググラビア&対談】 『溺れるナイフ』菅田将暉×重岡大毅 【話題作ピックアップ】 『少女』稲垣吾郎×原作・湊かなえ 真剣佑 【豪華撮り下ろしグラビア&インタ [全文を読む]

結局、4代目相棒は誰? 本命は反町も、仲間、吉高らも浮上

NEWSポストセブン / 2015年06月08日07時00分

昨年12月、『女性自身』は「水谷豊が織田裕二を推している」と伝えた。 「ほかにも、2代目相棒を務めた及川光博も有力候補として注目されました。及川は降板後も劇場版にゲスト出演していて、ファンの間ではとても人気が高い。がぜん、復帰ムードが高まりました。 その後、斎藤工、稲垣吾郎、亀梨和也、速水もこみちなどの名前も報道され、噂レベルのものを含めると10人近くの候 [全文を読む]

『相棒』次の相棒選びが水谷豊NGで難航…4代目は反町隆史、5代目は仲間由紀恵に決定

Business Journal / 2015年03月26日23時00分

ほかにも織田裕二、亀梨和也、稲垣吾郎、松坂桃李など多数の候補が出ては、スケジュールの都合や水谷のチェックに引っかかり白紙になりました。そしてようやく難関を突破したのが反町隆史です。テレ朝側としては、今年の1シリーズだけ反町で乗り切る構えです」(同) 『相棒』の放送は2クール(6カ月)にわたるため、スタッフやキャストは丸々8カ月間拘束される。1年のうち3分の [全文を読む]

“暴君”水谷豊、「相棒13」最終回が大炎上で「次の相棒が見つからない」緊急事態!

アサ芸プラス / 2015年03月24日09時59分

「水谷としては、寺脇康文が演じた初代相棒・亀山薫のような、熱血漢のあるキャラとして織田裕二を推しました。しかし、局としてはジャニーズとの関係で稲垣吾郎の名を挙げたそうです。また、作中に何度か登場している仲間由紀恵も挙がったが、どうやら断られたようです」(前出・テレビ関係者) このような状況で急浮上したのが、二代目相棒・神戸尊を演じた及川光博説だ。「実は、水 [全文を読む]

フォーカス