特急 西武鉄道に関するニュース

「座れる通勤ライナー」本数が多い駅ベスト20 大阪の1位は堺駅、東京の1位はどの駅?

東洋経済オンライン / 2017年04月26日06時20分

4月21日に行われた東武鉄道のダイヤ改正では、新型特急「リバティ」の運行開始とともに、「スカイツリーライナー」「アーバンパークライナー」といった通勤ライナー(特急)が登場した。さらに、特別料金不要の特急を運行している京阪電鉄でも、8月より特急電車に座席指定車両「プレミアムカー」を導入。8月21日からは、朝のラッシュ時に全席指定の電車「ライナー」を運転するこ [全文を読む]

調査数10,000件突破!! 8/29・30・31には巨人が秩父襲来!

PR TIMES / 2014年08月26日12時10分

特に「体験提供」を多くの方々に楽しんでいただけるように、西武鉄道の「特急レッドアロー号」を進撃の巨人の「紅蓮の弓矢号」にみたてたスマホスタンプラリーに参加する事で、秩父の名所を進撃の巨人のキャラクターになりきりながら実体験できるように設計されています。【進撃の西武鉄道 スマホスタンプラリー in秩父について】8月6日(水)から11月5日(水)までの3ヵ月間 [全文を読む]

29歳元女性運転士が進める改革でレッドアロー号乗車率10%増

NEWSポストセブン / 2013年06月23日16時01分

一つが「特急改革」だ。鉄道本部計画管理部の木村有加氏(29)が語る。「特急は鉄道会社のフラッグシップです。利便性と快適性に優れた特急の活用は、西武鉄道の企業価値向上に役立つと考えました」 西武の特急といえば「レッドアロー」。創立100周年に当たる昨年、新宿線の東村山駅と新所沢駅に期間限定で停車させるプロジェクトを実施、利用者から好評を得た。それに続き、今年 [全文を読む]

西武鉄道が新型特急を18年度に導入、建築家・妹島和世がデザイン

FASHION HEADLINE / 2016年04月20日10時00分

西武鉄道は、2018年度に“これまでにない新しい発想”の新型特急車両を導入する。車両デザインは、建築家の妹島和世(せじま かずよ)が担当する。 8両×7編成の56両の導入となる同車両は、現在運行している10000系車両「ニューレッドアロー」以来、同社が25年ぶりに新造する新型特急車両。今後の西武鉄道のフラッグシップトレインとなる。 デザインコンセプトの策定 [全文を読む]

座れる列車「Sトレイン」意外な停車駅のワケ 自由が丘や保谷に停車、池袋は通過

東洋経済オンライン / 2017年03月29日08時00分

西武では従来から座席指定の特急「レッドアロー」が走っているものの、東横線やみなとみらい線、副都心線ではこれが初の座席指定列車。各線の沿線でも注目度は高く、運行開始初日にみなとみらい線の元町・中華街駅で開かれた出発式には、一番列車の乗客だけでなく新しい列車を一目見ようとする鉄道ファンらが早朝にもかかわらず大勢詰め掛け、地下のホームは賑わいを見せた。■停車駅は [全文を読む]

キティちゃんファン必見!ハローキティと西武鉄道が“秩父”のPRでコラボ!ハローキティのラッピング記念トレイン “貸切“1番列車で、秩父に行こう!~ 参加者募集スタート ~

DreamNews / 2015年12月24日10時00分

<当日のスケジュール>10:15 飯能駅特急改札口付近集合・秩父来訪記念証配布10:57 『秩父ハロ-キティトレイン』1番列車出発11:45 西武秩父駅到着11:50 西武秩父駅にて秩父来訪記念証へ1番列車の乗車記念スタンプ押印、記念セレモニー へ参加(自由)募集概要】 募集期間:2015年12月24日(木)~2016年1月6日(水)23時59分まで 応募 [全文を読む]

笑顔で乗り込め!話題のお見合いイベント「鉄コン」

Daily Beauty Navi / 2014年10月17日09時00分

男性156人と女性156人が浅草駅で「東武特急りょうもう」の貸切列車に乗り込んだら、鉄コンのはじまりです! 各号車は年齢・趣味でわけられています。車内では自己紹介タイムや席替えもあるので、話の合う異性と出会える可能性も大! 「東武特急りょうもう」が栃木県の東武足利市駅についたら、今度は4人一組で足利市内を散策します。風情ある街並を歩けば会話も盛り上がる!? [全文を読む]

~ 愛を探す列車の旅 ~ The 鉄コン! in 秩父 3月14日(水)12時30分より販売開始!

PR TIMES / 2012年03月14日12時54分

近畿日本ツーリスト株式会社(本社:東京都千代田区、社長:吉川勝久 以下、KNT)は、西武鉄道が運行する特急レッドアロー号を貸し切ってのお見合いイベント企画、『~ 愛を探す列車の旅 ~ The 鉄コン!in 秩父 』の販売を、3月14日(水)12時30分から専用サイト http://entame.knt.co.jp/tetsukon で開始します。 このツア [全文を読む]

私鉄「通勤ライナー」は本当に人気があるのか 京急・京成・東武・西武の現状をチェック!

東洋経済オンライン / 2017年05月09日07時00分

■「通勤ライナー」運行拡大が本格化今年に入り、3月25日には西武鉄道(西武)の座席指定列車「S-TRAIN」が運行を開始し、4月21日には東武鉄道(東武)の新型特急車両Revaty(リバティ)投入による通勤向け特急の増強が実施された。京阪電気鉄道(京阪)も、8月20日から特急に座席指定制の「プレミアムカー」を導入し、21日からは平日朝に全車座席指定制「ライ [全文を読む]

西武鉄道新型通勤車両40000系使用 秩父・三峯神社で絶景の雲海&星空鑑賞を目指す!「元町・中華街駅発の夜行列車で行く秩父絶景ツアー」に協力

@Press / 2017年04月25日15時00分

このツアーは、深夜発の専用夜行特急列車に乗り、秩父・三峰神社で満天の星と雲海という絶景を鑑賞するツアーです。ビクセンスタッフによる星空鑑賞会(スターパーティ)では、夜空が暗く空気も澄んでいる秩父で、双眼鏡や天体望遠鏡を使って満天に広がる夏の星座や天の川の星々をお楽しみいただきます。今回は西武鉄道で「S-TRAIN」として運行されている、新型通勤車両4000 [全文を読む]

「快速」と「準急」はどっちが速い?ややこしいけど、クセになる鉄道のオキテ

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月22日06時30分

特に、西武鉄道池袋線には、さまざまな種別の電車があることで知られ、「ちちぶ」「むさし」という名の有料の「特急」(乗車に特急券が必要な列車)を筆頭に、「快速急行」「急行」「通勤急行」「快速」「通勤準急」「準急」「各駅停車」という具合に、ズラリと8種類も揃っているのだから驚きだ。とはいえ、過去にはこれに加えて、「通勤快速」「区間準急」も存在していたというのだか [全文を読む]

「コエドビール」が飲み放題!埼玉・川越を「ビール特急」が走る

えん食べ / 2014年08月31日17時00分

その一環として11月1日と2日に、「コエドビール」が飲み放題となる臨時特急電車「小江戸川越ビール特急」が運行される。 Kawagoe REMIX は、夜のまちのライトアップや、飲食店をめぐる「川越蔵まちバル4」、川越で活躍するアーティストによる「Kawagoe Live」、そして「小江戸川越ビール特急」を融合させたイベント。 小江戸川越ビール特急は、西武鉄 [全文を読む]

新宿プリンスホテル×西武鉄道・西武新宿駅 <夏休みファミリー向け> 駅で体験・見学できる2つのプランを販売

PR TIMES / 2017年06月02日14時00分

本プランは西武新宿線西武新宿駅と直結したステーションホテルの特徴、西武グループのシナジーを活かし、駅長の辞令交付式を駅長室で行ったり、信号扱所の見学や自動券売機の裏側や定期券・特急券の発券業務など駅の仕事から駅員の一日について学べます。通常見ることのできない駅の建物内見学・体験とホテルの西武鉄道コンセプトルームにお泊りいただく非日常をお楽しみいただく内容と [全文を読む]

マネしたくなる!?パパイヤ鈴木さん振付のクセになるダンスで秩父旅の魅力を発信!土屋太鳳さんが“ちちんぶいぶい ぶいダンス”披露!

PR TIMES / 2017年04月17日10時00分

秩父を一日たっぷり満喫した後は、4月24日オープンの「西武秩父駅前温泉 祭の湯」でゆったり疲れを取って、すっきりして特急レッドアロー号で都心に帰ります。また、各地を巡る土屋太鳳さんたちの後ろには、秩父市出身の落語家 林家たい平さんがなぜかそこにいて、初めて女子旅で秩父を巡る3人を優しく見守ります。[画像2: https://prtimes.jp/i/253 [全文を読む]

西武鉄道に25年ぶりの新型特急が登場!

Walkerplus / 2016年03月25日13時00分

西武鉄道では、2018~2019年度に新型特急車両を56両導入すると発表した。2012年度より実施してきた「西武鉄道100年アニバーサリー」の集大成である観光電車「52席の至福」、新型通勤車両40000系とともに、次の100年に向けたこれからの西武鉄道のフラッグシップトレインとして特急車両を新造する。特急車両の新造は、現在運行している10000系車両「ニュ [全文を読む]

秋もビール飲み放題!特急電車で秩父絶景ツアーへ

Walkerplus / 2015年10月03日13時43分

西武鉄道とサッポロビールは、11月6日(金)、28日(土)の深夜に池袋駅を出発し、秩父・三峯神社で絶景の雲海鑑賞を目指す「ヱビスビール<缶>4種類飲み比べ放題夜行特急ツアー」を催行する。8月下旬に実施した夜行特急ツアーが大好評を博し、利用者からの強い要望に応じて、再度の実施が決定した。 池袋駅を深夜0時過ぎに発車、西武秩父駅に2時ごろ到着する夜行特急には、 [全文を読む]

人知れず歴史的使命を終えていた京阪特急のテレビカー

NEWSポストセブン / 2017年05月06日07時00分

プレミアムカーは、これまで京阪特急として運行してきた8両編成の8000系に1両だけ組み込まれる。 京阪は、1915(大正4)年から特急料金不用の特急列車を走らせてきた。それだけに、プレミアムカーの運行は、京阪の伝統を打ち破ることになる。京阪広報部は、プレミアムカーの特徴について「オリジナルのリクライニングシートを2+1列で導入するほか、移動中のパソコン等の [全文を読む]

マネしたくなる!?土屋太鳳がクセになるダンスで秩父旅の魅力を発信

ITライフハック / 2017年04月18日09時00分

秩父を一日たっぷり満喫した後は、4月24日オープンの「西武秩父駅前温泉 祭の湯」でゆったり疲れを取って、すっきりして特急レッドアロー号で都心に帰る。また、各地を巡る土屋太鳳さんたちの後ろには、秩父市出身の落語家 林家たい平さんがなぜかそこにいて、初めて女子旅で秩父を巡る3人を優しく見守るという内容だ。■西武鉄道CM 「ちちんぶいぶい2017年春夏篇」■IT [全文を読む]

YouTubeの「売れっ子」に大企業が群がる理由 若者への「狭いけど深い影響力」に期待集まる

東洋経済オンライン / 2017年04月08日08時00分

東京・池袋駅発の特急「レッドアロー号」で埼玉・西武秩父駅に降り立ったのは、台湾とタイで活躍する2人の女性ユーチューバー。ユーチューバーとは、動画投稿サイトYouTube(ユーチューブ)に定期的に動画を投稿するタレントのような人たちのことで、インフルエンサーの代表格だ。彼女たちは秩父神社、月の石もみじ公園、長瀞(ながとろ)を流れる荒川のライン下りなどを楽しむ [全文を読む]

北アルプスの絶景を見晴らす小さな駅!月岡駅(富山地方鉄道上滝線)【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第12回】

サライ.jp / 2016年12月15日11時30分

文・写真/杉﨑行恭(フォトライター) その昔、京都と大阪を結んでいた京阪電鉄の3000形特急電車が水田の単線を走っていく。ここ富山地方鉄道で10030形と名前を変え、今も主力電車として活躍しているのだ。 ローカル私鉄を旅すると、都会の電鉄で使われていた往年の電車に出会う楽しみがある。今回はその電車で『北アルプスで最も険しい』とされる剣岳が、いちばんよく見え [全文を読む]

フォーカス