井上陽水 藤井フミヤに関するニュース

日比谷野外音楽堂90周年を記念して開催される夢のイベントをWOWOWで放送。音楽シーンを代表するプロデューサー、小林武史・亀田誠治を中心に、豪華アーティストが集結した一夜限りの“音楽絵巻”。

PR TIMES / 2013年06月26日14時38分

このほかにも吉田拓郎、井上陽水、オフコース、山下達郎、大滝詠一、YMO、佐野元春らの名曲に加え、全員によるサザンオールスターズの「YaYa(あの時代を忘れない)」など見どころが盛りだくさん。小林、亀田による選曲の妙に豪華アーティストによる競演・熱演は、野音の歴史に新たな1ページを刻むものとなった。音楽ファン垂涎のコンサートだけに、貴重なライブ映像をWOW [全文を読む]

博多華丸「品がない!」須黒清華アナにあきれ顔

日刊大衆 / 2017年06月24日07時05分

彼の“福岡人脈”には、井上陽水(68)や藤井フミヤ(54)、スピッツの草野マサムネ(49)といった一流ミュージシャンが含まれている。そう考えると、傑作誕生の可能性がないわけではない。 ここで気の早い一同は、近い将来に生まれるかもしれないオリジナル曲の歌詞を考え始める。まず華丸は、番組のコンセプトを意識して「“みなと感”がほしい」と提案。この発言を受け、須黒 [全文を読む]

浜崎あゆみも卒業撤回!?「NHK紅白」タモリ司会で色めきたつ“福岡歌手”たち

アサジョ / 2015年10月10日09時59分

しかし、NHK側としてはタモリさんの力を借りて、盟友の井上陽水に出てもらいたいはず。『ブラタモリ』のテーマ曲も歌っていますし、NHKと縁がないわけではない」(週刊誌記者) ほかにも福岡出身では、松田聖子、藤井フミヤ、甲斐まさひろ、財津和夫など大御所が目白押し。「タモリ総合司会」で、出場を決める大物歌手が現れるに違いない!? [全文を読む]

フジテレビ『水曜歌謡祭』4.1%下げ止まり見えず……クマムシ、ゆうたろうで“お笑い色”強めるも効果なし

日刊サイゾー / 2015年05月29日20時30分

THE ALFEEが、Superfly、秦基博、NEWS・増田貴久らと『メリーアン』や『星空のディスタンス』といった往年のヒット曲を披露したほか、井上陽水の名曲を特集したが、4.1%まで落ち込んでしまった。 「司会のアンジャッシュ・渡部建が大きくボケることもなく、堅い雰囲気が漂う『水曜歌謡祭』ですが、今回は安倍なつみとクリス・ハートが『銀座の恋の物語』を歌 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】吉田羊、生野陽子アナも! 博多華丸が挙げた“福岡県人会”で昨年ブレイクした芸能人。

TechinsightJapan / 2015年01月18日18時55分

6月に開かれた会に参加したカンニング竹山は、6月16日放送のラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)で妻夫木聡や藤井フミヤの参加と、タモリ、井上陽水が来られなかったことを証言している。 さらに9月1日に放送されたバラエティ番組『有吉AKB共和国』(TBS系)では、AKB48の大家志津香が陣内孝則から呼ばれて“福岡県人会”に初参加したことを明かしており、「4 [全文を読む]

タモリ、ホリエモン、妖怪ウォッチ…福岡がクリエイティブな街である理由

太田出版ケトルニュース / 2014年10月23日09時54分

同会には、陣内孝則、井上陽水、藤井フミヤら、ジャンルの垣根を越えて、多くの福岡出身の芸能人が参加しているという。 一方で、ホリエモンこと堀江貴文、前回の都知事選に出馬した起業家の家入一真も福岡出身で、孫正義が創業したソフトバンクグループは福岡市が創業の地。さらに、今話題の『妖怪ウォッチ』も、レベルファイブという福岡のコンテンツ企業が中心となって制作されてお [全文を読む]

平成世代は知らない「とんねるず」の凄さ 歌手、スポーツ選手、超大物まで及ぶ交遊関係

AOLニュース / 2013年11月20日15時53分

大御所では、井上陽水もとんねるずに心を許している人物だ。井上は彼らの番組のコントに出演したことがあり、石橋から「(曲が)暗い!」と頭をはたかれるツッコミを受けていた。無礼な"ノリ"も許容してしまう関係性の深さが伺える。次に、石橋・木梨個人の交遊関係で見てみよう。木梨は、趣味であるゴルフと競馬を媒介に仲良くなるというケースが多いようだ。中井貴一や佐藤浩市とい [全文を読む]

フォーカス