長渕剛 槇原敬之に関するニュース

【オリコン】福山雅治、シングル18作目首位 歴代1位記録3部門を自ら更新

ORICON NEWS / 2017年09月19日04時00分

■「シングル1位獲得作品数」男性ソロアーティスト歴代TOP3 1位 福山雅治(18作) 2位 近藤真彦(16作) 3位 田原俊彦(12作) ■「シングル1位獲得作品数」シンガー・ソングライター歴代TOP2 1位 福山雅治(18作) 2位 宇多田ヒカル(12作) ■「シングル・アルバム総売上枚数」男性ソロアーティスト歴代TOP3 1位 福山雅治(2410. [全文を読む]

有名男女が巻き起こした“盗作騒動”「安倍なつみも騒動に…音楽業界はこの手の話が多い」

アサ芸プラス / 2015年09月13日17時57分

吉田拓郎『祭りのあと』や長渕剛『RUN』などのように、内々に引用を認めて謝罪し、印税の一部などを提供する“オトナの方法”での解決です」(音楽誌編集者) この手法で最も有名なケースといえば、10年開催の上海万博のPRソング「2010等〓来(〓はにんべんに「尓」)」が、日本のシンガーソングライター・岡本真夜の「そのままの君でいて」にそっくりだとして話題となった [全文を読む]

芸能界50年間の「壮絶バトル」を一挙公開!(2)仁義なき「激情アーティスト」-桑田佳祐VS長渕剛 他-

アサ芸プラス / 2014年07月16日09時58分

この歌詞の多くが長渕剛(57)を揶揄したのではないかと騒動になり、ついには長渕自身が宣言した。 「俺は桑田を絶対に許さない!」 長渕は雑誌のインタビューで、かつてサザンオールスターズのライブで勝手に前座をやらされたことまで持ち出し、徹底抗戦の構え。 音楽評論家の富澤一誠氏は当時の状況を解説する。 「本来はプロデューサーが行きすぎた歌詞を抑えるべきだった。実 [全文を読む]

ASKA、飯島愛と薬物&不倫・肉体関係、映像流出怯え薬物依存との報道 復帰絶望的か

Business Journal / 2014年05月29日01時00分

「美川憲一や長渕剛、槇原敬之、いしだ壱成など、過去に違法薬物所持で逮捕された芸能人の中には、カムバックして現在も活躍している人も少なからずおり、ASKAには根強いファンも多いため、復帰の可能性もゼロではなかった。ただ、どちらかというと真面目さが売りでもあったASKAが、セクシー系タレントの飯島と薬物を使用し、かつ不倫関係にあったとなれば、イメージ崩壊とフ [全文を読む]

ASKA容疑者、自供で執行猶予が確定的に…業界は早くも「復帰」に注目

メンズサイゾー / 2014年05月28日19時30分

槇原以外にも、長渕剛、岡村靖幸ら薬物事件を起こしながら復帰したケースは音楽界で珍しくない。1970年代には、井上陽水、内田裕也、研ナオコ、錦野旦らが芋づる式に逮捕される事件が起きるも、何事もなかったかのように全員が復帰している。 このクスリに甘い芸能界の体質について、発売中の「週刊ポスト」(小学館)は「芸能界には“麻薬逮捕者の互助会”がある」と報じている。 [全文を読む]

ASKA、研ナオコ、長渕剛etc... 元警察関係者に聞いた、芸能人が薬物に手を出す理由

tocana / 2014年05月20日09時00分

1977年の研ナオコ、井上陽水、にしきのあきら、岩城滉一、らの逮捕を皮切りに1984年に美川憲一、1995年に長渕剛、1999年に槇原敬之、2001年にはいしだ壱成が逮捕されている。 羅列した名前を見れば一目瞭然だが、彼らは干された訳ではない。むしろ、厳しい芸能界でいえば、勝ち組に分類できるだろう。もちろん、昔だったからというのもあるかもしれない。とは言 [全文を読む]

フォーカス