バンド 藤井フミヤに関するニュース

【エンタがビタミン♪】藤井フミヤ、兄弟ユニット“F-BLOOD”のハモリに本音「ゆず羨ましいー」

TechinsightJapan / 2017年06月23日20時30分

その藤井フミヤと藤井尚之が21日に放送されたラジオ番組『坂本美雨のディアフレンズ』(TOKYO FM)にゲスト出演してニューアルバムのコンセプトなどをトークするなか、地元福岡県久留米市でバンドを結成した頃のエピソードも飛び出した。 チェッカーズと言えば藤井フミヤをメインボーカルにしたコーラスが魅力の1つだが、藤井尚之によるサックスも重要なアクセントである。 [全文を読む]

藤井フミヤ、全国ツアー東京公演に弟・尚之登場!ハロウィン特別仕様のライブを披露!

okmusic UP's / 2014年11月02日14時00分

バンド時代のライブ人気曲「NANA」、「REVOLUTION 2007」を立て続けに熱唱。「HEART IS GUN ~ピストルを手に入れた夜~」イントロが流れ出すと大歓声とともに会場が大きく揺れ、ファンの熱狂はこの日のピークに達した。ラスト曲「お前が嫌いだ」を歌い終えると「じゃ、続きは武道館で!」と締めくくり、ハロウィン・スペシャルナイトは幕を閉じた。こ [全文を読む]

藤井フミヤ、30枚目のシングル「青春」発売記念スペシャルイベント大盛況

okmusic UP's / 2013年07月10日15時00分

黒い衣装に身を包んだバンドのメンバーが位置につくと、場内は拍手と歓声に包まれる。そして涼しげなボーダーシャツに黒のパンツを身に纏った藤井フミヤが軽やかなステップでステージに登場。「新曲披露にお越し頂きありがとうございます」と、満面の笑みで贈られた感謝の言葉に客席から歓声が飛ぶ。 1曲目は往年のロックサウンドを彷彿とさせるギター・リフが印象的なナンバー「GO [全文を読む]

F-BLOOD、9年ぶりのアルバム『POP'N'ROLL』リリース記念ライヴでファンを魅了

okmusic UP's / 2017年06月21日20時30分

そんな期待感の中、開演時間になるとまずバンド・メンバーがステージに。続いて大歓声に迎えられてフミヤ、尚之が登場した。「yeah! ようこそEASTに! CDお買い上げありがとうございます」と、まずはフミヤが観客に感謝の言葉をかけつつ、「アルバムの曲、全部はやりませんが(笑)盛り上がっていこうぜ!」と呼びかけると、ものすごい歓声が上がり、アルバム1曲目を飾 [全文を読む]

'14年紅白副音声トリオが音楽番組に挑戦

Smartザテレビジョン / 2015年03月20日23時27分

バンドの迫力だったり、近くでプロの方が歌ってくれたり、すごく楽しかった」(設楽)、「人前で歌ったり踊ったりすることってあんまりないので、それだけでも新鮮でした」(日村)と、楽しかった収録のテンションのままインタビューに応じた。 音楽番組はほぼ初に近いというバナナマンだが「音楽がどういうものか学んでいこうっていう番組なんですけど、終わってみたら『楽しい』っ [全文を読む]

藤井フミヤ、スペシャルライヴ『カウントダウンライブ青春「50日前夜祭」』を開催

okmusic UP's / 2013年11月14日10時00分

その後、「素直にI'm Sorry」「ONE NIGHT GIGOLO」「ミセスマーメイド」といった、フミヤ自らが作詞したバンド時代の名曲を次々に披露。そして本編ラストにはこの日のためのスペシャルな1曲「おまえが嫌いだ」が用意されていた。当日に集まったファンもかつて慣れ親しんだであろうイントロが流れ出すと、割れんばかりの物凄い大歓声が沸き起こり、1700 [全文を読む]

藤井フミヤ、デビュー30周年“青春"ツアーにサプライズゲスト登場

okmusic UP's / 2013年09月24日17時00分

ライブでは藤井本人が作詞を手掛けた「I Love you, SAYONARA」「NANA」「素直にI'm Sorry」といったバンド時代の代表曲を中心に、今夏リリースされたばかりの最新シングル「青春」まで、まさに“青春"満載なセットリストが展開。アンコールでは大親友である木梨憲武とヒロミがサプライズで登場した。その後、「せっかくノリちゃんが来てくれたんで・ [全文を読む]

藤井フミヤ、アニバーサリーイヤーに突入する 14回目となる武道館カウントダウンライブ開催決定

okmusic UP's / 2017年09月25日11時00分

また、この日の武道館公演はバンド時代から数えると、奇しくも除夜の鐘と同じ108回目。最近、神社仏閣でのライブが多いフミヤだけに、なんだかご利益があるライブになりそうだ。さらにソロになってからの公演では、この武道館公演がちょうど1001回目と、お目出度い数字が並ぶ。さてイベントサブタイトルにある『武道館 LAST 2』。武道館は2019年9月から長期の改修 [全文を読む]

ガールズバンドが熱すぎる!第二のSCANDAL、Silent Sirenは?

dwango.jp news / 2015年08月05日21時50分

今年はどうなのか…とタイムテーブルを眺めると、まさかのSilent Siren参加ということも含めてバンドスタイルのグループが目立っています。その証拠に過去最多の6組のバンドが出演決定しています。TIFのこの流れが象徴するように今、ガールズバンドシーンが面白いことになっています。SCANDALが本格ブレイクを果たし、アニメ「けいおん!」で完全に火が付いた2 [全文を読む]

藤井フミヤ息子 フジテレビアナウンサーに内定か

WEB女性自身 / 2015年07月29日12時00分

Kくんは友人たちとロックバンドを結成し、ドラムを担当している。このバンドは全国のアマチュアバンドが集うオーディションにも参加するなど、なかなかの実力派だ。 21日、バンドは都内のライブハウスでライブをおこない、Kくんは華麗なドラムテクニックを披露。満員の客を盛り上げていた。ライブ終了後、ライブハウスの外でくつろぐKくんを直撃した。若いころのフミヤに似たさわ [全文を読む]

デビュー30年を迎えたTUBEを総力特集した、一冊丸ごとTUBE本!『別冊カドカワ総力特集TUBE』 7月13日発売!

PR TIMES / 2015年07月13日14時51分

30年のバンドの軌跡を辿るTUBE完全総力特集! [画像: http://prtimes.jp/i/7006/1615/resize/d7006-1615-135330-0.jpg ] 夏のバンドの代名詞・TUBEが30年目の夏を迎えます。 今回、『別冊カドカワ』では、ロングインタビューの他、新作である『My TUBE+Your TUBE』を起点に、デビ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中高生ガールズバンド・KANIKAPILA。同郷の藤井フミヤ・尚之による楽曲でメジャーデビュー。

TechinsightJapan / 2015年02月25日17時30分

久留米出身のガールズバンド・KANIKAPILA(カニカピラ)が藤井フミヤ・尚之兄弟が手がけた楽曲『イッちゃえ!I LOVE YOU!』で2月25日にメジャーデビューした。平均年齢15歳の7人組が「泣いて、笑って、つまずきながら、半径5mで起こる奇蹟のPOP SONG!!」に注目だ。 KANIKAPILA(カニカピラ)は2013年5月に福岡県久留米市の中学 [全文を読む]

SCANDAL、5回目となる「コピーバンド/ヴォーカリストコンテスト」を開催

okmusic UP's / 2014年12月15日15時45分

SCANDALがガールズバンドのさらなる盛り上がりを願って2010年から毎年開催し、今年で5回目となる「第5回SCANDALコピーバンド/ヴォーカリストコンテスト」のファイナルが、12月14日(日)に品川ステラボールで開催された。【その他の画像】SCANDAL2010年の1回目のコンテストでは、応募総数352組とこの旨のコンテストの応募としてはかなり多く、 [全文を読む]

小原礼×屋敷豪太の新ユニット・The Renassanceがファーストアルバムをリリース!

okmusic UP's / 2014年03月11日14時00分

【その他の画像】The Renaissance小原は1972年にサディスティック・ミカ・バンドにベーシストとして参加。日本のバンドとして初めてイギリス・デビュー。その後、渡米して、グラミー賞歌手ボニー・レイット、イアン・マクレガン等とツアーを共にし、帰国後は坂本龍一のツアーへの参加、福山雅治等のプロデュースを行なう一方、近年では奥田民生のバンドのレギュラ [全文を読む]

藤井フミヤがライブで高杢に言及 チェッカーズ再結成あるか

NEWSポストセブン / 2013年12月25日07時00分

「(バンドが)最近は解散しないね。休止という形を取る。バンドは、時が経てばいずれまた戻るんですが、チェッカーズはクロベエ(故徳永善也さん・享年40)が死んじゃったからね…」 「再結成」については否定的にも聞こえるが、こんな発言も。 「蔵にしまっていたチェッカーズの曲を引っ張り出しました。せっかく蔵から引っ張り出したので、今度は押し入れにでもしまっておこう [全文を読む]

デビュー30年藤井フミヤ チェッカーズ再結成できぬ理由語る

NEWSポストセブン / 2013年09月29日16時00分

「(バンドが)最近は解散しないね。休止という形を取る。バンドは、時が経てばいずれまた戻るんですが、チェッカーズはクロベエが死んじゃったからね……」 2004年に逝去したドラムの徳永善也に言及。チェッカーズの再結成は物理的に不可能との見方を示した。同コンサートに行ったファンの1人はこう話す。 「ソロになって以降、コンサートでチェッカーズの曲をこれだけ歌って [全文を読む]

日比谷野外音楽堂90周年を記念して開催される夢のイベントをWOWOWで放送。音楽シーンを代表するプロデューサー、小林武史・亀田誠治を中心に、豪華アーティストが集結した一夜限りの“音楽絵巻”。

PR TIMES / 2013年06月26日14時38分

サディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにおねがい」を岸谷香とCharaがパワフル&キュートに歌い、石井竜也と藤井フミヤがザ・タイガースの「君だけに愛を」を華やかなパフォーマンスで盛り上げる。スガ シカオと藤巻亮太による伝説のプログレバンド・四人囃子の「おまつり」は実力派ぞろいの「空想旅団」の演奏と相まってテンションの高いステージで観客を圧倒する。 [全文を読む]

椎名林檎は警備員!? 芸能人の「意外な前職」

日刊大衆 / 2017年10月11日07時35分

主に輸送係として、貨物列車の操車や入れ替えなどを担当していたようですね」(福岡のロックバー店長) 高校時代からビシッと決めたリーゼントの写真が残っており、当時からバンドで世に出たいという野望を持っていたフミヤ。国鉄職員の傍ら、チェッカーズで音楽コンテストのグランプリに選ばれ、弟の尚之をはじめ、他のメンバーが高校卒業するのを待って国鉄を退職し、上京したという [全文を読む]

藤井フミヤ、14回目の武道館カウントダウンライブ 今年も開催

ORICON NEWS / 2017年09月25日10時04分

また、この日の武道館公演はバンド時代から数えると、奇しくも除夜の鐘と同じ108回目。さらにソロになってからの公演では、この武道館公演がちょうど1001回目となる。 イベント・サブタイトルは「武道館 LAST 2」。武道館は2019年9月から長期の改修工事に入るため、改修前、最後の武道館カウントダウン開催に向けた意欲から、「LAST 2」とサブタイトルがつけ [全文を読む]

“車椅子のヴォーカリスト”奥野敦士に賛同したCharaやF-BLOODなどが出演する音楽イベント「GBGB2017」群馬・前橋で6月24日(土)開催!

@Press / 2017年05月31日11時00分

2013年には伝説のバンドROGUEを再結成し、自身らがホストバンドを務めスタートしたライブイベント「GBGB“G-Beat Gig Box”」が、今年も6月24日に群馬・ヤマダグリーンドーム前橋にて開催されます。 “GBGB”は、奥野敦士の不慮の事故を受け、彼の地元でもある群馬県の有志達が設立したLLP信誠会を中心に、福祉の充実、バリアフリーの拡充を目 [全文を読む]

フォーカス