伊勢谷友介 龍馬伝に関するニュース

リバースプロジェクト制作の「T in Art」をお披露目! 「T Galleria Exhibition ~Wish you were here~」を開催

PR TIMES / 2014年04月17日16時42分

4月24日(木)伊勢谷友介さんによるトークイベントを開催世界最大のラグジュアリートラベルリテーラーであるDFSグループ(以下DFS)は、東京ミッドタウンB1Fのイベントスペース アトリウムにて4月24日(木)~26日(土)の期間中、「T Galleria Exhibition ~Wish you were here~」を開催いたします。 「T Galler [全文を読む]

『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』に福山雅治!「この役は福山以外にはいない」

AOLニュース / 2014年07月28日05時00分

シリーズ完結作となるこの『~京都大火編』、『~伝説の最期編』では、主演の佐藤健、武井咲、青木崇高、蒼井優、江口洋介ら前作からのキャストに加え、藤原竜也、伊勢谷友介、神木隆之介ら豪華キャストの参加も話題を呼んできた。 そして今回、『~京都大火編』の公開目前に発表されたのが超ビッグネーム・福山雅治。大友啓史監督とは『龍馬伝』以来3年ぶり、また事務所の後輩である [全文を読む]

幕末ドラマ好きから不満噴出!「花燃ゆ」の“役者カブリすぎ”に困惑の声

アサ芸プラス / 2015年01月13日09時59分

まずは、ヒロイン・文(井上真央)の兄・吉田松陰を演じる伊勢谷友介について。 「第一話では主役のようにクローズアップされていましたね。でも、伊勢谷は『龍馬伝』の高杉晋作役で魅せた風雲児ぶりの印象が強く、今回も同じ長州藩の話ということもあって雰囲気モロかぶり。強いて言えば、高杉役のときにはなかったチョンマゲが今回はあったことが新鮮かな」(32歳・一般事務) [全文を読む]

伊勢谷友介 大河ドラマ『花燃ゆ』松蔭の命日に墓参り

WEB女性自身 / 2014年10月27日19時00分

10月26日、来年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』に吉田松陰役で出演する俳優の伊勢谷友介(38)が、松蔭の命日(27日)にあわせ、東京都内の松陰神社の墓前を訪問した。 2010年の『龍馬伝』(高杉晋作役)以来の大河ドラマ出演となる伊勢谷は、「ここは高杉役の時にも来たので、遠からぬ存在に感じている場所」とコメント。墓参りを終えると、「うまく撮影ができ、松陰先生の [全文を読む]

『るろうに剣心』続編、新キャスト決定! 四乃森役に伊勢谷友介、瀬田役に神木隆之介

AOLニュース / 2013年08月03日06時00分

主人公・緋村剣心(佐藤健)の宿敵・志々雄真実役に藤原竜也起用が発表となった2014年公開映画『るろうに剣心 京都大火編』&『るろうに剣心 伝説の最期編』だが、伊勢谷友介、神木隆之介の参戦も決定。そしてさらなる新キャストも続々発表となった。 昨年公開され、興行収入30.1億円を記録した大ヒット映画『るろうに剣心』の続編の決定には、すでにSNS上で、「四乃森蒼 [全文を読む]

成長力ある企業が続々 意外と「稼げる」ソーシャルビジネス(高城幸司)

J-CAST会社ウォッチ / 2017年08月20日18時00分

知的なイメージで人気が高い俳優の伊勢谷友介氏。筆者が彼を知ったのは、NHKのスペシャルドラマ「白洲次郎」でした。日本で初めてジーンズを履き、英語を駆使する近衞文麿首相のブレーン。戦後は吉田茂首相の側近となって政治の中枢にいた、昭和史の鍵を握る人物。当時の骨太なダンディズムを、リアルに演じる姿勢に惹きつけられたものでした。「危機感」が俳優・伊勢谷友介を突き動 [全文を読む]

伊勢谷友介が民放連続ドラマ初出演で悪役に!「悪者顔しているのでおそらくハマるのでは(笑)」

ザテレビジョン / 2017年08月15日06時00分

小泉今日子が主演を務める10月スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(毎週火曜夜10:00-10:54TBS系)に、これが民放連続ドラマ初出演となる伊勢谷友介の出演が決定。さらに、脚本を務める宮藤官九郎となじみ深い塚本高史、池田成志、猫背椿の出演も発表された。本作は、女子刑務所を舞台に、過酷な状況でたくましく生きる女たちの群像劇を描く“おばちゃん犯罪エンター [全文を読む]

女優たちも虜になった伊勢谷友介オススメ“現場メシ”とは!? 「人生最高レストラン」

CinemaCafe.net / 2017年06月24日13時00分

その6月24日(土)今夜放送回に来週末から公開される映画『忍びの国』に出演している俳優の伊勢谷友介がゲストとして登場する。 同番組は“料理を一切出さない”かわりに、いま観たい、話を聴きたい“時の人”であるゲストが語る“人生最高の一品”を、視聴者がまるで味わうように追体験できる新感覚グルメ・トークバラエティ。MCの徳井義実とTBSアナウンサー・笹川友里がゲス [全文を読む]

【今週の対決】「大河ドラマ検定」に挑戦してみた!

WEB女性自身 / 2016年06月13日06時00分

【問題】次の俳優の中で、大河ドラマで坂本龍馬役を演じたことがないのは誰でしょう? (1)福山雅治(2)江口洋介(3)玉木宏(4)伊勢谷友介 『龍馬伝』では高杉晋作、『花燃ゆ』では吉田松陰を演じていた(4)は、龍馬役はなかったのではと思って、(4)を選び正解。(1)は『龍馬伝』、(2)は『新選組!』、(3)は『篤姫』でそれぞれ坂本龍馬を演じているそう。 ほ [全文を読む]

「NHKのせい」の意見大半も……『真田丸』堺雅人の発言が低視聴率『花燃ゆ』井上真央の傷口をえぐる?

日刊サイゾー / 2015年12月15日00時00分

「幕末男子の作り方」という不可思議なキャッチコピーが「気色悪い」と非難され、吉田松陰の妹というほとんど知られていない存在を主役に据えた設定、『新選組!』や『龍馬伝』でさんざやった「幕末」への消化不良、大沢たかおの演技が『JIN-仁-』(TBS系)、伊勢谷友介が『龍馬伝』(同)の高杉晋作にしか見えないなど非難にはキリがなかったが、数字もその評判と比例したまま [全文を読む]

沈滞「花燃ゆ」、NHKがすがる相手

NewsCafe / 2015年03月21日17時00分

「ヒロインの井上真央(28)がかすむくらい、大沢たかお(47)、伊勢谷友介(38)、高良健吾(27)、東出昌大(27)…といったイケメン俳優をそろえても、数字が取れないままですね」とはテレビ誌デスク。 ただでさえ不人気の幕末・維新という時代設定やヒロインの知名度の低さなど、放送前からその不人気は予想されていた。 「民放の連ドラと違って、視聴率が低迷しても [全文を読む]

『花燃ゆ』視聴率低迷の救世主はSMAP・木村拓哉!? 過去には幻の“キムタク大河”構想も

サイゾーウーマン / 2015年02月24日12時45分

「視聴者の“大河離れ”を意識して『花燃ゆ』は特に若年層をターゲットにし、主演の井上真央を取り囲むように大沢たかお、伊勢谷友介、高良健吾、東出昌大といった話題のイケメン俳優らを揃えて発進。しかし、進む話数と反比例するように、平均視聴率ワーストを更新し続け、2月15日放送回ではついに11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)にまで落ち込んでしまいまし [全文を読む]

伊勢谷友介が5人の美女に誘拐される「クドカン新作ドラマ」の見どころ

アサジョ / 2017年08月18日07時14分

期待が高まっています」(テレビ誌記者) そして、5人に誘拐されるイケメン社長が伊勢谷友介だ。伊勢谷は、民放連続ドラマに初出演となる。「これまでに出演したドラマは、『白洲次郎』、大河ドラマの『龍馬伝』『花燃ゆ』とすべてNHKばかり。その理由として、連続ドラマは監督が一人ではない場合が多いこと、そして演出に統一性がなく、視聴率に左右され脚本が変わることを上げて [全文を読む]

新境地!有村架純・色気の理由を『3月のライオン』大友啓史監督が語る

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月17日19時00分

(取材・文:霜田明寛 写真:浅野まき)映画『3月のライオン』監督:大友啓史出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶 / 佐々木蔵之介 加瀬亮 伊勢谷友介前田吟 高橋一生 岩松了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏 / 伊藤英明 / 豊川悦司原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載) [全文を読む]

小栗旬&妻夫木聡の映画撮影でエキストラ暴走…あわやロケ中止の事態に発展

デイリーニュースオンライン / 2015年11月21日12時30分

(略)現場に来ている皆さん、映画の完成を楽しみにしている多くの方々のために見学を我慢していただけないでしょうか」 とFacebookで苦言を呈し、伊勢谷友介(39)もTwitterで、 「撮影が出来なくなりました。悔しい。残念です」 とつぶやいた。 過度な混乱が生じるとその地域でのロケが今後一切できなくなることもある。憧れの芸能人が近くで見られる! となれ [全文を読む]

「数字のためにも致し方なし」!? 乃木坂46“十福神“ 大河ドラマ『花燃ゆ』総出演が話題に

おたぽる / 2015年07月13日21時00分

主人公・文を井上真央が演じ、吉田松陰役を伊勢谷友介、文の夫・久坂玄瑞役には東出昌大、そのほか、大沢たかお、優香、北大路欣也など、新旧豪華な役者が集った見応えのあるドラマだ。しかし、今年1月の開始から視聴率は軒並み10%前後と、大河ドラマとしてはお世辞にも褒められた数字ではない。 そんな厳しい状況が続く中、今月8日、乃木坂46"十福神"が『花燃ゆ』に出演する [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

例えば、4月12日放送の第15話『塾を守れ!』は、吉田松陰(伊勢谷友介)が老中暗殺を計画した罪で安政6年(1859年)の元旦を長州藩の野山獄(現・山口県萩市)で迎えるところから始まる。 獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、妹の文(ふみ・井上真央)の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画 [全文を読む]

『花燃ゆ』、視聴率1ケタで「井上真央出すな」!? NHK籾井会長“トンデモ発案”の危険度

サイゾーウーマン / 2015年04月21日13時00分

『花燃ゆ』は伊勢谷友介演じる吉田松陰とその家族、同志たちの絆を描いた物語で、井上演じる松陰の妹・文の視点で展開していく。しかし、初回視聴率は16.7%と大河歴代ワースト3位発進、以降も自己ワーストを更新し続けた。2月14日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、視聴率下降を止める“救世主”として、後に登場予定の坂本龍馬役にSMAP・木村拓哉や2010年の『 [全文を読む]

視聴率低迷『花燃ゆ』の“テコ入れ”の坂本龍馬役に伊原剛志起用で「万策尽きた……」の声

日刊サイゾー / 2015年03月03日11時00分

共演する俳優の伊勢谷友介も、2月27日に行ったクランクアップ会見で井上をフォロー。演じている幕末の思想家・吉田松陰が処刑される場面を25日に撮影し「ホッとしました」と笑顔で振った上で「ちゃんと見ている人には、伝わっていると思う。10%もあれば十分。これから闘いだらけになるので、数字が上がるかも」と期待を寄せた。 とはいえ、このままではまずい。一部週刊誌で [全文を読む]

大河『花燃ゆ』視聴率回復 井上真央や松坂慶子の入浴が肝か

NEWSポストセブン / 2015年02月26日07時00分

吉田松陰役の伊勢谷友介をはじめ、桂小五郎に東山紀之、文の最初の夫・久坂玄瑞に東出昌大、2番目の夫・小田村伊之助役の大沢たかおと、大河史上最強との呼び声もあるイケメン揃いだ。 彼らが揃って肉体美を披露すれば「歴女」ならずとも虜になる女性は多いだろう。『八重の桜』(2013年)では西島秀俊が鍛え上げた上半身を披露して女性視聴者の注目を集めた。イケメンの裸で客を [全文を読む]

フォーカス