新製品 味の素に関するニュース

食品・農林・水産業界ランキング!人気5社から始める業界分析

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年09月29日12時00分

新製品の投入が高価格帯の苦戦を補う結果となりました。海外拠点の動きとしては、豪州で生産・物流効果改善を行いましたが、豪ドル安が痛手となっている状況です。各州の工場で製造ラインを増設、州をまたいだ輸送を減らし、物流費など3年で50億円削減を狙っています。国内ビールは、印新した「クリアアサヒ」を一層拡販していく予定です。第5位:明治グループ(明治・Meiji [全文を読む]

親子で楽しむ九州の無料&格安工場見学4選

Walkerplus / 2016年07月04日17時20分

見学終了後は、瓶のコカ・コーラや新製品の試飲を!「コーク館」には、コカ・コーラの貴重なコレクション約700点を展示するギャラリー、グッズを販売するショップもある。 ■ 石井食品 唐津工場 (入場無料) 石井食品 唐津工場は人気のロングセラー商品「ミートボール」などを1日に約7万袋製造している工場。鶏肉がミンチになるまでの工程や、できあがった商品が流れていく [全文を読む]

総合企画センター大阪、飲料メーカーの製品発売状況の集計結果を発表

DreamNews / 2016年05月10日18時00分

【集計結果】■弊社で継続して調査している飲料新製品発売状況によると、主要メーカー21社における2016年4月の飲料商品投入数は合計177品目であった。具体的には、アサヒ飲料が36品目で最も多く、次いで日本コカ・コーラが31品目となっている。以下、伊藤園(27品目)、キリンビバレッジ(24品目)が20品目以上の投入数となっている。なお、味の素ゼネラルフーヅは [全文を読む]

ハウス食品、カレーすぎる怒涛の買収…ココイチ出店増→ルウ拡販→隠し味にギャバン!

Business Journal / 2016年07月04日06時00分

今後は香辛料の新製品の共同開発を進める。 ハウス食品の買収攻勢は、同社の財務内容にどのような影響を及ぼすのだろうか。●壱番屋買収に伴うのれん代361億円が重荷 ハウス食品の16年3月期の連結決算の売上高は前期比4.5%増の2418億円、営業利益は24%増の107億円、純利益は3.2倍の226億円だった。 レトルトカレーの国内販売が競争激化で減収になったが、 [全文を読む]

【味の素】ロイシン高配合必須アミノ酸混合物「Amino L40」配合のサプリメント『アミノエール』新発売! 元気なシニア世代をサポート

PR TIMES / 2013年10月28日16時12分

2013年11月20日(水)通信販売限定で発売開始味の素株式会社(社長:伊藤雅俊 本社:東京都中央区)は、元気なシニア世代の「動かす力」と「支える力」をサポートする、味の素KK健康基盤食品の新製品「アミノエール」を2013年11月20日(水)より通信販売限定で新発売します。「アミノエール」は、長年のアミノ酸研究を通じて独自に開発した、ロイシン高配合必須アミ [全文を読む]

一人鍋対応つゆ 若者から熟年世代まで人気で売り切れ店続出

NEWSポストセブン / 2013年10月19日07時00分

今年も同じタイプの商品が人気で、CMが流れている新製品を並べるとすぐ売り切れる状態です」 従来の鍋つゆの素といえば、鍋にあけてそのまま使えるストレートタイプのパウチか、濃縮のビンやペットボトル入りだった。簡単に本格的な味を家庭で再現できると人気を集めたが、パウチは3~4人前以上の液体が入っているのがふつうで、いったん封を切ると使いきらねばならない。また、ボ [全文を読む]

店よりうまい「冷食大賞」のガッツリ炒飯~味の素冷凍食品「ザ★チャーハン」

プレジデントオンライン / 2017年04月12日09時15分

拡大する冷凍チャーハン市場において、さらなる売上げを確保するためにも、新製品の投入は急務だった。 ザ★チャーハンの開発がスタートしたのは、2015年の発売から約1年半前のこと。冷凍チャーハンのマーケティング調査を行ったところ、1つの課題が浮き彫りになった。それは冷凍チャーハンの“種類”だ。 当時、冷凍チャーハンで売上げトップだった他社製品は、具材の種類が少 [全文を読む]

「スパイスと調味料の世界市場:種類別、用途食品別2020年予測と動向」調査レポート刊行

DreamNews / 2016年02月25日11時30分

【英文市場調査レポート】スパイスと調味料の世界市場:種類別、用途食品別2020年予測と動向Spices and Seasonings Market - Global Trends and Forecast to 2020http://researchstation.jp/report/MAM/2/Spices_Seasonings_Market2020_M [全文を読む]

「好きだから、あげる。」「おしりだって洗ってほしい。」コピーライター仲畑貴志氏が広告コピーの殿堂「2015年度TCCホール・オブ・フェイム」に決定

PR TIMES / 2015年10月21日15時41分

広告企画・制作、マーケティング戦略、新製品開発などを専門とする。主な仕事、サントリー・ソニー・TOTO・JR 九州・ペプシ・クレディセゾン・武田薬品工業・ワコール・明治製菓・味の素・オムロン・資生堂・東京ガス・日本経済新聞社・ブリヂストン・野村ホールディングスなど多くの広告キャンペーンを手掛け、カンヌ国際広告賞、ニューヨークADC 国部門賞、クリオ賞、日本 [全文を読む]

「栄養補助成分の世界市場動向・予測 2020年:プレバイオティクス・プロバイオティクス・ミネラル・ビタミン・カロテノイド・繊維・植物化学物質」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年08月07日16時00分

この成長は、各種用途における新製品の発売および企業の新しい地域へのフットプリント各ぢからもたらされています。2014年の栄養補助成分市場はアジア太平洋地域が優勢を占めました。 当レポートでは、世界の栄養補助成分市場を取り上げ、タイプ・用途・健康効果・地域別に調査分析するとともに、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめ、お届けいたします。 第1章 イン [全文を読む]

フォーカス