小林よしのり よしりんに関するニュース

特別対談 小林よしのり×ケント・ギルバート第二弾「都知事選で痛感。日本人の衆愚化と貧困化」

まぐまぐニュース! / 2016年07月13日20時30分

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』などを代表作に持つ漫画家の小林よしのりさん。特に時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」では、漫画を通して今の社会に問題提起を続けています。そして、米国カリフォルニア州弁護士でありながら、日本のマスメディアでもコメンテーターとして人気のケント・ギルバートさん。ともに社会問題、政治問題に対して独自の意見を述べ続けてきた [全文を読む]

特別対談 小林よしのり×ケント・ギルバート「日本よ、自分の領土は自分で守れ」

まぐまぐニュース! / 2016年07月07日10時00分

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』などを代表作に持つ漫画家の小林よしのりさん。特に時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」では、漫画を通して今の社会に問題提起を続けています。そして、米国カリフォルニア州弁護士でありながら、日本のマスメディアでもコメンテーターとして人気のケント・ギルバートさん。ともに社会問題、政治問題に対して独自の意見を述べ続けてきた [全文を読む]

AKB48渡辺麻友は小橋健太!? よしりんとのトークライブより...プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.65

東京ブレイキングニュース / 2014年10月14日17時00分

先週10月6日、台風一過の夜、小林よしのり氏に会ってきた。トークライブ「小林よしのりVSプチ鹿島」がおこなわれたのだ。 あの小林よしのりがなぜ私と? というのも8月に出した拙著「教養としてのプロレス」の第5章「引き受ける力を持つ」で私は小林氏のことを書いたからです。《漫画家・小林よしのりは世間では「保守の論客」や「AKB大好きおじさん」だと思われているかも [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】「今の政治家はAKB・内山奈月のレベル以下」。よしりんが自民党とアイドルの憲法知識を比較。

TechinsightJapan / 2014年07月24日16時15分

AKB48の内山奈月が憲法学者と共に著した『憲法主義』について、漫画家でAKB48ファンの小林よしのり氏が論評した。小林氏は「AKB48内山奈月が凄すぎる!」とその内容とともに彼女の憲法に関する知識や理解力を高く評価。「最近の政治家はこのレベルに達してない」と言い切る。 内山奈月は、2012年のAKB48第14期研究生オーディションに合格。今年の2月24日 [全文を読む]

よしりん岡田奈々好きをカミングアウト!小林よしのり、宇野常寛がじゃんけん大胆予想

dwango.jp news / 2014年09月14日21時44分

AKB48の二大論客、小林よしのり、宇野常寛の両氏が、112人という史上最大の規模でおこなわれる第5回じゃんけん大会を大予想!だが、盛り上がる対談は、よしりんの推しメンカミングアウト、意外な優勝候補と、波乱の展開に!―今年は優勝者がソロデビューするわけですが、16位までのメンバーもカップリングに参加するということなので、まずはベスト16から予想していきます [全文を読む]

会田誠、小林よしのり、杉江松恋、どついたるねん、三砂ちづる。電子書籍レーベル“幻冬舎plus+”から夏の暑さを吹き飛ばす濃厚な5作品が発売。

PR TIMES / 2016年07月29日14時45分

株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城徹)は、オリジナル電子書籍レーベル“幻冬舎plus+”(げんとうしゃぷらすぷらす)より、新たに会田誠、小林よしのり、杉江松恋、どついたるねん、三砂ちづるによる5作品を2016年7月29日(金)に発売しました。■7月29日刊行作品 5点[画像1: http://prtimes.jp/i/7254/198 [全文を読む]

まゆゆ『戦う!書店ガール』最終回をよしりんが酷評「ストーリーが稚拙すぎて、誰が主役でも視聴率は取れない」

日刊サイゾー / 2015年06月12日17時00分

同作の脚本に対し、漫画家で評論家の小林よしのり氏が11日、自身のブログで「まゆゆが出てるから全部見たが、ストーリーが稚拙すぎて、あれでは誰が主役になっても視聴率は取れない」と酷評した。 小林氏といえば、ドラマ開始当初は「『本』への愛情が炸裂した、そして感動的なエピソードも盛り込んだ素晴らしいドラマじゃないか!」「今季一番のドラマかもしれない」「妊娠の誤解が [全文を読む]

“握手会襲撃”AKB48・川栄李奈の卒業に、よしりんが持論「握手会出席を要求するヲタは、猛批判すべき」

日刊サイゾー / 2015年03月27日17時00分

AKB48・川栄李奈の卒業発表を受け、同グループのファンで知られる漫画家で評論家の小林よしのり氏が「握手会に出られないから卒業するなんて、無茶苦茶だ」と、やりきれない思いを明かした。 小林氏は27日のブログで、今回の発表について「本当に憂うつなニュースだ」「川栄や入山杏奈、あるいは襲撃事件を目撃したメンバーは、握手会には出られるはずがない。あまりにも当然の [全文を読む]

ネトウヨの生みの親・小林よしのりが右傾化を憂えている! 安倍とネトウヨを徹底批判

リテラ / 2015年03月15日22時00分

「ようござんすね? このまま戦争で」「過剰に右傾化した日本の舵を、いったん真ん中に切り戻す」 今年1月に発売された小林よしのりの新刊、『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 新戦争論1』(幻冬舎)の帯にある文言だ。小林氏といえば、「大東亜戦争肯定論」をぶちあげた『戦争論』(1998年)の大ヒットにより、"ネトウヨの生みの親"とも言われている人物。 最近はネット [全文を読む]

“セフレ疑惑”NMB48・渡辺美優紀のじゃんけん優勝に、よしりん歓喜「これで過去の災禍は消えた」

日刊サイゾー / 2014年09月19日00時00分

17日に行われた「第5回じゃんけん大会」で“ソロデビュー”を勝ち取ったNMB48・SKE48兼任の“みるきー”こと渡辺美優紀について、漫画家の小林よしのり氏が自身のブログで「おめでとう、みるきー!」と祝福した。 かねてからAKB48ファンで知られる小林氏は、大会での渡辺に「地獄を見た女の一回り大きくなった姿」を見たといい、「これでもう過去の災禍はすべて消え [全文を読む]

HKT48・指原莉乃が“話題作り”の極意を伝授「炎上しても、コントロールする自信あります」

日刊サイゾー / 2014年08月13日00時00分

HKT48・指原莉乃が自身の著書で、“アンチ”による悪口や、漫画家・小林よしのり氏から嫌われていることに対し、胸のうちを明かした。 11日に発売された著書『逆転力 ~ピンチを待て~』(講談社)の中で、「私は、アンチが多い」と言い切る指原は、「そもそも悪口を言うのは、(対象者が)気になっているから」「一周回ってそれは、好きと同じなんじゃないのかな」と持論を展 [全文を読む]

HKT48村重杏奈の謝罪コメントは運営に消された!? “ジャニーズ化”するAKB48Gに、よしりんが苦言

日刊サイゾー / 2014年06月17日17時30分

AKB48ファンで知られる漫画家の小林よしのり氏が、スキャンダルをスルーし続けるAKB48に対し、苦言を呈した。 AKB48は、2013年1月の峯岸みなみの坊主謝罪騒動以降、同グループに関するスキャンダル報道をことごとくスルー。今月、週刊誌にジャニーズJr.メンバーとの深夜密会が報じられたHKT48の村重杏奈(関連記事)も、報道当日にGoogle+で謝罪記 [全文を読む]

週刊文春が報道したAKB48総支配人の脱法ハーブ、指原の評価急落、恋愛禁止...揺れるAKB48の舞台裏

東京ブレイキングニュース / 2013年11月20日11時00分

それじゃ、今まで恋愛ネタでクビになった子たちが浮かばれない(笑)」B「よしりん先生こと小林よしのり氏が『AKB論』(幻冬舎)の中で良いこと書いていたけど、あの人のアイドル論は筋が通っている。『年ごろの女の子なんだから恋愛はしていい。しかしそれを外に見せたらダメだ。アイドル失格』といったニュアンスのものだけど」A「だから、よしりん先生は指原莉乃をガチで嫌って [全文を読む]

小林よしのり氏の「AKB“卒業”宣言」でファン離れ加速か

メンズサイゾー / 2013年06月13日18時00分

6月12日、熱烈なAKBファンとして知られる漫画家の小林よしのり氏が、現在執筆しているAKB関連の著作が今年の秋頃発売になる、と自身のブログで明かすとともに「そこでわしのAKBに関する一切の言論活動を終わる」と明言した。その後に「来年の総選挙では、わしはライトな一ファンとして、メディアを通して見ることになろう」と語っていることからも、この発言は実質上、小林 [全文を読む]

『朝生』初出演の百田尚樹があらゆるテーマで無知さらけ出し大恥! 改憲派学者からも「本当に右なのか」と

リテラ / 2017年06月03日19時00分

愕然とせざるをえないが、さすがにこの発言には小林よしのりも「めちゃくちゃだよそれ」と嘲笑。百田センセイはビキッときたらしく「聞いてないだけやん!」と逆ギレしたが、よしりんは「『おことば』聞かずに語ったってしょうがないじゃないかそんなもの!」と一喝。思わず目が泳ぎ、その情けない表情をカメラにバッチリ抜かれてしまったのであった。 こんな感じで、出だしからつまず [全文を読む]

天皇の生前退位で右派が内ゲバ! 小林よしのりは日本会議や渡部昇一に「天皇を奴隷化する国賊」と激烈批判

リテラ / 2016年08月20日12時00分

その代表例が、漫画家の小林よしのり氏だろう。よしりんは「週刊ポスト」(小学館)8月19・26日合併号によせた「ゴーマニズム宣言スペシャル 生前退位論」のなかで、〈政府は速やかに皇室典範を改正し、陛下のご意向を叶えてあげてほしい。それが常識ある国民の願いなのだから〉としたうえで、このように論じている。〈天皇や皇族の方々は、国民が持つ「基本的人権」のほとんど [全文を読む]

AKB48「心のプラカード」ギリギリ100万枚で、ファンの“もやもや”頂点に! よしりんも「馬鹿な重荷を……」

日刊サイゾー / 2014年09月03日00時00分

この1週間、ヤキモキしたファンも多いのでは?」(芸能ライター) そんな中、AKB48ファンで知られる漫画家・小林よしのり氏が、ブログでミリオン記録に対して考えを綴った。 小林氏は「ミリオンが至上命題となってること自体が異常で、そんな馬鹿な重荷をメンバーの誰にも背負わせてはいけないのだ」と持論を展開。さらに、「わしの理想から言えば、まゆゆの曲はあれではない」 [全文を読む]

小林よしのり「大島優子とヤりたい」発言にヲタあ然

メンズサイゾー / 2013年04月05日17時00分

4月4日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)での、漫画家・小林よしのり氏の発言が話題になっている。この番組は、MCをナインティナインの矢部浩之とマツコ・デラックスがつとめるトークバラエティ。過去5回の単発特番が評判を呼び、このたびレギュラー化となった。世間的に問題があると思われる“アウト”なゲストを呼んでトークを繰り広げる内容なのだが、今回は [全文を読む]

フォーカス