異動 杉浦友紀に関するニュース

フェロモンムンムン!2016上半期「美女アナ“ツヤツヤ”大賞」(3)テレ朝・宇賀なつみアナは合コンでのウケ抜群

アサ芸プラス / 2016年07月17日09時57分

5分のレポートを任されたら、その原稿からタイムキープまで全て自分で作成するので、鍛えられる、ということはあるかもしれません」 そんなNHK女子アナの中でも、端正なルックスで人気の井上あさひアナ(34)は、昨年、京都放送局に異動し、「下積みキャリアアップ」の真っ最中。 この4月に全国放送の番組に復帰出演したが、実は知る人ぞ知る“エロルーティン”があるという。 [全文を読む]

カメラマンが証言。「NHK・杉浦友紀アナは噂以上の爆乳だった」

週プレNEWS / 2012年06月09日12時00分

最初の赴任地は福井放送局で、2009年から名古屋放送局に異動。4月から『NHKニュースおはよう日本』スポーツキャスターに大抜擢された 【関連ニュース】“北陸のスイカップ”、話題の巨乳アナ・杉浦友紀がいよいよ東京進出【女子アナ】「谷間と肌の露出を控えろ!」葉山エレーヌアナの巨乳に厳重注意?NHKの新生スイカップが話題だけど……。フジテレビが“巨乳”を採用しな [全文を読む]

NHK杉浦友紀のぽっちゃり路線を受け継ぐFカップ超新星が九州に登場!

アサ芸プラス / 2016年07月30日18時00分

高松放送局を経て、今年3月に福岡放送局に異動した。福岡放送局のHPによると、趣味は「歌うこと、音楽・芸術鑑賞、旅行、スポーツ観戦、書店巡り」となっている。「NHKは入局するとまず地方局に行くので、保里も今は福岡放送局に所属しています。そのため九州以外では目にする機会が少ないのですが、名前を覚えて損はないと思います。いずれ中央に戻ってくるでしょう。その時は今 [全文を読む]

職場婚が続いた女子アナの2015年、退社ゼロだった局とは…

週プレNEWS / 2015年12月27日06時00分

今年、各局で退社&異動した女子アナは合計6人。 その内訳はというと…TBSが枡田絵理奈アナ(退社)、テレビ朝日が宮嶋泰子アナ(定年退職)と村上祐子アナ(報道局に異動)。そしてテレビ東京が植田萌子アナ(退社)で、フジテレビは松尾紀子アナ(退社)と阿部知代アナ(報道局シニアコメンテーターに就任)だった。 そうした中で、特筆すべきは日本テレビ。かつては離職率が高 [全文を読む]

“巨乳すぎるNHKアナ”が本領発揮。ボクシング取材で見せた艶姿

週プレNEWS / 2013年05月12日13時00分

名古屋放送局を経て、2012年から東京アナウンス室に異動 [全文を読む]

NHK杉浦友紀 「70メートル走ロケ」で62回も揺れていた! 「シースルー衣装の中で上下左右の激動が…」

アサ芸プラス / 2012年09月14日10時54分

福井放送局時代には“北陸のスイカップ”と称賛され、今年4月からいよいよ名古屋放送局から東京本局に異動となり「おはよう日本」のスポーツ担当として奮闘中だ。 女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏も猛プッシュする。 「見どころは7時30分頃の『おはスポ』のコーナーです。毎回、杉浦アナがパネル画面を指し示して解説するシーンでは、ボリューム感たっぷりのYC(ヨコ乳)シ [全文を読む]

春の「プリヒップ」美女アナグランプリ!(1)NHK・桑子真帆は「ニュースウオッチ9」でも…

アサ芸プラス / 2017年04月16日17時57分

一度は敷かれてみたい美女アナグランプリ開幕! 4月から人事を大異動、粒ぞろいの美女アナでニュース番組を一新させたのがNHKだ。 女子アナに造詣の深いアイドル評論家の小谷哲氏が推すのは、夜ニュース「ニュースウオッチ9」の新キャスターに抜擢された桑子真帆アナ(29)だ。「かつて『ブラタモリ』では、小股の切れ上がったフットワークの軽いお尻をたびたび画面に見せてい [全文を読む]

NHKのリオ五輪中継で人気急上昇! 東大工学部卒の“知性派”色黒美人アナ・澤田彩香に注目

日刊サイゾー / 2016年08月24日13時00分

NHKでは有望アナウンサーは2局ほどの地方勤務を経験した後、東京アナウンス室に引きあげられるのが一般的ですから、澤田アナが東京に異動となるのも時間の問題とみられています」(女子アナウォッチャー) NHKで東大出身の女子アナといえば、“美人アナ”として人気が高い『NHKニュースおはよう日本』の和久田麻由子アナがいるが、近い将来、澤田アナとの“東大卒美人アナコ [全文を読む]

NHK女子アナ「神セブン」 エースは井上か小郷か?

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

井上アナは2011年から2015年まで『ニュースウオッチ9』のメインMCを務めていたが、昨年春の番組リニューアルに伴って降板、京都放送局に異動となった。看板アナの地方転勤は異例で、局内では「何か上層部を怒らせたのか」という噂があがったほど。 その井上アナの“大逆転”は視聴者の声がもたらしたといわれている。 「局には“彼女を東京に戻せ”“井上アナを観られる [全文を読む]

打倒『報ステ』狙うNHK「七人の女侍」はポスト有働の試金石

NEWSポストセブン / 2016年03月27日16時00分

今回の改編は女子アナたちにとって「大人事異動」となりそうだ。近年、女子アナの存在感が低下し、それに伴うかのように視聴率も下降気味のテレビ朝日では、「屋台骨」ともいえる番組でキャスター交代が控える。 『報道ステーション』に12年間「君臨」した古舘伊知郎(61)が降板し、同局の富川悠太アナ(39)が後任を務めるが「ポスト古舘」の大役が務まるかは不透明だ。サブキ [全文を読む]

抜擢美女アナ20人の“縄張り争い”を一斉実況!(2)夜のニュース戦線にNHKが抜擢した7人の美女アナたち

アサ芸プラス / 2016年03月12日17時57分

昨年3月に『ニュースウオッチ9』を降板し、京都放送局に異動になったばかりですが、さっそく全国ネット番組に戻ってきたのは実力もさることながら、幸運も持っているからなのでしょう」 カムバック早々、4月からは「歴史秘話ヒストリア」の司会も決まり、一気にメディアへの登場が増えそうだ。 素顔の井上アナについてNHK関係者が称賛する。「井上アナは『ニュースウオッチ9』 [全文を読む]

男心をくすぐる“大人の女子アナ”を一斉調査!(2)NHKは魅力的な“大人女子アナ”が多い

アサ芸プラス / 2016年02月27日17時57分

エマニエル夫人のようなブロンドヘアに変身した有働アナと場末のホテルにシケこんで、朝までお相手したいですね」 昨年4月、京都放送局に異動となった井上あさひアナ(34)も色香では負けていない。2月15日に放送された「趣味どきっ!」(Eテレ)では可憐な着物姿を披露して、全国のファンに健在ぶりをアピールした。「京都伝統の茶の湯の魅力を伝える内容だったのですが、お茶 [全文を読む]

NHKに苦情殺到で!? 井上あさひアナがファン待望の全国ネット本格復帰へ!

日刊サイゾー / 2016年02月04日11時00分

ところが、同番組降板とともに、昨年4月から京都放送局へ異動となり、ファンの間では「あさひロス」現象が発生。同局には苦情も殺到したという。 そんな視聴者の声を無視できなかったのか、同6月より月1回、大阪放送局から放送する『NEWS WEB』でキャスターを務めることになった。 また、昨夏に京都の街中からヘルメットをかぶって台風中継のリポートをした際は、ファン [全文を読む]

美しすぎるNHK女子アナ・和久田麻由子、知的で清楚なイメージも実はバラエティ向き!?

メンズサイゾー / 2015年04月02日10時00分

その後、見込みがあると判断された場合に東京のアナウンス室に異動して、全国放送の番組を担当することになります。その期間は早くても6年程度と言われていますが、和久田さんは昨年から『おはよう日本』に出演していますので3年で全国デビューを果たしたことになります。当時から異例の大抜擢だといわれていましたが、今回の平日への移動もかなり大胆な起用。ルックスだけでなく東大 [全文を読む]

下克上は今年もなかった? 有働由美子の3年連続「紅白」総合司会で誰かが泣いている!

週プレNEWS / 2014年10月26日06時00分

「東京から地方局に異動になった中堅女子アナは、『これで紅白の夢はついえた。もうやりがいがない』と肩を落として泣いていました」 紅白は女子アナにとっても夢のステージなのである。 ●有働由美子(うどう・ゆみこ) 1969年3月22日生まれ、大阪府出身。神戸女学院大学卒業。1991年にNHK入局。若手時代から海老沢勝二会長(当時)のお気に入りで、“海老沢チルド [全文を読む]

パイナップル乳にシャチホコ乳…地方局の爆乳女子アナたち

メンズサイゾー / 2013年11月04日16時00分

ローカル局を経て東京に異動になったNHKの杉浦アナのように、彼女たちには全国的な活躍をしてほしいものだが…。 (文=津本ひろとし) [全文を読む]

民放各局の新人アナたちが続々デビュー。今年の注目は日テレの美女アナコンビ!

週プレNEWS / 2012年07月07日12時00分

おそらく、来年の人事では異動対象になるはず。それゆえ、早く新人アナを育てなければいけないんです。これまでは『24時間テレビ』でデビューというのが慣例だったんですけど、そこまで待っていられなかったというのが正直なところでしょう」 ●杉野真実 1990年1月20日生まれ、東京都出身。聖心女子大学文学部を卒業 ●久野静香 1989年3月27日生まれ、愛知県出身。 [全文を読む]

フォーカス