解説 羽生善治に関するニュース

スポーツ中継がもっと面白くなる!日本の解説名人5選

しらべぇ / 2016年10月16日19時00分

Petrovich9/iStock/Thinkstockスポーツ中継で、実況とともに戦況を視聴者に伝える解説者。経験者ならではの技術論や心理分析が中継に深みと「わかりやすさ」を与えてくれる。なかには解説の話を聞くことが目的で、試合をあまりみていないという人もいるらしい。■好きな解説者がいる?本当にそのような人がいるのか。しらべぇ編集部では全国の男女に「スポ [全文を読む]

羽生善治監修 日本将棋連盟推薦 iPhone/iPad用アプリケーション

PR TIMES / 2013年08月08日13時19分

■講座の進み方講座は、ヒントや解説を読みながら、次の一手を指すだけの簡単操作。ヒント自体は「2筋の歩を交換します」「頭金を打ち込みます」」など、将棋の基礎がある人から見れば、答えが書いてあるようなものですので、しっかりヒントを読んで少し考えれば、初心者でも正解することができます。仮に間違ってしまっても、自動で手を修正して次の手へ進みます。次の手がわからなく [全文を読む]

「羽生善治の将棋のお手本~上達する初心者からの手筋講座~」のAndroid版をGooglePlayで配信開始

PR TIMES / 2015年08月03日13時57分

■講座の進み方講座は、ヒントや解説を読みながら、次の一手を指すだけの簡単操作。ヒント自体は「2筋の歩を交換します」「頭金を打ち込みます」」など、将棋の基礎がある人から見れば、答えが書いてあるようなものですので、しっかりヒントを読んで少し考えれば、初心者でも正解することができます。仮に間違ってしまっても、自動で手を修正して次の手へ進みます。次の手がわからなく [全文を読む]

「羽生善治の将棋のお手本~初心者からの定跡講座~」~Google Playで配信開始~

PR TIMES / 2015年07月13日13時28分

■講座の進み方講座は、ヒントや解説を読みながら、次の一手を指すだけの簡単操作。その操作を繰り返すことで、対局さながらに進行し、手順を覚えていきます。実際に指すことで「手」が覚えていたり、初手から1手ずつ進めていくので「流れ」で覚えていたりするので、何回かプレイした程度でも、自然に「囲い」や「仕掛け」などを覚えていけるのがポイントです。[画像2: http: [全文を読む]

マツケン主演映画で人気上昇?将棋を愛する人の『魅力』に迫る

しらべぇ / 2016年03月07日16時00分

トーク力も絶品で「解説名人」の異名を持ち、真面目な将棋解説から好きなお酒の話までわかりやすく説明。解説会で引っ張りだこに。 (4)藤井猛九段将棋界に革命を起こした「藤井システム」を開発し、竜王位を三連覇(奪取•二期防衛)した振り飛車党のカリスマ。「角交換振り飛車」、「藤井矢倉」など先進的な戦歩を数々生み出し、将棋界に革命を起こし続けている。解説者としてもユ [全文を読む]

『ワイドナショー』に「ひふみん」が登場!松本人志も圧倒するトークに絶賛の嵐

しらべぇ / 2017年04月30日15時00分

■マシンガントークで出演者を圧倒加藤九段は公式戦デビューから14連勝の新記録を達成したうえ、非公式戦で羽生善治三冠にも勝利した14歳の新鋭棋士・藤井聡太四段を解説する「専門家」として登場。松本が「ひふみんだ~」と感嘆の声をあげるなか、猛然と藤井四段について解説。そのマシンガンのように繰り出される言葉に他の出演者は圧倒される。ようやく東野が「ひと言長くないで [全文を読む]

『将棋世界』初の子ども向けムック『将棋世界キッズ』を12月20日(金)に発売 ~12月21日(土)開催の刊行記念イベントには、羽生善治三冠が登場!~

PR TIMES / 2013年12月11日13時29分

将棋の歴史、将棋界のしくみ、将棋用語などをわかりやすく解説し、子どもたちに将棋の世界へ親しんでもらうことを目指しました。マンガやイラストを多用し、本文中の漢字にはルビを振ることで、小学校低学年でも安心して読むことができるのが特長です。《主なコンテンツ》◆巻頭は羽生善治三冠と里見香奈女王・女流名人へのインタビュー。将棋を始めたきっかけや、子どものころの話を伺 [全文を読む]

チェス界伝説の天才の生涯を追った評伝 巻末解説は羽生善治

NEWSポストセブン / 2013年03月29日16時00分

巻末には棋士・羽生善治が解説文を寄せる。 ※週刊ポスト2013年4月5日号 [全文を読む]

松山ケンイチと東出昌大が「生き方に惹かれた」伝説の棋士とは?

Movie Walker / 2016年10月28日14時00分

染谷将太演じる村山の弟子、江川貢が劇中でぶつかるプロへの壁となる奨励会や、名人への道である順位戦の仕組みを解説しており、作品への理解をより深めることができる内容になっている。今年の東京国際映画祭でクロージング作品にも選ばれた本作の公開が待ち遠しい!【Movie Walker】 [全文を読む]

AIの脅威に直面するトップ棋士たちの苦悩…淘汰か共存か?

週プレNEWS / 2016年10月11日11時00分

―観戦記者として将棋対局の解説記事を書くのが本来、大川さんの仕事です。今回、ソフトを主テーマにした本を書こうと思ったのはなぜですか? 大川 ここ数年、ソフトが格段に進歩し、将棋界は好むと好まざるとにかかわらず、大きな影響を受けています。ソフトを活用して次の一手を探したり、終盤の詰みを確認したりするなどです。今のソフトは一手ごとに「評価値」を示し、その局面 [全文を読む]

コンピュータが将棋を完全解明したら? 羽生善治三冠の回答

NEWSポストセブン / 2014年04月24日16時00分

作家の大崎善生氏が、その“喜び”の意味を解説する。 * * * 96年に史上初の七冠を制覇した直後、羽生は将棋雑誌編集者であった私に、「これからは勝ち負けとしての将棋ではなく、本質に迫っていきたいと思う」と語ってくれたことがあった。 将棋とは何か、どういう結論が待っているのか、完全解明してみたい、もしそれが無理だとしてもできる限りそこに向けて少しでも近づい [全文を読む]

羽生善治VS渡辺明、将棋界「新ライバル戦記」(6)羽生を負かすことに慣れた

アサ芸プラス / 2013年03月21日09時54分

ユーモアを交えた巧みな話術が売りの藤井猛九段が大盤解説役で、「この将棋は見るだけ(でいい)。すごい、すごいと感動する」と戦前から太鼓判を押したように、この日の大一番となった。 先手は羽生。渡辺とは今年の10戦目となる対局で、2月1日にあったA級順位戦(羽生の勝ち)同様、横歩取りの将棋になるが、 「形勢が渡辺に傾いたのは、羽生の49手目▲3五歩と早かった。△ [全文を読む]

羽生善治VS渡辺明、将棋界「新ライバル戦記」(2)逃げていった「国民栄誉賞」

アサ芸プラス / 2013年03月12日09時54分

前出・観戦記者が解説する。 「渡辺は△7三桂を△6五桂と跳ねて『難しくなってきました』『後手が負ける形が、それまでより見えにくくなった』と言っている。つまり、羽生に▲6二銀成とされていれば敗戦を覚悟していたのだろうが、異なる展開になって心の中でガッツポーズしたい気分だったのではないか」 ところが窮地を脱した渡辺に緩手が出る。14手後の△6四歩がそれだった。 [全文を読む]

「将棋界の一番長い日」名人への挑戦権をかけた順位戦A級最終戦をスマホ/タブレットで!

インフォシーク / 2013年03月01日14時00分

また、将棋に興味はあるけど戦術とか、そもそもどっちが有利なのかもわからない…という方にも応援掲示板や棋譜コメントでの解説が充実しているので心配ご無用だ。利用料金は月額500円(税込)。また1日会員や7日会員、60日会員といったコースもあるので“とりあえずお試しを…”という方にも安心だ。そういう意味では、まずはこの日の順位戦はうってつけかもしれない。決済方法 [全文を読む]

羽生善治監修 日本将棋連盟推薦 iPhone/iPad用アプリケーション

PR TIMES / 2013年02月13日13時26分

■講座の進み方講座は、ヒントや解説を読みながら、次の一手を指すだけの簡単操作。その操作を繰り返すことで、対局さながらに進行し、手順を覚えていきます。実際に指すことで「手」が覚えていたり、初手から1手ずつ進めていくので「流れ」で覚えていたりするので、何回かプレイした程度でも、自然に「囲い」や「仕掛け」などを覚えていけるのがポイントです。 [全文を読む]

NHK杯戦史上、最も有名な一手に学ぶ待ち駒戦法

NHKテキストビュー / 2017年06月03日17時00分

NHK杯戦史上、最も有名な一手と言われている局面を課題図に取り上げて解説します。* * *■■待ち駒は卑怯(ひきょう)ではなく立派な戦略です私が幼少期に通っていた加古川の将棋センターは現在、経営を師匠の井上九段が引き継ぎ、少しスタイルを変えて週末に営業しています。お客様は子どもからお年寄りまでと幅広いですね。将棋道場でたまに耳にするのが「待ち駒は卑怯なり」 [全文を読む]

佐藤康光九段、3度目の優勝に虎視眈々

NHKテキストビュー / 2017年04月28日17時00分

千田と解説の森内俊之九段は戌(いぬ)年生まれで来年が年男。「将棋界では戌年の棋士がいちばん多いですよね」と佐藤が話す。私は以前、干支別の棋士の人数を調べたことがあり、酉年が一、二を争うほど多く、戌年は中位だったことを思い出した。そのことを伝えると、佐藤は「えっ、本当ですか」と驚き、うれしそうな表情になった。佐藤が戌年の棋士が多いと感じていたのには理由がある [全文を読む]

映画『3月のライオン』前編が公開!覚えたい将棋用語4選

しらべぇ / 2017年03月18日18時00分

■覚えておきたい将棋用語4選「面白そうな映画だけど将棋がわからないから不安」という人に、見る前に覚えておきたい将棋用語を解説しよう。(1)奨励会プロの将棋棋士を目指す若者がしのぎを削る養成機関で、三段から6級までで構成される。最終的に三段リーグ戦を半年単位で行い、上位2名が四段となり、プロ入り。なお細かい年齢制限があり、規定の年齢を超えると退会となる。(2 [全文を読む]

孤高の天才・羽生善治と村山聖が結んだ「特別な関係」。「会いたい」と思い合った知られざる絆とは?

Movie Walker / 2016年11月17日10時00分

亡くなる寸前に、村山くんは『どうしても羽生さんに会いたい』と病院を抜け出して、羽生さんのいる広島の解説場まで出向いているんです」。さらに大崎は「孤独だけれど、お互いに自分のことを知り合えるただ1人の人だと思っていたのでは。羽生さんは孤高のタイプだけれど、村山くんとは心が通じ合っていたと思う。いまだに羽生さんは、村山聖様宛で年賀状を出しているそうです」と彼ら [全文を読む]

棋士・羽生善治名人が対局の手順を覚えていられる秘訣

NEWSポストセブン / 2016年05月14日07時00分

「将棋のルールを覚えたばかりの幼稚園児同士の対局の解説をした時には、記憶するのがとても難しかったんです。私が予想する手は一手も指してくれない。自由奔放で法則性のないものを正確に50手、60手と覚えるのは苦労しました」 つまり羽生名人は「コンピュータ並みの天才的な記憶力の持ち主」なのではなく、「記憶を繋ぎ合わせる天才」なのである。 ※週刊ポスト2016年5 [全文を読む]

フォーカス