輸入 大塚家具に関するニュース

大塚家具、骨肉の争い泥沼化の父娘は、実は対立していない ビジネスモデル分析より考察

Business Journal / 2015年03月03日06時00分

この年の3月に会員制を導入し、翌年には大量の輸入家具の取り扱いを開始。同時に顧客に付きっきりで接客する販売方式を採用します。これにより高所得者にターゲットを絞り、まとめ買いを促すスタイルに大きく方向転換を図りました、これが、現在の大塚家具の原型です。 では、勝久氏のビジネスモデルから、どんなビジネス構造が見えてくるのでしょうか。2月26日付本連載記事『実は [全文を読む]

大塚家具、クーデター&崩壊の裏側 父娘が容赦ない潰し合い、創業家内も泥沼紛争

Business Journal / 2015年03月05日06時00分

さらに80年代に欧州・米国家具業界を視察し、本格的な直接輸入を開始。85年、商品別の売り場構成から、顧客のライフスタイルやライフステージに沿った「生活提案型」売り場の展開をスタートした。これは商品別に担当者がいる他社とは異なり、家具、カーテン、照明などインテリアを構成する全要素を一人の担当者が、トータルにコーディネートして販売するスタイル。ちょうど百貨店 [全文を読む]

大塚家具、実は対立してない?娘は父のモデルを継承&拡大、低価格路線転換という誤解

Business Journal / 2015年03月05日06時00分

それが事実なら、「これまで大塚家具のファンだった顧客が離れてしまうのではないか?」という疑問や、「サプライヤーが大幅に変更されるため、輸入売り上げ構成比が50%を越える同社が果たして乗り越えられるのか?」という不安があります。 しかし、久美子氏が大塚家具で実現したかったビジネスモデルは全然違うのです。まずは次の図をご覧ください。 ※詳細図表は以下を参照 h [全文を読む]

【家具業界の研究】ニトリ:業界大手のニトリ、新ブランド設立や銀座出店、攻めのビジネスとは

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年04月21日12時00分

一貫して高級家具や輸入家具を扱ってきた家具主体の「大塚家具」は、2014年度決算で4期ぶりの赤字に転じています。一方、ホームセンターでのインテリア雑貨も展開する「ナフコ」や「島忠」は、家具主体企業よりも、消費者の幅広いニーズに応えられることから、高い営業利益を確保。しかし、こちらも2014年の消費増税前の駆け込み需要の影響を受け、その足取りは重いようです。 [全文を読む]

大塚家具内紛、大きすぎる「失うもの」 なぜ父は娘を全力で叩き潰そうとしたのか

Business Journal / 2015年03月10日06時00分

さらに追い打ちをかけたのが最近の円安であり、売り上げの大半を占める輸入家具の仕入れコストが上昇し、利益が出にくい構造に陥ってしまったのです。 そこで社長に就任した久美子氏は、これまでのビジネスモデルを全否定し、会員制を廃止して誰でも気軽に足を運べる店舗運営を目指します。そして、中価格帯の家具を単品で販売するビジネスモデルに大きく転換を図ろうとしているのです [全文を読む]

今夏の値上げ「衣・食・住」ばかりか行政サービスにも拡大中

NEWSポストセブン / 2013年06月06日16時00分

「住」では、大塚家具がこの4~5月に輸入家具を平均4.8%値上げしたばかりだが、さらに6~7月には輸入品4400品目を平均5.9%アップする。 それ以上の上昇率を見せているのが建設資材だ。鋼材価格は前年比2割アップ、外壁用コンクリート、断熱材など軒並み大幅値上がり中なのだ。 一級建築士で女子美術大学講師の佐川旭氏は、「今後、住宅・マンションの建設費は大き [全文を読む]

フォーカス