状況 常磐線に関するニュース

【五年目の3.11】それぞれの道を踏み出した福島第一原発作業員

東京ブレイキングニュース / 2016年03月11日13時00分

それほどひどい事故状況を聞いていると、僕などはリスク回避の立場から「原発は止めた方がいいのでは」と思い、彼らにぶつけてみるのだがそれでも「俺らはそれで飯食っているんですよ」と意見を異にする。当事者性の大事さを思い知った。 ■当時の作業員には現在連絡が取れない人物も しかし、放射線を浴びる事を「食う」と表現していた彼らは「お前、今まで何ミリ(シーベルト)食 [全文を読む]

地域密着型の保険ショップ「保険見直し本舗」「ひたちなかファッションクルーズ店」(茨城県)移転のお知らせ

PR TIMES / 2017年09月21日13時15分

2017年9月22日(金)オープン 40社以上の取扱保険会社の商品の中から、消費者ごとの状況に合わせた相応しいプランを提案する株式会社保険見直し本舗(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大谷 寛)は、地域密着型の保険ショップ「保険見直し本舗 ひたちなかファッションクルーズ店」を2017年9月22日(金)に移転オープンいたします。 移転前の「ひたちなかファッショ [全文を読む]

コラーゲンたっぷりで女性に大人気!ホテルウィング日立が贈る【あんこう鍋コース付】冬の茨城名物♪あんこうを味わおうプラン(2015.3.31まで)

PR TIMES / 2014年10月29日12時01分

【夕食内容】 あんこう鍋、あんこうの唐揚、刺身、供酢、魚介サラダ、雑炊、デザート ※仕入れ状況によりメニューが変わる場合がございます。 ※ご提供時間 18:00~20:30(20:00までにチェックインして下さい。) 【朝食内容】 手作り和洋バイキング(約30種) 【料 金】 1泊2食付 シングル8,900円~ ツイン15,900円~ <ご予約・空室状況 [全文を読む]

茨城の県都・水戸、なぜ「独り負け」が続くのか 関東の県庁所在地で唯一地価の下落が続く

東洋経済オンライン / 2017年08月16日08時00分

水戸の「独り負け」ともいえる状況だ。市内で衰退が著しいのが駅周辺の中心市街地だ。商業施設やオフィスで栄えてきた水戸駅北口を出てすぐ、ペデストリアンデッキを挟んで真向いのビルが立ち並ぶ通りの中に、ぽっかりと空いた大きな更地が見える。2009年に閉店した商業施設「リヴィン水戸」(運営元は西友)の跡地だ。閉店後7年以上の間、跡地の活用策が決まらなかったが、ようや [全文を読む]

「昭和最大のミステリー」下山事件を読み解くブックガイド

日刊サイゾー / 2017年04月23日17時00分

こうした緊迫した状況の中での、遺体発見。 当初は、これらの「首切り」のプレッシャーを受けての「自殺」と考えられ、マスコミもそれに寄った報道を行った。しかし、遺体の司法解剖の結果からは「他殺」の可能性が浮かび上がった。それだけでなく、検視を行った各機関による見解が、「他殺」と「自殺」で真っ二つに割れたのだ。注目されたのは、列車に轢断された下山総裁の遺体が、生 [全文を読む]

<大震災から6年>福島原発被害は甚大かつ長期にわたる、なお8万人が帰還できず=農作物への風評被害続く―福島県知事

Record China / 2017年03月11日05時20分

正月を自分の家で過ごせない状況が6年も続いているのは辛い。県の人口も震災前の202万から減少し、190万人となった。短期間にこれほど大きく減った例は他にない。 東京電力福島第1原子力発電所の廃炉・汚染水対策は、燃料デブリの取り出しなど極めて困難な作業が長期にわたって続く。世界の英知を結集して、安全最優先で着実に廃炉作業を進めてもらいたい。 中間貯蔵施設建設 [全文を読む]

花壇から基準値8倍の汚染土!環境省の“デタラメ除染”中編

WEB女性自身 / 2017年03月10日17時00分

隆さんは、「せめて自分のうちの除染状況くらい知りたいから、除染するときは連絡してほしい」と、事前に環境省に伝えていたが、「結局、連絡もないまま除染が終わっていた」という。その後、隆さんは避難先から頻繁に自宅に戻り、放射線量を測定すると、ピーピーと線量計の警報音が鳴る場所が。 「除染したはずなのに、玄関横の洗い場コンクリート表面で、毎時3マイクロシーベルトを [全文を読む]

明治大学 震災復興支援センター福島県新地町と震災復興に関する協定の更新1月25日(水)駿河台キャンパスで協定締結式実施

@Press / 2017年01月19日09時45分

これまで新地町の復興は、被災者の住まい再建のための住宅の高台移転やJR常磐線の運転再開、新地駅周辺での市街地整備事業など、着実に進んでいる一方で、防災緑地公園の整備や学習支援活動など、新たな課題に対して、明治大学への支援が求められている状況にあります。 現在の協定は、締結日から5年間の2017年1月25日までとなっており、間もなく満了日を迎えますが、明治 [全文を読む]

地域密着型の保険ショップ「保険見直し本舗」「綾瀬イトーヨーカドー店」(東京都)リニューアルオープンのお知らせ

PR TIMES / 2016年09月02日11時29分

2016年9月3日(土)オープン 40社以上の取扱保険会社の商品の中から、消費者ごとの状況に合わせた相応しいプランを提案する株式会社保険見直し本舗(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大谷 寛)は、地域密着型の保険ショップ「保険見直し本舗 綾瀬イトーヨーカドー店」を2016年9月3日(土)にリニューアルオープンいたします。「綾瀬イトーヨーカドー店」は2008年 [全文を読む]

地域密着型の保険ショップ「保険見直し本舗」217店舗目となる「いわきイオン店」(福島県)出店のお知らせ

PR TIMES / 2016年04月28日11時00分

2016年4月29日(金)オープン 40社以上の取扱保険会社の商品の中から、消費者ごとの状況に合わせた相応しいプランを提案する株式会社保険見直し本舗(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大谷 寛)は、地域密着型の保険ショップ「保険見直し本舗 いわきイオン店」を2016年4月29日(金)にオープンいたします。「いわきイオン店」は福島県下2店舗目となります。大手シ [全文を読む]

地域密着型の保険ショップ「保険見直し本舗」213店舗目となる「福島いわきエブリア店」(福島県)出店のお知らせ

PR TIMES / 2016年03月31日09時44分

2016年3月31日(木)オープン 40社以上の取扱保険会社の商品の中から、消費者ごとの状況に合わせた相応しいプランを提案する株式会社保険見直し本舗(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大谷 寛)は、地域密着型の保険ショップ「保険見直し本舗 福島いわきエブリア店」を2016年3月31日(木)にオープンいたします。「福島いわきエブリア店」は福島県下初店舗となりま [全文を読む]

地域密着型の保険ショップ「保険見直し本舗」212店舗目となる「カスミ南柏駅前店」(千葉県)出店のお知らせ

PR TIMES / 2016年03月24日12時24分

2016年3月25日(金)オープン 40 社以上の取扱保険会社の商品の中から、消費者ごとの状況に合わせた相応しいプランを提案する株式会社保険見直し本舗(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大谷 寛)は、地域密着型の保険ショップ「保険見直し本舗 カスミ南柏駅前店」を2016年3月25日(金)にオープンいたします。「カスミ南柏駅前店」は千葉県下17店舗目の出店とな [全文を読む]

電車の混雑がその昔よりもマシになった理由 ――「五方面作戦」が今に残したもの

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月16日11時30分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら だが、こんな状況でも東京の電車、昔と比べればだいぶ空いている。例えば東京オリンピックを4年後に控えた1960年。この頃の中央線の乗車率は約280%。電車の中に無理やり客を押し込む“押し屋”なる駅員は、さぞかし大活躍だったことだろう。というか、この頃の押し屋は相当な力持ちでもなければ務まらなかったに違いない。 ところ [全文を読む]

【雪印メグミルク】阿見工場 新PR施設オープン

@Press / 2015年06月04日15時00分

1.阿見工場 PR施設について (1)見学内容:工場の概要説明とビデオ上映、工場内の見学、試食(見学時間およそ90分) (2)見学料金:無料 (3)実施人数:1回あたり40名様まで(1名様からお申し込みいただけます) (4)ご案内時間: 10:00 ~、14:00 ~(土・日・祝日・年末年始・休館日を除く) (5)お申込み方法:見学は完全予約制のため、見 [全文を読む]

楽天トラベル 2015年ゴールデンウィーク 国内旅行動向を発表

PR TIMES / 2015年03月31日18時02分

石川県 同+102.3%と北陸新幹線効果続く- 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、旅行予約サービス「楽天トラベル」( http://travel.rakuten.co.jp/ )における、ゴールデンウィーク(2015年4月29日~2015年5月6日、以下 GW)の国内旅行の予約状況についてまとめましたの [全文を読む]

「人を殺すのは蚊を殺すのと同じ」土浦連続殺人事件・金川真大の仮面の下に潜む狂気

日刊サイゾー / 2014年06月29日16時00分

「社会の状況が、周囲の環境が、彼を事件に至らしめた。だから、凶悪犯罪者もまた、ひとりの『被害者』である」と。 なぜ、事件が起こってしまったか、どうすれば再発防止できるのかを考えるにあたって、そのような視線はとても重要だ。けれども、時折、この人は本当にただのモンスターなのではないかと思ってしまうような犯罪者もいる。読売新聞水戸支局取材班による『死刑のための殺 [全文を読む]

東日本大震災「余震、いまだ止まず」(3-1) 決死ルポ 原発避難地域20キロ圏「境界線上の真実」

アサ芸プラス / 2012年03月22日10時58分

住民すら許可なしには立ち入れない同区域の周辺の取材を続けている、ジャーナリストの村上和巳氏が最新の状況をレポートする。 * 遡ること、半年前の昨年9月、私は「国境線」を訪れていた。JR常磐線でいわき駅より北上すると列車は、久ノ浜駅で行き止まりになる。当時、政府は警戒区域外側に、福島第一原発から20~30キロ圏内を「緊急時避難準備区域」としており、久ノ浜駅以 [全文を読む]

フォーカス