書籍 羽生善治に関するニュース

稀代の天才が語る、恐れや不安を乗り越え、勝ち続けるための思考法―新刊書籍『迷いながら、強くなる』(著者:羽生 善治)5月20日(金)発売!

DreamNews / 2016年05月30日09時00分

「迷いやミスがあったからこそ、ここまで来ることができた」(羽生善治) ◎迷ったら「待つ」のも有効な手段◎いつも「半信半疑」でいるぐらいがよい◎結果を度外視すると見えてくる答えがある◎“セオリー”から外れても、決断が必要なとき◎「プレッシャーを感じながら腹を据える」という感覚◎ツキ・流れ・バイオリズムについて◎大事にしたい評価と、気にすべきでない評価天才棋 [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『聖の青春』コラボ企画 「結婚を決めた“この一手”」エピソード募集!

PR TIMES / 2016年12月01日13時40分

~抽選で5名様にプレスシート、5名様に原作本(書籍)をプレゼント~ ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、資本金41億7,637万2,000円、東証第一部上場、代表取締役 花房伸晃】は、映画『聖の青春』(11月19日(土)より全国公開中)の公開を記念し、コラボ企画となるキャンペーンを12月1日(木)から実施いたします。 [画像: http://p [全文を読む]

まさか私が大手出版社から本が出せるなんて!プロの敏腕編集者が直接教える出版実現セミナー開催決定

DreamNews / 2015年09月11日10時00分

【セミナー内容紹介】 (1)本が売れないのになぜ本を出すのか? ・本が売れないから本をつくる ・編集者は企画を欲しがっている・書籍を出版すれば何が手に入るのか (2)編集者の役割とは何か? ・書籍の世界にドラフト会議はない (自由競争) ⇒デビューのパターンを知る・編集者はスカウトマン兼育成コーチ・編集者はどこでネタを集めるのか・編集者のほめ言葉は信じて [全文を読む]

「週刊文春」、「ニコニコ生放送」で話題になった対談羽生善治×川上量生「羽生さんはコンピュータに勝てますか?」の完全版を電子書籍オリジナル「文春e-Books」で発売!

@Press / 2015年09月10日11時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は電子書籍オリジナル『羽生善治×川上量生「羽生さんはコンピュータに勝てますか?」完全版』を9月11日に発売いたします。 史上最強の棋士といわれる羽生善治名人と、プロ棋士とコンピュータが対戦する棋戦「将棋電王戦」を主催するIT企業ドワンゴの創業者、川上量生氏の対談は、7月末にドワンゴの「ニコ [全文を読む]

発想のヒントが満載! 『羽生善治 闘う頭脳』紙書籍版、電子書籍版同時発売

@Press / 2015年03月24日10時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は3月24日、文春ムック『羽生善治 闘う頭脳』の紙書籍版、電子書籍版を同時発売いたします。 1996年2月、史上初の七タイトル独占を達成。 通算タイトル獲得90期(史上1位)。 1991年以来24年にわたり、少なくとも一冠以上を保持。 通算対局数500超、通算勝率7割超の双方を満たす唯一の [全文を読む]

日本を代表するピアニスト・小山実稚恵のエッセイ『点と魂と スイートスポットを探して』5月2日発売!

PR TIMES / 2017年04月27日17時32分

《収録対談者(敬称略、掲載順)》原田雅彦(元スキー・ジャンプ選手)/荻原健司(元スキー・ノルディック複合選手)/岡崎朋美(元スピードスケート選手)/高橋尚子(元マラソン選手)/大竹しのぶ(女優)/野村萬斎(狂言師)/工藤公康(プロ野球監督)/奥野史子(元シンクロナイズドスイミング選手)/羽生善治(棋士)/小林寛道(東京大学名誉教授・スポーツ科学研究者)/熊 [全文を読む]

羽生善治の強さの秘密を最古参棋士加藤一二三九段が論じた書

NEWSポストセブン / 2013年05月19日07時00分

書籍紹介】『羽生善治論』加藤一二三/角川oneテーマ/820円 史上初の中学生棋士として数々のタイトルを獲得、通産1300勝をあげて天才といわれた著者が、30歳年下の棋士の強さの秘密を、同世代の棋士との比較なども交えて論じた将棋ファン垂涎の書。 対局経験を持つ者にしかわからいえない分析が興味深い。 ※週刊ポスト2013年5月24日号 [全文を読む]

チェス界伝説の天才の生涯を追った評伝 巻末解説は羽生善治

NEWSポストセブン / 2013年03月29日16時00分

書籍紹介】『完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯』フランク・ブレイディー著/佐藤耕士訳/文藝春秋/2625円 1956年。13歳のフィッシャーは、全米オープン選手権前チャンピオンとのチェスの対戦で、自らのクイーンを取らせて勝つという勝負を演じる。この〈「世紀の一局」は五十年以上ものあいだ語り継がれ、分析され、賞賛されてきた〉。後に彼はアメリカ人 [全文を読む]

羽生善治VS渡辺明、将棋界「新ライバル戦記」(1)大逆転の伏線は第4局に…

アサ芸プラス / 2013年03月07日09時54分

渡辺も自身のブログを書籍化した「明日対局。」で、 〈今後もここまで大きな対局はそうそうないだろうから、引退時に「印象に残る将棋は?」と聞かれたらこの将棋になる可能性が高い〉 と明かしているほどだ。 この竜王戦の初戦はパリで行われたが、熱狂的な競馬ファンとして知られる渡辺は、対局前日にサンクルー競馬場で馬券を買っている。日本でもおなじみのスミヨン騎手騎乗馬 [全文を読む]

羽生善治氏「直感は適当に選んだものではない」を説明した書

NEWSポストセブン / 2012年11月24日16時00分

書籍紹介】『直感力』羽生善治/PHP新書/798円 直感は適当に選んだものではなくきちんと説明できるもの。あえて「考えない時間」をつくる。情報は「選ぶ」より「いかに捨てるか」――。棋士として今ある自分を語る話の数々は、現代を生きる上でのヒントとなるはず。将棋ファンならずともためになる書。 ※週刊ポスト2012年11月30日号 【関連ニュース】高田延彦「現 [全文を読む]

リスクを背負ってこそ勝利は掴める! 七冠同時制覇を成し遂げた最強囲碁棋士が、その思考を初めて明かす。井山裕太・著『勝ちきる頭脳』発売!!

PR TIMES / 2017年02月23日10時28分

書籍名】勝ちきる頭脳 【著者】井山裕太 【定価】1,300円+税 【発売日】2017年2月22日 【販売場所】全国の書店 【判型】四六版並製 【ページ数】240ページ 【ISBN】978-4-344-97899-7 全国の書店・ネット書店で発売中。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

ネルソン・マンデラと2年間寝食を共にして学んだ「15個のリーダーシップ哲学」

Business Journal / 2014年10月12日16時00分

今年に入って日本でも2つの映画が公開、書籍も多数刊行されるなど、今なお人々から大きな尊敬を集める人物である。 そんなマンデラの南アフリカ大統領就任という歴史的瞬間に立ち会い、人生と勇気について昼夜語り合い、2年間寝食を共にした米タイム誌編集長リチャード・ステンゲルが、マンデラの「リーダーシップ」に焦点を当てて書いた『信念に生きる――ネルソン・マンデラの行動 [全文を読む]

『東急百貨店ニュース8月号』発行のお知らせ

@Press / 2014年07月23日18時00分

本店では、学生の大会が開催され、会場では書籍や将棋グッズなどの販売を行います。 ■ 夏まつりフードフェア開催! ~渋谷でおいしい夏まつり~ 夏の風物詩をテーマにしたさわやかな夏のスイーツや、手軽に食べられるスナックメニューをご紹介します。また、8月14日(木)~16日(土)には、オリジナルキャラクターの「東横ハチ公」が売場にやってきます。 ■ 夏休みキッズ [全文を読む]

フォーカス