著書 羽生善治に関するニュース

稀代の天才が語る、恐れや不安を乗り越え、勝ち続けるための思考法―新刊書籍『迷いながら、強くなる』(著者:羽生 善治)5月20日(金)発売!

DreamNews / 2016年05月30日09時00分

著書に『決断力』『大局観』『直感力』『羽生善治 闘う頭脳』などがある。─────■ プレスに関するお問い合わせ先 ■─────社 名:株式会社三笠書房会社ホームページ:http://www.mikasashobo.co.jp/三笠書房電子書籍ストア:http://www.mikasabooks.jp/c/pc/index.htmlフェイスブック:https [全文を読む]

君も漫画原作者になれる! ヤングマガジン名物編集者が、創作サイト『トークメーカー』にて、日本で初めて漫画原作者への道のりを体系化!

DreamNews / 2017年06月05日09時30分

主な著書に、『仁義なきキリスト教史』『よいこの君主論』『戦闘破壊学園ダンゲロス』などがある。■至道 流星 (しどう りゅうせい)小説家、システム開発者。未来創造の経営者でもある兼業クリエイター。小説、ビジネス書、漫画原作など50冊ほどの著作がある。海外翻訳も多数。創作者というよりビジネス色が強いクリエイター。主な著書に小説『大日本サムライガール(全9巻)』 [全文を読む]

「ユックリと鷹揚に勉強して名前を後世に御残しなさい」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば112】

サライ.jp / 2017年04月22日06時00分

著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。 [全文を読む]

AIの脅威に直面するトップ棋士たちの苦悩…淘汰か共存か?

週プレNEWS / 2016年10月11日11時00分

著書に『将棋・名局の記録』(マイナビ出版)、共著に『一点突破岩手高校将棋部の勝負哲学』(ポプラ新書)がある ■『不屈の棋士』講談社現代新書 840円+税 将棋ソフトの力はトップ棋士を超えているのか? 羽生善治九段が参戦を表明したことで、注目を集める第2期「叡王戦」。その勝者には、来年春に行なわれるコンピューター将棋との対戦、第2期「電王戦」への出場権が与え [全文を読む]

羽生善治VS渡辺明、将棋界「新ライバル戦記」(10)トップクラスは月給80万円

アサ芸プラス / 2013年03月27日09時54分

初代竜王の島朗九段(50)が、その著書「将棋界が分かる本」で94年当時、月額手当として名人106万円を筆頭に、A級約65万円、C2で約16万円と書いている。この月額手当は順位戦で一定の成績を残していれば保証され、先の対局料・獲得賞金とはまた別に支払われるものだ。渡辺が極楽とんぼ・加藤浩次とのBS番組の対談で、プロ入りした当時、C2在籍時の収入を聞かれて「 [全文を読む]

羽生善治VS渡辺明、将棋界「新ライバル戦記」(7)将棋界の慣例にモノ申す!

アサ芸プラス / 2013年03月22日09時54分

それであの強さですから、スーパースターなのです」 羽生は92年に出版された棋定跡書のバイブルと称される名著「羽生の頭脳」(将棋連盟文庫)に代表される戦術本にとどまらず、将棋を通して得た人生観を伝える著書も多い。「結果を出し続けるために」(日本実業出版社)はその最新刊で、〈結果が表に出ないのは、力を蓄積している状態〉〈人は、普通に続けられることしか続かない〉 [全文を読む]

早くも惨敗の予感?新『デスノート』東出昌大の”演技力不足”

デイリーニュースオンライン / 2016年09月08日12時08分

主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

棋士・羽生善治名人が対局の手順を覚えていられる秘訣

NEWSポストセブン / 2016年05月14日07時00分

著書ではその秘訣を、「法則性や連続性、継続性を知ること」と明かしている。羽生名人が話す。 「感想戦(対局後に相手と一緒に行なう反省・検討のこと)で正確に再現したり、棋譜を覚えたりできるのは、一手一手で記憶するのではなく、一連の手順や流れで理解しているからです。好きな歌のサビを口ずさめば、自然とその先の歌詞が出てくるのと同じです」 「アレ」を単体で覚えている [全文を読む]

森内竜王・名人 謙虚だからこそ、自らの弱さを省みて強い

NEWSポストセブン / 2014年02月19日16時00分

森内は、著書『覆す力』(小学館新書)で、羽生との関係をこう綴っている。 『私と羽生さんの関係をよく“永遠のライバル”、“終生のライバル”などと言う人がいるが(中略)、ライバルというのは、もっと拮抗した実力を持つ者同士のことを称するのではないだろうか。(中略)互いにプロになってからの対戦成績は、五十七勝六十六敗と私が負け越しているし、生涯勝率も私が六割四分一 [全文を読む]

フォーカス