神戸女学院大学 東京大学に関するニュース

京都精華大学人文学部客員教授に養老 孟司氏と内田 樹氏の就任が新たに決定

@Press / 2014年09月30日14時00分

内田氏は、神戸女学院大学名誉教授であり、哲学研究者、思想家、倫理学者、武道家など幅広い分野で活躍されています。専門はフランス現代思想で、中でもフランスの哲学者エマニュエル・レヴィナス著書の翻訳、研究を重ねてこられました。レヴィナスを基点とするユダヤ人問題をテーマとした『私家版・ユダヤ文化論』で第6回小林秀雄賞を受賞、『日本辺境論』では2010年新書大賞を受 [全文を読む]

『チケットを売り切る劇場 兵庫県立芸術文化センターの軌跡』発売のお知らせ

@Press / 2012年03月21日11時30分

神戸大学、神戸女学院大学非常勤講師。 ■書籍情報 A5判/並製/本文192頁/2,625円(税込) 2012年3月26日発売 詳しい内容はWebサイトをご参照下さい。 http://www.bookdom.net/suiyosha/1200machiz/1243hyougo.html 発売: 株式会社水曜社 東京都新宿区新宿1-14-12 URL : ht [全文を読む]

特集は「いまこそ考えるべき『天皇制』」

PR TIMES / 2016年11月10日09時58分

その上で政治学者の苅部直・東京大学法学部教授、新進の歴史学者である河西秀哉・神戸女学院大学准教授、憲法学者の横田耕一・九州大学名誉教授、宗教学者の島薗進・上智大学教授ら多彩なメンバーが、それぞれの専門分野から見た象徴天皇制のあり方などについて執筆しています。 [画像: http://prtimes.jp/i/9214/277/resize/d9214-27 [全文を読む]

天皇陛下の「生前退位」スクープを新聞各紙はどう報じたか?

まぐまぐニュース! / 2016年07月15日05時00分

あとの3人は所功(京都産業大学名誉教授・日本法制史)、河西秀哉(神戸女学院大学准教授・日本近現代史)、古川隆久(日本大学教授・日本近代史)の3方。 所氏は、「天皇、皇后両陛下とも高齢になった。そのことにご懸念を持たれていると漏れ聞いたことはある」とし、「将来にわたって天皇が象徴であり続けるために、元気なうちに議論が動き出さないといけないという非常に高度なご [全文を読む]

内田樹×白井聡 ベストセラー論客が暴く、戦後日本人の精神構造 「トップが大人への成長を放棄、日本は“子供と老人しかいない国”になってしまった」

週プレNEWS / 2015年05月24日06時00分

神戸女学院大学名誉教授。京都精華大学客員教授。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。近著に『街場の戦争論』(ミシマ社)、『内田樹の大市民講座』(朝日新聞出版)、『竹と樹のマンガ文化論』(竹宮惠子氏と共著・小学館新書)、編著に『日本の反知性主義』(晶文社)などがある ●白井聡(しらい・さとし) 1977年生まれ、東京都出身。一橋大学大学院社会学 [全文を読む]

内田樹×白井聡 ベストセラー論客が怒りの対談!「安倍外交は思考停止状態の“葛藤なき対米従属”。自ら進んで愚鈍化している」

週プレNEWS / 2015年05月23日06時00分

神戸女学院大学名誉教授。京都精華大学客員教授。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。近著に『街場の戦争論』(ミシマ社)、『内田樹の大市民講座』(朝日新聞出版)、『竹と樹のマンガ文化論』(竹宮惠子氏と共著・小学館新書)、編著に『日本の反知性主義』(晶文社)などがある ●白井聡(しらい・さとし) 1977年生まれ、東京都出身。一橋大学大学院社会学 [全文を読む]

ノエビアグループは、アミノ酸配合飲料が「精神的ストレス」を軽減することを見出しました

@Press / 2015年05月22日13時00分

ノエビアグループは、神戸女学院大学大学院人間科学研究科(高岡素子 教授)と東京大学大学院新領域創成科学研究科(大谷勝 前特任教授)との共同研究において、アミノ酸の有効性に関する臨床研究を行っています。このたび、健康な成人を対象とした試験において、特定のアミノ酸を組み合わせて配合した飲料が、「精神的ストレス」を軽減する作用を示すことを明らかにし、2015年5 [全文を読む]

内田樹が語る「戦争について真剣に考えていない国が『戦争のできる国』になろうとしている現実」

週プレNEWS / 2014年12月09日06時00分

神戸女学院大学名誉教授。武道と哲学のための学塾「凱風館」を主宰。近著に『内田樹の大市民講座』『憲法の「空語」を充たすために』など ■『街場の戦争論』 ミシマ社 1728円 現在を「負けた戦争」と「これから起こる次の戦争」の間にある「戦争間期」と位置づけ、安倍政権発足後、今の時代を覆う“窒息感”の正体を、内田氏ならではの視点で解きほぐす(ミシマ社) [全文を読む]

フォーカス