エピソード 羽生善治に関するニュース

「KUMON NOW!」はじめました。

PR TIMES / 2013年09月05日09時23分

OB・OGインタビューとスペシャルインタビューでは、ご自身の生い立ちから、現在の仕事に就くまでのエピソード、仕事に対する思い、これからの夢などをたっぷり語っていただきます。 コンテンツ名 コンテンツ趣旨 と 9月・10月配信内容 OB・OGインタビュー Catch the Dream - 夢をかなえる力 各界で活躍する公文のOB・OGが、「幼少期のこと」 [全文を読む]

第2回将棋電王戦 第1局 電王戦記1.2 (筆者:夢枕獏)

ニコニコニュース / 2013年03月28日18時00分

「兄きは頭が悪かったので東大に行きました」 と米長さんが言ったというのは、有名なエピソードである。 また、あるプロ棋士は、電線からいっせいに飛びたった、数百羽の雀の数を、たとえば、「三百二羽」 と、正確に数えることができたという。 飛んでゆく雀を、一羽、二羽と数えてゆくのではない。空に散らばった雀をひと睨みする。 その光景を、写真のように頭の中に焼きつけて [全文を読む]

『ワイドナショー』に「ひふみん」が登場!松本人志も圧倒するトークに絶賛の嵐

しらべぇ / 2017年04月30日15時00分

対局中ケーキを3個注文し、手づかみで完食したエピソードを披露し、相手が「3つ目は自分にくれるものだと思っていたらしい」とコメントし笑いを誘った。そして最後は東野の要求に答え、気分転換のためによく歌うという賛美歌を披露。爽快に歌い切り、出演時間を終えることに。藤井四段のことを語るはずが、最後は「ひふみんワンマンショー」になってしまったよう。しかし、このサービ [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『聖の青春』コラボ企画 「結婚を決めた“この一手”」エピソード募集!

PR TIMES / 2016年12月01日13時40分

本キャンペーンでは、将棋に関する映画にちなみ、「結婚を決めた"この一手”」をテーマにエピソードを募集します。『ワタベウェディング』×映画『聖の青春』特設Webサイトよりご応募いただいた方の中から、抽選で5名様に『聖の青春』プレスシート、5名様に原作本(書籍)をプレゼントいたします。 今回のコラボ企画は、劇中の対局シーンの衣裳を当社が協力し、また、ライバル [全文を読む]

羽生善治のライバル・村山聖の愛読書はあの名作少女漫画だった? 映画『聖の青春』には「怪童」の意外な一面もわかるほっこりシーンも登場

AOLニュース / 2016年11月13日17時00分

本屋さんに行くと、作家である私にいろんな本を薦めるんです(笑)」と、漫画だけでなく様々なジャンルの本を愛読していたエピソードを明かしている。 将棋界の最高峰となる名人を目指し、緊迫の対局シーンが続く中、村山が楽し気に漫画を読むシーンは物語の中でも心安らぐ場面になっている。本作では、村山の棋士としての顔と、少女漫画を無我夢中に読み漁る姿のギャップにも是非ご注 [全文を読む]

「将棋界の一番長い日」名人への挑戦権をかけた順位戦A級最終戦をスマホ/タブレットで!

インフォシーク / 2013年03月01日14時00分

「TVの視聴率が通常の3倍になった」「カメラを意識しすぎる棋士としてダウンタウンの番組で“タイホ”された」などなど数々のエピソードを持ち、つい最近もインタビューの言動をきっかけにブログが大炎上するなど絶好調?だが、そんなお騒がせもそこは当然ながら20代でA級昇格という、実力の裏付けあってのものだ。そういう意味では彼にとっても強さの象徴であるA級棋士の座は譲 [全文を読む]

東出昌大・高畑充希との“何者でもなかった頃”を述懐

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月17日19時34分

■『ごちそうさん』放送前に高畑充希と釣り話は4年前に、自身の出世作ともなったNHK朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』で、妹役を演じた高畑充希とのエピソードに。同ドラマの放送が始まる前、2人は自転車で大阪の淀川にくりだし、たこ焼きやコンビニのおにぎりを食べなから、川辺で釣り糸を垂らしていたという。そして、その後の4年間でそれぞれキャリアを重ね、この日、高畑は [全文を読む]

「3月のライオン」人気キャラ・二海堂のモデルは羽生善治のライバル棋士・村山聖だった! 村山の29年の生涯を描いた映画『聖の青春』公開中

AOLニュース / 2016年11月26日21時30分

実は村山自身にもそんな一面があり、スパイに憧れトレンチコートを好んで着用し、ホテルに泊まる際は偽名を使ってハードボイルド感を演出するなど、物語の中に入り込むかわいいエピソードが残っている。 なにより一番共通しているのは、「みんなに愛される」という部分だろう。二海堂は兄弟子や棋士仲間、執事に心配されながらも愛されているキャラクターだが、村山も、家族や師匠、ラ [全文を読む]

『聖の青春』で羽生を演じた東出昌大「この映画は恋愛モノ」

NEWSポストセブン / 2016年11月18日16時00分

親父さん(渡辺謙=妻・杏の父)が『おしゃれイズム』(8月28日放送、日本テレビ系)に出演された際に、子供が生まれるっていう時にぼくがキャリーバッグに将棋盤だけを入れて病院に来たというエピソードを話していましたけど、将棋って練習用に布製の持ち運べるものがあるので、それと本を持っていたんです。 『聖の青春』という作品を通して、役者として、今後、これを超える作 [全文を読む]

スポーツ中継がもっと面白くなる!日本の解説名人5選

しらべぇ / 2016年10月16日19時00分

(5)北の富士勝昭(相撲)第52代横綱にして千代の富士や北勝海の師匠としても知られ、現役時代から豪快なエピソードの多い北の富士だが、その解説も同様。『もっと抵抗しないと! シャケじゃないんだから』、『ちょっとみてませんでした』など名言には事欠かない。もちろん技術論は的確だ。試合が一番の注目ポイントだが、解説に耳を傾けてみるのも面白いだろう。・合わせて読みた [全文を読む]

羽生善治三冠 人間がCOMに負けると1996年に予想していた

NEWSポストセブン / 2014年04月23日16時00分

かつて将棋雑誌で編集者をしていた作家の大崎善生氏が、そのエピソードを綴る。 * * * 1996年に、日本将棋連盟が発行している将棋年鑑が、全棋士アンケートとして「コンピュータが人間に勝つ日は来るか」という質問をした。 当時のコンピュータはまだ将棋をきちんと指せるようになって間もないころで、アマチュアの初段にもはるかに及ばなかった。米長邦雄永世棋聖をはじめ [全文を読む]

フォーカス