覚せい剤 槇原敬之に関するニュース

清原容疑者の出所後プラン?浮上した”ラーメン屋開業”の現実度

デイリーニュースオンライン / 2016年03月03日08時00分

覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されて取り調べを受けている元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)の"ラーメン屋開業プラン"について2月29日、夕刊フジが報道した。この社会復帰案について非難や皮肉の声が高まっている。 ■突如浮上した”ラーメン屋開業プラン” プロ野球界で活躍していた当時は、コワモテの顔とアメリカ・シアトルで行なった肉体改造による筋肉隆々の肉体で、 [全文を読む]

中学生、公務員、教師、医師も覚醒剤汚染 中高年使用者急増

NEWSポストセブン / 2016年02月18日16時01分

清原容疑者には以前から薬物の噂があっただけでなく、芸能界では毎年のように覚せい剤取締法違反での逮捕者が出ているからだ。 記憶に新しいところでは、2014年にCHAGE and ASKAのASKA(57才)、2009年に酒井法子(45才)、2008年に加勢大周(46才)、1999年に槇原敬之(46才)、など、数え上げたらキリがない。 でも、“芸能界だから薬物 [全文を読む]

薬物事件を起こした芸能人は復帰できない? 閉ざされる社会復帰と贖罪のあり方

ヘルスプレス / 2016年12月30日22時40分

11月28日、覚せい剤の使用容疑で再逮捕されたものの、12月19日に嫌疑不十分で釈放となった。警察は、尿から覚せい剤の陽性反応が出たとして逮捕したが、ASKA氏が<尿ではなくお茶にすりかえた>という主張を覆すができなかった。 雑誌『SPA!』(12月27日発売)では、ASKA氏のインタビューを掲載。本人が今回の逮捕の顛末について語っている。 その独白は、 [全文を読む]

ASKA、飯島愛と薬物&不倫・肉体関係、映像流出怯え薬物依存との報道 復帰絶望的か

Business Journal / 2014年05月29日01時00分

5月17日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで人気男性デュオ・CHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)が逮捕されたが、連日その続報が報じられ、衝撃が続いている。ASKAは17日未明、知人女性宅から出てきたところを任意同行され、すでにASKAは取り調べで覚せい剤の使用を供述しており、警視庁は27日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕した。 [全文を読む]

ASKA容疑者、自供で執行猶予が確定的に…業界は早くも「復帰」に注目

メンズサイゾー / 2014年05月28日19時30分

覚せい剤を所持したとして逮捕された人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者(本名・宮崎重明=56)が27日、覚せい剤と合成麻薬MDMAを使用した疑いで再逮捕された。警察発表によると、今月上旬から17日までの間に都内などで覚せい剤とMDMAを使用した疑い。すでに容疑を認めており、今後は薬物の入手ルートや使用期間を慎重に取り調べる。 これは所 [全文を読む]

ベッキーと清原和博、関係者がささやく”芸能界復帰”の現実度

デイリーニュースオンライン / 2016年02月06日07時00分

最低1年ほどは様子見することでしょうが、その後よほどの心変わりがない限り、このまま芸能界引退となることでしょう」(同記者) 一方で覚せい剤逮捕の清原容疑者だが、初犯の上にすでに薬物の所持や使用を認めていることから、判決は執行猶予付きとなることが濃厚だ。 「かねてより『芸能界は薬物に甘すぎる』と言われている通り、酒井法子(44)や槇原敬之(46)など、薬物逮 [全文を読む]

20分でギャラ100万円! 酒井法子、パチンコ営業に見る“芸能界生き残り”への執念

メンズサイゾー / 2013年08月15日10時00分

「ご存知の通り、酒井は2009年に当時の夫と覚せい剤取締法違反で逮捕され、その後有罪判決を受けています。法廷では『芸能界を引退して介護の仕事をやりたい』など述べており、実際その後は創造学園大学に入学。主にeラーニングで勉強をしていたようですが、創造学園大学は今年3月に文科省からの解散命令を受け閉校になっています。結局、酒井が卒業できたのかは分かっていませ [全文を読む]

安倍昭恵氏 SMAP解散に「好きな曲は選べない」

NEWSポストセブン / 2016年09月10日07時00分

1999年8月、覚せい剤所持の現行犯で逮捕された槇原は、かつてこんな思いを語っている。 「ぼくが歌っていたら、こんなに売れなかったと思います。ぼくはいろいろあったし、偏見という目を感じるときだったと思うんですけど」 奇しくも、小泉氏が聖域なき構造改革を打ち出し、規制緩和で日本は厳しい競争社会となっていた。槇原自身もそんな社会の流れをひしひしと感じていたとい [全文を読む]

小向美奈子、復帰絶望の深層

NewsCafe / 2015年02月17日17時00分

先に覚せい剤取締法違反で逮捕されたタレント、小向美奈子(29)。2009年、11年に続く覚せい剤絡みでは3度目の逮捕だが、「もう更生は不可能との見方が強い」(夕刊紙デスク)とまで言われている。 もともとはセクシーアイドルとして人気を得て、最初の逮捕を機に、ストリップ、AVと転身して成功もしていたが…。 「歌手、酒井法子(44)やシンガーソングライターの槇原 [全文を読む]

嵐、AKB48に楽曲提供の作曲家が逮捕 音楽家の逮捕による「CD回収」の基準とは?

日刊サイゾー / 2014年11月08日09時00分

嵐やAKB48などに楽曲提供をしていた作曲家・大庭宏典容疑者が、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されたことが報じられ、話題を集めている。報道によると大庭氏は3日、東京・中野区の自宅で息苦しさを訴えて病院に搬送され、「数日前に覚せい剤を使用した」と告白。尿検査も陽性で、調べに対して容疑を認めているという。 大庭容疑者は「オオバコウスケ」名義で、AKB48 [全文を読む]

「マッキーのようには……」薬物逮捕のASKA、復帰しても芸能界に“居場所”なし

日刊サイゾー / 2014年05月22日09時00分

人気デュオCHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)容疑者が、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたのを受け、所属レコード会社・ユニバーサルミュージックは19日、ASKA容疑者に関連するすべての契約を解除することを発表した。 チャゲアスは2001年から同社に所属。活動休止中の11年に専属契約は終了していたというが、同社はHPで「アーティ [全文を読む]

ASKA、研ナオコ、長渕剛etc... 元警察関係者に聞いた、芸能人が薬物に手を出す理由

tocana / 2014年05月20日09時00分

CHAGE&ASKAのASKAが覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された。 テリー伊藤をはじめ、親交のあった関係者たちが「真面目な男」と評するASKAが、なぜ、薬物に手を出してしまったのか? また、芸能人の薬物関連での逮捕が後を絶たないのだろうか? 元警察関係者に話を聞いた。 「芸能人が薬物に手を出す理由を、『浮き沈みが激しい業界だから』と分析する評論家が多く [全文を読む]

舞台ドタキャン騒動に続き……元夫“脱法ドラッグ店”勤務報道で、またまた遠ざかる酒井法子の本格復帰

日刊サイゾー / 2013年12月11日11時00分

2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕された、女優で歌手の酒井法子。彼女の元夫で、共に逮捕された高相祐一氏の近況を、10日発売の「FLASH」(光文社)が伝えている。 かつて“自称”プロサーファーを名乗っていたものの、離婚後はラーメン店に就職したことなどが報じられた高相氏だが、記事によれば、現在は千葉県内の“脱法ドラッグ店”で働いているという。また、最近まで [全文を読む]

フォーカス