さん 羽生善治に関するニュース

映画『聖の青春』東出昌大が羽生善治に!豪華追加キャスト一挙発表

NeoL / 2016年06月25日12時07分

【コメント】 ・東出昌大さん −−公開を待つファンの皆さんへメッセージをお願いします この作品には、人生、青春、生きがい、誇り、尊い多くのものが映っています。 一人でも多くの方に観てもらいたい。月並みな事を言うようですが、切に思います。 ・羽生善治さん 村山さんの生き様を描いた聖の青春が映画化されると聞いて、彼の存在の大きさを感じました。自分も出てくるの [全文を読む]

松山ケンイチ 26kg激増熱演にあった村山聖さん両親との対面

WEB女性自身 / 2016年12月02日12時00分

「作中で松山さんが髪の毛を切るシーンを見たとき、『聖の生き写しだ』と思いましたね」 伝説の棋士 村山聖さん(享年29)の母・トミコさん(83)は、現在公開中の映画『聖の青春』についてこう語った。腎臓の難病・ネフローゼを患いながらも将棋に人生を賭けた聖さんは 東の羽生・西の村山 と言われ、あの羽生善治(46)と並び称された天才棋士。作中では松山ケンイチ(31 [全文を読む]

第2回将棋電王戦 第1局 電王戦記1.2 (筆者:夢枕獏)

ニコニコニュース / 2013年03月28日18時00分

── 米長さんのことから ──1 何から書きはじめようか。 迷っているのは、米長邦雄の『われ敗れたり』を読んでしまったからである。 本来であれば、今日、本日の朝からこの原稿を書き出す予定であったのだが、半日かけてこの本を読んでしまったため、この時間――二〇一三年三月二十六日の午後五時にこの稿を書き出すことになってしまったのである。 三日前の三月二十三日のこ [全文を読む]

狂気? ナゾ?「羽生名人妻のTwitter」の取り上げ方が逆に不思議

messy / 2016年09月13日23時30分

将棋の羽生善治三冠(45)の妻で元アイドル歌手・元女優である羽生理恵さん(45)が、9月3日にTwitterアカウントを開設したことが、週刊誌ネタになっている。理恵さんは前述のように元芸能人であり、アイドル歌手としては森高千里の同期で、NHK朝ドラのヒロインを務めたこともある。ゆえに注目されるのもわかるが、取り上げ方が妙だった。 13日発売の「女性自身」( [全文を読む]

「特に、山田美保子さんとやくみつるさんの攻撃が酷く」羽生善治三冠の理恵夫人が連続ツイート

ガジェット通信 / 2017年01月30日23時00分

1月29日夜、将棋棋士・羽生善治三冠の妻の理恵さん(@mau28310351)が『Twitter』にて メディア、ネットでの情報拡散の恐ろしさと、イメージ先行の怖さについて計19個の大量連続ツイートをしますので、お嫌な方は今すぐミュートして下さい。 とツイート。言葉の通り、その後19回にわたって連続ツイートを行い、自身がかつてマスコミ報道によりイメージの一 [全文を読む]

「やらせてください」と直訴 松山ケンイチがつかんだ“10年に一度の作品”

anan NEWS / 2016年11月21日21時43分

「僕にとっては10年に一度の作品だと思っています」 きっぱりとした口調で言い切ったのは『聖(さとし)の青春』で夭折した棋士、村山聖を演じた松山ケンイチさんだ。同世代の羽生善治らと死闘を繰り広げながらも若くして病に倒れた棋士の生き様を描く同名のノンフィクション小説を読んで以来、映像化を願っていたという。 「村山さんの生き方に感動しました。本を読んだときの僕は [全文を読む]

【リアル車将棋】トヨタ社内のテストドライバーが羽生名人に挑戦!?

clicccar / 2015年02月06日20時33分

飛車はキビキビ動くAE86レビンなど、キャラクターぴったりのクルマがチョイスされているので、布陣だけを見ても選んだ裏方さんのクルマ好き感が伝わってきます。 では、誰が駒を動かすのか?という点ですが、挑戦者である豊島七段は、トヨタ社内の精鋭テストドライバー5名が担当します。羽生名人の「名車チーム」は、早稲田大学自動車部チームの5名。このたび、その面々が発表さ [全文を読む]

話題の藤井聡太四段はリアル・桐山零? 『3月のライオン』の登場人物を実在のプロ棋士に例えてみた

ガジェット通信 / 2017年05月01日15時30分

というわけで、映画の撮影でも将棋監修を務めた指導棋士・田中誠さんに、映画『3月のライオン』の登場人物を実際のプロ棋士にわかりやすく例えてもらいました! 【桐山零→藤井聡太四段】 (現役最年少プロ棋士、中学生でプロとなった) 例えるならば、藤井聡太四段でしょうか。(連載当時、藤井四段は将棋をはじめていませんが、現実が漫画を追い越しました) 佇まい指し方は、 [全文を読む]

松山ケンイチが最新作でみつけた「人生の意味」

Smartザテレビジョン / 2016年11月18日16時13分

――元々原作を読まれていて、自分から役に名乗り出たという松山さん。原作の感想はいかがでしたか。元々将棋が好きで読んだのですが、本と出合ったのが29歳の頃で、村山さんも29歳で亡くなったというところが気になっていましたね。こんなに激しく生きた人がいるのかと思いました。病を相棒のようにしていて、何事にも左右されず自分の人生を生きていて。僕自身、好きなように気ま [全文を読む]

松山ケンイチ&東出昌大『聖の青春』が役者人生に与えた多大なる影響

Movie Walker / 2016年11月18日09時00分

ものすごく心を揺さぶられたし、村山さんはたくさんの人に何かを与えられる人だと思った。すると、もう映画化の話がだいぶ前から動いている話を聞いて。自分からアプローチしました」。ひたむきに生きた村山に惚れ込み、すべてをかける意気込みで村山役に名乗り出たと言う。一方の東出も、村山の生涯のライバルであり、実在する偉大な存在、羽生役を演じるプレッシャーと闘った。森義隆 [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『聖の青春』コラボ企画 「結婚を決めた“この一手”」エピソード募集!

PR TIMES / 2016年12月01日13時40分

[画像: http://prtimes.jp/i/11086/201/resize/d11086-201-851368-0.jpg ] 映画『聖の青春』は、難病と闘いながらも将棋に人生を賭け、29歳の若さで亡くなった棋士・村山聖(さとし)さんの生涯を描いた大崎善生さんによる同名ノンフィクション小説を映画化した作品です。 「東の羽生、西の村山」と並び称され [全文を読む]

「童貞俳優の肩書取り戻したい!」松山ケンイチが神様に願う

Movie Walker / 2016年11月19日14時19分

あいにくの雨となった今日だが、松山は「上にいる村山さんのひねくれさが出たんじゃないのかな」と天を見上げた。 村山を演じるにあたり、体重を増やした松山の容姿は今ではすっきり。松山と久しぶりの再会となったリリーは「すっかり痩せていて、師匠としてちょっと悲しい気分」と残念がり、「コロコロしている頃の松山くんの方が好きだな」と松山を見つめた。松山は「嫁(小雪)にも [全文を読む]

人工知能を相手に羽生善治さんの指が震える時[茂木健一郎]

メディアゴン / 2016年05月24日07時40分

茂木健一郎[脳科学者]* * *これまで、人工知能との対決を避けてこられた羽生善治さんが、ついに、コンピュータ将棋と対決されるかもしれない。いよいよ、決戦の時が近づいてきたなと、強い興味を持つ。羽生さんとは、コンピュータと打つ将棋について、いろいろお話した。印象に残っているのは、羽生さんは、コンピュータと打つのは比較的お嫌いで、なぜかと言えば、相手の「人格 [全文を読む]

天才棋士・藤井聡太四段 両親ともに将棋はささない新世代

NEWSポストセブン / 2017年04月28日16時00分

ピンとこないというか、実感がないんです」 そう笑いながら話すのは、昨年10月、史上最年少の14才2か月でプロ入りした藤井聡太四段(14才)の母・裕子さん(47才)。 藤井四段は、インターネットテレビ局AbemaTVの企画で、非公式戦ながら将棋界の「絶対王者」羽生善治三冠(46才)を破る快挙をなし遂げた。 その強さを、40年間真剣勝負を見続けてきた将棋写真家 [全文を読む]

森内俊之竜王・名人「一度でいいから壁を越える経験が大事」

NEWSポストセブン / 2014年02月03日16時00分

* * * 25歳のとき、名人戦で羽生さんに挑戦しました。羽生さんが七冠王だった時期で、1勝4敗で負けました。この七番勝負のときは、どこから攻めても守っても、最後にはやられるという感じでした。羽生さんの手のひらの上で転がされているような感覚です。 名人戦は七番勝負。4つ勝たなければいけないわけです。羽生さんとやって1つは勝てても4つ勝てる気は全くしなかっ [全文を読む]

松山ケンイチ、“安倍マリオ”こと安倍総理とメリル・ストリープに会えて感激!

Movie Walker / 2016年10月25日18時50分

メリルは「みなさん、本当に雨の中お越しいただいてありがとうございました」と挨拶。松山はうれしそうな顔でメリルに積極的に英語で話しかけていた。 安倍総理は「難病と戦った棋士、村山聖さんを20kgも体重を増やして演じた松山さん、羽生善治さんの1つ1つの仕草まで研究し、魂がのりうつったような東出さんの名演技を楽しんでいただきたい。また、世界の名女優のメリル・スト [全文を読む]

ついに山が動く?羽生善治名人と人工知能の対局が実現か

しらべぇ / 2016年05月19日21時00分

■ファンも複雑な心境か将棋ファンに話を聞いてみると...「正直羽生さんとコンピューターの対局は見たくありませんね。コンピューター将棋の進化が凄すぎて、羽生さんでも勝つことは難しいと思います。もし負けた場合、チェスのガルリ・カスパロフのように晒し者にされてしまいそうなので...。リスクが高すぎます」(30代男性)「私は対局してほしいと思っています。羽生さん[全文を読む]

将棋の神童・藤井聡太が負け始めた…なぜ連勝記録に重大な壁?本日ついに世紀の一戦

Business Journal / 2017年05月25日06時00分

ナビゲーターは、元NHKアナウンサーの堀潤さん。もうひとりのゲストは、毎日新聞学芸部・編集委員の山村英樹さん。山村さんは、毎日新聞で将棋を担当されて30年というマスコミの将棋界では重鎮といえる記者である。1993年、山村さんがご結婚された際には、現在の羽生善治三冠や森内俊之十八世名人、佐藤康光日本将棋連盟会長など、当時の独身棋士たちが多く集まり、盛大に「結 [全文を読む]

日本を代表するピアニスト・小山実稚恵のエッセイ『点と魂と スイートスポットを探して』5月2日発売!

PR TIMES / 2017年04月27日17時32分

さまざまな業界の12人のプロフェッショナルとの対談から得た、たくさんの学びや貴重な発見を綴っている一冊です。《収録対談者(敬称略、掲載順)》原田雅彦(元スキー・ジャンプ選手)/荻原健司(元スキー・ノルディック複合選手)/岡崎朋美(元スピードスケート選手)/高橋尚子(元マラソン選手)/大竹しのぶ(女優)/野村萬斎(狂言師)/工藤公康(プロ野球監督)/奥野史子 [全文を読む]

東出昌大が東北への旅で感じた恐怖… 「安っぽい情報で納得したつもりになっていた」

週プレNEWS / 2017年04月04日10時00分

『ごちそうさん』で一躍名をはせ、最近では『聖(さとし)の青春』で棋士・羽生善治役を好演した俳優の東出昌大(ひがしで・まさひろ)。2015年に女優の杏と結婚し、翌年には双子を授かるなど、公私ともに絶好調だ。 そんな彼がこのたび、初写真集を発売した。女性ファン向けでセクシーなカットもあったり…なんて想像していたら大間違い。実物を手に取ったら、予想を大きく裏切ら [全文を読む]

フォーカス