ピアノ 槇原敬之に関するニュース

BS-TBS『Sound Inn “S”』

PR TIMES / 2017年08月18日15時00分

原曲はピアノ主体になっているところを、ギター主体に変え、ピアノ部分をオルガンに変更したところがポイントという。スタジオに用意されたハモンドオルガンに、子どものころからピアノを習っていたという大原も触れてみる。初めてのハモンドオルガンに興味津々の彼女が紡ぐ、「みんな空の下」。この曲には、彼女には切っても切れない縁がある曲だという。事務所に入るオーディションを [全文を読む]

亀田誠治と布袋寅泰が“J-POPギター”の魅力を解説 『亀田音楽専門学校 SEASON 2』スタート

リアルサウンド / 2014年10月04日13時00分

・エレキギターとピアノ、最大の違いは「伸び」 続いて、エレキギターとピアノという、それぞれ楽曲のメロディを支える2つの楽器の違いについて説明。亀田は「MARIONETTE」はピアノで弾くとバロック調の悲しい音楽に聴こえるということを例に挙げたあと、布袋の「バンビーナ」を紹介し「メロディーを取らずして、コードストロークだけでイントロの印象ーー曲の全責任を担っ [全文を読む]

人のつながりや想いをテーマに選曲したピアノ楽譜集。「復活LOVE」、「花は咲く」、「天と地のレクイエム」など収載。ピアノソロ ずっと大切にしたい 心と心を結ぶ歌 ~世界に一つだけの花~ 3月20日発売

PR TIMES / 2016年03月09日14時00分

[画像: http://prtimes.jp/i/4566/903/resize/d4566-903-520325-1.jpg ] 人のつながりや想いをテーマに選曲したピアノ楽譜集『ピアノソロ ずっと大切にしたい 心と心を結ぶ歌 ~世界に一つだけの花~』が3月20日にヤマハミュージックメディアより発売されます。「世界に一つだけの花(SMAP)」、「何度でも [全文を読む]

デビュー25年の集大成!『槇原敬之 シンフォニー オーケストラ コンサート“cELEBRATION 2015”~Starry Nights~』TBSチャンネル1で1月24日(日)テレビ初独占放送!!

PR TIMES / 2016年01月21日12時10分

コンサートのハイライトでは、当時17歳のマッキーが自宅のピアノではじめて作曲した「ANSWER」を弾き語りで魅せる。 お見逃しなく。 【収録:2015年10月25日(日)東京体育館】 ■放送概要 『槇原敬之 シンフォニー オーケストラ コンサート“cELEBRATION 2015”~Starry Nights~』 〈放送チャンネル〉CS放送「TBSチャン [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】狩野アナが“槇原敬之”を弾き語り、紺野アナの“セクシービーム”も。テレ東動画サイトが熱い。

TechinsightJapan / 2015年06月22日15時05分

彼女はバラエティ番組『モヤモヤさまぁ~ず2』のなかで特技のピアノを披露することはあるが、ここまでじっくり弾き語る姿は珍しい。 彼女は20日に『狩野恵里(kano_eri)ツイッター』で「うむ…UPされた動画を観て大反省」とつぶやいている。『テレ東音楽祭(2)』の宣伝であることなどすっかり忘れて「必死になりすぎてしまったようです」というのだが、見る方はそこが [全文を読む]

豪華アーティストが参加した「ビリー・ジョエル」トリビュート発売決定

okmusic UP's / 2014年04月29日17時00分

ビリー・ジョエルをビリー・ジョエルたらしめて、ピアノ・アーティスト/シンガーのアイコンにもなった名盤『ピアノ・マン』の発表から40年、日本とアメリカからそれぞれ強力なビリーのトリビュート・アルバムが登場する事が決定した。 【その他の画像】Billy Joel日本からリリースされる『We Love Piano Man:トリビュート・トゥ・ビリー・ジョエル』は [全文を読む]

「NISSANあ、安部礼司」放送10年記念CD発売!金子隆博(from米米CLUB)作曲・プロデュース!ゲストボーカルとして、ゴスペラーズ 酒井雄二も参加!

PR TIMES / 2015年12月21日10時26分

TEAM 安部礼司が歌う「日曜日に会おうよ~Great Average Days~」のカップリングには、[TASOGARE version]として、酒井雄二(ゴスペラーズ)をゲストボーカルに迎えたバラードバージョンも収録!金子隆博のピアノにのせて情感たっぷりのボーカルを聴かせてくれます。また1曲目と4曲目には、ゴスペラーズの村上てつやと、シンガーソングライ [全文を読む]

矢野顕子の名盤2作がアナログLP&ハイレゾで蘇る

okmusic UP's / 2015年05月11日14時00分

また、全5作品のアナログLP&ハイレゾ音源化では、録音時に込められた繊細なピアノのタッチ、楽曲や歌のダイナミズム、そしてアーティスト達の躍動感がそれぞれの特長を持って再現され、CDでは感じる事の出来なかった矢野顕子の“息吹”を感じる事が出来るだろう。特にアナログLP化では、アナログカッティングの第一人者である小鐵徹氏のカッティングにより、「マスターの再現に [全文を読む]

フォーカス